近畿のニュース

神戸市ヤミ専従 市が総務省にウソ回答か

第三者委員会による中間報告によると、神戸市は総務省が10年前に行った調査に対し、ヤミ専従が行われていることを知りながら「存在しない」と回答していたことが分かった。これについて、委員会は「虚偽の回答をしていた可能性が否定できない」と厳しく批判した。さらに、労働組合の幹部6人については「組合への専従は7年まで」とする法律の規定を逃れるために、市が組合幹部を一旦、退職させ、外郭団体へ派遣させる方法で、長年にわたり組合活動に専念できるように便宜を図っていたことも新たに分かった。第三者委員会はさらに調査を進め、年内にも最終報告書をまとめる方針。

兵庫2018.11.16 00:10

迫撃砲弾 国道近くに着弾 被害男性が批判

 14日午後、陸上自衛隊の迫撃砲弾が滋賀県高島市の国道近くに着弾、アスファルトとみられる破片が自動車を損傷した問題で、車の運転席にいた近くの川村長太郎さんが、当時の状況を話した。  「白い煙が上がっていて、車の窓ガラスも割れた。事故と直感した。まさか2発目はないだろうかと心配した」と述べるとともに、「少し、ずれていたらえらいことになっていた。あってはならないこと」と批判した。  同日夜遅く、防衛省の山田宏政務官が被害を受けた川村さんのもとを訪れ、謝罪した。  滋賀県警によると、14日午後1時半ごろ、滋賀県高島市にある饗庭野演習場で、陸上自衛隊の訓練中に発射された砲弾1発が、国道303号線近くに着弾した。  国道付近に着弾した砲弾は、81ミリ迫撃砲(はくげきほう)から発射された実弾で、全長約40センチ、重さは4キロにもなる。  防衛省によると、陸上自衛隊は14日午後1時15分から、迫撃砲を使った訓練で、計21発の砲弾を発射した。  一番最初に発射した砲弾は、どこに落ちたか観測員が判断できず、同じ設定で次も発射。目視はできなかったものの、音から目標よりも、手前に落下したと判断した。  次の3発目は、2発目よりも奥に落ちるよう調整して発射。目標地点よりも北側から煙があがった。  迫撃砲の着弾目的地域は、射撃場所から西に約3キロの場所だったが、問題の砲弾は、北側に約1キロ離れた場所に着弾した。直後には、被害に気づくことができなかったという。  陸上自衛隊は、隊員の操作ミスが事故原因になった可能性があるとみて調べている。

滋賀2018.11.15 19:02

砲弾着弾事故 市長が実弾訓練中止を求める

 滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場で14日午後、陸上自衛隊の訓練中に発射された砲弾1発が、国道303号線近くに着弾、止めていた自動車を損傷した事故で、同市の福井正明市長は15日、防衛省に対し、厳しく抗議した。  防衛省の幹部は同日朝、高島市を訪れ、今回の事故を謝罪した。面談後に、福井市長は「昨日から今日にかけて、自衛隊から事後的に報告があった次第であります。厳重に抗議をいたしました」と語った。  饗庭野演習場を巡っては、3年前にも、射撃訓練中の銃弾が民家の屋根を突き破る事故が起きている。  福井市長は、今回の事故を受けて、防衛省に対し、饗庭野演習場での全ての実弾訓練の中止を要請した。

滋賀2018.11.15 19:01

小学校給食に「セコガニ」 兵庫・新温泉町

 日本海に面する兵庫県新温泉町の小学校では、児童たちにちょっと贅沢な「冬の味覚」の給食が振る舞われた。  新温泉町の小学校で給食に出されたのは、メスのズワイガニ、通称「セコガニ」。  地元の漁業組合が、児童に地域の特産品であるカニの味を堪能してもらおうと、毎年提供している。  セコガニは、資源保護のため毎年、2か月間しか取ることができない日本海ならではの食材で、濃厚な味わいが特徴。  児童たちは、慣れた手つきで殻から身をとり、冬の味覚を味わっていた。  1年生の児童は「おいしー」「赤い味噌の部分が、一番おいしいです」などと話し、6年生は「新温泉町に生まれてよかったす」と喜んでいた。  セコガニの給食は2日間にわけて、町内の小・中学校8校に振る舞われるという。

兵庫2018.11.15 19:00

中1男女死亡事件公判 鑑定医「問題なし」

 大阪府寝屋川市の中1男女死亡事件で、被告の男の精神状態を鑑定した医師が15日、開かれた裁判員裁判の法廷で、「犯行時の精神状態に問題はない」と証言した。  殺人の罪に問われている山田浩二被告は3年前、大阪府寝屋川市の中学1年生、平田奈津美さんと星野凌斗くんを、窒息死させたとされている。  これまでの裁判で、山田被告は2人への殺意を否認し、責任能力についても争っている。  15日の裁判員裁判で、山田被告の精神状態を鑑定した医師の証人尋問が行われ、医師は「山田被告は、おおげさで、演技的で、攻撃的な性格がみられるが、精神障害ではない。また、軽度の発達障害はあるが、犯行に直接的な影響は及ぼしていない」と証言した。

大阪2018.11.15 12:11

新そばまつり そばを格安販売 兵庫・豊岡

 そば処として知られる兵庫県豊岡市の出石で、恒例の新そばまつりが開かれている。  「出石皿そば新そばまつり」は、この秋収穫されたばかりの新そばを多くの人に味わってもらおうと、地元の協同組合が毎年、この時期に開催している。  「挽きたて、打ちたて、茹がきだて」を合言葉に、新そばが5皿で500円と、格安で販売されている。  今年は台風が多く、地元特産のそばの出来が心配されていたが、例年よりやや小粒ながら、味や香りは十分だということで、訪れた観光客らは、出来立ての新そばに舌鼓を打っていた。  新そばまつりは、15日午後4時ころまで行われている。

兵庫2018.11.15 12:10

ボジョレ・ヌーボー解禁 今年はバランス良

 フランス産のワイン「ボジョレ・ヌーボー」が15日解禁され、大阪市の百貨店では、朝から多くの客でにぎわっている。  「ボジョレ・ヌーボー」は、毎年11月の第3木曜日に解禁される。今年は天候に恵まれたこともあり、バランスの良い仕上がりだという。  大阪・梅田の阪神百貨店では、90種類のボジョレ・ヌーボーを入荷していて、朝から多くの買い物客が、品定めを楽しんでいた。  買い物客の一人は「1か月半前、割引価格で注文して。当分毎日…うふふふふ」と喜んでいた。

大阪2018.11.15 12:09

狩猟解禁 カモ狙い引き金引く 京都・舞鶴

 15日から本州で狩猟が解禁されたことで、京都府舞鶴市の山間部のため池では、猟銃を手にしたハンターたちが、日の出とともにカモなどを狙って、猟銃の引き金を引いた。  京都府の狩猟期間は来年2月15日までだが、人里に下りてきて農作物に被害を及ぼすイノシシとニホンジカは、3月15日まで猟が行われる。

京都2018.11.15 12:08

陸自・砲弾が場外に着弾 他の2発行方不明

滋賀県高島市の饗庭野演習場で、陸上自衛隊が訓練中に発射した砲弾1発が敷地外に着弾した事故で、他にも2発の砲弾が、行方不明になっていることがわかった。 陸上自衛隊によると、14日の訓練で発射した81ミリ迫撃砲21弾のうち、着弾場所が特定できないものがあと2発あるということで、15日早朝から、自衛隊などが250人態勢で、周辺の国道沿いや演習場内を捜索している。 14日の事故では、砲弾1発が敷地外の国道近くに着弾して破片が一般の人の車にあたり、窓ガラスが割れたが、砲弾は目標地点から約1キロずれていたという。陸上自衛隊は、14日夜、事故調査委員会を立ち上げ、隊員の操作ミスが無かったかなど、事故原因を調査している。 15日朝、防衛相の幹部は高島市を訪れ、今回の事故を謝罪した。 高島市長「きのうからきょうにかけて、(自衛隊から)事後的に連絡をいただいた。厳重に抗議をさせていただいた」 饗庭野演習場をめぐっては、3年前にも、射撃訓練中の銃弾が、民家の屋根を突き破る事故が起きていて、高島市の福井市長は、全ての銃弾訓練の中止を求めている。

滋賀2018.11.15 12:06

陸自砲弾着弾 防衛政務官が被害男性に謝罪

陸上自衛隊が発射した砲弾が大きくずれ、車の窓ガラスが割れたことを受け、防衛省の政務官が14日夜遅く、被害男性に謝罪した。 14日、滋賀県高島市の饗庭野演習場で陸上自衛隊が訓練中に発射した砲弾1発が敷地外に出て国道近くに着弾し、一般の人の車の窓ガラスが割れた。防衛省の政務官が14日夜遅く、被害を受けた男性に謝罪した。 防衛省・山田宏政務官「ご迷惑をおかけしまして、心からおわび申し上げます」 アスファルトとみられる破片が停車中の車に当たったが、運転席に座っていた男性にけがはなかった。 被害にあった川村長太郎さん「まともに当たってたら車ともどこか吹っ飛んでる。あってはならんことやなと、安全にお願いします」 高島市は、「実弾射撃訓練の中止と原因究明を強く要請する」とコメントしている。

滋賀2018.11.15 10:18

陸自の砲弾が国道近くに 車被害

14日、滋賀県高島市の饗庭野演習場で陸上自衛隊が訓練中に発射した砲弾1発が、敷地外に出て国道に着弾し、一般の人の車の窓ガラスが割れた。防衛省の山田宏政務官が昨夜遅く、被害を受けた男性に「申し訳ありませんでした」と謝罪した。アスファルトとみられる破片が、停車中の車に当たったが、運転席に座っていた男性に、けがはなかった。被害にあった川村長太郎さんは「もうちょっとやったら当たってたところやった。あってはならないこと。」と話した。高島市は、「実弾射撃訓練の中止と原因究明を強く要請する」とコメントしている。

滋賀2018.11.15 08:55

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース