四国のニュース

搬出制限解除に向け確認検査 鳥インフルで

今月、8例の鳥インフルエンザが発生した香川県で、2例目となった東かがわ市の養鶏場周辺で、鶏などの搬出制限解除に向けた確認検査が今日から始まりました。

一連の鳥インフルエンザで確認検査が行われるのは今回が初めてです。確認検査は、今月8日に東かがわ市で発生した鳥インフルエンザの防疫措置が今月12日に完了してから、10日が経過したことを受け行われるものです。

検査は発生した養鶏場から半径3キロメートル以内の2つの農場の鶏を対象に、気管などにウイルスが存在するかなどを確認します。検査は今日から27日までの5日間行われ、結果は27日にも出る見通しです。陰性であれば発生養鶏場から半径3キロから10キロの区域に設定している搬出制限が解除され、出荷が可能となります。

香川2020.11.23 16:26

新型コロナ 愛媛 3日連続で過去最多更新

愛媛県は、県内で新たに26人が新型コロナに感染したと発表した。

この内、松山市立雄新中学校では、新たに生徒8人の感染が確認され、県は「クラスターが発生している」とした。

また、松山市内の高齢者施設では、新たに利用者8人と職員5人の感染が確認され、「この施設でもクラスターが発生している」とした。

新規事例として確認されたのは、松山市内の男女2人。

1日あたりの感染者は、3日連続で過去最多を更新している。

愛媛2020.11.23 15:52

松山市で簡易テニス・テニピン体験イベント

手軽にできる簡易テニス「テニピン」の体験イベントが、22日松山市で行われた。

花園通り商店街で行われたイベントには、ゲストとして現役のプロテニスプレーヤー添田豪選手が参加した。

「テニピン」は、テニスの面白さを誰もが手軽に味わえるように、用具やルールを簡単にアレンジしたスポーツ。

子どもたちは手の平を包み込むような形のラケットで、柔らかいボールを打ち合い、添田選手との対戦を楽しんだ。

添田選手は「コロナ禍でもできるスポーツなので、これから始めてもらう子どもたちにも、安心してできるっていうことを伝えたい」と話していた。

日本テニス協会は、新型コロナの影響で体育実技が制限される中、テニピンを感染リスクが少ないテニス型ゲームとして愛媛県でも広めるため今後も定期的にイベントを開催していくとした。

愛媛2020.11.23 12:33

西予市野村町「乙亥大相撲」無観客での開催

23日、江戸時代から続く西予市野村町の伝統行事、乙亥大相撲が開かれた。県内で新型コロナの感染が急増していることから、急遽、無観客での開催となった。

169回目を迎えた西予市野村町伝統の「乙亥大相撲」は、3年ぶりに、西日本豪雨被害からの復旧工事を終えた乙亥会館での開催となった。

今年は、新型コロナ対策として、大幅に規模を縮小。プロ力士らの招待を取りやめ、西予市内の青年力士32人の取組みだけ行うことににしたほか、例年2日間の日程を半日に短縮、また、県内での感染急拡大を受け、急遽無観客での開催が決定した。

そんな中でも、地元の力士たちは、日ごろの稽古の成果を発揮しようと、力強くぶつかり合い、開催の喜びを噛みしめていた。

愛媛2020.11.23 12:25

小原紅早生の収穫 最盛期

香川県のオリジナル品種ミカン、小原紅早生の収穫が、今、坂出市でピークを迎えています。

こぼれ落ちるほどに鮮やかな実をつけた小原紅早生。坂出市内の畑では収穫シーズンがピークを迎えました。小原紅早生は、およそ50年前、小原幸晴さんの畑で偶然に見つかったもので、香川県のオリジナル品種です。

小原さんの畑では、今、親族総出て実をひとつひとつ丁寧に摘み取る作業に追われています。今年は台風の被害もな無く日照時間に恵まれ、甘くて瑞々しく鮮やかな紅をまといました。収穫作業は来月上旬までがピークで、坂出市内では、およそ600トンの収穫が見込まれています。

香川2020.11.23 11:07

愛媛で23人感染確認 2日連続過去最多更新

愛媛県は22日、新たに23人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2日連続で過去最多を更新し、県内の感染者は208人になった。

県が新たに感染を確認したと発表したのは、10代から80代の男女計23人。(非公表含む)

このうち4人は、松山市の高齢者施設に入所する80代の男性と女性、それに70代の女性、そして施設の60代の男性職員。

また、県は、21日に続き、松山市内で新たなクラスターが発生したと発表した。クラスターが発生したのは、松山市二番町のスナック「ラウンジおおた」で、県は16日~18日に、この店を利用した人が濃厚接触者にあたるとして、自宅待機するとともに保健所に連絡するよう呼び掛けている。

県によると22日、午後1時現在、91人が入院していて、そのうち2人が重症。

愛媛2020.11.22 17:33

感染対策を取って「総踊り」を披露

来年の阿波踊り開催に向けての課題を検証するイベントが徳島市で開かれ、2日目の22日は感染対策を取った「総踊り」が披露されました。この阿波踊りイベントは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、来年の開催に向けた課題を検証しようと開かれました。2日目のこの日は阿波おどり振興協会の連員など約400人が踊り込みました。一部で、マスクやフェイスシールドを外して、踊り子が掛け声を上げながら踊りを披露しました。また、振興協会所属の14の踊り子連330人によるソーシャルディスタンスをとった「総踊り」も披露され、訪れた観客はさかんに拍手を送っていました。

徳島2020.11.22 17:02

徳島ISの行木俊投手 広島と仮契約

プロ野球・広島東洋カープからドラフト5位指名された徳島インディゴソックスの行木俊投手が21日、球団と仮契約を結びました。10月のドラフト会議で広島東洋カープから5位で指名された行木俊投手はこの日、徳島市内のホテルで入団交渉を行い、いずれも推定で契約金2000万円、年俸550万円で球団と仮契約を結びました。行木投手を含むカープの新人選手の入団発表は12月15日に広島市のホテルで行われる予定です。

徳島2020.11.22 11:44

過去最多20人感染 飲食店でクラスター

愛媛県は21日、新たに20人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。一日当たりの感染確認としては過去最多。

また松山市内の飲食店でクラスターが発生している。これまでに利用客の感染が既に判明していて新たに20日の検査で従業員と客あわせて7人の感染が確認され、クラスターと判断されたのは松山市二番町のスナック「真野」。

県は今月7日から17日までにこの店を利用した人は、濃厚接触者にあたるとして自宅待機すると共に検査を受けるよう呼びかけている。
これで県内で感染が確認されたのはあわせて186人となった。21日午後1時現在69人が軽症で入院し治療中。

愛媛2020.11.21 15:11

大洲に誰でも弾ける「まちかどピアノ」誕生

21日、音楽を通じて街の賑わいや新たなコミュニティを生み出そうと、大洲市の複合施設にグランドピアノが設置された。


「まちかどピアノ」と名付けられた、誰でも自由に弾くことのできるグランドピアノが置かれたのは、オズメッセのイベント広場。

21日、「まちかどピアノ」の設置を記念してコンサートが行われ、市内のピアノ愛好家や小中学生が演奏を披露した。

このピアノは8年前に閉校となった市内の小学校で使われていたもので、西日本豪雨からの復興を目指す元気な大洲をアピールしようと設置された

大洲の「まちかどピアノ」は2024年3月まで設置される。

愛媛2020.11.21 14:35

新たに12人感染 感染警戒期に引き上げ

感染拡大が続いている。愛媛県は新たに12人の新型コロナウイルス感染が確認されたと20日発表した。

中村知事は医療体制はひっ迫してないが早目の対策が必要だとして県独自の警戒レベルを「感染縮小期」から「感染警戒期」に20日
引き上げた。

そして、手指の消毒やマスク着用、換気・加湿など感染対策の徹底を呼びかけた。ただし、国の緊急事態宣言が出ておらず不要不急の外出自粛や県外への移動自粛などは要請しないとしている。

愛媛2020.11.20 16:24

県内最大規模「寒蘭展」 牧野植物園にて

県内の愛好家が丹精込めて育てた土佐寒蘭を一堂に集めた企画展が20日から高知市で開かれている。

県立牧野植物園で開かれている第16回寒蘭展。

冬の初めに花が咲く寒蘭は光沢の強い葉やスラッと伸びた細長い花弁が特徴で、牧野博士が学名を付けた。

館内の映像ホールや五台山ロビーなどには県内の土佐愛蘭会など3団体の愛好家が丹精込めて育てたものを中心に白い花をつける「素心」や小降りに育てられたチャボなど270鉢の寒蘭が所狭しと並んでいて独特の上品な香りが会場に漂っている。

今年は新型コロナウィルスの影響で県内の展覧会が中止されたこともあり、例年に比べ約2倍の出品となっている。

牧野植物園では、19日、寒蘭1株が盗まれていたことが分かり、警察に被害届を出している。

今のところ寒蘭は戻ってきておらず、園では引き続き返却を待っているという。

第16回寒蘭展は23日まで開かれている。

高知2020.11.20 16:03

コロナ終息五輪開催を 東京五輪聖火愛媛へ

コロナの終息、そしてオリンピック開催への思いを込めて。20日東京オリンピックの聖火が愛媛の地にやってきた。

県庁で行われた聖火歓迎セレモニーには、愛媛出身のオリンピアン真鍋和人さん、武田大作さん、土佐礼子さんが出席した。そして、拍手の中、幕が下ろされ灯がともった聖火がお披露目された。

新型コロナの影響で来年に延期された東京オリンピック。この聖火は、大会の開催や来年4月に予定されている県内での聖火リレーに向けた機運を高めようと、今月から愛媛県を含む14の道府県で展示される。武田大作さんは「火がつくと闘志も湧くしやる気と元気も出るので是非この聖火を見て元気をもらってほしい」と話していた。
この後、聖火は松山市の大街道で一般公開され、大勢の人たちが一目見ようと列を作っていた。

コロナの終息、そしてオリンピックの開催を願う灯。聖火は、21日から24日まで大洲市や西条市など県内6つの市町で展示される。

愛媛2020.11.20 15:49

ナマコ密漁の船長らに執行猶予付き有罪判決

山口県沖で松山市の漁師らがナマコなどを密漁した事件の裁判で、松山地裁は,船長の男ら3人に、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。
漁業法違反などの罪に問われているのは漁船竜丸の船長で松山市内浜町の本達徳被告(58)ら3人。判決によると松本被告らは今年6月7日から8日にかけて山口県の海域で無許可で潜水器具を使いナマコなどを密漁したもの。

20日の判決公判で松山地裁の楠真由子裁判官は「3年ほどの長期間に渡る密漁で水産資源の保護に甚大な影響を与えかねず、悪質」などと指摘。

松本被告に対し懲役10か月、罰金60万円執行猶予4年の有罪判決を、また他の2人についても執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。
山口県沖のナマコの密漁を巡っては、松山市の別の船の船長ら3人も起訴されていて、今月24日に判決が言い渡される。

愛媛2020.11.20 15:22

甲子園中止 3年生部員に記念タオル贈呈

新型コロナの影響で夏の甲子園大会が中止となった高校球児を励まそうと、県内の3年生部員らに記念のタオルがプレゼントされた。

このうち、県立宇和島東高校で開かれた贈呈式では、宇和島東高校野球部OB会の豊田昭彦会長から3年生でともにピッチャーの舩田清志さんと和田真虎さんにタオルが贈られた。

このタオルは、愛媛県高校野球OB連盟が新型コロナで夏の甲子園大会が中止となった県内の硬式野球部の3年生を励まそうと企画した。
タオルを受け取った舩田さんは「私もOBの方々のように困っている人たちを助けられる人間になりたいと思う」と話していた。

タオルは、県内60校の3年生硬式野球部員とマネージャーあわせておよそ650人に各高校の野球部OB会を通じて贈られるという。

愛媛2020.11.20 15:04

サッカーJFL・高知U ホーム最終戦PR

今季ホーム最終戦が22日に行われる高知ユナイテッドの選手たちが、19日、高知市で応援を呼びかけた。

高知市帯屋町のアーケードでJFLホーム最終戦をPRしたのは、高知ユナイテッドSCの選手とコーチの5人で、チラシを配りスタジアムでの応援を呼びかけた。

JFLに初めて昇格した今年は、開幕から9試合勝利のない苦しいシーズンとなったが、10月に初勝利をあげ11月に入り、リーグ戦2連勝で最下位を脱出するなどチームに勢いが出ている。

高知ユナイテッドSCのJFLホーム最終戦は、22日、高知市の春野陸上競技場でラインメール青森と行われる。

高知2020.11.20 12:05

両親を金槌殴打の殺人未遂の疑い 息子逮捕

19日夜、高知市で両親を金槌のようなもので殴打し殺害しようとしたとして、県警は42歳の次男を殺人未遂の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、高知市福井町の無職秋田卓容疑者(42歳)。

県警によると、秋田容疑者は、19日午後8時前、近くに住む76歳の父親と74歳の母親の頭などを金槌のようなもので数回殴打して殺害しようとした殺人未遂の疑いが持たれている。

父親が「息子に金槌で頭を殴られた」と119番通報し、駆けつけた警察官が自宅にいた秋田容疑者を緊急逮捕した。

両親は、頭や手に打撲などのケガを負ったものの命に別状はないという。

秋田容疑者は、調べに対し「やっていない」と容疑を否認しているということで、警察では事件の経緯などを詳しく調べている。

高知2020.11.20 11:50

幻の茶「石鎚黒茶」 高校生がスイーツ開発

西条市の山間部に伝わる発酵茶、「石鎚黒茶」の試飲会が行われ、地元の高校生が開発した茶葉を使ったスイーツがお披露目された。

「石鎚黒茶」は、西条市小松町の旧石鎚村に伝わるお茶で、江戸時代ごろから作られてきたとされている。

蒸した茶葉を2回発酵させることで生まれる独特の酸味が特徴で、地元の団体や西条農業高校の生徒が製造し、伝統を守っている。

試飲会では高校生が開発した石鎚黒茶を生地に練りこんだクッキーやシフォンケーキがお披露目された。

ある女子生徒は「石鎚黒茶をより多くの人に知ってもらえるようにおいしいお菓子をどんどん作っていけたら」と話していた。

西条農業高校が開発した石鎚黒茶のスイーツは学校の行事などでの販売を検討しているという。

愛媛2020.11.20 11:17

新たに10人感染確認 4校が臨時休校

全国的に感染拡大に歯止めがかからない新型コロナウイルス。県は19日新たに松山市の男性職員など10人の感染を確認したと発表した。
感染が確認されたのは、松山市と西条市、それに中予と東予地域の男女合わせて10人。このうち、4人が、5人の感染が確認されている県警察協会関係の家族や友人など。

この中には、松山市役所の20代男性職員が含まれていて、この男性は、市役所の本庁以外に勤務しているが、市民と接する業務ではなく濃厚接触者の同僚3人に19日検査を行う。

また、県立新居浜西高校と聖カタリナ学園高校の男性教職員や東予地域の10代学校関係者も感染が確認されていて、県内の4つの学校で臨時休校の措置が取られている。

このほか、松山市の50代男性会社役員2人の感染が確認されていて、2人は、それぞれ福岡県や東京都などへ出張していたという。

県内で感染が確認されたのは、あわせて154人となった。現在、重症者はいないが19日午後1時現在36人が軽症で入院している。
会見で中村知事は「全国的にも急速に感染が拡大する傾向が出ているが、愛媛県でも例外ではない」として感染予防策の徹底を呼びかけた。

愛媛2020.11.19 18:04

坊っちゃん劇場 来場者100万人突破

坊っちゃん劇場の来場者が、19日100万人を超え、記念セレモニーが行われた。

坊っちゃん劇場100万人目の観客となったのは、学校行事で訪れた東温高校2年生の三好結菜さん。三好さんには現在公演中のミュージカル「鬼の鎮魂歌」で主演の桃太郎役を務める今村洋一さんから記念の花束がプレゼントされた。

坊っちゃん劇場は、県内初の本格的な常設劇場として2006年4月にオープン。愛媛や中四国の歴史・文化を題材にしたミュージカルの公演を行っていて、現在の「鬼の鎮魂歌」は第15作目。

100万人目として公演を観賞した三好さんは「すごく光栄に思っている。コロナ禍の中で観賞できたことに感謝して、心に残った劇になった。」などと話していた。

岡山県の桃太郎伝説をアレンジした作品「鬼の鎮魂歌」は、来年3月中旬まで上演される。

愛媛2020.11.19 17:02

エリエールレディス初日 古江ら3人首位

「大王製紙エリエールレディスオープン」が松山市のエリエールゴルフクラブ松山で開幕した。

新型コロナウイルスの感染対策のため初めて無観客での開幕となった今大会には、プロとアマチュア合わせて96人の女子ゴルファーが出場した。

連覇を狙う“しぶこ”こと渋野日向子は、先週のツアーで優勝した古江彩佳とプロ同期の大里桃子と同じ組で、予選初日のラウンドをスタートさせた。

初日のラウンドを終えて古江彩佳、笹生優花、西村優菜の3人が6アンダーで首位に並び、渋野日向子は、3バーディー、ノーボギーの3アンダーと4位タイにつけている。

また、地元松山市出身でアメリカツアーにも参戦し、大会初優勝を狙う河本結は初日3オーバー61位タイと出遅れた。

「第39回大王製紙エリエールレディスオープン」は、4日間の日程で行われ決勝ラウンドの模様は日本テレビ系列で放送する。

愛媛2020.11.19 16:57

松山27.6℃ 県内9地点が夏日

19日の県内は季節外れの暖かさとなり県内9の観測地点で夏日となった。松山市も11月では5年ぶりの夏日。

19日は日本海にある低気圧に向かって南から暖かい空気が入り、9月下旬から10月上旬並みの暖かさになった所が多くなった。

各地の最高気温は、松山南吉田27.8℃、松山27.6℃、大洲27.2℃、宇和島26.6℃など県内15ある観測地点のうち、9地点で、最高気温が25℃以上の夏日になった。松山で11月に夏日になるのは、2015年11月8日以来5年ぶり。

19日夜遅くからは県内には雨雲がかかり始め、20日明け方にかけて雨が降る見込み。20日夕方6時までに予想されている24時間降水量は南予が70ミリ、中予60ミリ、東予が50ミリとなっている。

また海上を中心に南寄りの風が強まるので、強風や高波にも注意が必要。

愛媛2020.11.19 15:52

国連提唱「SDGs」 推進団体に助成金

JT愛媛支店は、持続可能な開発目標「SDGs」に取り組む団体へ助成金を贈った。

助成金が贈られたのは、退職した教員らで子どもたちの学習サポート活動を行う宇和島市の一般社団法人「コミスクえひめ」。

交付式では、JT愛媛支店の則兼伸一郎支店長が「コミスクえひめ」の西村久仁夫代表理事に助成金130万円の交付状を手渡した。
JT愛媛支店は、国連が提唱する持続可能な開発目標「SDGs」のうち、格差是正、災害、環境保全の3つの分野に取り組む団体に助成活動を行っている。

「コミスクえひめ」は、地域や家庭の事情による学習格差をなくそうと児童数10人以下の小学校を対象にドローンを使ったプログラミング教室を実施していることなどが評価された。

愛媛2020.11.19 14:36

高知県産加工木材の展示即売会

高知県産の加工木材を一堂に集めた、県内最大級の展示即売会が19日高知市で開かれた。
ことしで46回目を迎えた「木材まつり」は、スギやヒノキなど県産の優れた木材をPRするため県木材協会がまいとし開いている。
高知市仁井田の高知木材センターには、通常の木造平屋建て住宅・約100棟分にあたる900立方メートルの製材品が並び、訪れた木材業者などが次々と競り落としていった。
県木材協会によると、ことしは新型コロナウイルスの影響で原木の出荷が減ったため5月以降、木材需要も減っているが、いまは持ち直す傾向だという。
また、県産の木材は住宅の建築様式の変化などから流通量が減少していたが、ここ数年は需要が高まりつつあり、今後は住宅以外の店舗や事務所・公共施設への利用など、需要の掘り起こしに力を入れていきたいとしている。

高知2020.11.19 12:05

高知 老舗料亭 ライトアップの宵闇

高知市の老舗料亭の創業150年を記念したライトアップイベントが12月1日から始まる。
行灯の灯りで浮かびあがる夜の日本庭園。高知市の料亭「得月楼」では、創業150年を記念し「宵闇料亭」と題して、空間を行灯や間接照明で照らし創業当時の夜の雰囲気を楽しむ企画を12月、開催する。
この企画は、国際デザイン・ビューティカレッジの生徒がプロデュースしたもので、18日、本番に向けた試験点灯が行われた。庭園には、約300基の行灯が配置される予定で、柔らかな灯りが     水面や生け垣を照らし、幻想的な空間をつくり出した。
また、室内は既存の照明を控えめにして、生徒がつくった行灯を設置。電灯が普及する前の日本家屋を再現していて、なかには泳ぐ魚の影が映し出されるユニークな行灯も。
高知市の老舗料亭・得月楼の「宵闇料亭」は12月1日から7日まで行われる。

高知2020.11.19 11:58

白石代議士メルマガシステムに不正アクセス

愛媛選出の国会議員のメールマガジンシステムが何者かに不正アクセスされた。

不正にアクセスされたのは愛媛3区選出で立憲民主党の白石洋一衆議院議員が管理しているメールマガジンを配信するシステム。

白石衆議院議員によると18日未明、システムに何者かが侵入し、メールマガジンに登録されていたメールアドレスに「白石洋一の公式サイトから皆様の登録情報を頂いた」というメールが届いている。
メールマガジンの登録者はおよそ4000人で、メールアドレスが外部に漏れた可能性もあり、警察に通報したという

白石洋一衆議院議員は「ご迷惑、ご心配をおかけして大変申し訳なかった。今後、セキュリティーを一層、強化して参る」とコメントしている。

愛媛2020.11.18 16:13

乙女のバイブル「特別展りぼん」はじまる

貴重な原画や付録などを展示した少女漫画雑誌「りぼん」の特別展が松山市のデパートで始まった。

いよてつ高島屋で始まった「特別展りぼん」には、1981年から1999年にかけて連載されていた16作品の原画などが展示されている。

今年、創刊65年を迎えた「りぼん」は、1993年には、約255万の発行部数を記録し、乙女のバイブルとも呼ばれる少女漫画雑誌。

初日の18日は、午前中からたくさんの来場者が訪れ、矢沢あいさんの「ご近所物語」や、12年以上に渡って連載された、池野恋さんの「ときめきトゥナイト」。そしてドラマ化もされた、一条ゆかりさんの「有閑倶楽部」などの原画や資料を熱心に見ていた。

会場にはほかにも、それぞれの作品が連載されていた当時の付録を展示するコーナーや、オリジナルグッズの販売ブースも設置されている。

「特別展りぼん」は。いよてつ高島屋7階で12月1日まで行われる。

愛媛2020.11.18 14:02

高知市の国道沿い コスモス咲きそろう

高知市高須の国道沿いでは、今年もコスモスの花が咲きそろい、ピンク色のじゅうたんが広がっています。
ピンクや白の花を咲かせたコスモス。
高知市高須の国道32号・南国バイパス沿いでは、10年以上前から地元の人たちが稲刈りをした後の田んぼ、約10ヘクタールに種をまき、一面がコスモス畑になるよう手入れを続けています。
ことしは10月20日頃から花が咲き始めました。
青空が広がったこの日も、訪れた人たちが思い思いに散策をしたり、写真を撮ったりして秋の1日を楽しんでいました。
地元の人によりますと、このコスモス畑は11月末までは楽しめそうですが、周辺には駐車場がないため道路に車を止めての見学は控えてほしいということです。

高知2020.11.18 12:53

黒潮町 サトウキビの収穫

黒潮町で、特産の黒砂糖の原料になるサトウキビの収穫が行われています。
人の背丈より高く育ったサトウキビ。
黒潮町では、およそ30軒の生産者がサトウキビを作っていて、毎年11月中旬から特産の黒砂糖づくりに取り組んでいます。
下田ノ口の田波憲二さんの約17アールの畑では、11月15日から本格的な収穫を始めていて、田波さん夫婦が茎に付いている葉を削いだあと上の部分を切り落とし、糖分が多く含まれる根元の方を  ハサミで収穫していきました。
田波頼子さん「例年と同じくらい美味しいです」
田波憲二さん「ことしは良いですね、台風も大きいのなかったんで。そのまま黒糖で食べるのが一番美味しいが、小豆を炊いたりとか料理に入れると全然味が変わってくる」
収穫されたサトウキビは、町内の施設で黒砂糖などに加工されるということです。
サトウキビの収穫は12月まで続きます。

高知2020.11.18 12:47

歩行中の高齢男性はねられ死亡 松山

17日夜、松山市の市道で高齢男性が車にはねられ死亡した。

17日午後7時半頃、松山市南江戸1丁目の市道で、車道を歩いていた近くに住む無職 甲斐芳文さん(73)が普通乗用車にはねられた。この事故で甲斐さんは頭などを強く打ち、市内の病院に運ばれたが間もなく死亡した。

現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で、警察は普通乗用車を運転していた20代の会社員の男性から話を聞くなどして事故の原因を調べている。

今月に入り県内では、高齢者5人が交通事故で亡くなっていて、このうち4人が歩行中だったという。県警は歩行者には反射材の着用を、ドライバーには早めのライト点灯を呼び掛けている。

愛媛2020.11.18 11:00

新型コロナ 中学校教職員含め8人感染

愛媛県内でも感染が拡大している。県は、17日新たに松山市内の中学校の教職員など男女あわせて8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
感染が確認されたのは松山市と東予地域の年代、性別非公表を含む20代から80代の男女あわせて8人。

県によると、このうち松山市の年代と性別非公表の医療関係職員は15日感染が確認された正岡小学校の教職員の家族。

さらに、この教職員と今月6日に会食をした松山市立城西中学校の年代非公表の女性教職員と、この女性の家族の80代男性の感染も確認された。
松山市教育委員会は、城西中学校の全ての生徒と教職員を自宅待機としていて安全が確認されるまで17日から臨時休校としている。

また県警察協会の職員で松山市の60代男性の感染も確認された。男性は、今月14日に発熱などの症状が出ているが、発症前2週間以内に県外在住者2人を含む5人で会食していて、このうち男性を含む4人に症状があるという。

この他、松山市の40代男性会社役員とその家族で同じ会社に勤める40代の女性などの感染が確認されていて、県内の感染者はこれで138人となっている。

愛媛2020.11.17 18:08

RUNNET運営企業と県が協定

スポーツイベントの活性化や県民の健康増進に期待が寄せられている。ランニング情報サイト「RUNNET」を運営する企業と愛媛県が協定を結んだ。

愛媛県と包括連携協定を結んだのは、日本最大のランニング情報サイト「RUNNET」を運営している「株式会社アールビーズ」。県庁で行われた締結式では、中村知事とアールビーズの橋本治朗社長が協定書にサインした。

アールビーズは、10年前から、愛媛マラソンでランナーの通過タイムや完走などの情報を提供しているほか、サイクリングしまなみの運営にも協力している。

今回の協定でアールビーズは愛媛のスポーツ施設やイベントそれに健康情報を集約する新たなポータルサイトを開設し、サイトからイベントの参加募集や参加申し込みができるようになる他、県民の運動実施率などのデータも分析できるという。

愛媛2020.11.17 18:03

児童重傷ひき逃げ 67歳の男逮捕

16日夕方、西予市で小学4年の男子児童がひき逃げされて大けがをした事件で警察は、67歳の無職の男を逮捕した。

ひき逃げと過失運転致傷の疑いで逮捕されたのは西予市宇和町明石の無職 山本眞二容疑者(67)。

警察によると山本容疑者は、16日午後4時15分頃、西予市宇和町卯之町の市道交差点で下校していた宇和町小学校4年生の村上航太さん(10)と衝突し現場から立ち去った疑いがもたれている。村上さんは、左足首を骨折する大けがをした。

警察は、付近の防犯カメラなどから山本容疑者を特定し逮捕したもので、調べ対し山本容疑者は「当たったことは間違いない」と容疑を認めているという。

愛媛2020.11.17 15:44

エリエールレディス 渋野、河本ら最終調整

19日開幕する「第39回大王製紙エリエールレディスオープン」の練習ラウンドが松山市で行われ、連覇を目指す渋野選手や地元優勝を狙う河本選手らが最終調整した。

午前9時過ぎエリエールゴルフクラブ松山に前回大会の王者、“しぶこ”こと渋野日向子選手が現れた。渋野選手は、ときおりしぶこスマイルを見せながらリラックスムードでコースをまわり、感触を確かめていた。

また、地元松山出身の河本結選手も練習に訪れ、初優勝に向けて入念に調整していた。

「第39回大王製紙エリエールレディスオープン」は、19日から4日間行われ、土曜日・日曜日の決勝の模様は南海放送テレビで放送する。

愛媛2020.11.17 13:49

高級かんきつ 紅まどんな出荷始まる

愛媛オリジナルの高級かんきつ紅まどんなの出荷が始まった。

紅まどんなは愛媛オリジナルの高級かんきつで、県の「愛あるブランド産品」にも認定されている。17日出荷が始まり、JAえひめ中央の堀江選果場では職員が傷がないかなどを手作業でチェックした後、機械で大きさや糖度別に仕分けていた。

今年は例年よりやや甘みが強い良い出来だという。JAえひめ中央の清家伯弘課長は「紅まどんなの特徴であるゼリーのような新しい食感を味わっていただいたら」と話している。

JAえひめ中央によると、紅まどんなはお歳暮などの贈答用として全国からの需要が高まっているということで、東京や大阪を中心に全国に出荷される。今シーズンの販売は19日木曜日に始まり県内のスーパーや産直市の店頭にも並ぶ。

愛媛2020.11.17 13:26

松山市の50代女性会社員 新たに感染確認

愛媛県は新たに松山市の50代の会社員の女性が新型コロナに感染していることが確認されたと発表した。女性は14日陽性が確認された50代男性の家族。

これで県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのはあわせて130人となった。

一方、14日感染が判明した愛媛FCの選手の濃厚接触者として、チーム関係者5人の検査が行われたが全員陰性だった。

また、教諭の感染が判明し臨時休業となった松山市の正岡小学校については、教諭の濃厚接触者らの検査が16日行われている。

愛媛2020.11.16 16:12

豪雨被害で高台に移転新築の保育園落成

西日本豪雨から2年4か月。浸水被害に遭ったため移転して新築された西予市の野村保育所の落成式が行われた。

西予市野村保育所は被災前よりも高台に場所を移し、新築された。2年前、肱川のすぐそばにあった西予市の野村保育所は西日本豪雨で建物のほとんどが浸水した。

豪雨の後、児童館や仮設の保育所で保育を行っていたが、国や県などの補助を受け、浸水想定区域外の場所に新しい園舎が完成した。

間取りなどは、当時の建物をベースとしているが平屋建ての園舎の廊下や壁には、ヒノキやスギが使われていて、光が差し込む開放的な空間となっている。西日本豪雨から2年4か月、新しい園舎での保育は、来週火曜日からスタートする。

また、16日は、完成直前に被災し野村中学校のグラウンド内に新築された「せいよ東学校給食センター」も公開された。この給食センターでは、3学期から野村幼稚園や野村小学校などあわせて5校に770食分の給食を提供することになる。

愛媛2020.11.16 16:04

県産食材活用の中国料理で農家支援を

新型コロナの影響を受けている農家らを応援しようと愛媛産の食材を使った中国料理のコンクールが松山市で開かれた。

このコンクールは新型コロナの影響を受ける農家や畜産業者、漁業者らを“食べて応援する”愛媛県の補助事業を活用して、日本中国料理協会愛媛県支部が開いた。

コンクールでは、県内の料理人から愛媛産の食材を60%以上使用した新メニューを募集、一品料理と定食の2部門で74の料理の応募があった。

16日は、いよかんを使った酢豚やはだか麦とちりめんじゃこを、使ったチャーハンなど予選を勝ち抜いた20の料理が審査され、審査員は味や食感を確かめながら、想像性や技術力なども評価してい た。
コンクールで選ばれた8つの入賞メニューは来月から2か月間、県内11の中国料理店などで提供されることになっている。

愛媛2020.11.16 14:23

エリエールレディス本戦出場かけ熱戦

今週木曜日に開幕する「第39回大王製紙エリエールレディスオープン」の本選出場をかけた戦いが、16日松山市で始まった。

エリエールゴルフクラブ松山で行われている主催者推薦選考会には31人が出場している。この選考会は、今週木曜日に始まる「大王製紙エリエールレディスオープン」に出場権のないプロ選手やアマチュア選手が参加していて、18ホールのスコア上位4人が本戦への切符を掴むことができる。

前回大会の王者で2連覇を狙う渋野日向子選手や地元松山市出身でアメリカツアーにも参戦している河本結選手らが出場する「第39回大王製紙エリエールレディスオープン」は今週木曜日から4日間行われ、土曜・日曜の決勝の模様は、南海放送テレビで放送する。

なお、この大会は、新型コロナの感染対策として初めて無観客で開催される。

愛媛2020.11.16 14:15

愛媛信金理事長 ハラスメントで辞任

愛媛信用金庫は、弓山理事長に不適切な言動によるハラスメントが複数認められたとして、辞任勧告の処分を決議した。弓山理事長は13日付で辞任している。

愛媛信用金庫によると弓山慎也理事長に不適切な言動によるハラスメントが複数認められたという。このため愛媛信用金庫理事会では規程に基づき弓山理事長への辞任勧告処分を決議した。これを受け弓山理事長は13日付けで辞任している。

辞任に伴い新しい理事長に八石玉秀専務理事が就任している。

愛媛信用金庫は「被害に遭われた方やお客様、関係者の皆様に深くお詫び申し上げる」とコメントし、再発防止に向けてハラスメント防止体制の充実・強化に取り組むとしている。

愛媛2020.11.13 16:30

新型コロナ 松山市で新たに2人感染確認

新たに松山市で2人の新型コロナウイルス感染が確認された。

愛媛県によると感染が確認されたのは、松山市の10代の学校関係者(性別非公表)と30代の男性会社員。

2人はいずれも11日に感染が確認された松山市の50代の男性会社員の濃厚接触者で、検査の結果、12日陽性が判明した。2人は無症状だが、13日指定医療機関に入院した。

なお、これまでに県内で新型コロナウイルス感染が確認されたのはあわせて123人となった。

全国的に、感染拡大が続く中、県は感染予防策の徹底を呼びかけている。

愛媛2020.11.13 15:31

鳥インフル 県が養鶏農家に消毒命令

香川県内で病原性の高い鳥インフルエンザが相次いで発生したことを受け、13日愛媛県は法律に基づいて県内133の養鶏農家に消毒命令を出した。

高病原性鳥インフルエンザは今月、香川県で発生が相次ぎ、国が愛媛県など近隣12府県の養鶏場で緊急に消毒作業を実施するよう求めていた
これを受け、県は家畜伝染病予防法に基づきニワトリやキジなどを100羽以上飼育している県内133の農家に対し消石灰をまいて農場内を消毒するよう、13日付けで命令を出した。

実施の期間は14日から今月30日までで、既に今週、農家には消石灰が配布されている。今回の命令は県報に掲載されてい他、農家にも文書で通知しているという。

県は農家に対し、消毒や野鳥の侵入防止対策の徹底、発見した場合に早期に通報することなどを呼びかけている。

県の担当者は「今回の命令によって確実に消毒を行い再度しっかりと点検してほしい」と話している。

愛媛2020.11.13 13:50

高齢男性はねられ死亡 西条

13日未明、西条市の県道を歩いていた高齢男性が車にはねられ死亡した。
13日午前0時15分頃、西条市樋ノ口の県道13号を歩いていた松木尚成さん(87)が29歳の男性が運転する軽乗用車にはねられた。この事故で、松木さんは、頭などを強く打ち死亡した。

警察によると現場は、片側2車線の見通しの良い直線道路で付近に信号機と横断歩道はないという。警察は、車を運転していた29歳の男性から話を聞くなどして詳しい事故の原因を調べている。

これで、今年に入り交通事故で亡くなった人は、去年の同じ時期と比べて2人多い、39人となっていてこのうち、28人が高齢者だという。
県警では、この時期は日の出が遅く日没が早くなるため、運転者は、より歩行者に注意し、歩行者は、明るい服装や反射材を身に着けるなど事故防止を呼びかけている。

愛媛2020.11.13 10:58

復興にエール きずな博イベント住民に説明

西日本豪雨からの復興を目指し来年7月に開幕する“南予きずな博”のプロデューサーらが宇和島市を訪れた。

12日は“えひめ南予きずな博”プロデューサーの宮本倫明さんと演出家の松浦靖さんが、宇和島市吉田町の住民に来年秋に開かれるシンボルイベントの具体的な内容について説明した。

松浦さんは主宰する総合芸術舞台“一粒萬倍ASEED”と牛鬼や鹿おどりといった伝統芸能の共演を通して復興にエールを送ると語りかけていた。

松浦さんは「明日に向かって進んでいくといったものを感じてもらえたら」と話していた。“えひめ南予きずな博”は来年7月から12月まで開かれる。

愛媛2020.11.13 10:54

パワハラ・虚偽報告の消防職員を停職処分

松山市消防局は、後輩の隊員にパワハラ行為を行ったり、交通事故で嘘の報告をしたなどとして40代の男性消防士長を停職1か月の懲戒処分とした。

松山市中央消防署に勤務する40代の男性消防士長は今年4月から9月下旬にかけ後輩の男性隊員1人に対し、現場での救急活動中、暴言を吐いたり、頭や腕を叩くなどのパワハラ行為を行っていた。

また、この消防士長は今年4月3日、救急出動中に物損事故を起こしたにもかかわらず、共に出動していた50代の男性消防司令補と共に「整備中に救急車を壊した」と上司に嘘の報告を行っていた。

松山市消防局は、12日付で消防士長を停職1か月、消防司令補を減給10分の1、1か月。そして、事故を知ったものの黙認したとして、50代の男性消防指令長を戒告の、それぞれ懲戒処分としている。

愛媛2020.11.12 17:21

新型コロナ 愛媛で新たに4人感染

愛媛県は、松山市の男女4人の新型コロナ感染が確認されたと発表した。

新型コロナの感染が確認されたのは、松山市の40代の男性会社員2人と、50代の男性会社員、それに松山市の40代の女性会社員の合わせて4人。

この内、男性会社員3人は、今月10日に感染が確認された奈良県の男性会社員の濃厚接触者で、6日に松山市内で仕事や会食で行動を共にしていた。

一方、40代の女性は県内の人材派遣会社に所属し、NHK松山放送局で業務を行っていた。女性は発症前の2週間、県外には出ていないということ。

愛媛2020.11.12 15:37

PCR陰性確認 アルバイター収穫本格化

八幡浜市ではPCR検査を終えたアルバイターによるミカンの収穫作業が本格的に始まった。

高級ミカンの産地、八幡浜市真穴地区の井上金蔵さんの園地では、東京や沖縄など県外から来た8人のアルバイターがミカンの収穫作業にあたっていている。

今年は新型コロナの影響で、県外から来たアルバイターはPCR検査をして陰性が確認された上で産地に入っている。井上さんは「アルバイターさんの力はなくてはならないので、皆さんがそろって一安心している」と話していた。

真穴地区には174軒のミカン農家があり、今年は県外と県内合わせて268人のミカンアルバイターが12月末まで収穫作業などにあたる。

愛媛2020.11.12 14:17

福祉・介護職の魅力を「きみとカイゴ」完成

人材不足に悩む福祉・介護職の魅力を伝えるオール愛媛ロケのショートムービーが完成した。

12日は、県民文化会館でオール愛媛ロケのショートムービー「きみとカイゴ」の完成試写会が行われた。試写会では、この作品の監督を務めた砥部町出身の大森研一監督や出演した愛媛出身のガールズバンド「きみとバンド」のメンバー3人が挨拶した。

この作品では、フリーターで仕事が続かないヒロインが姉に誘われて始めた介護の仕事を通じて自分の居場所を見つけていく姿が描かれている。
県によると県内の介護職は2025年におよそ3000人が不足する見込みだということで、県社会福祉協議会が福祉・介護職の魅力を伝えようと製作した。

ショートムービー「きみとカイゴ」は、県社会福祉協議会のYouTubeチャンネルで13日公開される。

愛媛2020.11.12 12:44

文化の力でエールを 南予きずな博公演PR

西日本豪雨からの復興を目指し、来年7月に開幕する「えひめ南予きずな博」でシンボルイベントを担当する宇和島市出身の演出家が県庁を訪れ、公演する舞台をPRした。

県庁には宇和島市出身の演出家 松浦靖さんが訪れ「えひめ南予きずな博」で公演する舞台をPRした。「えひめ南予きずな博」は、西日本豪雨からの復興を目指して南予地域の交流人口の拡大などを図るイベントで来年7月から12月まで開催される。

大きな被害を受けた宇和島市や西予市、大洲市ではシンボルイベントが企画されていてこのうち、松浦さんは、東京を中心に公演する総合芸術舞台「一粒萬倍ASEED」を吉田町の魅力を引き出せるようアレンジを加えて公演するという。

松浦さんは「南予出身の人間として西日本豪雨からの復興に向けて文化の力でエールを送りたい」と意気込みを語っていた。

愛媛2020.11.12 11:28

県産食材ふんだんメニューで免疫力アップを

大手食品メーカーと愛媛県がタッグを組んで、県産食材をふんだんに使った新しいメニューを開発した。

「勝ち飯」は、味の素が提案するおいしく食べられて、しかも、カラダづくりに必要な栄養がとれるメニュー。11日は味の素とヤマキの関係者が県庁を訪れ、開発した「勝ち飯」を中村知事に披露した。
今回の「勝ち飯」のテーマは新型コロナに打ち勝つ免疫力アップ。免疫細胞のもととなる、たんぱく質がしっかりとれる宇和海産のタイに、免疫力を高めてくれるビタミンCが豊富に含まれた早生ミカンなど愛媛県産食材がふんだんに使われている。

主菜は「鯛のみかん蒸し」。汁物は、松山あげや愛媛産の麦みそを使って作った「けんちん和風スープ」。

県などでは、この「勝ち飯」のレシピなどを掲載したリーフレットを、県内のスーパーなど350店舗で配布することにしている。

愛媛2020.11.11 16:51

シネマサンシャイン大街道 来年1月閉館へ

大街道商店街にある「シネマサンシャイン大街道」が来年1月で、閉館することになった。

シネマサンシャイン大街道は1989年に映画館「タイガー劇場」の跡地にオープンし、およそ32年間に渡り、松山市中心部の映画館として親しまれてきた。

ピーク時の2004年には年間およそ11万人が来館したが、去年はおよそ4万4000人に減少。さらに新型コロナの影響で映画業界の経営環境が悪化し、施設も老朽化していることなどから、来年1月11日で閉館することを決めたという。

経営する佐々木興業は「上映していた単館系・アート系の作品は、シネマサンシャインの他の映画館で公開が続けられるように尽力したい」と話している。

愛媛2020.11.11 16:34

認知症の正しい理解を サポーター養成講座

11月11日は「介護の日」。認知症について正しく理解し、手助けできる人を増やそうと「認知症サポーター」の養成講座が松山市で開かれた。

認知症患者や家族を支援する「認知症サポーター」の養成講座には市民およそ100人が参加した。講座では、地域包括支援センターの職員が、認知症に一番不安を感じているのは患者本人で、自尊心を傷つけないようまず訴えを受け入れて接することが大切などと、寸劇を交えて説明した。

厚生労働省によると、5年後の2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になると推測されている。松山市では1人でも多くの認知症サポーターを養成し安心して暮らせるまちを目指したいとしている。

愛媛2020.11.11 16:30

4700万円の茶釜も 金製品展示即売会

中には4000万円を超えるものも。11日、松山市でおよそ1000点の金製品を集めた展示即売会が始まった。

いよてつ高島屋の大黄金展の会場では、高さおよそ180センチ、1700枚の金箔をあしらった巨大なだるまが出迎える。来年こそは明るい世の中にと疫病退散を願う〝アマビエ″や縁起物、仏具など1000点を超える金製品が並ぶ。

来年の干支の丑をモチーフにした乗牛大黒天は、金箔1800枚を使用していて価格は2200万円。展示されている金製品で最高価格は1つ4700万円の茶釜。

中でも特に人気なのはおよそ40点に及ぶ「おりん」。家族に価値のあるものを残したいと人気があるという。いよてつ高島屋の大黄金展は今月16日まで開かれている。

愛媛2020.11.11 16:27

国道横断中の高齢男性はねられ死亡 松山

10日夜、松山市で国道を歩いて渡っていた高齢の男性が車にはねられ死亡した。

10日午後6時ごろ、松山市古三津4丁目の国道437号を歩いて渡っていた近くに住む粟田邦博さん(73)が、右から来た普通乗用車にはねられた。

粟田さんは全身を強く打ち、救急搬送されたが、およそ40分後に死亡が確認された。警察によると、現場は片側2車線の見通しの良い直線道路で付近に横断歩道はないという。

警察は、車を運転していた松山市の中学校教諭の60代の男性から話を聞くなど事故の原因を調べている。

県内では、10日までの4日間で、3人が交通事故で亡くなっていていずれも道路横断中だったという。

愛媛2020.11.11 11:35

松野町長選 現職坂本氏無投票で再選

任期満了に伴う松野町長選挙が10日告示されたが、現職の坂本浩氏以外に立候補の届け出はなく、坂本氏が無投票で再選を果たした。
松野町の町長選挙は、10日告示され、立候補の受付が午後5時まで行われたが無所属で現職の坂本浩氏(56)以外に立候補の届け出はなく、坂本氏が無投票で再選を果たした。

坂本氏は元松野町職員で、前回2016年の町長選挙では、阪本壽明元町長の後継者として出馬し、新人3人による三つ巴の選挙戦を制して初当選した。

坂本氏は、松野町の人口がおよそ3800人と県内の自治体で最も少ないことから、移住促進や担い手育成を重点政策に掲げている。

愛媛2020.11.10 17:12

”わらアニマル”2頭 動物園にお目見え

10日、とべ動物園にユニークなアート、”わらアニマル”2頭が登場した。
とべ動物園に現れた2頭の”わらアニマル”は、米どころ西予市宇和町の住民グループ「田之筋地域づくり協議会」のメンバーが、地元産のわらで制作した。

ゾウは全長3メートル、高さ1.9メートル、クマは全長2.8メートル、高さ1.6メートルで田んぼ1枚分のわらを使った2か月がかりの力作。平穏なお正月が迎えられるようにとの願いを込めて、しめ飾りがチャームポイント。

県ととべ動物園では、空き獣舎を舞台にしたアートイベント『とべズージアム』を企画し、”わらアニマル”はその第一弾。来年3月には、とべ動物園とえひめこどもの城を結ぶジップラインが完成する予定で、動物園側では、この2頭がお出迎えしてくれる。

この、わらのゾウとクマ、旧インドゾウ舎に来年3月末まで展示される。

愛媛2020.11.10 16:42

横断歩道上で自転車の女性はねられ死亡

10日午前、四国中央市の国道の横断歩道を自転車に乗って渡っていた高齢女性が83歳の男性が運転する車にはねられ死亡した。

10日午前8時15分頃、四国中央市具定町の国道11号の交差点で、83歳の男性が運転する普通乗用車と横断歩道を渡っていた自転車が衝突する事故があった。

この事故で、自転車に乗っていた四国中央市寒川町の川村君子さん(76)が頭や腰などを強く打ち、死亡した。

現場の交差点は見通しが良く、横断歩道にも信号機があり、警察は普通乗用車を運転していた83歳の男性に話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べている。

愛媛2020.11.10 16:34

冬の足音 10日朝冷え込む 

10日朝の愛媛県内は、上空に流れ込んだ寒気と放射冷却の影響でぐっと冷え込んだ。

各地の最低気温は、久万高原町久万で0.8℃を記録した他、今治市大三島4.1℃、松山市南吉田7.4℃の2か所で、今シーズン最低を更新した。松山は7.2℃で9日を2.5℃下回った。

最低気温が4.9℃となった鬼北町では、小学生が白い息をはきながら登校する姿が見られた。松山地方気象台によると朝晩の冷え込みは11日も続く見込み。松山、宇和島、新居浜の予想最低気温が7℃となっている。

愛媛2020.11.10 14:55

秋の火災予防運動 独居老人に防災呼びかけ

秋の火災予防運動に合わせ、独り暮らしのお年寄りの家を松山市消防局の職員がまわり防災への注意を呼びかけた。

このうち、松山市東消防署管内では10日、署員ら4人が松山市岩崎町の独り暮らしのお年寄りの家を訪問した。今年は、新型コロナ対策として玄関先での聞き取りが中心となった。家の中に入る場合も人数を一人にして仏壇や台所などに出火の危険性がないか確認した。
松山市消防局によると今年9月末までに、松山市内では74件の火災が発生し6人が亡くなっている。このうち独居老人3人を含む5人が65歳以上の高齢者だったという。

松山市消防局は、市内の独り暮らしのお年寄りの家などおよそ600人を訪問する。

愛媛2020.11.10 13:32

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース