北陸のニュース

コロナ影響でも従業員の雇用守る相談会

 新型コロナウイルスの影響で従業員の雇用継続などに課題を抱える事業主を対象にした相談会が、高岡市で開かれています。

 高岡市役所で開かれている事前予約制の相談会では、市内の事業主が、休業手当を補助する雇用調整助成金などについて、社会保険労務士に申請の仕方などをたずねていました。

 相談者「思ったよりも手続きが簡単そうだったので何とかなるかと思いました」

 新型コロナに対する国の支援制度では、休業していたときに事業主が、従業員の賃金を全額支払ってもそれをほぼ補てんできる補助が得られるということです。

 県内での雇用調整助成金の申請件数は先月が300件で、先月29日までに129件が支給されたということです。

 この相談会は5日も開かれ、まだ数件の予約が可能ということです。

富山2020.06.03 11:53

県内夏日に マスク着用時 熱中症に注意!

 3日の県内は朝から気温が上がり夏日となっています。マスクを着けていると熱中症のリスクが高まるため注意が必要です。

 3日の県内は高気圧に覆われ晴れていて11時までの最高気温が富山市で27.6度、南砺市高宮が27度、氷見市が26.7度など県内8か所で夏日になっています。

 この後日中の予想最高気温は、富山市で29度、高岡市伏木で27度となっています。気温が高い中でマスクを着けていると体感温度が上昇するなど熱中症のリスクが高くなります。喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をしてください。

 屋外で人と2メートル以上の十分な距離がとれる場合はマスクを外すなど熱中症対策も心掛けてください。

富山2020.06.03 11:53

県民の県内旅行促進 およそ半額を補助

県民に向けた県内の宿泊旅行商品について県は、1人につき最大1万5000円まで補助することを発表した。
谷本知事は2日、議会での議決を待たずに予算を前倒しで執行する専決処分について発表した。県民が県内の旅館やホテルなどにおよそ半額で宿泊できる旅行商品を県内の旅行代理店を通して販売する。1万円以上の宿泊商品は1人につき5000円引き、2万円以上は1万円引き、3万円以上は1万5000円が割引される。観光について県は6月18日までは「県内で徐々に」、19日から7月いっぱいは「県をまたぐものも含めて徐々に」とし8月1日をめどに全面解除としている。割引した旅行商品の販売は6月8日から県内の旅行代理店の店舗やホームページで始まり、割引は8月30日の宿泊分までとしている。

石川2020.06.02 22:34

県内の感染者4日連続でゼロ

県は新型コロナウイルスについて、2日午前までのPCR検査の結果がすべて陰性だったと発表した。県内で新たな感染者が確認されなかったのはこれで4日連続となる。
県によると2日の午前までに二ツ屋病院関係の5件を含む、14件のPCR検査を実施したところ、すべて陰性だったという。県内で新たな感染者はこれで4日連続、確認されていない。また、これまでの感染者298人のうち退院した人は6人増えて227人、治療中の人は46人となっている。

石川2020.06.02 22:33

自民党金沢支部 松村市議の離党届を受理

新型コロナウイルスに感染し、自宅待機中にパチンコ店を利用していた自民党の市議会議員について、自民党金沢支部は2日、正式に離党届を受理した。
自民党所属の松村理治金沢市議は新型コロナウイルスの治療が終わったあと、2週間自宅待機するよう医師から指示されていたが、その間に、複数回パチンコ店を利用していたことがわかっている。当時、パチンコ店には県の休業要請が出されていた。この問題を受け、松村市議は所属する自民党金沢支部に離党届を提出しており、2日の役員会で正式に受理された。また、市議会の各会派からは松村市議に対する辞職勧告決議や問責決議といった案が出されており対応を一本化した上で、来週開会の6月定例会で採決する方針だ。松村市議は、腰痛の治療のためとして、6月定例会に欠席届を出しており、最終日の22日まで欠席する意向だという。

石川2020.06.02 22:33

車が街灯に衝突し71歳の男性死亡~越前町

6月2日の午前、越前町で事故があり、軽自動車が道路脇の街灯に衝突し、運転していた71歳の男性が死亡した。


事故があったのは、越前町赤井谷の町道で、6月2日午前8時半ごろ、越前町小樟の無職田中健夫さん71歳の運転する軽自動車が、T字路の交差点の手前で道路の右側にある街灯に衝突した。

この事故で、田中さんは病院に運ばれたが、全身を強く打ちおよそ1時間半後に死亡した。

現場は左カーブが終わったところで、車は対向車線を飛び出しており、ブレーキ痕はなく、警察が事故の原因を調べている。

福井2020.06.02 21:20

自民党県連6日に知事選推薦決定へ

 推薦決定は今週末。名乗りをあげている2人はそれぞれに意欲を示しました。

 自民党県連は1日、東京で県選出国会議員と県議会議員が会合を開き秋の県知事選への対応を協議しました。今月6日に常任総務会を開き出馬の意思を明らかにしている2人からそれぞれ意見を聞いてどちらを推薦するか決定します。

 宮腰光寛県連会長「常任総務会で決意や政策などを聞く、そのうえで常任総務会で決定する。というのは6月6日(土)にできれば開かせて頂きたい」

 会合は1日、東京の県赤坂会館で開かれました。国会議員と県議会議員が知事選について意見交換するのは去年12月以来です。会合終了後、取材に応じた宮腰光寛県連会長は、6日の常任総務会で推薦を決定する方針を明らかにしました。

 また、投票で決めるのか、という質問に対しては、「透明な形で決めたい」と述べ明言を避けました。

 この秋にも予定される県知事選をめぐっては、現職で4期目の石井隆一さん(74)と、新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)の2人が出馬の意思を明らかにしていて、自民党県連は2人のうちどちらかを推薦することを決めています。

 石井隆一知事は、午前中、新型コロナウイルスに関する自民党会派からの緊急要望を受けたあと、取材に応えました。

 石井知事「今後の県政への取り組みの考え方などについて聞きたいということだと伺っていますので、それは大変貴重な機会ですし、ありがたいことだと思って。富山県のいまの新型コロナに直面している現実をふまえてなんとか事業を持続化しよう、再生を図ろう、それが同時に地域や富山県全体の、再興、再生につながるようにしていこう。そういうふうに県民の皆さんの希望や夢につながるような、そういう私の考えというか、ポリシーをお話できたらなと」

 新田八朗さん(61)は2日朝も富山市内で街頭演説を行いました。県連からまだ正式な連絡は来ていないと話しました。

 新田八朗さん「2人比べられるということは意識していません。まさに自分との戦い、自分をアピールする。民間出身、61歳、挑戦者、新人、ということを大いにアピールしていきたい。それはこの半年県内各地でやってきたこと。これと同じことを県議会議員の皆様にも訴えて心を動かす、そのようなプレゼンテーションになればと思っています」

 知事選をめぐって県議の間では現職を推す声が強くなっていたいっぽう、「双方の政策を聞いたうえで判断するなど、きちんとした選考をした方が良い」という声があがっていました。そうした意見を受けて、1日の会合では「双方の決意表明を聞いて決める」という形に落ちついたとみられます。

 今月6日の常任総務会は会のメンバーである34人の自民党県議のほか宮腰光寛会長も出席して開かれ、関係者によりますと石井知事と新田さんがそれぞれ10分ずつスピーチをするということです。

富山2020.06.02 19:53

石川ミリオンスターズ 全体練習を再開

緊急事態宣言が全面解除され、県内のプロスポーツチームにも動きが出ている。BCリーグの石川ミリオンスターズが、4月から中止していた全体練習を2日から再開した。
2日朝、金沢市内のグランドには、およそ1か月半ぶりに選手らが集まり、全体練習を再開した。練習前には選手らの検温が行われたほか、この日はハイタッチを控えるなど、接触を避けての練習となった。石川ミリオンスターズは、早ければ今週末から無観客での対外試合を行い、リーグ戦に向けて調整するとしている。BCリーグは、6月中旬に開幕する予定だ。

石川2020.06.02 19:52

金沢市内のバラ園も再開 まだ見ごろ続く

5月31日まで閉鎖されていた金沢市内の公園にあるバラ園では、色とりどりのバラが見ごろを迎えていて、訪れた人たちの目を楽しませている。
金沢南総合運動公園のバラ園では、国内外の145品種、およそ1800本のバラがあり、見ごろを迎えている。例年、5月中旬から見ごろとなり、大勢の人が訪れるが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5月12日から31日まで閉鎖されていた。さっそく訪れた人たちは写真を撮ったりスケッチをしたりと、色鮮やかに咲き誇るバラを楽しんでいた。金沢市によると、ことしは例年よりも開花期間が長く、まだしばらく楽しめるという。

石川2020.06.02 19:51

休業要請全面解除 金沢の繁華街に客戻る

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた県の休業要請が1日、全面解除された。金沢市の繁華街では、最後まで休業要請が続いていたナイトクラブなどが営業を再開し、人の往来が少しずつ戻ってきている。
1日夜。ナイトクラブなどへの休業要請が解除され、多くの看板に明かりが灯った夜の片町。2週間ほど前のスクランブル交差点に比べると、まだまだ少ないものの、行き交う人の姿もみられるようになっていた。こうしたなか、近くにあるナイトクラブでは、さっそく常連客らが訪れ、お酒や会話を楽しんでいた。こちらの店では、サーモグラフィーで来店客の体温を確認したり、従業員がフェイスシールドや抗菌手袋をつけるなどの感染防止策をとっている。一方、近くの木倉町も2週間前は真っ暗だったが、1日夜は、お店の看板が通りを照らし、あたりにはにぎやかな声も響いていた。こちらのバーは、これまで、小瓶にお酒を詰めて販売し、オンライン上でバーを開いていたが、1日から店舗の営業を再開した。こうしたなか、市内のタクシー会社はここ数日、街なかの人の流れに変化を感じるという。ビジネス客や観光客が激減し一日あたりの延べ運行台数を150台から30台にまで減らしたという、こちらの会社。今後の繁華街の動きについては「6月いっぱいは、ビジネス客、観光客が急にもとの状態に戻るようには思わないが、7月に入り、夏休みがあるような時期から少しずつ上向いてくれないかなと思っている」という。新型コロナウイルスの影にも備えながら。少しずつ日常を取り戻す日々が続く。

石川2020.06.02 19:50

24時間テレビ募金 パラスポーツへ

 去年夏にKNBテレビなど日本テレビ系列で放送した「24時間テレビ」に寄せられた善意で購入した障害者スポーツ用の車いすなどが2日、県内の社会福祉協議会などに贈られました。

 このうち小矢部市社会福祉協議会には障害者スポーツ用車いす10台が贈られました。

 24時間テレビは、東京パラリンピックに向けて障害者スポーツへの理解を深めることを目指しています。小矢部市社会福祉協議会では贈呈された車いすを市内の小中学校の授業などで活用するとしていて日光久悦会長は「地域の人に気軽にパラスポーツを体験してほしい」と話していました。

 2日はこのほか魚津市教育委員会にボッチャ体験キットが贈られました。

富山2020.06.02 19:19

ベトナム人殺人事件 裁判所が勾留却下

 富山市のベトナム人技能実習生が殺害された事件です。同居の男が死体遺棄の罪で起訴され、さらに、殺人容疑でも再逮捕・送検されていますが、裁判所が殺人容疑での勾留を認めなかったことが分かりました。被告の弁護士は、「裁判所が逮捕は違法と判断したため」としています。検察と警察は、殺人容疑について任意で捜査を続けます。

 この事件は先月5日、富山市の側溝でベトナム人技能実習生のグエン・ヴァン・ドゥックさんが遺体で見つかったものです。同居していたベトナム国籍の技能実習生、ゴ・コン・ミン被告(20)が死体遺棄の罪で起訴され、その後、殺人容疑で再逮捕、再度、送検されています。

 被告の弁護士によりますと、弁護側がミン被告に対する死体遺棄容疑の県警の捜査は「手配したホテルに6夜にわたって宿泊させ、長時間取り調べをするなど違法なものだった」として準抗告し、富山地方裁判所が勾留を取り消したということです。

 警察はその後、殺人容疑でミン被告を再逮捕し、検察が再度、勾留を請求しましたが、富山簡易裁判所は却下しました。検察は、請求却下を不服として準抗告しましたが、富山地裁は「違法な再逮捕として許されないと言わざるを得ない」として退けたということです。

 起訴後、裁判が開かれるまで勾留が続くため、ミン被告は現在もじっさいには勾留されていますが今後、警察と検察は、殺人容疑については任意で捜査を続けることになります。

 勾留が認められなかったことについて、県警と富山地検は「捜査中のためコメントは差し控える」としています。

 いっぽう、県弁護士会の刑事委員会で委員長を務める坂本義夫弁護士は、「最近では聞いたことがない違法逮捕であって、このような捜査方法は許されない。違法逮捕中に取られた供述は証拠にならないので、今後の裁判に大きく影響するだろう」とコメントしました。

富山2020.06.02 19:14

夏用マスクと飛沫防止シールドで雇用維持

 新型コロナウイルスの影響で本業ではないマスクの生産に乗り出した富山市の企業が、新たに夏用マスクや飛沫防止シールドの生産を始め、従業員の雇用継続に力を注いでいます。

 「ひんやりとした付け心地で呼吸もしやすいです」

 冷たさを感じ、蒸れにくい。スポーツシャツにも使われている特殊な素材を使用した夏用マスクです。このマスクを作るのは、バスの内装に使われる布製品などを手がける富山市赤田の秀和商会です。

 新型コロナウイルスの感染拡大で観光バス・路線バスの需要が大幅に減り、本業の業績が悪化しましたが、シートカバーなどの立体的に縫う技術を生かしてマスクを生産したところ、2か月半でおよそ1万8000枚を売上げました。

 秀和商会 地崎靖雄社長「単価をかなり低く抑えていますので、ほとんど利益は出ないんですけども、従業員の雇用を維持するために頑張っております」

 しかし、町にマスクが徐々に出回り始めたことに加え、バスの内装品製造の再稼働も思うように進まず、不安を募らせています。

 秀和商会 地崎靖雄社長「次の受注がもし入り始めたとしても7月の半ばからだと思います」

 本業が再び軌道に乗るまで従業員を休ませず雇用を守りたい。次の一手として始めたのが、より快適な付け心地を追求した夏用のマスクの販売でした。裏地には、吸水性と速乾性に優れ、熱が籠りにくく、冷たさを感じる特殊な素材を新たに仕入れました。

 また、バスの座席に使っていたビニールを転用し、運転席に取り付ける飛沫防止シールドの生産にも乗り出しました。

 秀和商会 地崎靖雄社長「路線バスは国内に7万台くらい走っていますので、かなりの需要が見込めると思っています」

 すでに全国から発注があり1000枚ほどが売れたといいます。

 秀和商会 地崎靖雄社長「本来ならば本業のほうに移りたいんですけど、こういったマスクですとかシールドを作りながら、なんとか観光バス、あるいはバス全体の本業復活に向けて望みをつなげたいと思っています」

 夏用のマスクは、2日から1日300枚ほどを販売しています。

富山2020.06.02 19:11

農業のIT化進める舟橋村 水管理も

 舟橋村は今年から新たに、田んぼの水管理を自動で行うシステムを導入しました。農業の省力化だけでなく農作業中の事故防止への効果が期待されています。

 「農家の方々が主体的に動くために行政がサポートしていくという取り組みを実施していくのが狙いです」

 舟橋村は去年から村内の農業のIT化を推進していて、農作物などのブランド化を目指すプロジェクトを展開しています。「スマート農業」を推進することで高齢者の作業負担を減らし、さらには若者にアピールして担い手を増やすことが目的です。プロジェクトの一環として去年から始めたドローンによる農薬散布では、1町=およそ1ヘクタールの田んぼにかかる作業時間が従来の1時間から15分にまで短縮できたということです。

 そして今年から新たに導入したのは水田の水管理を自動化するスマート水門です。

「タブレットのボタンを押すと水門が自動的に開閉します」

 農家は田植え直後から稲を刈るまで定期的に水田の水量を確認し、手動で水門の開け閉めをする必要がありましたが、システムの導入により水管理の作業量を8割も抑えることができます。

 スマート水門を導入した農家「便利で疲れもない。だいぶ体も楽なんじゃないかな」

 また自動で開閉することで高齢者の用水路転落による水難事故を防げます。

舟橋村生活環境課 政二勇太さん「とにかく労力の軽減、そしてコメの品質を上げていくことに期待していきたい」

 舟橋村はことし2つの農家で、11か所にスマート水門を設置してデータなどを収集する計画で、来年以降も増やしていきたいとしています。

富山2020.06.02 19:10

水難救助にドローンを活用~九頭竜川で訓練

水の事故が増える夏に向け、永平寺町の九頭竜川で消防が水難救助訓練に取り組み、初めてドローンも活用した。(6月2日)


訓練は、アユ釣り客が中州で身動きが取れなくなったり、川に流されたとの想定で行われ、初めて町が所有するドローンを活用した。

ドローンは、ヘリコプターに比べ初動が早いほか、高圧線などでヘリコプターが近づけない場所の捜査活動に適している。

消防によると、去年は永平寺町の九頭竜川で、ヘリコプターを使った水難救助が3件あり、今後はドローンの特性を生かし空からの捜索の目を増やすとしている。

なお、九頭竜川中流でのアユの友釣りは、6月13日に解禁する。

福井2020.06.02 17:07

県立恐竜博物館が県民向けに15日から再開

県外客が多いとして休館が続く恐竜博物館は、段階的なオープンを導入し、まずは県民向けに6月15日に再開する。


県立恐竜博物館の再開の第1段階は、6月15日から7月13日までの期間で、県民のみを対象としたプレオープンとなる。

その後7月14日以降を第2段階と位置づけ、県外客も含めた本格的なオープンとする。

当面はホームページでの完全予約制を導入するほか、午前と午後の入れ替え制をとり、入館させる人数をプレオープンで1日最大2000人に、また本格的なオープンで最大3000人に制限する。

このほか入口での検温や消毒はもちろん、正面玄関を入口専用にして出口を別に設ける。

福井2020.06.02 16:43

富山簡裁 殺人容疑の勾留請求却下

 富山市のベトナム人技能実習生が殺された事件で、逮捕、送検された同居の男について富山簡易裁判所が殺人容疑での勾留を認めなかったことがわかりました。被告の弁護士は「地裁は逮捕は違法と判断した」としています。

 先月5日、富山市の側溝でベトナム人技能実習生のグエン・ヴァン・ドゥックさんが遺体で見つかった事件では、同居していたベトナム国籍の技能実習生、ゴ・コン・ミン被告(20)が死体遺棄の罪で起訴されました。

 ミン被告の弁護士によりますと死体遺棄容疑の逮捕前、6夜にわたってミン被告を県警が手配したホテルに宿泊させ、長時間の取り調べをした違法な捜査だったとして準抗告し、富山地裁が勾留を取り消したということです。

 県警はその後、殺人容疑でミン被告を再逮捕・送検し、地検が勾留請求をしましたが、富山簡裁は再び却下しました。地検の準抗告も棄却されたということです。殺人容疑に関しては今後、任意で捜査を続けます。

富山2020.06.02 11:48

新型コロナ収束願う「悪疫退散」花火

 新型コロナウイルス感染症の収束を願って1日夜、富山市で悪疫退散を願う花火が打ち上げられました。

 これは、花火大会の中止が各地で相次いでいることをうけて全国で同じ時刻に悪疫退散を願う花火を打ち上げようと、花火業者の有志が計画しました。

 昨夜8時、常願寺川で富山市のマツダが50発の花火を打ち上げました。

 マツダの花火師 大橋智子さんは「全国の花火と一緒にあげられてよかった」と話していました

富山2020.06.02 11:48

鯖江市で獣害対策として“若狭牛”を放牧

鯖江市の山際の空き地で若狭牛の放牧が始まり、農作物を荒らす厄介者を田畑から遠ざけている。(6月2日)


鯖江市河和田地区の山際の空き地で放牧されているのは、妊娠中のメスの若狭牛2頭。

イノシシやサルなどが農作物を荒らす被害に悩んでいたこの地区では、14年前から放牧を始めた。

地元の住民が当番制で牛の管理や設備の点検を続けていて、農作物への被害は減っているとのこと。

田畑を荒らす厄介者を遠ざけるこの取り組み、10月まで続く予定。

福井2020.06.02 11:45

6月6日の常任総務会で推薦決定 自民党県連の知事選対応

ことし秋の県知事選挙での推薦について自民党県連は県選出国会議員と県議会議員が1日、東京で会合を持ち、今後のスケジュールなどについて協議しました。

会合後取材に応じた宮腰光寛県連会長は、今月6日に常任総務会を開き、推薦を求めている2人にそれぞれ決意と政策を聞いたうえでどちらを推薦するか決めるとしました。

知事選に向けては、現職で4期目の石井隆一さん(74)と新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)の2人が自民党の推薦を求めています。

自民党県連がどちらかを推薦すれば保守分裂の選挙になる可能性も指摘されています。

富山2020.06.01 19:53

KNB作品がギャラクシー賞テレビ部門入賞

昨年度全国で放送された番組の中から優秀な作品を表彰する第57回ギャラクシー賞の選考結果が1日発表されました。KNBが制作した番組がテレビ部門で入賞、さらに報道活動部門で番組を書籍化した活動が奨励賞に選ばれました。

テレビ部門で入賞した「NNNドキュメント20 19人を殺した君と重い障がいのある私の対話」はKNBが制作して3月に全国放送しました。神奈川県の障害者施設で起きた入所者殺害事件の被告と富山市の重度障害者の面会などを取材したドキュメンタリーです。
入賞作品はこの番組を含めて14本で、大賞、優秀賞などの最終結果は来月2日に発表されます。

また、去年11月にKNBふるさとスペシャルとして同じテーマで放送した番組も奨励賞となりました。

一方、報道活動部門ではKNBラジオとテレビの番組を書籍化する取り組み「KNBブックレポート 地方発ドキュメンタリーの活字化13年の活動記録」が奨励賞に選ばれました。このブックレポートがきっかけとなってKNBの番組が小学校の授業の教材になり、子どもたちがメディアリテラシーを学ぶことにもつながっています。

富山2020.06.01 19:34

トロッコ電車や宇奈月温泉が再開 「磨きをかけお客に訴えたい」

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車は新型コロナウイルスの影響でことしの営業運転を見合わせていましたが、1日ようやく全線で運行を始めました。観光客を見込んで、地元の宇奈月温泉でも旅館が営業を再開しています。

黒部峡谷鉄道は、当初は4月20日に部分開通、5月1日に全線開通を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で1か月遅れでの営業開始となりました。1日の乗客は86人。去年の全線開通日の6420人余りに比べると静かなスタートです。

運行にあたっては、乗車定員を通常の半分から3分の2程度に減らし、車内のアルコール消毒を定期的に行うなどの感染防止策をとっています。また、通常だと1日最大14往復運行するうち5往復をとりやめる間引き運転を決めています。

黒部峡谷鉄道 浦島孝之さん
「こうした状況ですからまずは近くのお客様から徐々に安全対策をやりながら慎重に事業運営していきたい」

トロッコ電車の乗客の利用を見込む宇奈月温泉の旅館も営業を再開しています。そのうちの一つ、ホテル黒部は4月下旬から休業していましたが、5月22日からいち早く営業をはじめました。ただ、今月末までは営業を金・土・日の週末に限っています。

ホテル黒部 女将 中島ルミ子さん
「ことしは金・土・日に限っていますし、それも県民の方が限定なので、なかなか思うようにはお客様が入らないのが実情です」

ホテル黒部ではフロントに透明な間仕切りを設置したり、大浴場の脱衣所では密集を避けるため、かごやいすの数を減らしたりなど、感染防止に配慮をしたうえでこれからに期待しています。

ホテル黒部 女将 中島ルミ子さん
「まずは当館のしっかりとしたコロナ対策のためにも、県内の方々にはお越しいただいてもう少し安心安全を見極めてから次のステップにいこうかなというつもりでいる」

宇奈月温泉の旅館協同組合に所属する10の旅館は1日、ほとんどが営業を再開しました。組合では、今後7月から9月にかけては予約が入り始めていると話しています。

宇奈月温泉旅館協同組合理事長 濱田政利さん
「宇奈月温泉ならではの価値が気づかないところに、足もとにある。そういったものを磨きをかけてお客様に訴えていきたい」

富山2020.06.01 19:27

県立高校や小中学校が全面再開 授業時間確保へあの手この手

県内すべての市町村の小中学校と県立高校が全面再開となりました。学校では、感染防止策がとられる一方で、学習の遅れを取り戻すための対応にあの手この手です。

「おはようございまーす」

舟橋村の舟橋小学校では全校児童215人が元気に登校しました。先週は分散登校で午前中のみの授業でしたが、1日は給食をはさんで5限目まで行いました。

3年生の児童
「きょうから1日学校があるので楽しいです」
「給食とか5時間目が楽しみ」

新型コロナウイルスの感染が学校で発生しないように
正しい手洗いの仕方を改めて教えるなど対策をとっています。

休校がおよそ3か月にも及んだことで懸念されるのが、学習の遅れをどうやって回復するかです。

3年生の担任
「長いですがこれ5月に勉強せんなんはずだったので実は3年生だいぶ遅れ気味です。コロナで」

舟橋小学校では充てていた時間を国語や算数など主要教科に変更する時間割を1週間ごとに設けます。

夏休みの短縮などに伴い、例年以上に気を付けなければならないのが熱中症対策です。

舟橋村小学校 宮田正起校長
「そこが非常に悩んでまして、けさも実はマスクかけてて1人子ども調子悪くなったんですけど」

運動などの後、教室に入る前に暑さを和らげようと、舟橋小学校では先月末から児童の玄関にミストの装置を設けました。

舟橋村小学校 宮田正起校長
「日常に戻すということが1番大きい。普通通りの生活を子どもたちができるということが1番大きい」

子どもたちの学校生活を少しでももとに戻すため、給食も欠かせない要素です。富山市と氷見市を除く市町村では給食が始まりましたが、品数を減らしたり、個別の包装にしたものを配膳するなど、新型コロナウイルスへの感染防止策を工夫しています。

新しい生活様式の中で子どもたちを感染から守りながら、学びをいかに取り戻していくか、これまで経験したことのない対応が続きます。

富山2020.06.01 19:20

県立高校で部活動再開 「仲間っていいなって思いました」

県立高校は1日から学校が全面再開したことに伴い、部活動も再開されました。

石動高校女子ホッケー部 西永毅監督
「仲間と一緒にトレーニングできる喜びもあると思います。ただ感染予防しながらやってもらいます。インターハイ中止とそれはすでに連絡してありますが、そういう中で3連覇という目標はあったけど叶うことはできなかった。次の大会がどうなるか正直わかりませんが、開催を信じて。はい、じゃあいきましょう」

全国高校総体で2連覇を果たした小矢部市の石動高校女子ホッケー部は、およそ2か月ぶりとなる全体練習を行い、基礎的なトレーニングを中心に汗を流しました。部活動は当面の間は手洗いを徹底したうえで、密にならないようにするなどして1時間未満で行います。

石動高校女子ホッケー部は4月上旬から部活動を休止しました。
3連覇がかかっていたことしの全国高校総体も中止となり、その他の大会についても開催されるか未定です。

沼田華茄副キャプテン
「3連覇を目指していたので無くなって聞いたときはもうショックで。インハイに向けて頑張ってた身としては悔しいし、延期でもいいからやりたいなって思っていました。家でもホッケーできなくてやっと再開となってうれしかったです」

沼田風香キャプテン
「いつも通りの練習はできなかったんですけど1人のトレーニングとは違って仲間っていいなって思いました」

綾村美悠副キャプテン
「大会が1つでもあることを信じてみんなで頑張っていきたい」

県立高校の県内8つの市町村の中学校でも1日から部活動を再開しました。

 全国高校総体と県高校総体中止に伴い県高体連は、部活動の成果を発揮できる独自の大会を実施できないか検討していて、今月中の早い段階で決断したいとしています。

富山2020.06.01 19:12

恒例の「一つやいと」 熱さこらえ無病息災祈る

高岡市の国宝・瑞龍寺で参拝者の足におきゅうをすえて無病息災を願う、毎年6月1日恒例の「一つやいと」が行われました。ことしは新型コロナウイルス感染防止のため間隔をとって行われました。

瑞龍寺の一つやいとは、修行僧が疲れをいやすため足におきゅうをすえたのが始まりとされています。参拝者は、僧侶からひざの下の「三里のつぼ」にもぐさをのせて火をつけてもらい、熱さをこらえながら手をあわせていました。ことしは感染拡大を防ぐため、やいとは1メートルほどずつ間をとって行われました。

参拝者
「気持ちがなんか落ち着いて、安心感」

瑞龍寺 四津谷道宏住職
「一つやいとは1年間の無病息災を祈願するということもありますので、コロナにかからんような祈願も含めて、免疫高めるぞという意味合いもあるんだと思いますね」

瑞龍寺では新型コロナの影響で、ことし4月と5月の参拝者は去年の5パーセントほどに留まっているということです。

瑞龍寺の一つやいとは、来月1日にも行われます。

富山2020.06.01 19:04

あい鉄高架下飲食店街が全面オープン 

富山駅のあいの風とやま鉄道高架下で整備がすすめられていた飲食施設が全面オープンしました。新型コロナウイルスの影響を受けて、当初の予定より1か月以上遅れてのオープンです。

オープンしたのは、富山駅高架下の「とやマルシェのれん横丁」と「とやマルシェEATS de Meets」の2つのエリアです。

このうち「とやマルシェのれん横丁」には、午前11時のオープンととともに多くの人が訪れました。面積が900平方メートルあるこのエリアは「富山らしい食」をテーマに、焼き肉や海鮮料理、回転ずしなど7つの店舗が並びます。

当初の予定より1か月以上遅れてのオープンで、各店舗では感染防止のため透明な板で店内に仕切りを設けたり、弁当・肉寿司などテイクアウトのメニューを充実させたりなど、新たなスタイルを工夫しています。

富山ターミナルビル 黒瀬俊英企画部長
「ようやくオープンになり、お客さんも入ってくれるか不安がありましたけども、これだけ入っているのでありがたく思っている。安全でお客さんに喜んでいただける店づくりをしたい」

このほか、富山駅西側の高架下にオープンした「とやマルシェEATS de Meets」では、カフェなど4つの店舗が営業しています。

富山2020.06.01 18:54

可搬式オービス導入で生活道路の違反取締り

県警は道幅の狭い生活道路でも設置できる可搬式のオービスを導入し、学校の再開に合わせ通学路でスピード違反を取り締まった。(6月1日)


可搬式のオービスでスピード違反を取り締まったのは、坂井市三国町のみくに龍翔館の前を通る町道。

近くに小中学校や高校があることから学校の再開に合わせ県警が朝の登校の時間帯の通学路に設置した。

速度違反があった場合に自動で車を撮影し、後日通知が届く仕組み。

持ち運びできるオービスは、違反した車を呼び込むためのスペースがない狭い道路でも取締まりができるよう今年2月に導入され、県内での取り締まりはこれが2回目。

県警では、今後も生活道路や通学路などの交通マナーの向上に繋げたいとしている。

福井2020.06.01 18:12

学校再開で県民向けマスクを中高生に配布

県が独自に確保したマスクのうち、5月中に販売されなかった分が県内の中高校生向けに無料で届けられている。(6月1日)


このうち、藤島高校には50枚入りのマスク2040箱、合わせて10万枚あまりが贈られた。

県が新型コロナウイルスの感染予防にと、県民向けに64万箱を確保したマスクは、5月31日までに6割以上の42万箱近くを販売。

残ったマスクは、6月3日までに県内の全ての中学校や高校に無料で配布されるほか、6月中に介護施設や幼稚園のスタッフにも届けられる。

福井2020.06.01 18:12

久しぶりに県内小中高校に子どもの姿が戻る

県内の小中学校それに高校でおよそ3カ月ぶりに子どもたちの姿が戻り、教室内では密集を防ぐ対策を徹底しながら学校が再開した。(6月1日現在)


このうち福井市の東安居小学校では、およそ3か月ぶりに289人の児童が登校し、校舎内では廊下で密集しないように学年別にルートを分けながら教室に入った。

ようやく再開した学校。

教室の窓を取り外すなど感染症対策を徹底しながらの新しいスタイルでの学校生活が始まった。

福井2020.06.01 18:11

県内すべての市町村で小中学校再開

 すでに再開している滑川市を除く県内すべての市町村で、1日から小中学校が全面再開しました。


「おはようございます」

 このうち舟橋村の舟橋小学校では、全校児童215人が元気に集団登校しました。先週は、午前中のみの授業でしたが1日は給食をはさんで5限目まで行います。

 3年生児童「きょうから1日学校があるので楽しいです」

「給食とか5時間目が楽しみ」

 教室では養護教諭が正しい手洗いの仕方を指導しました。舟橋小学校では1日から給食も始まりますが、教室の大きさに対して児童の人数が多いクラスは2つの教室に分かれて給食を食べることにしています。

富山2020.06.01 11:44

移動交番車が通学路を見守り

 地域の犯罪抑止力や市民の利便性を高めようと、県警は1日から県内各地で交番の機能を備えた「移動交番車」の運用を始めました。

 このうち、富山市の蜷川小学校校区には、1日からの学校再開に合わせ 移動交番車が出動しました。周辺では、先日クマが出没していることもあり、警察官が児童の通学を注意深く見守りました。

 富山中央警察署地域課 加藤信行警部「見守り活動を中心に活動していきたいと思いますが、今後は住民の要望を踏まえながら弾力的に運用していきたい」

 移動交番車は今後、警察の施設から離れた地域や事件事故が多いエリアに派遣され、市民からの相談や届け出を受けるほか、パトロールなどにあたるということです。

富山2020.06.01 11:44

新型コロナウイルス 県内の感染発表13日連続なし

 富山県内で新型コロナウイルスの新たな感染者の発表は31日はこれまでのところなく、これで13日連続で新規の感染なしとなっています。

 県内の感染者はこれまでに227人で、このうち死者は22人です。

 また31日午前9時までに退院した人は189人、現在入院または入院の調整をしている人は16人です。

富山2020.05.31 17:23

コロナに負けるな ひとり親家庭に砺波市の飲食店が弁当提供

 新型コロナの感染拡大の影響を受けたひとり親家庭を支援しようと、砺波市の飲食店が31日、弁当を無料で提供しました。

 取り組みを行ったのは、砺波市の食堂633(ろくざんさ)と、焼き鳥屋「真(さね)ゆき」で、感染拡大による学校の休校や景気の悪化で大きな影響を受けたひとり親家庭を支えようと実施しました。

 弁当は、富山市の黒崎屋が提供した魚を使った焼き魚と焼き鳥がメインで、「笑顔飯」と名付け、小学生以下の子どもを持つ家庭を対象に40食を配りました。

 弁当を受け取った人は「かわいいお弁当でうれしい」などと話していました。

 食堂633の水上喜貴店主は「シングルの家庭を支援したいと
思い実施した」と話し、真ゆきの北川真店主は「僕たちの心のこもったお弁当で家庭が笑顔になってくれたらいいと思う」と話していました。

 感染拡大に伴う休業中に応援してくれた地域の人への恩返しの気持ちも込めたということです。

富山2020.05.31 17:12

41年の歴史に幕~ユアーズホテルフクイ

県都の玄関口で親しまれてきたユアーズホテルフクイが、5月31日で閉館し、今後は外国人観光客をターゲットにしたホテル再開発に期待が高まることになる。


JR福井駅近くの一等地にあるユアーズホテルフクイは、福井の食材を使った料理やスタッフのあたたかい接客で観光客やビジネスマンをもてなし、41年間で延べ500万人を受け入れていた。

新型コロナウイルスの影響で、4月中旬からは宿泊客の受け入れを停止していて、5月31日が41年に渡る営業の最終日となり、常連客が訪れ別れを惜しんでいた。

ユアーズホテルフクイの反保嘉彦総支配人は、「海外の客が大量に福井に来られるようなホテルにしていきたい」と今後に向けて意気込みを語っていた。

なお、ユアーズホテルフクイは、北陸新幹線の延伸に向けて、世界最大のホテルチェーンのマリオット・インターナショナルに生まれ変わることに。

福井2020.05.31 16:17

新型コロナの濃厚接触者の宿泊施設を準備へ

新型コロナウイルスの第2波への対策として県は、濃厚接触者が待機できる宿泊施設を新たに確保し、課題だった家庭内での感染拡大を抑えたいとしている。(5月31日)


これは杉本知事が、31日の朝にFBCテレビで放送した「朝だよ!ハピネスふくい」で説明したもの。

杉本達治知事は、「これからは濃厚接触者が入れるような施設を、例えばホテルを借りて行う、そうすると家族への感染の拡大が抑えられる」と話した。

また、第2波の対策として、1日にできるPCR検査の数を326件に増やし、早期発見を目指す。

県内では、6月1日から感染者が連続して出ていない県外への移動が解除されるほか、全ての学校が再開されるが、県では第2波を防ぐため引き続き感染予防策の徹底を呼び掛けている。

福井2020.05.31 12:43

盃の形をした白い銀杯草の花が境内を彩る

小浜市内の寺で、盃の形に似た白い花の銀盃草(ギンパイソウ)が見ごろを迎え、境内を華やかに彩っている。(5月31日)


銀盃草は背丈が5センチほどで、5枚の白い花びらが盃の形のように咲いている。

小浜市尾崎の圓照寺では、境内の参道沿いに幅2メートル、長さ20メートルにわたって銀盃草が絨毯のように咲き誇り、見ごろを迎えている。

先代の住職が、40年以上前に植えたところ自然に広がったということで、毎年この時期になると境内を華やかに彩っている。

今年は、暖冬の影響で積雪が少なかったことから、例年より1週間ほど早く咲き始めたということで、花は6月7日ごろまで楽しめる。

福井2020.05.31 12:42

知事選へ自民国会議員と県議が1日に東京で協議へ

 ことし秋の県知事選挙について、自民党県連は1日に東京で国会議員と県議会議員が会合を開き、推薦願いを出している現職と新人をめぐり、推薦の決め方などを協議するということです。

 複数の関係者によりますと、自民党県連は、去年12月以来となる国会議員と県議が知事選について協議する会合を、1日に東京で行うということです。

 知事選に向けては、現職で4期目の石井隆一さん(74)と、新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)の2人が自民党の推薦を求めています。

 県連内では、現職の実績を考慮して来月12日の県議会代表質問で立候補の意欲を問う必要があるという意見の一方で、保守分裂選挙の可能性がある以上、慎重に検討を進めたほうがよいとか、双方から政策を聞く場を設けたうえで党所属県議による投票などを行い推薦をきめるべきなどの意見が出ていて、1日の会合で集約できるかが焦点となります。

富山2020.05.31 12:17

立山町の川で90歳女性が死亡

 30日夕方、立山町の川で近くに住む90歳の女性が倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。

 上市警察署によりますと30日午後6時ごろ、立山町谷口の栃津川で、立山町下田の無職 柴田恵美子さん(90)が倒れているのを、探していた家族が見つけて119番通報し、柴田さんは病院へ運ばれましたが死亡が確認されました。

 柴田さんは、30日午後3時ごろに自宅からいなくなっているのに家族が気付き、探していました。

 柴田さんは栃津川沿いにある自宅から約300メートル下流で見つかり、発見現場は水深が約10センチでした。

 警察は司法解剖を行い、死因などを調べることにしています。

富山2020.05.31 12:11

黄金色の穂 大麦の刈り取り

 県内では、大麦が収穫時期を迎え、黄金色に実った穂が刈り取られています。

 富山市八町西の畑では、農事組合法人八幡営農がファイバースノウという品種の大麦の刈り取りを始めています。

 ことしは例年より2日ほど早い刈り取り開始だということです。

 30日は、青空のもとでの作業となり、日中の最高気温は富山市で23.5度、高岡市伏木で21.5度などと、この時期らしい陽気となりました。

 穴田誠さん
「天候に恵まれましたんで暑いんですけど、非常に作業ははかどってます。みなさんにはおいしく、またいろんなところで(大麦を)食べていただきたいと思います。」

 JAなのはな管内では、168ヘクタールの畑で約350トンの大麦を収穫する予定です。

 収穫された大麦は、麺や焼酎に加工されるということです。

 31日は、くもりとなる見込みですが、日中の予想最高気温が富山市で28度、高岡市伏木で26度と汗ばむ陽気となりそうです。

富山2020.05.30 17:49

新型コロナ 32日連続で新たな感染なし

県内では新型コロナウイルスの新たな感染者は32日連続で確認されず、6月1日から解除される県をまたいでの移動を前に県では十分な感染対策を呼びかけている。(5月30日)


県によると29日の新型コロナウイルスのPCR検査は23件で、すべて陰性だった。

これで県内では32日連続で新たな感染者は確認されなかった。

県内では6月1日から県をまたいでの移動が緩和されるが、県では感染が長引いた首都圏と北海道、それに感染の第2波が起きている地域などへの移動は自粛するよう呼びかけている。

福井2020.05.30 17:35

ステージ1初の週末 公園に家族連れの姿

 30日の県内は、外出自粛や休業要請がない「ステージ1」に緩和して最初の週末を迎えました。
 天候にも恵まれ富山市の公園では家族連れの姿が見られました。

 富山市の稲荷公園では青空のもと、元気に遊具で遊ぶ子どもたちの姿がありました。

 富山市の公園では、新型コロナウイルスの感染防止のため一部公園での遊具の使用禁止していましたが、外出自粛の規制がないステージ1に移行によって、29日から全ての公園遊具を使用可能としています。

 子ども
「いっぱい遊べてうれしかった」

 親子
「外で広いところで思いっきり遊んでくれると、ストレスも発散できるし体も動かせるしうれしいです」

 厚生労働省は、公園は空いた時間や場所を選ぶなど新しい生活様式の実践を呼びかけています。

富山2020.05.30 17:17

あいの風とやま鉄道富山駅高架下商業施設 6月1日全面オープン

 あいの風とやま鉄道富山駅の高架下の商業施設の多くが6月1日開業し、全面的にオープンします。

 6月1日にオープンするのは、あいの風とやま鉄道富山駅の東側に位置する「とやマルシェのれん横丁」です。

 ここには「富山らしい食」をテーマに回転ずしや焼肉店、海鮮居酒屋など飲食店7店舗が並びます。

 4月末の開業予定でしたが新型コロナウイルスの影響で延期となっていて、席の間隔を空けるなど対策を講じ、営業時間を短縮しての開業となります。

 富山ターミナルビル 黒瀬俊英常務取締役
「営業時間が昼夜と長いので使い分けて楽しんでほしい」

 また、路面電車の富山駅に隣接するカフェなど4店舗が入った「とやマルシェEATS de Meets」も6月1日、全面開業します。

富山2020.05.30 16:51

一粒3センチ! 一寸ソラマメの収穫ピーク

若狭の初夏の味覚一寸ソラマメの収穫が小浜市で最盛期を迎えていて、今年は新型コロナウイルスの影響で需要が減っており、卸値は例年より2割ほど安くなっている。(5月30日)


JA福井県の若狭地区管内では、16軒の農家が一寸ソラマメを栽培していて、このうち小浜市生守の藤田一さんの畑ではおよそ500本が収穫の最盛期を迎えている。

一寸ソラマメは一粒が一寸およそ3.3センチと大きく柔らかいのが特徴で、春先から気温の高い日が続き例年より粒が大きく育ち、出来は上々だという。

JAによると、今年は新型コロナウイルスの影響で飲食店等の休業が相次いだことから、出荷先の関西方面を中心に需要が減っていて卸値は例年の2割ほど安くなっている。

収穫は6月上旬まで続き、関西方面の市場や地元の食品スーパーなどに去年より1トン多い7トンの出荷を見込んでいる。

福井2020.05.30 14:05

高岡市で88歳の男性 車にはねられ死亡

 29日夜、高岡市の国道で道路を歩いていた88歳の男性が乗用車にはねられ死亡しました。

 高岡警察署によりますと、29日午後7時25分ごろ、高岡市伏木古府2丁目の国道415号線で、近くに住む無職 田弘夫さん(88)が軽乗用車にはねられました。

 田さんは、病院に運ばれましたが腰の骨を折るなどして約4時間30分後に出血性ショックで死亡しました。

 現場は、見通しのよい直線道路で、田さんがどのあたりを歩いていたのかなどは分かっていません。

 警察は、車を運転していた氷見市の33歳の栄養士に話を聞くなどして事故の原因を調べています。

富山2020.05.30 12:35

色とりどりのマスクケースをプレゼント

坂井市の子どもたちに色とりどりのマスクケースがプレゼントされ、週明けから再開する学校に持っていきたいと喜んでいた。(5月30日)


マスクケースを手掛けたのは、坂井市の浴衣帯メーカー小杉織物で、学校再開の前に子どもたちがマスクの置き場所に困っていることを聞き、600個を作った。

マスクケースは生地を抜い合わせ、表地も裏地も使えるリバーシブルで、好きな色や柄を楽しむことが出来る。

色は全部で20種類以上あり、プレゼントされた坂井市の高椋小学校の子どもたちや職員は、早速お気に入りのひとつを選んでいた。

子どもたちは6月から再開する学校に持っていきたいと喜んでいる様子だった。

福井2020.05.30 12:28

ベトナム人男性殺人事件 遺体発見現場で男性の死を悼む

 富山市のアパートでベトナム人技能実習生の男性が殺された事件で、検察は29日、同居の男を死体遺棄の罪で起訴しました。

 遺体発見現場では29日夜、遺族などが男性の死を悼みました。

 29日夜、ベトナム人技能実習生グエン・ヴァン・ドゥックさんが遺体が見つかった現場には、県内に住むベトナム人などが集まり手を合わせて弔いました。

 ベトナム尼僧ティック・タム・チー
「私たちも同じベトナム人ですからとても辛いです」

 ドゥックさん親戚
「家族は、お父さんもお母さんもとても寂しいです」

 事件をめぐっては、検察が29日、ドゥックさんと同居していたゴ・コン・ミン容疑者(20)を死体遺棄の罪で起訴しました。

 ミン被告は今月27日、ドゥックさんに対する殺人の疑いで逮捕されていて、殺意については否認しているということです。

富山2020.05.30 12:25

夏山シーズン前に 感染対策強化を呼びかけ

 新型コロナウイルスは北アルプスなどへの登山にも影響をあたえています。

 活動規制が解除されるなか、県は夏山シーズンにむけ新型コロナウイルスの感染防止に注意するよう登山者や山小屋への呼びかけを強化します。

 山岳地では、血液に酸素を取り込みにくいため感染症を悪化させる恐れがあります。

 また、感染の疑いがある登山者が遭難した場合、救助隊員は感染防止の準備をする必要があり、通常より時間がかかることが指摘されています。

 夏山シーズンの到来や自粛要請の緩和で、今後、登山者の増加が見込まれることから、県は29日までに山小屋の組合に対し、寝室の間仕切り設置や収容定員の半減などを盛り込んだガイドラインの作成を求めました。

 登山者に対してもホームページやチラシで注意を喚起します。

 現在営業を自粛している県内の山小屋の多くは、7月以降に順次営業を再開する見通しですが、弥陀ヶ原ホテルや内蔵助山荘、朝日小屋が今シーズンいっぱいの休業を決めるなど、新型コロナウイルスは登山の世界にも影を落としています。

 県は、登山者に対し山小屋の営業状況を事前に確認し、日程や体力に無理がない計画で登山をしてほしいとしています。

富山2020.05.29 18:54

29日からステージ1 「開放感ある」「安心はできない」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした活動規制について、県は29日からほぼ自粛要請のない「ステージ1」に緩和しました。

 「開放感がある」と歓迎する人がいる一方、「まだ安心はできない」と慎重な声も多く聞かれました。

 夜間の外出自粛要請や休業要請が全面的に解除されたけさ。

 富山駅周辺では変わらずマスク姿で職場や学校などに向かう人の姿がみられました。

 高校生
「ストレスたまっていたので自粛していると、解放感ていうのがありましたね。海とかいきたいなと思いますね。」

 富山市内の女性
「やっぱり安心はしとらんね、不安です。」

 会社員
「(カラオケ店など)行きたい気持ちはあるんですけどやっぱりま
だウイルスが怖いので、もう少しちょっと控えようかなと思いますね」

 タクシー運転手
「すぐにはなかなかね、お客さんはもどらないと思います。ちょっと時間かかると思います。」

 一方、国は緊急事態宣言の全面解除にあたって示したガイドラインで、都道府県をまたぐ移動については今月末までは不要不急のものは避けるよう求めています。

 富山駅高架下にある寿司店は。

 寿司店店長
「9割以上が県外のお客様なので、今出張とか控えられてるお客様とかいるのでちょっと厳しい状況は続いてます。希望としては一日でもはやく来てもらいたいんですけど、心の中では、県外でこれ以上感染が増えるとまた厳しい状況になっちゃうので、何とも言えないのが心境です。」

 来週月曜の6月1日からは、県立高校やほとんどの小中学校が通常の授業を再開します。

富山2020.05.29 18:54

氷見市の庭園で色とりどりのバラ見ごろ

 氷見市の庭園では、色とりどりのバラが見ごろを迎え、訪れた人たちを楽しませています。

「こちらのバラ園では、ピンクや赤のバラが大きく咲いていて、青空のもと色鮮やかです」

 氷見市稲積の氷見あいやまガーデンです。

 園内では黄色と赤色の花びらが南国をイメージさせるトロピカルシャーベットなど、たくさんのバラが見ごろを迎えています。

 あちこちでマスクをしてバラを鑑賞する人の姿が見られました。

来園者
「(バラを見て)感激して、感激のみやね」
「(外出自粛で)ずっとこもっていると、なかなか気持ちも滅入ってくるので、こうやって外出できて楽しいです」

 氷見あいやまガーデンのバラは、6月いっぱい楽しめるということです。

富山2020.05.29 18:53

新型コロナウイルス 感染発表ゼロ 11日間連続

 29日、これまでに新型コロナウイルスへの新たな感染の発表はありません。

 感染ゼロは11日連続です。

 県のまとめによりますと、県内でのPCR検査は28日、10件行われていて、29日これまでに新たな感染は確認されていないということです。

 感染発表ゼロは、これで11日間連続です。

 県内ではこれまでに227人の感染が判明していて、このうち死者は22人となっています。

 また、すでに回復して退院した人は187人、現在入院、または入院の調整をしている人は18人です。

富山2020.05.29 18:23

日本海の安全を守る最新鋭の巡視船が配備

最新設備を備えた県内最大の巡視船が敦賀海上保安部に配備され、原発へのテロや違法に操業する北朝鮮漁船への対応を強化する。(5月29日)


新しく配備された「巡視船つるが」は、全長が96メートルで、県内では最大の巡視船に。

最新鋭の望遠カメラや、100メートル先まで届く放水銃などを装備していて、人命救助や沿岸警備の対応を強化する。

またヘリポートも整備されていて、災害時の物資や人の輸送などで新たな拠点として活躍する。

これで、敦賀海上保安部に配備された巡視船は4隻となり、原発へのテロや違法に操業する北朝鮮漁船に目を光らせる。

福井2020.05.29 17:25

学校再開にあわせ県が中高生にマスク配布へ

県内は1か月連続で、新型コロナウイルスの新たな感染者は出なかった。こうした中、県が独自に確保したマスクの販売が5月31日までとなり、余ったマスクは中高生に配布される。(5月29日)


県は50枚入りのマスクを独自のルートでおよそ64万箱確保し、1世帯に2箱限定で販売している。

県によると、ピーク時の5月上旬には1日に4万箱が売れたが、現在は落ち着いているという。

購入期限は5月31日までで、28日までに6割に当たる41万箱が販売されている。

県では、在庫として残ったマスクは買い取って、県内全ての中学生と高校生に配布して感染予防に役立てることにしている。

なお、県内は1か月連続で、新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されなかった。

福井2020.05.29 17:18

県内 4月の有効求人倍率57か月ぶり1.4倍台に

 富山県内のことし4月の有効求人倍率は1.43倍で、新型コロナウイルスの影響で、前の月と比べて大きく下がりました。

 1.4倍台となるのは57か月ぶりです。

 富山労働局によりますと、仕事を求めている人1人あたりの求人数を示す有効求人倍率は、4月は1.43倍でした。

 前の月に比べて0.08ポイント下がり、57か月ぶりに1.4倍台となりましした。

 前の月より低下するのは6か月連続です。

 新規求人数は、前の年の同じ月よりも38.0パーセント減少しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大が要因とみられ、業務量が少なくなった製造業、外出自粛や大型店の休業の影響を受けた卸売業・小売業で大きく減少しています。

 富山労働局は、雇用情勢の判断について、求人の動きに弱さがみられるなど注意を要する状況にあるとしています。

富山2020.05.29 12:47

6月1日の学校再開に向けて福井市で入学式

新型コロナウイルスの影響で、福井市内の小学校と中学校で29日、およそ2か月遅れで入学式が行われ、学校が再開する6月1日から新しい学校生活がスタートする。


このうち福井市の足羽小学校では、新1年生36人が入学式を迎えた。

式には、新入生と保護者のみが出席し、3密を避けるため児童の間隔は1.5メートル以上あけたほか、式場の換気も徹底していた。

また、飛沫感染を防ぐため校歌はCDを聴くだけとなり、式の時間もわずか10分ほどに短縮された。

これで県内全ての小学校と中学校で入学式が終わり、学校が再開される6月1日から、子どもたちの新しい学校生活がようやくスタートすることに。

福井2020.05.29 11:30

ステージ1へ 自粛要請の緩和で私たちの暮らしは?

 ステージ1に移行した場合に私たちの生活をどうかわるのか、改めてみていきます。

 まずは、外出の自粛です。

 現在のステージ2では、夜間の外出は自粛するよう求められていましたが、29日からのステージ1では、時間帯に関わらず外出自粛は求められません。

 一方、都道府県をまたいだ移動についての自粛は6月18日にかけて段階的に緩和されます。

 都道府県をまたいだ移動についてです。

 5月いっぱいは緊急性や必要性が高いものを除いて避けるよう求めました。

 また、6月1日から18日にかけては、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、北海道との間の移動について、緊急性や必要性が高いものを除き慎重に判断するよう求められます。

 続いては、イベントです。

 現在のステージ2では、感染対策をした小規模イベントについては開催を認めるいっぽう、大規模なイベントに対しては引き続き自粛を求めてきました。

 これが、ステージ1になると、大規模なイベントなどについても段階的に緩和されます。

 再開の具体的な内容です。

 全国的な移動を伴うプロスポーツなどや参加者の把握が難しい全国的なお祭り、野外フェスなどについては、引き続き開催の自粛が求められられます。

 コンサートや展示会、地域の行事などについては、参加人数に応じ、開催を認めます。

 6月19日以降は感染状況などを踏まえ、8月1日までをめどに段階的に緩和される予定です。

 続いては休業要請です。

 ステージ2では、休業要請はキャバレーやバーカラオケなど10の業種に出され、酒類の提供も午後10時まででした。

 ステージ1では、感染防止対策の徹底を前提に、こうした業種についての休業要請がすべて解除され、酒類の提供の制限もなくなります。

富山2020.05.28 19:12

県ロードマップ 29日からステージ1移行へ

 県内での新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが続いていることなどをうけて石井知事は28日、社会経済活動再開に向けたロードマップの段階を、29日から外出自粛や休業要請のない「ステージ1」へ緩和すると発表しました。

 県外への移動についても段階的に緩和します。

 石井知事
「いろんな困難を乗り越えて我慢していただいたおかげで、ステージ1に移行できるようになった」

 石井知事はこのように述べ、29日からステージ1へ自粛要請のレベルをさらに緩和することを発表しました。

 外出の基準や店舗の休業要請を定めた3段階のステージについて県は、現在をまんなかの「ステージ2」としています。

 29日からのステージ1では、これまで自粛を求められていた夜間の外出が自由になるほか全ての事業者への休業要請が解除されます。

 一方、都道府県をまたぐ移動については、段階的に緩和するとしました。

 石井知事
「新型コロナウイルスの拡大を抑え込んで、収束段階にあることはもうまちがいない、機が熟して、これからは感染防止と社会経済活動との両立を、県民の皆さんと一緒に力を合わせて実現していく、そういう時期に来たという認識でございます」

富山2020.05.28 18:56

新型コロナウイルス感染発表ゼロ 10日間連続

 県内では新型コロナウイルスへの新規感染ゼロが続いています。

 28日これまでに新たな感染の発表はなく、感染ゼロは10日連続です。

 県のまとめによりますと、県内でのPCR検査は27日に11件行われていて、28日これまでに新たな感染は確認されていないということです。

 感染発表ゼロは、これで10日間連続です。

 県内では、これまでに227人の感染が判明していて、このうち死者は22人となっています。

 また、すでに回復して退院した人は186人、現在入院または
入院の調整をしている人は19人です。

富山2020.05.28 18:47

トロッコ電車 6月1日から営業開始

 新型コロナウイルスの影響で今シーズンの運行を見合わせていた黒部峡谷鉄道が、6月1日から営業運転を開始します。

 再開直後の6月の1か月間については一部間引いての運行とします。

 また、乗車定員を最大で半分に減らすほか、アクリルボードの設置、座席や手すりの定期的な消毒などといった感染拡大防止策を徹底します。

 黒部峡谷鉄道では、6月18日までは東京など首都圏からの県をまたいだ移動についての自粛要請が続いていることから、まずは県内の人に利用してもらえればと話しています。

 また、7月以降の運行については状況を見ながら判断していきたいとしています。

富山2020.05.28 18:40

同居の男を送検 自宅から凶器持ち出して処分か

 富山市の側溝でベトナム人技能実習生の男性の遺体が見つかった事件で、警察は28日、同居していた男を殺人の疑いで送検しました。

 凶器とみられる刃物は自宅の部屋から見つかっておらず、警察は男が持ち出して処分した疑いがあるとみて捜索を続けています。

 「ミン容疑者を乗せた車が警察署を出てきました。これから検察へ身柄が送られます」

 殺人の疑いで送検されたのはベトナム国籍の技能実習生、ゴ・コン・ミン容疑者(20)です。

 ミン容疑者は4月初め、富山市の自宅アパートで同居するベトナム人技能実習生のグエン・ヴァン・ドゥックさん(21)を刃物で殺した疑いで27日、再逮捕されました。

 捜査関係者によりますと、凶器とみられる刃物は自宅の部屋から見つかっていないということです。

 警察は、ミン容疑者が部屋から持ち出して処分した疑いがあるとみてアパート周辺で捜索を続けています。

 ミン容疑者は、殺意については否認しているということで、警察が経緯や動機を詳しく調べています。

富山2020.05.28 18:33

大野市の平家平の新緑が見ごろ

大野市内のブナの原生林で新緑が見ごろを迎えており、コロナ禍から逃れた人たちがマスクをひと時外して澄んだ空気を吸っていた。(5月28日)


大野市平家平は市街地から40キロほど離れた真名川の上流にあり、約40ヘクタールに1万本のブナの原生林が広がっている。

新型コロナウイルスの感染の第1波が収束し、外出自粛要請も解除されたことから、ハイカーがマスクを外しては、自然の済んだ空気を吸うなどして森林浴を楽しんでいた。

福井2020.05.28 16:52

新型コロナ感染ゼロ続くも感染予防徹底

県内では新型コロナウイルスの新たな感染者が30日連続で確認されず、県では学校が再開する直前の最後の週末も感染予防に気を抜かないよう呼びかけている。(5月28日)


県内では4月29日から30日連続で、新たな感染者は確認されなかった。

感染者の累計は122人のままで、これまでに109人が退院している。

県では、この週末が6月1日からの小中学校や高校の学校再開を前にした最後の休みになるため、感染予防に気を抜かないよう呼びかけている。

なお、週明けの6月1日からは多人数を除き会食の人数制限がなくなるほか、スポーツジムやカラオケ、それにバーの利用自粛も解除される。

福井2020.05.28 16:45

高岡市でクマの目撃情報

 27日の午後、高岡市でクマの目撃情報がありました。

 高岡市と高岡警察署によりますと、27日午後6時50分頃、高岡市東海老坂の民家で「クマを目撃した」と通報がありました。

 目撃されたクマは体長1メートル50センチの成獣のクマとみられ、現場付近で警察が子グマのようなものを目撃し、複数の目撃情報が寄せられたということです。

 クマが親子でいる可能性があり、市が現場をパトロールて住民に注意を呼びかけています。

 現場近くの高岡高等支援学校は、28日の分散登校を取りやめました。

富山2020.05.28 12:28

商店街支援に最大50万円 高岡市

 高岡市は、新型コロナウイルス感染症による休業や営業時間の短縮などで、資金面で厳しくなっている商店街を支援するため、最大50万円の支援金を交付します。

 支援の対象となるのは、高岡市内で商店街活性化のために設置された商店会などで、約40の団体があるということです。

 支援金は、団体に加盟している店の数によって5段階に分かれ、14店舗までが10万円、100店舗以上が最大の50万円となっています。

 商店街では感染防止策の経費などが課題で、高岡市は注意喚起や消毒剤の共同購入費用などに支援金を役立ててもらいたいとしています。

 支援金の受付は6月19日まで行われています。

富山2020.05.28 12:13

全国一生産量の六条大麦の収穫本格化

福井県が全国トップの生産量を誇る六条大麦の収穫が各地で始まり、好天が続いたことから生育は順調。(5月28日)


このうち収穫の最盛期に入った坂井市三国町の木部地区では、農家がコンバインを走らせ、黄金色に実った六条大麦を刈り取っていた。

六条大麦の生産量は福井県が全国トップで、このうちJA福井県の坂井地区管内では県全体の3割を占める1965ヘクタールを栽培。

暖冬で積雪がなかったうえに、好天が続いたこともあって生育は順調で、JA福井県坂井地区管内の収穫量は例年並みの5000トンを見込む。

収穫は6月上旬まで続き、麦茶などの原料として県外に出荷される。

福井2020.05.28 12:06

県サッカー協会 元事務局長が1270万円返還

 富山県サッカー協会の事務局長が不適切な会計処理を行い解雇された問題で、元事務局長が協会に約1270万円を返還したことが関係者への取材で分かりました。

 県サッカー協会の元事務局長は、自治体などに補助金や強化費を申請するにあたって不適切な処理を行い、適正な額より多く受け取ったり海外遠征での夕食代を水増したりしていたことが分かり、去年12月に解雇されました。

 関係者によりますと、その後の協会の内部調査で元事務局長は、日本サッカー協会の支援金でも不適切な会計処理を行い、約1270万円を得ていたことが分かりました。

 26日夜開かれた理事会で、元事務局長は協会に対しこの額を返還したことが報告されたということです。

 一方で、元事務局長が不適切な会計処理で得ていた額は、そのほかにも約1000万円あるという疑いもあり、刑事告訴すべきという声もあるということです。

 また、日本サッカー協会は「全容と真相を解明すること。再発防止策を講じること」などをスピード感をもって実行するよう県サッカー協会に厳しく指導しているということです。

 県サッカー協会は、役員等推薦委員会を設置し新体制作りを進めるということです。

富山2020.05.27 19:51

自民党県連役員会 役員上京して協議を視野

 ことし秋の県知事選挙に向けて自民党県連は27日、県議会議員が集まって役員会を開き、県選出の国会議員が6月19日まで富山に戻れなくなっていることから、県連の役員が上京して協議することを視野に調整することにしました。

 自民党県連には、米原蕃常任顧問や藤井裕久政務調査会長ら役員が集まり、知事選への対応を協議しました。

 知事選に向けては現職で4期目の石井隆一さん(74)と新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)の2人が自民党の推薦を求めていて、2人のうちどちらかを推薦することを決めています。

 県連では、県選出国会議員と顔を合わせての協議が必要としていますが、25日、全国で緊急事態宣言が解除された一方、東京からの県をまたいだ移動については、6月19日まで制約されることになり、国会議員が県内に戻れない状態が続いています。

Q.顔を合わせての協議となると6月19日までできないが?
 五十嵐幹事長
「それはこっちに来ての協議ができないだけであって、東京に行っての協議がいつならできるのかを含めて今後日程を相談していきたいと思っています」

 五十嵐幹事長はこのように述べ、県外への移動制限が解除されるステージ1への移行の29日以降、県連の役員が上京して協議することを視野に調整する考えを示しました。

富山2020.05.27 19:46

旧西武跡地の再開発ビル内「SOGAWA BASE」 フードフロアが7月17日に先行オープン

 富山市総曲輪の西武百貨店跡地で整備が進められている再開発ビル内の商業施設「SOGAWA BASE」のフ―ドフロアの先行オープンが7月17日に決まりました。

 食品販売の専門店など県内の11の店舗が出店します。

 この地上23階建の再開発ビルはすでに分譲マンションとオフィスとして利用が始まっていて、「SOGAWA BASE」は1階から3階部分に入ります。

 事業を進めている地区の再開発組合によりますと、このうち1階のフードフロアには「総曲輪食倉庫」をコンセプトに県内の11店舗が入ります。

 精肉店や鮮魚店、青果、総菜など食品を扱う店のほか、クラフトビールバーやコーヒーショップ、イタリア料理店などの飲食店も含まれています。

 フロア内には共用スペースが設けられ、その場で飲食することも可能です。

 このフロアは7月17日に先行オープンする予定です。

 また組合は、2階と3階についても店舗の誘致などを検討しているとしています。

富山2020.05.27 19:33

同居の男を殺人容疑で再逮捕 殺意については「否認」

 富山市に住む技能実習生のベトナム人男性が殺された事件で警察は27日、死体遺棄の疑いで逮捕した同居の男を殺人の疑いで再逮捕しました。

 男は、殺意については否認しているということです。

 殺人の疑いで再逮捕されたのは、ベトナム国籍の技能実習生、ゴ・コン・ミン容疑者(20)です。

 警察によりますと、ミン容疑者は、先月、富山市の自宅アパートで同居するベトナム人技能実習生のグエン・ヴァン・ドゥックさん(21)の首や腹などを刃物で突き刺し、殺害した疑いが持たれています。

 遺体の首や腹には鋭利なものによる複数の傷があり、自宅の部屋には複数個所に血痕があったということです。

 ミン容疑者は今月11日、アパート脇の側溝に自宅にあったドゥックさんの遺体を捨てたとして死体遺棄の疑いで逮捕されていて、警察が殺人容疑でも捜査を進めていました。

 警察の調べに対し、ミン容疑者は、ドゥックさんを死なせたうえ死体を側溝に遺棄したことは認めたものの殺意については否認しているということです。

 関係者によりますと、ミン容疑者とドゥックさんは同じベトナムの語学学校に通い、去年来日した後も同居しながら同じ清掃会社で働いていました。

 ただ、二人は折り合いが悪く、生活態度や食事をめぐり、たびたび喧嘩をしていたということです。

 警察は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて経緯や動機についてさらに詳しく調べています。

富山2020.05.27 19:26

新型コロナウイルス 1人死亡 新たな感染なし

 県は27日、新たに新型コロナウイルスの感染者1人の死亡を確認したと発表しました。

 県内の死者は22人となりました。

 一方、新たな陽性確認はありませんでした。

 県のまとめによりますと、県内でのPCR検査は26日に16件行われていて、27日これまでに新たな感染は確認されていないということです。

 県内ではこれまでに227人の感染が判明しています。

 県は27日、このうち1人が死亡したと発表しました。

 死者はこれで22人となりました。

 一方、すでに回復して退院した人は185人、現在入院、または入院の調整をしている人は20人です。

富山2020.05.27 19:19

授業時間確保のため11市町村で夏休み短縮

 臨時休校で実施できなかった授業時間を確保するために、県内12の市町村の教育委員会が小中学校の夏休みを短縮することを決めています。

 このうち滑川市と黒部市は、8月1日から23日までの23日間とします。

 また、8月8日から夏休みスタートとする自治体のうち、富山市は17日までの10日間、立山町は18日までの11日間、また高岡市など6つの市は、19日までの12日間とします。

 舟橋村と朝日町は、8月23日までの16日間です。

 魚津市など3つの市と町は検討中ということです。

 一方、県立高校の夏休みについて県教育委員会は「各校の判断に任せる」としています。

富山2020.05.27 19:06

感染防止対策をとりながら 部活動も6月1日から再開へ

 県教育委員会は、休止している県立高校の部活動についても6月1日からの再開を決めました。

 県立高校の部活動は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月上旬から休止が続いていて、一時再開したものの約3か月間行われていませんでした。

 再開にあたり、当面の間は活動時間を1時間ほどの短時間にし、さらに3密を防いで対面での練習は行わないなど、感染防止対策をとりながらの実施となります。

 また、県内の中学校の部活動については半数以上の自治体で同じく6月1日からの再開を決めています。

 氷見市は8日から、高岡市は8日以降に段階的に再開する予定です。

 残る4つの市と町は、現在検討中としています。

富山2020.05.27 18:56

通常授業再開を前に県立高校 教室内で3密を避けるために

 新型コロナウイルスの影響で休校が続いていた県立高校やほどんどの自治体の小中学校で6月1日から通常の授業が再開します。

 生徒の一斉登校を前に県立高校では感染防止策として3密を避けるための準備がすすんでいます。

 記者
「来週からの学校再開に向けて生徒の密集を避けるカギは教室の座席の配置です」

 富山東高校では27日、教職員がメジャーで正確に長さを図り座席を市松模様に配置する作業を行っていました。

 この配置を決めるために使われていたのが県教育委員会が開発したシステムです。

 パソコンの画面に教室の長さや、机と壁との幅など確保したい距離を入力すると自動で教室の形に沿った二通りの席の配置図が表示されます。

 このシステムを使った座席の配置は、従来の教室と比べてみると一つ一つの座席の周辺に余裕ができ、間隔が広くとられていることがわかります。

 富山東高校ではいまのところ間隔をとって配置しても、教室内に
すべての座席を収容できるということです。

 富山東高校 向野繁教頭
「生徒の安全を考えながら学びを保証するという考えに基づいて対応していきたいと思っている。(休校期間が長く)学習に不安もあると思うが学校では暖かく迎え入れたい」

 富山東高校ではこのほか、教室内の二方向の窓を開けて換気を常に行うことや、各教室への消毒液の設置、通学で使う公共交通機関の混雑を避けるために始業時間を遅らせるなどの感染対策をとって生徒を迎え入れることにしています。

富山2020.05.27 18:47

新型コロナの影響深刻 新湊きっときと市場から新湊鮮魚センター撤退へ

 新型コロナウイルスの経済への影響も深刻です。

 射水市の観光拠点「新湊きっときと市場」から主要テナントの鮮魚販売店「新湊鮮魚センター」が撤退することが分かりました。

 ウイルスの影響で観光客の入れ込みが望めないことが理由と関係者は話しています。

 新湊鮮魚センターは、地元新湊地区の2つの事業者が運営している鮮魚販売店で、新湊きっときと市場がオープンした2011年から鮮魚や干物などを販売していました。

 鮮魚センターの複数の関係者によりますと、県内で新型コロナウイルスへの感染がはじめて確認された3月末からバスツアーの団体客や外国人客などが急激に減少し、売り上げが1割ほどに低下したということです。

 その後、4月24日からは新湊きっときと市場自体が県の休業要請を受けて休業していました。

 関係者らは「固定費などですでに相当の赤字が出ている上、今後も客足が元に戻るまで相当な時間がかかると思う。従業員のことを考えて撤退を決断した。施設などお世話になった人には大変申し訳ない」と話しています。

 新湊きっときと市場にはこのほかカフェや土産物店が入居していて、5月30日から営業を再開する予定です。

富山2020.05.27 18:39

終戦の年以来 坂の町八尾「おわら風の盆」中止

 深刻な新型コロナウイルスの影響は続いています。

 富山市八尾町で毎年9月1日から3日間開かれている「おわら風の盆」がことしは中止されることが決まりました。

 中止は終戦の年以来のことです。

 これは27日午後開かれた「おわら風の盆行事運営委員会」の総会で決まったものです。

 江戸時代から続くおわら風の盆は哀調を帯びた旋律にあわせて、
踊り手が三日三晩練り歩く町流しで知られ、毎年20万人前後が訪れています。

 地元からは「伝統文化を守るために何とか開催できないか」という声も上がったということですが、新型コロナウイルスの第2波、第3波の感染拡大も懸念される中、町流しなどの際に密な状態になりやすいため、全会一致で中止が決まったということです。

 ステージでの関連行事などもすべて中止とします。

 おわら風の盆行事運営委員会 金厚有豊会長
「残念ですよ残念です。それ以外何もない。誰が悪いと言っている訳にいかんでしょ。今願わくは、願わくは、来年に持ち越さないように」

 保存会では、期間中の深夜や未明に住民らが自主的に行う町流しについても自粛を求めていくということです。

 おわら風の盆の中止は、1945年の終戦の年以来です。

富山2020.05.27 18:27

繁華街の営業再開目指し感染対策を情報交換

福井市の繁華街に店を出す経営者らが27日、営業の再開に向けた感染対策について情報交換した。


意見交換会には、福井市の繁華街の通称・片町のバーやスナックなど44店舗の経営者らが参加した。

接客業の店では、スタッフを客の隣に座わらせないことや、カラオケの際には客から客にマイクを回さないことなど、感染対策を共有していた。

意見交換会に参加した店の多くが、6月18日以降の営業再開を目指していて、繁華街に客を呼び戻すためには、店の業態にあわせた感染予防の徹底が欠かせないとの認識をひとつにしていた。

福井2020.05.27 17:08

12年ぶりに選挙戦の見通し~鯖江市長選挙

今年10月に任期満了を迎える鯖江市長選挙は、現職の牧野百男市長が27日に5期目を目指して出馬を表明したほか、現職の県議会議員も出馬の意向を固めていて、12年ぶりの選挙戦となる見通し。


鯖江市の牧野市長は、27日に開かれた6月定例市議会の冒頭で「感染症対策の道筋がまだ見えない中、市政の停滞を招くことなく迅速な対応が求められている今、チームさばえの市民力を結集し、市民とともにこの難局を乗り切ることが、私に課せられた最大の使命と考えるに至った」と話し、5期目を目指して市長選挙に出馬する意向を明らかにした。

市長選にはこのほか、県議会の田村康夫議員も出馬の意向を固めていて、来月にも表明する方針。

今年10月の鯖江市長選挙は、12年ぶりの選挙戦となる見通し。

福井2020.05.27 16:23

不要になった農業用プラスチック製品を回収

 魚津市で27日、農作業で不要になった育苗箱や肥料袋などのプラスチック製品の回収が行われています(回収は午後4時まで)。

 この取り組みは、JAうおづが、春の農作業が終わる5月下旬に行っています。

 育苗箱や肥料袋などがJAうおづの営農・経済センターに持ち込まれ、職員が種類ごとに分類していました。

 担当している高縁大さんは、廃プラスチックは産業廃棄物であるため農家は適切に処分しなければならず、その手助けになるよう取り組んでいると話していました。

 集まった廃プラスチックは種類ごとにリサイクルされ、27日の午後4時まで回収を受け付けているということです。

富山2020.05.27 13:10

アベノマスクを回収し福祉施設などへ寄付

政府の布マスクが県内でも配布される中、鯖江市では未使用の布マスクの回収が始まっていて、学校や福祉施設などに届けられる。(5月27日)


政府が全世帯に配る布マスク、いわゆるアベノマスクが県内でも配布されている中、26日から鯖江市内のスーパーや公民館それに金融機関などに「さばえマスクポスト」が設置され、未使用の布マスクの寄付を呼びかけている。

回収された布マスクは、鯖江市内の小学校や中学校、それに福祉施設のほか、県内外のマスクが必要な人へ届けられる。

なおポストは6月15日まで設置される予定。

福井2020.05.27 11:37

富山市細入地域の国道41号線 27日から通行可能に

 道路下ののり面崩落で通行止めとなっていた国道41号線の富山市片掛から猪谷の区間について国土交通省は、27日午後から通行止めを解除すると発表しました。

 崩落が起きた場所は、富山市片掛の国道41号線、道の駅細入近くののり面で、先月10日から片掛と猪谷の間の41号線約2.7キロが通行止めとなっていました。

 解除は、崩落個所の国道の上にう回するために架けた応急の橋が完成したためで、安全標識などを設置した上で27日午後3時から通れるようになります。

 また、う回路確保のため行われていた高速道路の無料通行措置は午後3時の解除をもって終了となります。

富山2020.05.26 19:38

朝日町 オンライン授業 小中全校で導入へ

 朝日町の小学校で26日、オンライン授業の試験運用が行われました。

 新型コロナウイルスの影響で休校中の子どもたちの学習支援として検討されるオンライン授業ですが、朝日町は6月1日の学校再開以降も準備をすすめ、夏までに町内全ての小中学校での導入を目指します。

 授業は、さみさと小学校の6年生51人を対象に行われました。

 子どもたちは自宅などでタブレットを使い、先生から配布された資料を参考にクラスメイトや先生とともに課題に取り組みました。

 さみさと小学校 中島麻衣教諭
「休校中に生活リズムが崩れて普段この時間は寝ている子がいると聞いていたので、同じ時間にみんなで同じ勉強をしてというところがすごくいいと思います」

 子どもたちにとっても初めてのオンライン授業。

 ふつうの授業との違いに戸惑いもみられました。

 児童
「ちょっと難しかった。字を打つところとか時間内に提出できるかかどうかが困った」

 すべての児童・生徒が平等に、オンライン授業をうけるためにはタブレットやインターネット回線など各家庭で環境が整っていることが前提になります。

 導入にあたっての大きなハードルです。

 朝日町の場合、町内の小中学校が3校と少ないため、タブレットを貸し出したり設備のある教室を開放したりすることで対応できるということです。

朝日町教育委員会 木村博明教育長
「平成27年度からタブレットやWIFI環境の整備を着実に行ってきました。その結果県内トップクラスになっています」

 朝日町では6月1日から小中学校の学校再開を予定しています。

 しかし、その後も短縮を計画している夏休みの期間中の学習のほか、新型コロナウイルスの第2波や自然災害などで休校にせざるを得ない場合に備え、導入を進めます。

 木村教育長
「夏休み熱中症対策で非常に厳しいなか換気も求められ、エアコンをつけるなど非常に厳しい夏休みの短縮は出てくると思う。そういう時には実際にオンライン学習を取り組んでみたい」

 オンライン授業をめぐっては、不登校の子どもも参加できるなど活用の可能性も指摘されているということです。

富山2020.05.26 19:32

県内コロナ感染発表ゼロ 8日間連続

 県内では26日、新型コロナウイルスへの新たな感染は発表されていません。

 新たな感染ゼロは8日連続です。

 県のまとめによりますと、県内でのPCR検査は25日、2件行われていて、26日これまでに新たな感染は確認されていないということです。

 感染発表ゼロはこれで8日間連続です。

 県内ではこれまでに227人の感染が判明していて、このうち死者は21人となっています。

 また、すでに回復して退院した人は182人、現在入院、または入院の調整をしている人は24人です。

富山2020.05.26 19:02

26日から酒類の提供時間緩和 飲食店は「待ってました」

 いっぽう、県は25日夜、自粛要請のレベルを早ければ今月29日から1段階緩和する方針を示しました。

 また、先行して26日から飲食店での酒類の提供時間をこれまでよりさらに引き下げて午後10時までとすることを発表しました。

 飲食店からは歓迎の声が聞かれました。

 記者
「こちらは富山駅南側の繁華街です。これまでほどんどの店が閉まっていましたが、ここ数日で再開する店が増え、活気が戻りつつあります」


居酒屋「あ!!イッセイ」邑田一郎店長
「人は増えてきましたね以前より、いつもほどではないですけど」

 この繁華街の中にある居酒屋の店長、邑田一郎さんです。

 県が酒類の提供時間をこれまでより1時間緩和し、午後10時までとしたことを歓迎しました。

邑田店長
「待ってましたねこうなるのを」

 邑田さんの店はステージ2に移行した15日から営業を再開しましたが、現在の客足は以前の3分の2ほど。

「お客さんが来やすくなるんじゃないかなということで」

 県の発表を受けてさっそく酒類の提供時間の表示を書き替えました。

 しかし、これまでの「日常」が完全に戻るまでにはまだまだ時間がかかるのではないかと感じています。

「だいぶ安心はしてきていますけど今までの賑わいが戻ってこればいいですけど、みんな気を付けながら来てほしいですね」

富山2020.05.26 18:57

緊急事態宣言解除を受け県関連企業の対応

 25日の緊急事態宣言の全面解除を受け、首都圏に拠点を持つ県内関係企業も一部で窓口業務を始めるなど、活動再開へ動きが出ています。

 各企業の対応です。

 北陸電力は、4月7日から、東京支社勤務の全従業員約20人を在宅勤務としていましたが、5月26日から数名が出社し窓口業務を再開しました。

 また、ゴールドウインは、東京本社の勤務を原則、在宅勤務としていましたが、27日から解除します。

 ただし、交代制などの対応を継続するとしていて、担当者は、出社するのは半数ほどになるのではないかと話しています。

 一方、YKKグループは引き続き国内の従業員全員を原則テレワークとしています。

 製造拠点については、通勤に公共交通機関を使わず、作業現場でも密にならないなどの対策を取って操業を継続しています。

 インテックは、東京本社を含め全社的に出来る限りの在宅勤務を継続します。

 今後の対応については検討中としていますが、担当者は「緊急事態宣言は解除されたが大きく態勢を変更する可能性は低い」としています。

富山2020.05.26 18:43

コロナ禍のなか 県内企業の苦悩続く

 国の緊急事態宣言が解除され、本格的な経済活動の再開へ社会は動き出しました。

 しかしその一方で、新型コロナウイルスが経済に与えたダメージは深刻で県内の中小企業は、見通しが不透明な中で事業の継続と雇用の維持に苦慮しています。

 富山市興人町にある車両用部品製造のウェルテクノです。

 建設現場で使われている機械の燃料や作動油のタンクを作るこの会社でも、新型コロナウイルスの影響で売り上げは、今月以降の見込みを含めて2割以上の減少です。

 受注自体が減っているため、会社は4月末から5月初めにかけて全従業員68人を対象に3日間の休業措置をとりました。

 従業員の雇用を確保しようと国に助成金を申請する準備を進めています。

 渡辺正宏取締役財務経理担当
「仕事量の減少が見込まれましたので、3月頃から雇用調整助成金はどんなもんだろうって調べていました」

「昔からの経験値とかノウハウを持った社員をどうしても確保しておかなくてはいけない状況です、仮に売り上げがさがったからといっていきなり解雇するとかそんなことなしで対応していまして」

 事業主は休業するとき、従業員に賃金の6割以上を支払うことが法律で決まっています。

 雇用調整助成金は、このような対応をした事業主を支援するためのものです。

 ただ、ここ最近は新型コロナによる特別措置もあって制度の変更が相次ぎ、申請する側にとっては頭を悩ます日々が続いているといいます。

 山岸正代総務部長
「なるべく早い入金、入金してもらいたいものですから、こういう手続きも迅速にしたいとは思っているが、なかなか制度の変更なんかがあったりして、思うようにはできていません」

「いつ決まるかいつ決まるかと、やはり、思いながら日々仕事しています」

 ウェルテクノは、新型コロナウイルスによるダメージからの回復は、1年を要したリーマンショックのときよりもさらに時間がかかるとみています。

 緊急事態宣言は解除されましたが、今後も経営状況はさらに厳しくなるのではないかとみて、6月と7月は従業員の6割から7割を休業させることを検討しています。

 渡辺取締役
「長期戦なのかなあという気がしていますけども」

「何千とか何万という部品が集まってできているので、特に中国とかアジアの国からも部品の供給受けているので、そこのサプライチェーンがどこか一つでも止まっただけで、(製品が)完成できなくなりますので」

「従業員を守らないと会社を守れないので、そこのところは絶対に死守しなきゃいけないところなんだろうと思っています」

 社会が再開にむけて動き出すなか、県内のものづくりの現場がそれを実感できるようになるのは、まだ先のことになりそうです。

富山2020.05.26 18:31

テレワーク導入に向けたオンラインセミナー

新型コロナウイルス感染拡大の第2波に備え、企業が新たな働き方を模索する中、テレワークの導入を考えるオンラインのセミナーが開かれた。(5月26日)


福井市の広告代理店がオンラインで開いたセミナーには、県内外の企業が参加した。

このうち、福井市の金属加工会社は、緊急事態宣言が出て業務に支障が出始めたことから、社員のテレワーク化を検討している。

セミナーでは、ITのシステムに詳しい講師から、在宅勤務できる仕事の洗い出しや情報管理の徹底など、テレワーク導入に向けたポイントを学んだ。

感染拡大の第1波が収束した中でも、テレワークは第2波に備えた新たな働き方の選択肢になっている。

福井2020.05.26 18:29

県内でも6月からジムやカラオケ自粛緩和へ

国による緊急事態宣言の全面解除を受け、県は6月から会食での人数制限を解除する。
一方で、首都圏など感染者が継続して出ている地域への移動の自粛は継続し、第2波に備え自覚ある行動を求める。(5月26日)


県は対策本部会議を開き、国の緊急事態宣言の全面解除を受けた今後の対応を決定した。

このうち、飲食では6月1日から大人数を除き、会食の人数制限を解除。スポーツジムやカラオケなども利用の自粛を解除。

このほか、地域の行事の自粛要請も解除し、コンサートや展示会などは参加人数の制限や距離を十分にとることで開催を認める。

一方で、首都圏や北海道を始め、継続して感染者が出ている地域への移動や接客を伴う飲食店の利用などは、6月18日まで引き続き自粛を求める。

新型コロナウイルス感染拡大の第1波が収束し、国が緊急事態宣言を全面解除したものの、第2波には十分な備えが必要で、県は新たな感染症対策として24億円の予算を緊急に計上した。

具体的には、休業や短縮営業をしながらも従業員の雇用を維持した企業に、最大50万円を支給する。

また、6月1日から再開する学校に向けては、県内全ての中学生と高校生に1人あたり100枚のマスクを配布する。

このほか、継続した対策が財政を圧迫する中、特別職の給料を9か月に渡り削減し、杉本知事で2割、また副知事や教育長で1割をそれぞれカットする。

なお、県は今後おおむね3週間ごとに、感染状況の分析と評価にあたり、段階的に制限を緩和していく予定。

福井2020.05.26 18:12

あわら市でスイートコーンの収穫始まる

生でも食べられるスイートコーンの収穫が、26日からあわら市で始まり、需要の拡大に合わせて去年の2倍の収穫量を目指す。


スイートコーンを栽培しているのは、あわら市仏徳寺の吉田農園で、生でも食べられる純白の粒とみずみずしい食感が人気。

ここでは、糖度が20度以上と甘みの強い品種を栽培していて、今年はおいしさが増すよう肥料を追加した。

吉田農園では、需要の拡大に合わせて今年は去年の2倍の約4500本の収穫を目指し、直売所のほかあわら市のきららの丘などでも販売。

福井2020.05.26 12:00

新型コロナウイルス 29日にもステージ1に緩和

石井知事は昨夜、
県内で新型コロナウイルスの感染が落ち着いた状況が続けば、
現在の夜間の外出自粛や休業の要請を
29日から解除すると発表しました。

石井知事は昨夜、
県内で感染拡大が起きなければ29日に県独自の要請を
現在のステージ2からステージ1に緩和するとしました。
緩和されれば夜間の外出自粛や休業要請が解除されます。
また、きょうからは午後9時までとしていた
飲食店での酒類の提供時間を午後10時まで延長します。
このほか、中止が決まった
甲子園やインターハイなどの大会については、
「県単位での開催など可能であれば支援したい」としました。

富山2020.05.26 11:52

知事選で自民党県連 「保守分裂になる可能性」対応を協議

 ことし秋の県知事選挙に向けて自民党県連は25日、役員会を開き、現職と新人のどちらかに推薦を出した場合、保守分裂選挙になる可能性があるとして対応策について協議しました。

 県議会議事堂の会議室には、五十嵐務幹事長や宮本光明総務会長ら役員が集まり、知事選への対応を協議しました。

 知事選に向けては、現職で4期目の石井隆一さん(74)と新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)の2人が自民党の推薦を求めています。

 一時、野上浩太郎参議院議員を第3の候補として擁立する案も浮上していましたが本人が断り、県連は現職か新人のどちらかを推薦することを決めています。

 複数の幹部によりますと、25日の協議では2人のうちのどちらかを推薦した場合、保守分裂選挙になる可能性があるとして、分裂を回避するための方策や、分裂選挙となった場合の対応についても協議しました。

 また、緊急事態宣言の全面解除後、県選出国会議員が富山に戻ることが可能になった段階で速やかに会長の宮腰光寛衆議院議員らと顔を合わせて協議することにしたということです。

 一方、推薦を求めている2人は、いずれも出馬に強い意欲を示しています。

 石井知事
「ある意味ではワタシは『まな板の上の鯉』なんで。いろいろなことが、秋のことでありますけれども、それはもう皆さんのご判断だと」

 自分を「まな板の上のコイ」とした現職の石井隆一知事(74)。

 23日、新型コロナウイルスの影響で先行きが懸念される県内経済の状況把握のため、富山市内の鮮魚店を視察しました。

 石井知事
「しっかり行政が後押ししなければいかん」

「いまとにかく新型コロナウイルスにいかに打ち克って、その先新たな時代の展望を開けるかということにいま、全力を傾注していますので、正直そちらのところ(推薦のあるなし)に、いま思いが至らないというか」

「(推薦を)お願いしているという立場ですから、敢えてそのことについて、コメントは差し控えたいなと思います」

 一方、新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)は、新型コロナの影響で見合わせていた朝の街頭演説を今月15日から再開しました。

 自民党県連の推薦については。

 新田さん
「新人ですから大いに挑戦者としていろんな話をうかがい、私をアピールしていく、これに尽きると考えています」

 用意した政策パンフレットには長勢甚遠・元衆議院議員も名を連ねています。街頭で連日、呼びかけを続けます。

「やはりキーワードは変化です、私たちはコロナ禍を経験して変わらなければならない」

「このように今回のコロナ禍を逆手にとって今後につなげる教訓を
引き出していくそれが大切だと訴えています」

「今はまず自分がもっともっといろんな地域のいろんな人たちのいろんな職業の方々の意見をどんどんお聞きするフェーズだと考えています」

「大いにチャレンジしていきたいと考えています、まな板の上のコイというのはまったく受け身ですよね。わたしは新人ですから受け身でいては選ばれないんじゃないかと思います。大いにアピールしていきたいと思います」

富山2020.05.25 19:19

富山リハビリテーションホームはいま クラスター収束「施設の再建に努める」

 新型コロナウイルスの感染者集団=クラスターが発生した富山市の富山リハビリテーションホームは、施設内に陽性者がいなくなったことを受けて、報道機関の取材に応じました。

 感染判明から1か月余り、施設は日常に徐々に戻りつつありますが、再建にはスタッフの確保など課題も残っています。

「もう終わったかな清拭、体拭いてもらいました」

 県の医療チームの医師として富山リハビリテーションホームに入っている富山大学付属病院の山城清二教授です。

「介護士が連休中に応援に入って清拭が始まってみなさんすごく顔が明るくなりました」

 富山リハビリテーションホームでは、職員と入所者、合わせて59人が感染しました。

 先週、施設内に残る陽性入所者を順次、医療機関へ搬送し、今月21日までに、施設内に陽性者はいなくなりました。

 施設には現在、33人が入所していて全員が陰性です。

「大丈夫 きれいになった」「ありがとう」

 陽性者がいなくなったことで23日から施設の職員の防護は軽装に変わりました。

 一方、応援で入っているスタッフなどは防護服のまま入所者の介護にあたっています。

「ひげ剃ってもらった まだ体拭いてもらってない 体拭いてもらった まだひげはぼうぼうだね」

 5月に入り、外部の施設から応援スタッフが派遣されて介護に手が届くようになり、入所者は徐々に日常を取り戻しつつあります。

 一方で、最初に感染が確認された入所者が発熱した4月7日以降、浴室と食堂は使われておらず、入所者は通路などで食事をとっています。

 また、県介護老人保健施設協議会が派遣している介護士の期限は5月末までの予定で、今後の運営にはスタッフの確保が課題です。

 施設を運営する医療法人社団「恵成会」の理事長らは、初動に不手際があったことを認めたうえで、施設の立て直しを図るとしました。

 恵成会 升谷敏孝理事長
「なによりも本施設職員の現場の復帰のお願いなど引き続き職員の確保と配置体制・環境整備に努めていきたい」

「医療チームの力も借りて安全を確保した上で面会なども開始させていただきたい引き続き家族の声に耳をかたむけながら施設の再建ができるように努めていく」

 一方、富山大学付属病院の山城教授は、クラスター発生の原因について検証することが重要だと指摘しました。

 山城教授
「非常に古い建物なので部屋もそんなに広くないし食堂・浴槽も古い構造になっているので、密になりやすい環境ではあったと思う」

 山城教授
「なぜこういうことが起こったのか、施設側の問題と行政側の対応は本当に早かったのかどうかということと、一般的にクラスターが起こったときに何を気を付けないといけないか検証を始めている」

富山2020.05.25 18:56

新型コロナウイルス 感染発表ゼロ 7日間連続

 県内では25日、これまでに新型コロナウイルスへの新たな感染は発表されていません。

 県のまとめによりますと、県内でのPCR検査は23日13件、24日4件行われていて、25日これまでに新たな感染は確認されていないということです。

 感染発表ゼロはこれで7日間連続です。

 県内ではこれまでに227人の感染が判明していて、このうち死者は21人となっています。

 また、すでに回復して退院した人は180人、現在入院、または入院の調整をしている人は26人です。

富山2020.05.25 18:39

自粛要請レベルを今月29日にも「ステージ1」へ

 県内での新型コロナウイルスの新規感染者ゼロが続いていることなどをうけて石井知事は25日、感染拡大防止のための県独自の自粛要請レベルを今月29日にも、現在の「ステージ2」から外出自粛や休業要請のない「ステージ1」へと緩和する方針を示しました。

 石井知事
「今の状況、連続新規の感染者ゼロが続いていますが、こうしたこ
とがよほど大きく変わらなければ、この傾向で続けば何とかステージ1にぜひ行きたいなと思っておるのですが」

 石井知事は取材に対しこう答え、今週にもステージ1へ移行する方針を明らかにしました。

 外出の基準や店舗の休業要請を定めた3段階のステージについて、県は、現在を真ん中の「ステージ2」としています。

 これがステージ1になると、外出の自粛要請は夜も含めてなくなり、休業要請も行われません。

 一方、県外へ行き来については国の方針も踏まえて今後判断するとしています。

 県は、ステージ2への移行後の状況について、今月28日にも専門家の意見をきき、さらにそれをふまえて翌29日からステージ1へ移行させる方針です。

富山2020.05.25 18:33

新型コロナ影響で鯖江市のタクシー会社廃業

新型コロナウイルス感染拡大による経済への打撃で、鯖江市のタクシー会社が廃業に追い込まれた。
感染拡大の第1波は収束しつつあるが、経営を立て直すことはできず、70年あまりの歴史に幕を下ろすことに。(5月25日)


新型コロナウイルスの感染拡大による打撃で、4月30日に営業を停止したのは鯖江市西山町の相馬タクシー。

経営者によると、外出の自粛や店の休業によって、今年2月から売り上げが大幅に減少し、前の年の同じ時期の5分の1にまで落ち込んだもの。

相馬タクシーは昭和21年に創業し、市民の足としてや観光バス事業も展開したが、74年の歴史に幕を下ろすことに。

現在は廃業の手続きに入っていて、10人以上いた40代から70代までの運転手のほとんどを解雇し、所有していたタクシーとバスのあわせて17台を手放している。

福井2020.05.25 16:55

あわら温泉の女将が今年も日本酒造りに挑戦

あわら温泉で旅館の休業が続く中、女将たちが恒例の日本酒造りに今年も挑戦し、25日はあわら市内で田植えを行った。


あわら温泉女将の会の10人の女将らは25日、あわら市の水田に酒米の山田錦の苗を植えた。

今年は新型コロナウイルスの感染予防で、手作業だった田植えを機械に切り替えている。

休業が続くあわら温泉の旅館は、週末限定での営業も含め6月から順次再開することにしている。

なお、女将らが手掛ける日本酒は例年より2000本少ない、3000本を仕込む予定。

福井2020.05.25 16:33

越前市内で可憐なスイレンが見ごろ迎える

水面に浮かぶように咲き誇るスイレンが、越前市の植物園で見ごろを迎えていて、7月上旬まで楽しむことができる。(5月25日)


越前市にある植物園の万葉の里味真野苑の池では、次々と花が咲き始めていて、ちょうど見ごろを迎えている。

広さ700平方メートルある池には、2500株のスイレンが美しさを競い合うように可憐に咲き誇っている。

スイレンは、午後になると徐々に花を閉じる習性があり、観賞には早朝から午前に訪れるのが良い。

訪れた人は、「花が白く、周りの緑がきれいで、散歩をしていても気持ちがいい」と話していた。

なおスイレンの花は、7月上旬まで楽しめる予定。

福井2020.05.25 12:27

北陸の景気、11年ぶりに「悪化」

日本銀行金沢支店は5月の北陸3県の景気について
新型コロナウイルスの影響などで
11年ぶりに「悪化している」と評価しました。

日銀金沢支店は、5月の富山、石川、福井の
北陸3県の景気について、
「新型コロナウイルス感染症の影響などから悪化している」とし、
3か月連続で下方修正しました。
全体での「悪化」の評価は
リーマン・ショックに伴う金融危機の影響があった
2009年5月以来で、11年ぶりです。
項目別では先月は「弱めの動き」としていた個人消費の判断を「大幅に減少」に引き下げました。
乗用車や家電の販売が大幅に減少したほか、
ホテルや旅館、旅行代理店などが
「極めて厳しい状況」に置かれているとしました。

富山2020.05.25 11:53

富山市の小中学校などで分散登校始まる

県内で学校再開に向けて始まっている児童生徒の分散登校が、
きょうから富山市の小中学校などでも始まりました。

このうち富山市の堀川中学校では全校生徒1024人が
2つのグループに分かれてそれぞれ別の時間帯に登校しました。
生徒が登校するのはおよそ1か月半ぶりです。
学校では登校してきた生徒が体温を測ることができる
部屋を設けたほか、休み時間ごとに手洗いをするなど
学校生活で感染が起こらないよう担任が指導しました。
堀川中学校では、きょうから4日間分散登校を行い、
29日から全校生徒の登校を再開します。
県内の小中学校では南砺市と上市町でも
きょうから登校を始めていて、
きょうまでにすべての市町村で登校が再開されました。

富山2020.05.25 11:49

県内すべての地点で夏日~観光地に客足戻る

24日の県内は各地で今シーズンの最高気温を更新し、このうち坂井市三国町の東尋坊では観光客の姿が戻りつつある。


休日の外出自粛要請が解除されて、初めての日曜日を迎えた坂井市三国町の東尋坊では、家族連れや若者たちの姿が見られた。

土産物の店員からは、観光客が次第に戻りつつあることを喜ぶ一方で、感染が拡大しないか心配する声も聞かれた。

ところで、24日の県内は坂井市三国で28.8度、福井市越廼で29.3度など、4つの地点で今シーズンの最高気温を更新したほか、県内の全ての地点で夏日となった。

なお、県内の新型コロナウイルスの新たな感染者は、26日連続で確認されなかった。

福井2020.05.24 18:58

しんきろうが出現 Bランク

富山県魚津市の海岸でしんきろうが現れ、対岸の橋などが長く伸びあがって見えました。

24日午後2時過ぎ、魚津市の海岸から撮影したしんきろう。
午前11時前から現れはじめ、正午ごろからは対岸にあたる射水市の新湊大橋が長く伸びあがったり、景色が反転して長い橋が架かっているように見えたりしました。

見ていた人は・・・
「肉眼で見たのが初めてなので感動しました。人生で初めてで」
「興奮してる、かなり」

魚津埋没林博物館によりますと現れたしんきろうは5段階中、上から2番目のBランクだということです。

海岸には地元の人などが訪れ、写真を撮るなどして大自然の神秘を楽しんでいました。

富山2020.05.24 18:08

コロナに負けるな!先輩が「オンライン講演」

高校生アスリートを対象にしたオンライン講演会が行われ、県出身の先輩が新型コロナウイルスの影響で部活動に取り組むことができない高校生アスリートにエールをおくりました。

高岡向陵高校と氷見高校のハンドボール部の選手らを対象にした講演会では日本テレビ編成局宣伝部長の岩崎泰治さんが「若きハンドボーラー達へ 今できることとは?」をテーマに講演しました。

高岡高校ハンドボール部出身の岩崎さんは高校当時、県選抜に選ばれるなど活躍し、日本テレビ入社後も箱根駅伝など多くのスポーツ番組に携わっています

選手たちがテレビ会議システムで高校や自宅で視聴するなか、岩崎さんは「インターハイが中止になり、歴史上こんなに悔しい思いを経験したのはみんなだけ。逆境に負けない人間力が期待されている」とエールをおくりました。

富山2020.05.24 18:04

県社協が介護や保育の現場へ応援メッセージ

介護や保育の現場で働く人を応援しようと、福井県社会福祉協議会がメッセージを募集している。(5月24日)


介護や保育の現場では、新型コロナウィルスの感染予防策を講じながら業務にあたっていて、慢性的な人手不足もあり厳しい就労状況が続いている。

福井県社会福祉協議会では、こうした介護や保育の現場で働く人への応援メッセージ「福幸レター」の募集を20日から開始。

メッセージは、福井県社会福祉協議会のホームページからメールや郵送で応募できる。

なお、寄せられたメッセージはホームページで掲載されるほか、施設に直接届けられる予定。

福井2020.05.24 13:35

3密回避に向け福井市が休日に臨時窓口開設

新型コロナウイルスの感染拡大の防止として、福井市が臨時の窓口を開設しており、人の密集を避けた取り組みを行っている(5月24日)


福井市役所の臨時窓口は23日と24日に開設されており、国の特別定額給付金の申請が始まり、平日に手続きの相談で訪れる人が増えているための措置。

また、24日は住所の変更や戸籍に関する届け出など、従来から行っている市民サービスも受け付けていた。

福井市では、アルコール消毒液の設置や人との接触を避けるための足形のマークを取り付けるなど、感染予防を徹底し密集を避けている。

住所変更や戸籍に関する届け出などは5月31日も、福井市役所の臨時窓口で受け付ける予定。

福井2020.05.24 13:10

ひみ番屋街が営業を再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした県の休業要請が緩和されたことを受け、氷見市の「ひみ番屋街」が営業を再開しました。

店内では感染防止策として、密集状態を避けるためフードコートの座席数を半数以下に減らすなどの対応がとられ、訪れた人たちがさっそく新鮮な海の幸を買い求めていました。

店員は・・・
「喜んでます。(休業が)ちょっと長かったもんだから」
「意外と魚そろったもんで喜んでいます」

訪れた買い物客は・・・
「地元なんですけど調味料とか野菜を買いに来ました」
「もっと活気が戻ってくれればいいなと思う」

ひみ番屋街では5月いっぱいまで営業時間を2時間切り上げた午後4時までとしていてすでに5月16日から短縮営業をはじめている氷見温泉郷総湯とあわせ、来月1日から通常営業を再開する予定です。

富山2020.05.24 11:56

富山リハビリテーションホーム公開

 新型コロナウイルスのクラスターが発生した富山市の富山リハビリテーションホームの施設内に陽性者がいなくなったことを受けて23日、施設側が報道機関の取材に応じました。

 富山リハビリテーションホームでは、59人が感染していましたが、今週に入り、施設内に残っていた3人の陽性入所者を、医療機関へ搬送し、これまでに陰性になった人や亡くなった人を含めて21日、施設内の陽性者がゼロになっていました。施設には現在、33人が入所していて全員が陰性です。

 23日は、消毒中の5階を除き、すでに消毒が済んでいる3階から7階までの入所者フロアのほか、8階の食堂と9階の浴室を公開しました。

 また、スタッフはこれまで防護服を着ていましたが、23日から軽装備に切り替えています。(※応援のスタッフは契約上、防護服を着用)

 県介護老人保健施設協議会が、追加で派遣している介護福祉士の期限は今月末までの予定で、今後の運営にはスタッフの確保が課題となっています。

富山2020.05.23 18:21

知事が中小企業の現場を視察

 新型コロナウイルスの感染拡大で県内経済への影響が懸念されるなか、石井知事が富山市内の中小企業を視察し経営者らと意見交換しました。

 石井知事が視察に訪れたのは富山市寺島で県内産の鮮魚や野菜、肉を中心に扱う黒崎屋です。知事は、黒崎康滋社長から入荷した鮮魚の状態をライブ配信し、顧客がスマートフォンなどでネット注文できるシステムなどの説明を受け、店内を視察しました。

 石井知事「(中小企業は)このコロナで売り上げもかなり落ちたと思いますが、それにめげずその先を見据えてもっとこうやろうという提案も頂いた。しっかり行政が後押ししなければいかん」

 視察後に知事は、6月県議会で県内経済の回復を念頭においた補正予算案を提案すると述べました。

富山2020.05.23 16:30

小矢部市 車衝突で少年5人大けが

 23日未明、小矢部市で普通乗用車が道路わきの樹木に衝突、炎上する事故があり、乗っていた10代の少年5人が骨折するなどの大けがをしました。

 小矢部警察署によりますと、23日午前1時55分ごろ小矢部市嘉例谷で道路を走行していた普通乗用車がカーブを曲がり切れずに道路わきの樹木に衝突しました。

 普通乗用車にはいずれも石川県白山市に住む、18歳と19歳の職業不詳の少年5人が乗っていて、運転していた18歳の少年は腰の骨を折るなどの大けが、同乗していた4人も腕や足を折るなどの大けがで病院へ運ばれました。

 この事故で普通乗用車は全焼しました。5人は中学時代の同級生でドライブをしていたということです。警察は5人に話を聞くなどして事故の原因を調べています。

富山2020.05.23 16:30

県内でも“アベノマスク”の配布始まる

政府が全世帯に配る布マスク、いわゆる「アベノマスク」の配布が23日から県内でも始まり、およそ33万か所の家庭や事業所に届けられる。


「アベノマスク」は、政府が全世帯に2枚ずつ配布する布マスクで、県内ではおよそ33万か所の家庭や事業所が対象。

このうち、福井市の福井中央郵便局には2万8000部が到着し、1週間ほどかけて配達される。

マスクを受け取った人は「孫が給食で使う配膳用のマスクにフィットしている。いつかは絶対届くだろうなと思っていたので、すごく喜んでいる」と話していた。

県内では、1か月以上遅れての配布となった「アベノマスク」。

残りの到着時期は未定で、県内に届き次第、順次郵送される。

福井2020.05.23 16:22

坂井市の小中学校で1か月半遅れの入学式

新型コロナウイルスの感染予防で休校が続いている坂井市内の小中学校で、1か月半遅れの入学式があり、新一年生たちがようやく顔を合わせた。(23日現在)


このうち、坂井市の三国南小学校では、マスクを付けた新一年生36人が登校し、手の消毒をしてから、待ち遠しかった入学式に臨んだ。

1か月半遅れの式典は椅子の間隔をあけて行われ、来賓の出席はなく、時間は20分と大幅に短縮。

また、3密を避けるため、新一年生は教室に入らず、ピアニカなどの教材は体育館で受け取り、持ち帰っていた。

新一年生は「入学できてうれしい。友達いっぱいつくりたい」と話していた。

また保護者は「コロナで心配したが、入学式ができてよかった」と安どの表情をみせた。

なお、県内の小中学校は、6月1日から再開する。

福井2020.05.23 11:51

“緊急事態”解除でよっぱらいサバ出荷再開

緊急事態宣言の解除を受けて、小浜市特産のよっぱらいサバの出荷が1か月半ぶりに再開し、今シーズンは自宅でも楽しめる新商品を開発した。(23日現在)


小浜市田烏の釣姫漁港では、22日から水揚げが再開し、市内の飲食店に出荷されている。

小浜よっぱらいサバは、エサに京都の酒蔵で製造した酒粕を混ぜて養殖した小浜独自のブランドで、体長30センチ、重さ350グラムにまで成長。

今年は、新型コロナウイルスの影響で出荷を自粛していたが、緊急事態宣言の解除を受けて、およそ1か月半ぶりに再開した。

自粛ムードの高まりで外食産業が冷え込む中、地元の水産会社では小浜よっぱらいサバを急速冷凍して、自宅で楽しめるしゃぶしゃぶセットを市内の飲食店と共同開発。

6月下旬から、インターネット通販などで売り出す予定で、今シーズンは2万匹の出荷を目指している。

福井2020.05.23 11:46

「アベノマスク」富山市の一部で配布開始

 「アベノマスク」とも呼ばれている政府が全世帯に配布する布マスクの配達が県内でも23日から始まりました。

 富山南郵便局では富山市の一部の2万8000箇所に布マスクを配布するため、午前8時30分ごろマスクを乗せたバイクが出発しました。

 この布マスクは店頭でマスクの品薄状態が続いていたことから政府が全世帯に配布するものです。北陸では感染者が多かった石川県で先週から配布されていて富山県と福井県は23日からです。

 富山南郵便局ではマスクを専門で配布する職員を25人増員しました。県内では46万箇所に布マスクが配布される予定ですが、次回の搬入は未定で日本郵便は搬入され次第、順次配布したいとしています。

富山2020.05.23 11:39

「人が流された」と通報 捜索続く

 22日夕方、滑川市の滑川漁港灯台付近で人が流されて沈んだように見えた、と通報があり巡視艇が捜索しましたが発見できず、23日朝から捜索を再開しています。

 伏木海上保安部によりますと、22日午後6時頃、「人が平泳ぎしていたが見えなくなった」と散歩していた近所の男性から118番通報がありました。伏木海上保安部が、巡視艇「のりくら」で現場周辺を捜索しましたが発見できず、22日は午後10時前でいったん捜索を打ち切りました。

 23日朝は午前5時前から巡視艇「やひこ」が現場周辺を、また、潜水士が海に潜っての捜索をしています。灯台の付近では釣りの疑似餌や上着、靴などが見つかっていて関連を調べています。

 22日通報があった時間、滑川の天気は晴れで、波のうねりは50センチ、気温は16.4度、海水温は17度でした。

富山2020.05.23 11:39

富山市民病院 来月3日から全面再開

 新型コロナウイルスの集団感染が発生した富山市民病院では、感染者すべてが退院または2度陰性となりました。病院は22日、会見を開き縮小していた診療体制を来月3日に、感染発生前の体制に戻すと発表しました。

 富山市民病院は22日の会見で、これまで再診の患者だけとしていた外来診療について、今月25日から紹介患者の診療を再開し、来月3日からは救急搬送患者の受け入れも再開すると発表しました。感染防止策として来院者の診療前の検温や手術前の患者のPCR検査などは続けます。

 富山市民病院ではこれまで入院患者や看護師など39人の集団感染が発生しましたが、21日までに死者2人を除く感染者37人全員が退院または2度陰性となりました。病院は、院内で最後に感染が判明した今月3日から潜伏期間の2週間、さらに健康観察2週間を経過する今月30日までに新たな感染が発生しなければ、院内でのクラスターは収束したと見るとしています。

 富山市民病院 藤村隆院長「コロナの患者さんを入れないのは100%無理だが、クラスターに陥らないという体制を作っていく。我々が果たすべき病院としての使命をしっかり果たしていきたい」

 一方、富山まちなか病院は、感染者が確認された整形外科も来月2日から外来診療を再開し、これですべての科で再開します。

富山2020.05.22 19:55

新型コロナ 「ステージ1」への緩和はまだ

 県内の新型コロナウイルスの新たな感染は、22日も今のところなく、これで4日連続でありません。県内の感染者は227人で、退院した人は168人です。

 そして県が自粛などの体制を要請する3段階の指針のうち、真ん中の「ステージ2」としてから22日で1週間です。「ステージ1」への緩和に向けて石井知事は、「もう少し時間がいる」という認識を示しました。

 県は、外出の基準や店舗の休業要請を定めた3段階のステージを設けていて、今月15日には緊急事態宣言の解除を受けて真ん中の「ステージ2」に緩和しました。

 さらにステージ1に緩和すると、外出の自粛要請は夜も含めてなくなります。また特定警戒都道府県は除きますが、県外への行き来の自粛や休業要請も行いません。

 緩和への判断指標として県は、入院している感染者の数や新たな感染の数など5項目を挙げ、全てを下回る状況が1週間から2週間続けば、ステージ1に移るとしています。指標は、今月15日以降21日まで1週間続けて、下回っています。

 ステージ1への判断について23日、石井知事は。

 石井知事「もう少し時間がいるのではないか。専門家の皆さんの意見なども聞いて対応していきたい」

 県は来週末をめどに、見直しの判断をする方針を示しています。

富山2020.05.22 19:53

北陸新幹線「かがやき」28日以降も通常ダイヤ運行

 JR西日本は、北陸新幹線の「かがやき」について、今月28日からすべての運行を見合わせるとしていましたが、緊急事態宣言が解除されていることなどに伴い、通常と同じ1日20本を運行すると22日発表しました。

 JRは新幹線の利用減少に伴い、今月28日から、「かがやき」をすべて運休すると発表していました。しかし緊急事態宣言の解除が進み、利用の回復傾向も見られることを受けて、28日からも「かがやき」は、通常の定期列車と同じ1日20本の運行を継続します。

 28日以降の指定席は23日から順次発売されます。今月28日から7月8日までの「かがやき」については車内が密になることを避けるため、普通車指定席は定員のおよそ6割、グリーン車は定員のおよそ5割を上限とするということです。

 はくたかも通常通り運行する一方で、富山と金沢を結ぶつるぎは通常より減らした現在の状態を続けます。

富山2020.05.22 19:51

県の中小企業支援策 販路開拓などに最大100万円

 新型コロナ拡大の影響で売り上げが減った中小企業や個人事業主を支援するため、県は、新たな販路開拓などの取り組みに対し最大で100万円の補助金を設けました。

 県が新たに設けた地域企業再起支援事業は、コロナの影響で売り上げが減少した中小企業や個人事業主を対象に、再起へ向けた取り組みを支援します。

 テイクアウトやデリバリーなど新たな販路開拓や売り上げ向上の取り組み、そして感染拡大防止策や働き方改革に伴う設備導入などの事業費を支援します。

 補助の対象となるのは緊急事態宣言が出された先月7日からの事業で、中小企業は3分の2、個人事業主は4分の3の補助率で、最大100万円まで補助します。

 受け付け期間は今月27日から8月31日までで、申請方法はホームページなどで確認できます。

富山2020.05.22 19:49

政府の「布マスク」 富山でも23日から配布開始

 安倍総理大臣が着用したことから「アベノマスク」とも呼ばれている政府が全ての世帯に配る布マスクの配達が、23日から県内でも始まります。

 厚生労働省によりますと、この布マスクは、店頭でマスクの品薄状態が続いていたことから政府が全世帯に配布するもので、県内ではおよそ41万世帯に郵送されます。初日の23日は、富山市内の一部を予定していて、今月中に全世帯への配達を終えたいとしています。

 この布マスクは「アベノマスク」とも揶揄され、一部に変色など不良品が見つかり、回収される問題も起きています。布マスクの配布は、東京都や大阪府、石川県など感染者が多い自治体からすでに始まっています。

富山2020.05.22 19:47

県外出身学生 窮状を訴え署名活動

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、親元を離れて暮らす大学生は生活が苦しい状態が長期化しています。富山大学の県外出身の学生がこうした窮状を訴える署名活動を行っています。


 富山大学理学部1年 羽田鼓さん「とにかく先行きが見えないというか、金銭的な問題もそうだし、ほとんど人と会うことがないので精神的にもダメージがありまして」

 富山大学にこの春入学した青森県出身の羽田鼓さん。4月から富山市で一人暮らしを始めていますが、感染拡大の影響を受け、学生生活に不安を抱えています。

 羽田さん「父が自営業で飲食店を営んでおりまして、でもコロナ禍で4月からお店を閉じておりまして金銭的にもきつくなってくるのではという不安がありますね」

 親の家計が急変したうえに、富山でも店舗の休業などでアルバイト先が見つからない状況で、今後学費や生活費が払えるのか焦りが出てきたといいます。

 また羽田さんは県外出身の1年生。大学はオンライン講義のままで、慣れない土地で知り合いがいないことにも不安を募らせています。

 羽田さん「ゼミの学習会みたいのを開いてみたくてそういうのにすごく興味があったんですけど、そういうのもできない状況ですし、サークルもいくつか興味のあるものがあったけどサークルは全面禁止にしているので…。」

 富山大学は、授業料の減免を申請している学生と留学生およそ1300人に5万円の支給を行いました。また家計が急変した学生への追加支給や、学生に大学の事務作業をしてもらうアルバイトの増加など支援を進めています。

 ただ羽田さんは、学生への影響が長期化するおそれがあることや、支援対象が限られていることなどを受け、大学に対し支援の拡大を求めて学生5人とともにオンラインで署名活動を始めました。

 羽田さん「今後自分たちは大学で勉強していけるのだろうかという不安を取り除けるように頑張りたいですね」

 要望には、全学生への支援金の一律給付やオンライン講義のための環境整備への経済的支援などを盛り込んでいて、現在、目標を超える110人余りが賛同しています。署名は今月25日まで集め、斎藤滋学長に提出する予定です。

 国は20日、学業継続が困難な学生を対象に最大20万円の給付を閣議決定しました。孤独の中で悩んでいる学生もいると思います。安心して学びの機会を得られるよう支援することが大切だと思います。

富山2020.05.22 19:45

医療従事者へ 宇奈月温泉の女将が入浴剤贈る

 新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている宇奈月温泉の旅館の女将たちが、医療従事者に疲れを癒してもらおうと22日、特製の入浴剤を贈りました。

 入浴剤を贈ったのは、温泉街の旅館の女将でつくる「かたかご会」のメンバーです。宇奈月温泉特製の入浴剤「つべつべ宇奈月」500個を県医師会に贈呈しました。

 かたかご会・濱田昌子会長「先生方には私たちの命を守っていただいていると思っています。ゆっくり体を休めることが大事だと思いますので、日頃の緊張を解いていただければと思います」

 温泉街では、観光の目玉である黒部峡谷トロッコ電車が現在も今シーズンの運転を開始できず、旅館も休業が続いていましたが、22日からホテル黒部が県内客に限定して営業を再開し、その他の旅館も来月から順次、再開する予定だということです。

富山2020.05.22 19:41

黒部川連携排砂 ことしの目標排出量決まる

 黒部川の2つのダムにたまった土砂を下流に流す「連携排砂」のことしの実施について、排出量の目標が20万立方メートルと決まりました。一方、地元の自治体は、漁業関係者から環境への影響に批判の声が上がっているとして対応を求めました。

 22日はダムを管理する国土交通省と関西電力、そして県や黒部川の地元自治体などがオンラインで意見を交わしました。会議では 今年度の目標排出量を20万立方メートルと決めたほか、土砂の流れをより自然に近い形にし環境への負荷を抑えるため、下流の宇奈月ダムの水位低下を先に行う手法を試験的に行う案などが了承されました。

 一方、漁業関係者からは「環境への影響を考慮した対策が講じられておらず、今回の計画に一切同意できない」など、強い批判が事前に寄せられています。

 これについて地元の黒部市や入善町などは、しっかりと説明するよう要望し、国土交通省と関西電力は「理解を得られるよう県漁連などと連絡を密にしていきたい」としています。

富山2020.05.22 19:40

友との再会心待ち~校舎に全校児童の似顔絵

6月1日の学校再開を前に、大野市内の小学校では校舎の窓に児童たちが描いた似顔絵を飾り、学校を訪れた子ども達が友達との再会を心待ちにしていた。(5月22日現在)


大野市の下庄小学校では6月1日の学校再開を前に、児童たちが描いた似顔絵を貼りだした。

校舎の窓にはひと足早く勢ぞろいした、全校児童293人の子ども達の笑顔が揃うことに。

22日は、週1回行っている宿題の提出や担任との連絡に訪れた児童たちが、友達の似顔絵を探していた。

なお、県内は24日連続で、新型コロナウイルスの感染者は出ていない。

福井2020.05.22 17:23

給付金詐欺対策を“足もと”から呼びかけ

県内でも特別定額給付金の申請や給付が本格化する中、あわら市のスーパーやドラッグストアーなどでは独自の詐欺対策に乗り出している。(5月22日現在)


社会的距離を示す足のマークに合わせ床に貼られたのは、給付金詐欺へのを注意を呼びかけるチラシ。

あわら市のスーパーでは、こうしたアイデアで詐欺犯罪の防止を呼びかけており、口座番号や暗証番号を安易に教えないことや、通帳やキャッシュカードを他人に渡さないよう訴えている。

県内では特別定額給付金の申請や給付が始まっていて、県警では不審な電話やメールへの注意を呼びかけている。

福井2020.05.22 13:27

中国の「富山ファン」友情のマスク寄贈

 富山に滞在経験があるなど県にゆかりのある中国人の団体が県へマスク3万4000枚を寄贈しました。

 県へマスク3万4000枚を寄贈したのは、富山県に研修や留学などで滞在した経験のある中国人の団体「富山ファン倶楽部」です。県は団体の代表らとオンラインで会談し感謝の気持ちを伝えました。

 今回の寄贈は、県が2月上旬に新型コロナウイルスの感染が拡大して、マスク不足となっていた中国へマスク1万枚を贈ったことの返礼の意味も込められています。

 中国の団体「富山ファン倶楽部」の趙建国代表は会談で「ともに新型コロナウイルスと戦い、勝利を収めましょう」と語りました。

 寄贈されたマスクは教育機関などに配布されます。

富山2020.05.22 11:45

富山県境の交通量 去年同期比5割減

 国の緊急事態宣言が解除された直後の土日の富山県境の交通量は、去年のおよそ半分でした。

 これは国土交通省が緊急事態宣言が解除された直後の5月16日、17日の土日2日間に、石川、新潟、岐阜の県境4カ所の国道と高速道路で調べたものです。

 宣言解除後の土日の交通量は、去年の同じ時期に比べ1日当たり平均51パーセント減少しました。高速道路が58パーセントの減、国道が42パーセントの減でした。

 また県内主要道路では、国道41号線の富山市掛尾で35パーセント、国道8号線の高岡市下田で32パーセントそれぞれ減っていました。新型コロナウイルスへの警戒から緊急事態宣言が解除された後も、外出自粛が続いたことがうかがえます。

富山2020.05.22 11:45

滑川市の小中学校が全面再開 「新しい生活様式」の感染予防は

 緊急事態宣言の解除に伴い、県内の小中学校では授業が再開され始めています。多くの市町村は、まず分散登校から始めていますが、滑川市はすべての児童生徒の登校を、いち早く21日から始めました。感染防止策をとりながら手探りのスタートを高橋記者がお伝えします。

 久しぶりに児童の元気な声が校舎に響きました。滑川市では県内で最も早く、21日から小中学校を全面的に再開しました。寺家小学校では全校児童261人が登校し久しぶりの再開を喜びあいました。

 ただ、学校での感染を防ぐため授業の様子はこれまでとは異なる風景に。

 「本来1年生の教室はこちらなんですが…教室を離れてこちらの特別教室で授業を受けます」

 これまでの教室より広い多目的教室での様子はご覧の通り。前後左右の距離を確保しながら授業を行います。

 1年生の児童「みんなと会えてよかった」「手洗いうがいしっかりしたい」

 また4年生はクラスを2つに分け、空き教室も使って授業を受けました。従来は少人数指導にあたっていた先生などもクラスを担当して人数を確保しています。

 寺家小学校 上島陽一郎校長「子どもたち久しぶりの学校なので明るい顔で登校してくれたと思います。4月から24日間学校が休校になりましたので勉強が未履修がないように気を付けていきたい」

 全面再開に伴い、給食も始まりました。今月いっぱいは取り分けの難しい献立の提供はやめ、全員同じ方向を向いて、極力会話を少なくしての給食となりました。感染拡大防止のための「新しい生活様式」を工夫しながらの再開。

 しかし、学校という多くの子どもが集まる場で厳密に実施していくのは難しさもあります。KNBの取材では、各市町村の学校によっては十分な間隔をとれる大きな部屋がない所もあり、また、クラスを分けた場合教諭の数の確保が難しいという声もあります。

 19日に行われた砺波市の会見でも、学校現場の苦労がうかがえる声が…

 砺波市教育委員会 山本仁史教育長「今のスタッフの中でどうやって誰がそこをどうするの、という点だけは悩ましいですね」

 県内ほとんどの市町村の小中学校は来月1日から全面再開します。感染防止策を徹底しながら、3か月近くに及んだ休校の遅れを取り戻せるか。教育の現場の模索が続きます。

富山2020.05.21 20:02

新型コロナ新規感染者 県内3日連続で0人

 新型コロナウイルスの新たな感染は、県内では21日は発表されていません。これで3日連続で新規の感染者は出ていません。

 県内では21日午後5時までに新たな感染者は発表されておらず、感染者は227人のままです。県内では3月30日に最初の感染が確認されてから、新規感染がない日が3日続くのは初めてです。

 一方、集団感染が発生している富山リハビリテーションホームでは、施設内に残っていた陽性者3人が21日までに順次、富山大学付属病院へ運ばれたということです。

 陽性者は21日までに陰性になるか、病院に運ばれるか、または亡くなって、施設内に陽性者はいなくなりました。県介護老人保健施設協議会が施設に追加で派遣している介護福祉士の期限は、今月末の予定で、今後の運営にはスタッフの確保が課題となっています。

富山2020.05.21 19:58

PCR検査依頼 6割受け入れられず

 県内の開業医などによる県保険医協会が21日、新型コロナウイルスへの対応に関する要望を県に行いました。要望の基になった開業医のアンケートでは、PCR検査を依頼したうち受け入れられなかった例が6割を超えるなど、課題が浮き彫りになっています。

 県保険医協会の県に対する要望は、協会に所属する開業医に先月下旬に行ったアンケート結果を基に、支援を求めています。

 アンケートによりますと、新型コロナウイルスへの感染が疑われる患者を診察した開業医が保健所などにPCR検査を依頼した数は77件ありましたが、検査が受けられなかったのは6割を超える48件にのぼりました。濃厚接触者ではないことや症状が軽症などが理由とされたということです。県保険医協会は医師の判断で検査が実施できる体制の拡大を求めています。

 またアンケートでは、医療にあたり新型コロナ感染を防ぐために必要な資材が不足しており、特に防護服やフェイスシールドが7割を超える開業医で不足していることがわかりました。県保険医協会は地域の開業医に対する直接的な支援を求めました。

 富山県保険医協会 土井野弘事務局長「外来に来られて少し熱っぽい方がおられたら雨具を着てフェイスシールドを自作されて、地域の第一線で頑張っている開業医の先生それぞれでいろんな工夫をしてなんとか来られる患者さんを、できるだけ診てあげたいという方針でやっている」

 県は、要望に対し取り組みを検討するとしています。

富山2020.05.21 19:56

県知事選 自民党県連が第三の候補推薦を断念

 ことし秋の県知事選挙に向けて自民党県連は21日、常任総務会を開き、推薦について協議しました。既に推薦願いを出している現職と新人ではない「第三の候補」は断念し、2人のいずれかを推薦することを確認しました。

 自民党県連で午後1時から開かれた常任総務会には、党所属の県議会議員34人が出席し、県知事選挙については報道関係者には非公開で議論しました。

 知事選に向けては、現職で4期目の石井隆一さん(74)と新人で日本海ガス前社長の新田八朗さん(61)の2人が自民党の推薦を求めています。

 3時間近く続いた議論のあと、取材に応じた五十嵐務幹事長は。

 五十嵐務幹事長「第三の候補者を考えられないかという意見もあって、その想定される人にあたっていましたが、正式に『出馬することはできない』と返事をいただきました。自民党県連としては、知事選において第三の候補者はありえないということを常任総務会でご提案申し上げて、それにご了解をいただきました。(石井知事か新田さんの)どちらか1人に、必ず候補者を絞って決めていくということも了解を頂きました」

 推薦する候補者の決め方については「国会議員と協議を重ねていく」と述べるにとどまりました。また、東京の緊急事態宣言がまだ解除されない中、国会議員との協議は「電話などで重ねている」としたうえで「県連執行部が直接顔を合わせての協議は必要だ」という認識を示しました。

富山2020.05.21 19:54

コロナ解雇 県内で237人

 新型コロナウイルスの感染拡大による経済の停滞は雇用にも大きな影響を及ぼしています。富山労働局によりますと、コロナの影響で県内で解雇された人は3月から今月15日までに237人にのぼっています。雇い止めにあった派遣社員の男性に話を聞きました。

 雇い止めにあった男性「コロナウイルスの影響で製造業一般全部ダメっぽい感じなので、仕方のない選択の中に自分が入ったんかなっていう感じですね」

 県内の製造業の会社で派遣社員として働いていた50代の男性です。ことし3月、3年あまり勤めた会社から雇い止めを受けました。3月に入って仕事が減り、残業がなくなった矢先の通知で、詳しい説明は何もなかったといいます。

 男性「契約通り30日前に派遣が終わるという感じの説明だけでしたね。同時期に派遣切りになった人が十数名ですね。これから先、ほぼ派遣社員全員が一部を除いて切られるという話は聞きましたね」

 富山労働局が把握している新型コロナの影響による離職者は237人。リーマン・ショックの時に比べても多いといいます。

富山労働局職業安定部 久住学史部長「なかには新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少し、解雇せざるを得なかったような事業所もありました。労働局としては大変厳しい状況だと認識しております」

 またシンクタンクの「中部圏社会経済研究所」は、新型コロナの世界的流行が今年いっぱい続いた場合、富山県内で2万6000人が失業するおそれがあると試算しています。

 雇い止めにあった男性は今は貯金を取り崩して生活しています。50代という年齢もあり、次の働き先が見つかるか不安を抱えています。

 男性「正直不安しかないですね。コロナウイルスが沈静化しないことには、仕事を見つけることも難しいのかなというのは思いますね」

 コロナの影響を身に染みて感じる一方で、派遣労働者を切り捨てる風潮には疑問と憤りがあるといいます。

 男性「抗うことができないという思いですね。世の中全体かもしれないですけど、会社の経営に行き詰まったら派遣を切ればいいっていう世の中の風潮がどうなのかなと思いますね」

 この男性は派遣会社との契約も終了し、現在も仕事に就けていません。雇用を維持するために行政は企業への支援などを行っていますが、今後、さらに具体的な対策が大切だと思います。

富山2020.05.21 19:52

東京便 来月16日から1日1往復で再開

 感染拡大の影響ですべての便を運休している全日空の富山・東京便は、来月16日から1日1往復で再開します。

 富山・東京便は今月15日からすべての便が運休となっています。全日空は21日、来月15日まで全便運休とし、16日から1日1往復で運航を再開すると発表しました。再開するのは、東京発午前7時50分の第1便と、富山発午前9時25分の第2便です。

富山2020.05.21 19:48

政務活動費の不正取得 消滅時効は10年と裁判所見解

 富山市議会の政務活動費をめぐり、市民団体が不正取得分の返還を求めている裁判で、富山地方裁判所が、返還の時効について、市や市議会が主張する5年ではなく10年とする見解を改めて示したことが分かりました。

 この裁判は「市民が主人公の富山市政をつくる会」が、富山市議会 自民党会派の政務活動費に不正取得があるとして市長を相手取り、会派に返還を求めるよう訴えているものです。

 裁判では、返還の時効期間の解釈が争点のひとつとなっていました。富山地裁は、去年12月に時効を10年とする判断を暫定的に示したうえで改めて検討した結果、これまで富山市や市議会が返還の対象としてきた地方自治法で定める5年ではなく、民法で定める10年とするのが相当だと結論付けました。

 富山地裁の見解では「5年の時効を認めて早期に権利関係を確定させてしまうと、政務活動費の適正な運用の実現や透明性の確保を阻害する危険性がある」と指摘しています。

 市民が主人公の富山市政をつくる会 高野善久代表委員「政務活動費を支出する行為は条例に基づいて支出する。ところがその金を悪い目的で使った。それを5年で、短い時効期間で免罪するのはよくないと書いてある」

 原告訴訟代理人 水谷敏彦弁護士「監査制度とか、地方自治法に基づく住民請求が違ってくると」

 この見解に従えば、2012年度の五本幸正市議の1件と高見隆夫市議の4件が返還の対象に含まれます。被告側の富山市は「判決で確定したわけではなく、引き続き時効は5年と主張する」としています。

富山2020.05.21 19:47

送電鉄塔をライトアップし医療従事者を応援

コロナ禍で戦う医療従事者に向け、北陸3県の4基の送電線の鉄塔がブルーにライトアップされていて、感謝の気持ちを伝えている。(5月21日現在)


このうち、県内では福井市の県済生会病院の近くにある、高さ約43メートルの鉄塔が夜になると鮮やかなブルーライトで照らされている。

北陸電力送配電が医療従事者に感謝を伝えるためにライトアップしたもので、ライフラインを守る一企業として感謝の気持ちを込めたもの。

北陸3県のあわせて4基の送電線の鉄塔で、医療従事者への感謝を伝えるライトアップは5月下旬まで、毎日午後6時半から午後10時までで続く予定。

福井2020.05.21 16:53

県内上場企業が新型コロナで一時帰休実施

新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の停滞は、県内の大手企業にも打撃を与えている。
セーレンとサカイオーベックス、それに日華化学の東証1部上場の3社が受注の減少などを理由に、従業員を一時的に休ませる措置をとっている。(5月21日現在)


このうち福井市に本社を置く大手繊維メーカーのセーレンは、決算発表の中で雇用の現状を説明した。

新型コロナウイルスの感染拡大によって自動車メーカーの工場が停止し主力の内装材などの受注が大幅に減少しているため、4月中旬から国内グループのすべての従業員あわせて3000人を週休3日制で休ませる措置をとっている。

こうした状況は、東日本大震災以来。

現在は工場や事業部門ごとに、休業の日数を調整していて、休業手当の一部にあてるため国の雇用調整助成金を申請している。

また、繊維大手のサカイオーベックスも4月上旬から国内工場や営業所など従業員あわせて520人を一時的に交代で休ませている。

このほか、日華化学も4月中旬から支店や営業所それに工場の社員あわせて600人あまりを一時的に交代で休ませている。

サカイオーベックスと日華化学によるいわゆる一時帰休は、いずれもリーマンショック以来で3社ともに受注が回復するまで、当面継続する見込み。

福井2020.05.21 16:48

福井市のデパートで1か月ぶりに全館営業

福井市中心部のデパート「西武福井店」が21日、1か月ぶりに全館で営業を再開し、待ちわびた客たちが買い物に訪れていた。


全館で営業を再開したのは県内唯一のデパート「西武福井店」。

政府の緊急事態宣言をうけて、4月18日からは食品売り場のみ営業を続けてきたが、1か月ぶりに全館で営業を再開した。

感染予防のために各フロアーに消毒液を配置したほか、フェイスシールドをつけた従業員は客からの声かけがある場合に接客する。

なお、当面は通常より1時間半短縮した、午後6時までの営業となっている。

福井2020.05.21 11:54

滑川市で学校再開 子どもたち元気に登校

 緊急事態宣言の解除に伴い県内の各自治体では今週から分散登校が始まっていますが、滑川市ではいち早く全児童が登校して学校が再開しました。

「滑川市の小学校です。集団感染防止に配慮しながら21日から全校児童が元気に登校しています」

 滑川市の小中学校では分散登校を行わず、21日から学校が再開しました。このうち寺家小学校では全校児童261人が登校し友達と久しぶりの再会を喜んでいました。

 ただ、学年によってはこれまで使っていた教室では児童同士の間隔が狭いため、空き教室や広い教室を使って隣との距離を確保しながら授業を行いました。

 1年生の児童「みんなと会えてよかった」

「手洗いうがいしっかりしたい」

 寺家小学校 上島陽一郎校長「子どもたちは久しぶりの学校なので明るい顔で登校してくれたと思います。学校で明るく生活できるようにしていきたいと思います」

 寺家小学校では、休み時間がかぶらないように時間割を調整し、22日からは地域ごとに時間差で登校するということです。

富山2020.05.21 11:50

ファボーレ 7割の店舗が再開

 富山市婦中町のファボーレは、既に営業を再開している食品館などに加えて、21日から一部の専門店やレストランなどの営業を順次再開します。

 再開するのは全170店舗のうち、およそ7割の店舗で、ファッション店や生活雑貨店、レストランなどの一部テナントです。当面の間、営業時間は午前10時から午後8時までで、1時間短縮します。

 21日は、開店と同時に買い物客が訪れ、さっそく商品を手にとっていました。

 買い物客は「今まででやってなくて行くところもなくて寂しかったので、久しぶりに来られてうれしい」とか「もともと週に2、3回来ていたので、またちょこちょこ来たい」などと話していました。

 ファボーレでは22日からは映画館が、23日からは、ほぼ全ての店舗で営業を再開するということです。

富山2020.05.21 11:48

60代の男性死亡 県内死者21人に

 新型コロナウイルスの感染で新たに富山市の60代の男性が死亡したと県が発表しました。県内で60代以下の人のコロナ感染による死亡は初めてで、これで県内の死者は21人となりました。

 新型コロナウイルス感染で死亡したのは、富山市に住む60代の男性で、19日に死亡したということです。県内で60代以下の人の死亡は初めてで、これで県内の死者は21人となりました。

 一方、20日に新規の感染者の発表は今のところなく、2日連続でゼロとなっています。今月14日から20日まで1週間の感染確認は5人にとどまっていて、減少傾向が続いています。

 県内でこれまでの感染者は227人で、このうち20日午前9時までに168人が退院しています。入院中、または入院調整中の人は38人で、重症者は1人です。

富山2020.05.20 19:34

新型コロナウイルスのつらさ 感染の体験語る

 県内の新型コロナウイルスの感染者は、これまでに227人にのぼっていますが、このうち168人がすでに回復して退院しています。エブリィでは、退院した県内在住の40代の女性に症状や入院中の様子などについて電話で聞きました。

 Q陽性と聞いた時にはどう感じたか?

 感染した女性「ショックというか、やっぱりねという感じは受けました。いつもと違う、だるさもいつもと違うという感じがあったので」

 先月新型コロナウイルスに感染し、入院していた県内在住の40代の女性です。最初に出た症状は、のどの痛み、そして悪寒でしたが。

 感染した女性「次の段階では熱、39度近くの熱がパンと出たので」

 PCR検査を受けたその日の夜に発熱し、翌日に陽性と判明、入院しました。

 Q入院中の症状はどうだったか?

 感染した女性「入院中は1週間ぐらい、ずっと高熱が続きました。38度を超えて、最高39度5分とかでした」

 女性には肺炎の症状はなく軽症と診断されました。

 Q症状はご自身にとってどう感じたか?

 感染した女性「尋常じゃないと思いました」

 Q軽症でも?

 感染した女性「そうです。何かめまいするし、ずっと寝ていてもふわんふわんという感じで。これ自分、ちょっとやばいかなという時がいっときありました。意識が飛ぶみたいなそんな感じですかね。今までで初めての体験でした」

 その時の治療については。

 感染した女性「熱が高ければ解熱剤があるので自分で判断しながら飲んでくださいみたいな感じでもらいました。特別な薬とかは飲んでいないです」

 Qアビガンの選択はしなかったのか?」

 感染した女性「勧められましたが飲まなかったです」

 Q承認されていないから?

 感染した女性「はいそうです。コロナに対する本当の薬ではないので、ちょっと怖いですよね、やはり」

 そして、新型コロナウイルスの特徴的な症状も。

 感染した女性「味覚、嗅覚(がない)。それがやはり出ましたよね。今も嗅覚は全然ないので」

 QPCR検査では2回、陰性になったんですよね?

 感染した女性「2回陰性になりました」

 Qそれで退院ですよね?

 感染した女性「そうです」

Q今も嗅覚がおかしい?

 感染した女性「ないです。味覚もやっとちょっとずつ(分かってきた)」

 女性は、ウイルスがなかなか抜けず、3週間近く入院してようやく退院。病院からは4週間の自宅療養を要請されました。

Q2度とかかりたくない思いか?

 感染した女性「それはかかりたくないです。普通の風邪と全然違うのでインフルエンザなんか比ではないです。高齢の方は重症化するとか言ってますけど、その通りなのかなと自分で思いました」

 そして、感染した経験からこう指摘します。

 感染した女性「最後に言いたいのは、今、自粛が解除されたのでかなり緩んでいると思うんですけど、一人ひとりが気をつけていかないと、そういうところは考えてほしいと思います」

 女性は、つらい症状を話すことで、多くの人に感染防止を徹底してほしいと取材に応じました。無症状の人もいますが、軽症でも相当、体力が奪われ、社会復帰には時間がかかります。

富山2020.05.20 19:33

斉藤頭取死去の富山銀行 新頭取に中沖雄常務

 富山銀行は、19日急死した斉藤栄吉頭取に代わる新しい頭取に、20日付けで、中沖雄常務取締役が就任したと発表しました

 富山銀行によりますと、斉藤栄吉頭取は19日の朝、自宅で亡くなっているのを家族が見つけたということです。死因は急性心不全で、64歳でした。斉藤頭取の死去を受けて、富山銀行は臨時の取締役会を開き、20日付けで中沖雄常務取締役の頭取就任を決めました。

 中沖新頭取は57歳で、中沖豊前知事の次男です。日本興業銀行などを経て去年6月に富山銀行に入行し、今月14日の取締役会で代表権を持つ副頭取への就任が内定していました。

 あわせて富山銀行は、代表取締役を従来の頭取1人から、専務と常務も加えた3人体制とすることを決めました。

 斉藤頭取の告別式は近親者のみで執り行われ、後日「お別れの会」が開かれる予定です。

富山2020.05.20 19:30

きょう営業再開も…先行きに不安

 店舗の営業再開が相次ぐ中、滑川市にある古本屋が20日から再開に踏み切りました。ようやくの再開ですが、この店は県の休業要請の対象とならなかったため協力金は受け取れず、店の先行きに不安を隠せません。

 滑川市の「古本いるふ」は、先月富山県が緊急事態宣言の対象となったことなどを受けて、休業していました。

 1か月余りの休業を経て20日、ようやく営業を再開しました。

 古本いるふ店主 天野陽史さん「売り上げはかなり大変なことになっています。インターネット販売にも力を入れて、それで食べつないでいるっていう感じです」

 しかし行政からの支援金はゼロ。古本屋は県の休業要請の対象業種でしたが、この店は床面積が県の規定にある「100平方メートル以上」に達しないため、要請に伴う協力金は受け取れず、厳しい経営を強いられています。

 店主の天野陽史さんは、今月の売り上げが去年の半分以下にとどまれば協力金以外の行政支援の申請をする考えです。申請が受け付けられれば、国の持続化給付金100万円に加え、県の事業持続化・地域再生支援金20万円を受け取ることができますが、それでも不安を隠しきれません。

 古本いるふ店主 天野陽史さん「ないよりあった方が助かる部分は多いですけど、120万円という金額だけで1年間過ごせるわけではないので、継続的な何かしらの支援が必要だと思いますし、今後また第2波第3波というのが考えられる中で、次そういうことがあれば県の方も100平方メートル以下の休業補償をできればしていただくような準備も進めていただけたらなと思っています」

 営業は再開しても、客足はどこまで戻るのか。こうした不安は、県内多くの店舗が抱えています。

 長期的な支援を望む小規模店舗の声に行政は耳を傾けてほしいと思います。

富山2020.05.20 19:29

イノシシやクマの被害 防ぐために

 県内では近年、イノシシによる農作物被害や、クマの平野部などへの出没が相次いでいます。こうした被害を防ぐため県内の専門家による話し合いが20日行われ、今後のイノシシ管理計画などを取りまとめました。

 20日に開かれた県環境審議会の野生生物専門部会では、イノシシによる農作物被害などの軽減を目指す県の管理計画案が示されました。

 イノシシ管理計画は2013年から実施してきましたが、従来豚コレラと呼ばれていたCSF=豚熱の感染が去年、野生のイノシシに広がったことや、農作物の被害額が昨年度に過去最多の8330万円にのぼったことなどで、新たな計画の実施が必要とされていました。

 新たな管理計画案には、イノシシの捕獲目標数を定めることや、年に2回ワクチンを散布することが盛り込まれています。新たなイノシシ管理計画は、専門家による会議を重ね、ことし10月から実施する予定です。

 また会議で県は、クマによる人身被害防止のため、クマのえさとなるカキなどの伐採に対し補助金を出して支援するとしました。

富山2020.05.20 19:27

石井知事 臨時交付金3兆円求める

 全国知事会による新型コロナウイルス緊急対策本部の会合が、20日テレビ会議方式で開かれ、石井知事は政府から地方への臨時交付金を総額3兆円まで増額するよう求めました。

 全国知事会のテレビ会議では、新型コロナウイルスに関する国への緊急提言の内容を議論しました。

 石井知事は「効果的な対策を実施するには臨時交付金の増額が必要である」と述べ、政府が今年度の補正予算で1兆円を計上している臨時交付金について、3兆円まで増額するよう求めました。

 増額分は雇用の維持など社会経済活動対策や医療の充実などに活用するとしています。石井知事など知事会のメンバーは、会議で取りまとめた臨時交付金の増額について北村内閣府特命担当大臣に求めました。

富山2020.05.20 19:23

大連便・上海便 来月末まで運休延長

 新型コロナウイルス感染拡大で現在運休している富山空港発着の大連便と上海便の運休期間が来月末までさらに延びることになりました。

 これは20日、それぞれの運航会社から県に連絡がありました。大連便と上海便は、ともに今月末までとしていた運休期間を来月末まで延長します。富山空港発着の国際便は、台北便もすでに来月末までの運休を決めています。

 一方、JR西日本は20日、北陸新幹線の今月1日から17日までの利用状況が去年の同じ時期の5%にとどまったと発表しました。

富山2020.05.20 19:20

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース