鹿児島のニュース

新型コロナ 県が警戒基準2に引き上げへ

 18日、県内では新型コロナウイルスの感染者が新たに237人確認された。感染の拡大を受け、県が警戒基準のレベルを19日、2に引き上げる方向で最終調整に入ったことがわかった。  今年に入り県内では新型コロナウイルスの感染が拡大していて、 18日は237人の感染が新たに確認された。200人を超えるのは約5か月ぶりで過去5番目に多い感染者の数となった。  こうした状況や、病床の使用率などをふまえ、県は19日にも、警戒基準のレベルを現在の1から2に引き上げる方向で最終調整に入っていることが複数の関係者への取材でわかった。  感染対策に力を入れる第3者認証を取得した飲食店にも営業時間の短縮を求めるのか、また、協力金の支払いはどうするかが焦点。  県は、19日午後にも対策本部会議を開き正式に決定する見通し。

鹿児島 2022.01.18 21:00

鹿児島県コロナ警戒基準 レベル2へ引き上げへ

 県内でも感染が急拡大している新型コロナウイルス。県が警戒基準のレベルを、19日に「1」から「2」に引き上げる方向で最終調整に入ったことが分かった。  今年に入ってから県内で拡大している新型コロナウイルスの感染。17日はこれまでで最も多い6つのクラスターが確認された。  こうした状況や、病床の使用率などをふまえ、県は19日にも、警戒基準のレベルを現在の「1」から「2」に引き上げる方向で最終調整に入っていることが複数の関係者への取材で分かった。  感染対策に力を入れる第3者認証を取得した飲食店にも営業時間の短縮を求めるのか、また、協力金の支払いはどうするかが焦点となる。  県は、19日の午後にも対策本部会議を開き正式に決定する見通し。

鹿児島 2022.01.18 20:08

センテラス天文館4月9日グランドオープン

 タカプラ跡地にできるセンテラス天文館。コロナ禍で停滞した天文館に新たな光を差し込む新たな施設として期待を集めている。every.の取材で4月9日にグランドオープンすることがわかった。  地上15階建てのセンテラス天文館。1階から4階の商業施設には約80店舗が入る。鹿児島初進出の店もあるようだ。4階と5階に入る鹿児島市立の天文館図書館。蔵書は約4万冊。鹿児島市鴨池の市立図書館の本も借りたり返却することもできる。これまでなかった都会的な図書館だ。  桜島や鹿児島湾も一望できる最上階15階の展望スペース。同じフロアには城山ホテル鹿児島が運営するレストラン「黒ノ壽」が入る。全国でも珍しいホテルが手がけるブランド牛、城山牛を提供する。  1階の広場と観光案内所はグランドオープンに先駆け3月30日にオープンする予定だ。コロナ禍で停滞した天文館に新たな光を差し込むセンテラス天文館は4月9日にグランドオープン。20日に竣工式や記念式典が行われ詳しい情報が発表される予定。

鹿児島 2022.01.18 20:08

新型コロナ 新たに237人の感染確認

 県内では18日、新たに237人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。  新たに感染が確認されたのは鹿児島市で97人、霧島市で43人、奄美市で27人、鹿屋市で13人など計237人。このうち54人の感染経路が分かっていない。  鹿児島市の2つの小学校で確認されたクラスター関連で新たに7人。鹿児島市の児童福祉施設のクラスター関連で、新たに2人。枕崎市の事業所で確認されたクラスターの関連で新たに2人の感染が確認されている。  県内で確認された感染者は累計で1万840人となった。17日時点で128人が医療機関に入院しいて、重症の人はおらず、8人が酸素投与の必要な中等症。  感染の拡大が止まらない県内。1日の感染者数が200人を超えるのは約5カ月ぶり。県内の病床使用率は、16日時点で20%を超えている。

鹿児島 2022.01.18 20:05

19日にレベル2に引き上げへ 県内の警戒基準は

 県内の警戒基準は17日時点でレベル1。16日時点で、病床の使用率は20.6%とレベル2の基準を超えている。また、人口10万人当たりの療養者数、直近1週間のPCR検査の陽性率、直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は、レベル3の基準を上回っている。  感染者数が増えている鹿児島市の医療圏の指数。17日時点で人口10万人当たりの療養者数、直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数は、レベル3の基準を大きく上回っている。  また、病床の使用率は15%とレベル2の基準を超えていないが、市の担当者はKYTの取材に、「決して少ない数字ではない。オミクロン株などまだまだ感染の拡大が懸念される。」と警戒を強めている。

鹿児島 2022.01.18 20:05

ワクチン3回目 県内はいつから?

 感染拡大を抑えるカギとなるのが“3回目のワクチン接種”。政府はオミクロン株の感染急拡大を受け、接種を前倒しする方針を示している。私たちはいつから3回目の接種を受けられるのだろうか。  3回目のワクチン接種は医療従事者や施設に入所している高齢者についてはすでに始まっている。政府はオミクロン株の感染急拡大を受け、2回目の接種からの間隔を当初は8か月後としていたが「一般の高齢者は6か月後」「64歳以下は7か月後」にさらに前倒しする方針を示した。  「一般の高齢者」について2回目接種から「7か月後」に前倒しすると回答したのは、鹿児島市や鹿屋市など25の市町村。さらに「6か月後」に前倒しすると回答したのは、指宿市や霧島市など12の市町村となった。  すでに今後のスケジュールを決めている自治体もある。大和村では2回目の接種から6か月経った一般の高齢者について、今月22日に集団接種を予定している。鹿児島市は2回目の接種から7か月経った一般の高齢者に19日から毎週、接種券を発送する。さらに今月23日から鹿児島市鴨池の中央保健センターで集団接種を行う。  「64歳以下」のスケジュールだが、2回目接種から「7か月後」に前倒しすると回答したのは、霧島市や出水市など25の市町村。さらに「6か月後」に前倒しすると回答したのは、指宿市と十島村の2つの自治体となった。そのほかの地域は「前倒しを検討中」または2回目接種から「8か月後」のままとなっている。  前倒しを決めた自治体の中でも、受け付けの時期が決まっている場合もある。お住まいの自治体の情報に注意してほしい。

鹿児島 2022.01.18 20:04

日産が協力 電気自動車を非常用電源に

 災害に強い街づくりに取り組もうと、日産自動車と鹿児島市が協定を結んだ。日産が誇る電気自動車。地震などの災害で停電が発生した際、避難所などの非常用電源として活用されることになった。  18日の協定締結式では、鹿児島市の下鶴市長と、日産自動車の後藤収理事、鹿児島日産自動車の石原一智取締役社長が協定を結んだ。  日産自動車の後藤理事は「災害時の電力供給ということで大変力を発揮すると思っていてこの協定が鹿児島市の皆様方の災害時の安全安心につながればと思っている」と話した。  また、電気自動車1台で6200台ほどの携帯電話を充電することができ、鹿児島市内にある日産自動車の店舗を、災害時の携帯電話の充電場所として提供していくという。

鹿児島 2022.01.18 19:58

ユナイテッド J2昇格へ始動!

 新体制を発表した鹿児島ユナイテッドFCが18日、J2昇格に向け、始動した。  晴れやかな表情で現れたのは、大嶽直人新監督。「自分もやるぞ!」と練習の冒頭、選手と一緒にランニングをした。  初めて、専用練習場でシーズンのスタートを迎えたユナイテッド。今年はJ2昇格のため、12人の選手を補強した。得点源として期待がかかるのは、有田光希選手。以前、大嶽監督のもとでプレーした経験があり、戦術理解はバッチリ。有田光希選手は「(監督から)「ゴール前でのチャンスは確実に増える」と言われている。たくさんゴールを決められるように準備と結果にこだわりたい」と意気込んだ。  また、大ケガで長期離脱していた牛之濵拓選手がチームに帰ってきた。  大嶽直人監督は練習後、「誰が戦えるか、最後の11人は誰なのかを悩むぐらいの感じで入っている。できるだけチャンスを多くして守備を少なくするような方向性を目指す」と話した。  J3開幕は3月、ユナイテッドはホームでいわきFCと対戦する。

鹿児島 2022.01.18 19:58

春の訪れ…あいら新ごぼう出発式

 春の訪れを告げる「あいら新ごぼう」の出発式が行われた。霧島市で行われた出発式にはJAあいらの生産者など約40人が参加した。  あいら新ごぼうは霧島市や姶良市で作られていて色が白くて香りが良く、やわらかい歯ごたえが特徴だ。また、県が定めた安心安全の基準をクリアし13年連続で「かごしまの農林水産物認証」を受けている。  JAあいらごぼう部会の藤山武行会長は「今年は植え付け時、長雨とか大変だったがその後、肥培管理がしっかりとできて、順調に育っていると思う」と話した。  あいら新ごぼうは3月末までが旬で、約45トンが収穫される見込みだという。

鹿児島 2022.01.18 12:00

枕崎市の事業所で新たなクラスター

 123人の感染が確認された県内。県は枕崎市の事業所で新たなクラスターが確認されたと発表した。  新たなクラスターが確認されたのは枕崎市の事業所。これまでに20代から40代の男女5人の感染が確認されている。  県によると事業所では、手指消毒や換気は行っていたが、休憩室でマスクがない状態での会話や喫煙所で密接な状態での会話が確認されているという。  県内では17日、すでに鹿児島市で新たに5つのクラスターの発生が確認されている。1日で確認されたクラスターの数としては過去最多。  このクラスター関連を含め県内では17日、鹿児島市で58人、霧島市で13人など新たに123人の感染が確認された。感染者が100人を超えるのは6日連続。  県内で確認された感染者は累計で1万604人となった。16日時点で117人が医療機関に入院していて重症の人はおらず、8人が酸素投与の必要な中等症。

鹿児島 2022.01.17 20:09

新型コロナ 鹿児島市5つのクラスター確認

 県内では17日、新たに123人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。また、鹿児島市は市内の小学校など新たに5つのクラスターが確認されたと発表した。  新たに確認されたのは、鹿児島市内の2つの小学校と、児童福祉施設、事業所、飲食店で行われた会食での5つのクラスター。  市内の2つの小学校では児童や職員計17人の感染が確認されていて、両校ともしばらくの間、臨時休校を決めている。  児童福祉施設では利用者と職員計12人が感染。事業所では職員6人の感染が確認されている。市内の飲食店での会食では9人の感染が確認された。この会食ではマスクの着用が不十分だったが、ほかの4つのクラスターでは、基本的な感染対策はしていたという。  感染拡大のスピードが速いことから、この5つのはオミクロン株によるクラスターと考えられている。  このクラスター関連を含め県内では新たに123人の感染が確認されている。

鹿児島 2022.01.17 20:08

“突然の津波警報”その時住民は…

 南太平洋のトンガ諸島付近での大規模な噴火に伴い16日未明、奄美群島・トカラ列島に出された津波警報。奄美市では国内最大の1.2メートルの津波が観測された。深夜の突然の津波警報。その時住民は…。  15日午後1時ごろ、南太平洋のトンガ諸島近くの海底火山で発生した大規模な噴火。遠く離れた県内でもその影響が。気象庁は16日午前0時15分、奄美群島・トカラ列島に津波警報。その他県内全域に津波注意報を発表した。  津波警報が発表された直後、午前1時ごろの奄美市では高台に避難しようと車が渋滞する様子が見られた。  一時、奄美大島の5市町村や与論町、日置市、徳之島町、喜界町、天城町に出された避難指示。奄美市役所には約300人が身を寄せた。  南種子町では水が逆流する様子も見られた。奄美市小湊では国内最大の1.2メートルの津波を観測。このほか、県内各地でも津波を観測した。  県内に出されていた津波警報・注意報は午後2時にはすべて解除された。  奄美市では100歳の女性が避難所へ向かう途中に転倒し軽いケガをした。

鹿児島 2022.01.17 19:58

車が大渋滞…深夜の避難に何があったのか?

 深夜の津波警報に避難を強いられた住民たち。突然の警報は車の大渋滞を巻き起こした。深夜の避難に何があったのか?住民に話を聞いた。  津波警報が出され着の身着のまま避難した奄美市の住民たちは「実家に車で親を迎えにいって近くの山に逃げた。僕が走っていた道路はすいていたが反対側の車線が夕方5時台の仕事で帰る時の渋滞と変わらないくらいの渋滞だった」と話した。  別の住民は「息子と自転車で市役所に避難した。避難所についてからどこで渋滞してるという話を聞いて自転車で良かった」と話した。  突然の津波警報。高台を目指そうと一時、奄美市内の至る所で車の渋滞が発生した。  平地から少し上ったところにある奄美テレビ放送の福山亜希子さんは「青い看板のところから全部車。20台以上は確実にいたびっしり」と話した。  車が渋滞し身動きが取れなくなった人たちのために会社を開放しトイレや携帯の充電用の電源を貸し出した。「会社のドアをあけてトイレありますと伝えた。いつもは開放しないが開けた。ここが開いてるのがわかった方がいいと思った」と話した。  未曾有の事態に巻き込まれた奄美市の住民たち。この経験をどう生かすか?  奄美市の安田市長は「どうしても車使わないといけない家庭があるが地震、津波は時間帯が分からないのでその時の状況にあった行動とることを普段から話し合うことが大事」と話した。

鹿児島 2022.01.17 19:58

“深夜の避難”防災の専門家は?

 今回の住民の避難行動について防災が専門の鹿児島大学の井村隆介准教授は「3.11(東日本大震災)のことをしっかり覚えているんだなと。タイミング悪く冬の寒い中の真夜中に情報が変わってしまったのでより皆さん不安に思われたと思うし、避難でも渋滞してしまったりしたがこれが自然」と話した。  一方で課題も。井村准教授は「車での避難を全否定するつもりはないが体力のある健常者は車ではなく徒歩で避難してもらいたかった。(車が)詰まってしまうと緊急車両が通れないことも出てくるのでここは避難に使う道、緊急車両が通る道とすみわけを自治体には考えてもらいたい。色んなシチュエーションを考えた訓練を実践的にやってもらいたい」と指摘した。  井村准教授は今後も噴火が発生する恐れはあるとして「毛布や衣類、常備薬など避難の準備をしておいて欲しい」と改めて呼びかけた。

鹿児島 2022.01.17 19:57

火山噴火による津波 火山の専門家は…

 世界的に見ても非常に珍しい火山の噴火が引き起こした津波。桜島をはじめとした多くの活火山を抱える鹿児島県民にとって他人事ではない。  火山の専門家は今回の津波をどう考えているのか?また、桜島でも同じようなことが起きるのか?京都大学防災研究所の井口正人教授に話を聞いた。(動画でご覧ください)

鹿児島 2022.01.17 19:57

高校サッカー新人戦 神村学園初戦を勝利

 高校サッカー男子新人戦、年末の高校サッカー選手権での激闘から2週間、早くも神村学園の新チームが始動し、17日、初戦を勝利で飾った。  新人戦の初戦を17日迎えた神村学園は“代表コンビ”が魅せた。エース・福田師王選手は前半だけでハットトリック!様々な形で得点を奪う。  一方、新キャプテンに就任した大迫塁も後半、自らドリブルで持ち上がり、ゴールネットを揺らす。鳳凰も必死に走るが、それを上回った神村が大量13得点で勝利を収めた。福田師王選手は「もっと決められるシーンがあったので、もっと決めていきたい」と話し、大迫塁主将は「無失点で優勝することを掲げていて、その中で攻撃的な神村のサッカーを崩さずにやっていきたい」と意気込んだ。  決勝は今月22日(土)南さつま市で行われる。

鹿児島 2022.01.17 19:56

ユナイテッド新体制 注目選手は?

 鹿児島ユナイテッドFCは17日新体制を発表し、新たな監督と選手が意気込みを語った。  鹿児島ユナイテッドFCは17日、新たなシーズンの体制を発表した。徳重剛代表は「最高のスタッフ・メンバーが揃った」と挨拶した。チームの指揮を託されたのは、大嶽直人新監督。「J3トップクラスのボール保持率と攻撃力を生かしていきたい」と意気込む。大嶽直人監督は「ここに来た以上、J2昇格、J3優勝を目指してやるだけ。アグレッシブでダイレクトにゴールに向かうチームにしたい」と決意を語った。  一方、新加入選手は12人。アルビレックス新潟から加入したロメロ・フランク選手は、J1・J2計328試合46得点と豊富な経験を持つ。ロメロ・フランク選手は「自分のストロングポイントは体の強さ、二列目からの飛び出しで大きなチャンスを作れるので、そこを見てほしい」と話した。また、鹿児島城西出身のゴールキーパー、泉森涼太選手や神村学園出身の井原伸太郎選手など、鹿児島ゆかりの選手も加わった。  J3開幕は3月、ユナイテッドはホームでいわきFCと対戦する。

鹿児島 2022.01.17 19:54

おおさき福男・福女選び 一番は果たして?

 毎年恒例、脚力で今年の運を占う福男・福女選びが大崎町で行われた。今年ならではのユニークな仮装も見られた。  大崎町で16日行われた、おおさき福男・福女選び。街の賑わいを取り戻そうと企画されたイベントも、今年で5回目。  小学生から大人まで64人が参加。ゴールの都萬神社までの350mを、全速力で駆け抜ける。  壱番福男になったのは、初参加の川邉健斗さん(24)。壱番福女は大崎中学校2年生の山下絢愛さんだった。  川邉さんは「初めてだったが、楽しく走れて良かった。昨年は思うようにいかないときもあったので素敵な1年になれば」と話した。  山下さんは「何事にも全力で楽しくできる1年にしたい。来年も福女を狙って頑張りたい」と話した。  また、仮装大賞部門の参加者も、イベントを盛り上げていた。参加した男性は「やっと仮装大賞部門、大賞取れた。今年は寅年だけに頑張ってタイガー」と喜びをあらわにした。

鹿児島 2022.01.17 19:54

馬毛島「整備地に」八板市長 賛成・反対派から意見聴取

 種子島沖の馬毛島がアメリカ軍の訓練移転の整備地に決定したという防衛省からの知らせを受け西之表市の八板市長は計画の賛成派・反対派それぞれの意見を聞いた。  防衛省は今月12日、西之表市の八板市長にこれまでアメリカ軍の訓練移転の候補地とされていた馬毛島について整備地に決定したと伝えた。  これを受け、計画に反対の立場の八板市長は賛成、反対のそれぞれの団体から意見を聞いた。  賛成派の団体は「防衛省の進め方についていく環境を作ってほしい」と要望。西之表市と馬毛島の未来創造推進協議会杉為昭事務局長は「自衛隊基地決定で進んでいくがこれを活用して地域振興、発展、防衛さまざまな面で国と手を結んでいける状況を作ってほしいとお願いした」と述べた。  一方、反対派の団体「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」の三宅公人会長は「馬毛島に米軍の訓練施設を作るということだけではなくてその裏には戦争の足音がおきてきている。馬毛島を突破口にさせないという意味で基地建設の反対をすすめていきたいと伝えた」と述べた。  八板市長は今週金曜日までに約40団体から意見を聞き改めて、今後の対応を示すとしている。

鹿児島 2022.01.17 19:53

〝突然の津波警報″その時漁港では…

 奄美群島などに出された津波警報、注意報が解除されて一夜、国内で最大の津波を観測した奄美市の漁港で、住民がその時の恐怖を語った。  トンガ諸島付近での大規模な噴火による潮位の変化で、一時、津波警報が出された奄美群島とトカラ列島。  国内最大の1.2メートルの津波を観測した奄美市名瀬小湊の漁港で話を聞いた。  小湊漁港の漁師は「怖かった。すぐみんな上のほうに車で移動していて、特に夜でまったく見えなくて状況がつかめない。島に大きな被害がなくてよかった」と話した。  お婆さん海のそばに住む女性は「海が近いだけにやっぱり怖い。足が悪いから、避難場所が専門学校だから、歩いていくのが大変。地震と津波は怖い」と話した。  予想していなかった突然の津波警報。今後の備えについて考える必要がある。

鹿児島 2022.01.17 14:00

枕崎市長選挙 現職が無投票当選

 任期満了に伴う鹿屋市と枕崎市の市長選挙が16日に告示され、枕崎市長選挙は現職の前田祝成さんが無投票で2期目の当選を果たした。  鹿屋市長選挙に立候補したのは新人で農業の本田仁さん73歳と現職で3期目を目指す中西茂さん68歳でいずれも無所属。鹿屋市長選挙の投開票は今月23日。  枕崎市長選挙は現職の前田祝成さん57歳のほかに立候補の届け出がなく、前田さんが無投票で2期目の当選を決めた。前田さんは、切れ目のない子育て支援や介護、福祉のさらなる充実を目指したいとしている。

鹿児島 2022.01.17 13:59

県内の津波注意報すべて解除

 トンガ諸島付近での大規模な噴火に伴い、県内に出されていた津波注意報は16日午後、すべて解除された。  トンガ諸島付近での大規模な噴火による潮位の変化で、奄美群島・トカラ列島には一時、津波警報が、そのほかの県内全域にも津波注意報が出されていた。  気象庁は16日午後2時、「これ以上、大きな海面変動はなく、潮位の変化による災害の恐れはないとみられる」として、県内に出していた津波注意報を全て解除した。  そのうえで気象庁は「海面変動は津波注意報が解除された途端におさまるものではないので、釣りや海での作業などには留意してほしい」と呼びかけた。

鹿児島 2022.01.16 19:06

奄美・トカラに一時津波警報 その時住民は…

 トンガ諸島での大規模な噴火による潮位の変化で、奄美群島・トカラ列島には一時、津波警報が出た。16日正午現在は津波注意報に切り替わっている。  警報が出ていた午前1時ごろの奄美市の様子。高台に避難しようと渋滞する様子が見られた。住民は「寝てたら携帯が鳴ってそれで起きてみたら津波の警報だった。車だとなかなか動かないから歩いたほうが早い」と話した。  奄美市役所では16日朝、避難した人の姿が。避難した人は「12時過ぎの警報が鳴ってから急いで避難してきた。気が動転した感じはあったができるだけ落ち着いていこうということで避難してきた」と話した。  奄美市では100歳の女性が避難時に転倒し病院に搬送されたが、命に別条はないという。  安田市長は「先ほど注意報に切り替わったがそれまではなかなか先の見えない状況だったので本当にいつ安心できるのかお互いに不安な状況であった。引き続き気象庁の情報に注意をしながら注意報が続いているし海沿いに住んでいるの方とか海沿いで仕事をされる方には引き続き万全の注意を周知広報しながらやっていきたい」と警戒を呼びかけた。  正午現在、県内では奄美群島・トカラ列島、鹿児島県西部、東部、種子島・屋久島地方に津波注意報が発表されている。気象庁は、注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づいたりせず、警戒を続けるよう呼びかけている。  交通にも影響が出ている。警報・注意報の影響で空の便は県本土と離島を結ぶ便を中心にすでに11便の欠航が決まっている。海の便は、フェリーかけろまがすでに欠航を決めている。種子屋久高速船は午前は条件付きで運航していて、午後は状況を見て判断するとしている。  また大学入学共通テストの会場と一つとなっている奄美市の大島高校では16日、通常通り試験を行っているという。

鹿児島 2022.01.16 14:07

奄美・トカラに一時津波警報 その時住民は…

 トンガ諸島での大規模な噴火による潮位の変化で、奄美群島・トカラ列島には一時、津波警報が出た。16日正午現在は津波注意報に切り替わっている。  警報が出ていた午前1時ごろの奄美市の様子。高台に避難しようと渋滞する様子が見られた。住民は「寝てたら携帯が鳴ってそれで起きてみたら津波の警報だった。車だとなかなか動かないから歩いたほうが早い」と話した。  奄美市役所では16日朝、避難した人の姿が。避難した人は「12時過ぎの警報が鳴ってから急いで避難してきた。気が動転した感じはあったができるだけ落ち着いていこうということで避難してきた」と話した。  奄美市では100歳の女性が避難時に転倒し病院に搬送されたが、命に別条はないという。  安田市長は「先ほど注意報に切り替わったがそれまではなかなか先の見えない状況だったので本当にいつ安心できるのかお互いに不安な状況であった。引き続き気象庁の情報に注意をしながら注意報が続いているし海沿いに住んでいるの方とか海沿いで仕事をされる方には引き続き万全の注意を周知広報しながらやっていきたい」と警戒を呼びかけた。  正午現在、県内では奄美群島・トカラ列島、鹿児島県西部、東部、種子島・屋久島地方に津波注意報が発表されている。気象庁は、注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づいたりせず、警戒を続けるよう呼びかけている。  交通にも影響が出ている。警報・注意報の影響で空の便は県本土と離島を結ぶ便を中心にすでに11便の欠航が決まっている。海の便は、フェリーかけろまがすでに欠航を決めている。種子屋久高速船は午前は条件付きで運航していて、午後は状況を見て判断するとしている。  また大学入学共通テストの会場と一つとなっている奄美市の大島高校では16日、通常通り試験を行っているという。

鹿児島 2022.01.16 12:17

奄美群島・トカラ列島 津波注意報に

 奄美群島・トカラ列島に出されていた津波警報は一時、津波警報が出ていたが、午前7時半に津波注意報に切り替えられた。引き続き警戒が必要。  奄美群島・トカラ列島には一時、津波警報が出ていたが、午前7時半に津波注意報に切り替えられた。注意報が発表されている地域の沿岸部や川沿いにいる人は引き続き警戒が必要。午前8時半現在、日置市に避難指示が出されている。  津波注意報が出されている奄美市の職員は「注意報になったこともあり安心して避難場所から帰る人もいる。沿岸部は引き続き予断を許さない状況なので(海の)近くには近づかないようにお願いしたい」と話した。  県内で津波が到達している地域は次の通りだ。奄美市小湊では1.2メートル。南大隅町大泊、中種子町では0.7メートル。枕崎市と志布志市で0点6メートル。西之表市と中之島で0.5メートル。阿久根市と奄美市名瀬で0.3メートル。鹿児島市では0.2メートルの津波を観測した。  奄美市では、100歳の女性が避難時に転倒し病院に搬送された。意識はあるという。

鹿児島 2022.01.16 09:19

奄美・トカラ列島 津波注意報に切り替え

 県内各地で津波が観測されている。7時半現在、満潮時刻を迎えている地域もあるので警戒が必要だ。  奄美・トカラ列島には津波警報が出ていたが、さきほど津波注意報に切り替えられた。注意報が発表されている地域の沿岸部や川沿いにいる人は引き続き警戒が必要。  7時半現在、奄美市・大和村・与論町・瀬戸内町・徳之島町の全域、喜界町・天城町・日置市に避難指示が出されている。  県内でに津波が到達している地域は次の通り。奄美市小湊では1.2メートル。南大隅町大泊、中種子町では0.7メートル。枕崎市と志布志市で0点6メートル。西之表市と中之島で0.5メートル。阿久根市と奄美市名瀬で0.3メートル。鹿児島市では0.2メートルの津波を観測した。  奄美市では、100歳の女性が避難時に転倒し病院に搬送されたという。意識はあるという。

鹿児島 2022.01.16 07:52

【避難指示】大和村、与論町、瀬戸内町、徳之島町、喜界町、天城町

 日本時間の15日午後1時10分ごろ、南太平洋のトンガ諸島で大規模な噴火があった。これに伴った潮位の変化により、現在、奄美・トカラには津波警報が発表されている。  避難指示が出されているのは、大和村と与論町全域、瀬戸内町の全域、徳之島町全域、喜界町、天城町。(16日午前5時現在)

鹿児島 2022.01.16 05:12

【避難指示】大和村、与論町、瀬戸内町、徳之島町、喜界町

 日本時間の15日午後1時10分ごろ、南太平洋のトンガ諸島で大規模な噴火があった。これに伴った潮位の変化により、現在、奄美・トカラには津波警報が発表されている。  避難指示が出されているのは、大和村と与論町全域、瀬戸内町の全域、徳之島町全域、喜界町。(16日午前4時現在)

鹿児島 2022.01.16 04:31

県内に発表されている津波警報、津波注意報

 県内で津波警報が出ているのは奄美・トカラ。津波注意報が出ているのは鹿児島東部、鹿児島西部、種子島・屋久島地方。  津波警報の地域では津波による被害が発生します。沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所に避難してください。津波は繰り返し襲ってきます。警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。  津波注意報の地域では海の中や沿岸付近は危険です。海の中にいる人はただちに海から上がって沿岸から離れてください。場所によっては津波の高さが「予想される津波の高さ」より高くなる可能性があります。警報が発表された沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。(午前4時20分現在)

鹿児島 2022.01.16 04:25

避難指示 大和村、与論町、瀬戸内町、徳之島町、喜界町

 日本時間の15日午後1時10分ごろ、南太平洋のトンガ諸島で大規模な噴火があった。これに伴った潮位の変化により、現在、奄美・トカラには津波警報が発表されている。  避難指示が出されているのは、大和村と与論町全域、瀬戸内町の全域、徳之島町全域、喜界町。(16日午前4時現在)

鹿児島 2022.01.16 04:06

奄美・トカラに津波警報 気象庁「高台に避難を」

 15日午後1時ごろの南太平洋・トンガ近くの火山島で起きた大規模な噴火に伴う潮位の変化により、奄美・トカラには現在、津波警報が発表されている。  津波警報が発表されている地域の沿岸部や川沿いにいる人は直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。  気象庁は緊急の会見を開き「現在、奄美群島、トカラ列島に津波警報を発表している。津波警報を発表している地域では被害の恐れがある。沿岸部や川沿いにいる人は直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。」と呼びかけた。  日本時間の15日午後1時10分ごろ、南太平洋のトンガ諸島で大規模な噴火があった。これに伴った潮位の変化により、現在、奄美・トカラには津波警報が発表されている。現在、大和村と与論町全域、瀬戸内町の全域、徳之島町全域、喜界町に避難指示が出されている。  津波警報が発表されている奄美市の職員は「いまのところ市民は高台の方に逃げている状況。報道で見る限りすでに到達という事であったが一応、被害の報告は入っていない状況。今のところ、緊張して皆さん逃げているが避難場所でも落ち着いて状況を見守っている状況」と話した。  県内ですでに潮位の変動が確認されている地域は次の通り。  奄美大島・奄美市小湊では午後11時55分に1.2メートル。  鹿児島・南大隅町大泊では午前1時18分に0.7メートル。  種子島熊野では午後11時50分に0.7メートル。  鹿児島・志布志港では午前1時11分に0.6メートル。  種子島西之表では午前1時39分に0.5メートル。  奄美中之島では午前0時47分に0.5メートル。  奄美大島・奄美市名瀬では午前1時2分に0.3メートルの潮位の変動が観測された。これまでに被害の情報は入っていない。  津波警報を発表している地域では被害の恐れがある。沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど、安全な場所へ避難してください。  気象庁は警報が解除されるまで安全な場所から離れないよう呼び掛けている。  (16日午前3時50分現在)

鹿児島 2022.01.16 03:56

新型コロナ 県内新たに166人感染

 県内では15日、新たに166人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。  新たに感染が確認されたのは、鹿児島市で67人、奄美市で36人、霧島市で15人など計166人だ。このうち46人の感染経路がいまのところ分かっていない。また3人が14日に発表された霧島市の会食で発生したクラスターの関連だ。県内で確認された感染者は、累計で1万333人となった。15日時点で378人が医療機関などで療養していて、重症の人はおらず、4人が酸素投与の必要な中等症だ。県内では、年明けから感染者が急激に増えている。感染者が100人を超えるのは4日連続。

鹿児島 2022.01.15 19:03

大学入学共通テスト1日目

 今年で2回目となる大学入学共通テストが、15日から2日間の日程で行われている。  15日から行われている大学入学共通テスト。試験会場の一つ、鹿児島大学では、参考書やノートを読み返し最終確認をする受験生の姿が見られた。試験会場では座席の間隔があけられ、1科目が終わるごとに10分以上の換気をするなどの新型コロナ対策がとられている。また、体調が悪い人や無症状の濃厚接触者のための別室が設けられているという。今年の県内の志願者数は6248人で、初日の15日は、地歴・公民、国語、外国語の試験が行われている。県内の会場では今のところトラブルの報告はないという。16日は理科と数学の試験が行われる。

鹿児島 2022.01.15 17:47

指宿市 新春の伝統行事「ダセチッ」

 新婚の夫婦が子宝に恵まれるよう願う伝統行事、「ダセチッ」が指宿市で行われた。  指宿市山川の利永地区に伝わる「ダセチッ」。新婚夫婦が子宝に恵まれるよう願う、新春の伝統行事。  子供たちが新婚夫婦の家を訪れ、ダセボーと呼ばれる木の棒で地面をつきながら歌を歌った。  新婚夫婦は「たくさんの子どもたちからお祝いしてもらって、これからも夫婦仲良く過程を円満にしていきたい」と話した。  お礼に子供たちは袋いっぱいのお菓子をもらっていた。

鹿児島 2022.01.15 17:46

大学入学共通テストはじまる

 今年で2回目となる大学入学共通テストが、15日から2日間の日程で始まった。  15日から始まった大学入学共通テスト。今年は、県内8つの試験会場で6248人が受験する。試験会場の一つ、鹿児島大学では、試験会場では、座席の間隔があけられ、1科目が終わるごとに10分以上の換気をするなどの新型コロナ対策がとられている。また、体調が悪い人や無症状の濃厚接触者のための別室が設けられているという。初日の15日は地理歴史・公民、国語、外国語、16日は数学と理科の試験が行われる。

鹿児島 2022.01.15 12:00

霧島市でクラスター 会食で男性10人感染

 県は霧島市の施設を借り切って行われた会食で新たなクラスターが確認されたと発表した。  新たなクラスターが確認されたのは霧島市の施設を借り切って行われた会食で、これまでに30代から60代の男性10人の感染が確認されている。換気はしていたものの消毒やマスクの着用をせず、密接な状態で長時間行われていたという。  このクラスター関連を含め14日、県内では鹿児島市で49人、奄美市で41人など140人の感染が確認されている。  また県はオミクロン株の感染について、これまでに感染が確定した46人を含め、県内で329人が、オミクロン株に感染した疑いがあると発表した。

鹿児島 2022.01.14 20:41

専門家「距離あっても感染起こりうる」

 鹿児島市では13日、飲食店で新たなクラスターが確認された。感染した5人は隣り合う別々のグループで直接の接触はなかったが、専門家は「ある程度の距離があっても感染は起こりうる」と警鐘を鳴らした。  鹿児島市の飲食店で起きた新たなクラスター。7人と5人、隣り合う2つのグループで会食が行われ、それぞれのグループから5人が感染した。  原因について鹿児島大学大学院の西順一郎教授は「ある程度の距離で空気を吸い込んで感染する、空気感染と考えていい」と分析した。  グループの距離が離れていても、空気の流れなどでウイルスを吸い込み感染することがあるという。  西教授は「ある程度の距離に他の知らない人がいて、その中に陽性者がいればどこでも感染は起こり得る。感染リスクはあるという前提で行動していただきたい」と警鐘を鳴らした。  第6波が叫ばれる中、私たちが心掛けるべきことについて「鹿児島県でもこれから本土を中心に感染者が増加傾向にいくのでは。マスク、密集を避ける、換気、この3つが大事というのは変わらない」と、これまで通りの感染対策を徹底してほしいとしている。

鹿児島 2022.01.14 20:01

鹿児島市母子殺害事件 夫(33)を逮捕

 今月1日、鹿児島市で女性と娘の2人が死亡しているのが見つかった事件で、警察は14日、女性の夫を殺人の疑いで逮捕した。  殺人の疑いで逮捕されたのは、女性の夫で鹿児島市吉野町の理学療法士、古市章人容疑者(33)。警察によると古市容疑者は今月1日、自宅で妻の真穂さん(28)と娘の明里ちゃん(生後11か月)の首を刃物のようなもので刺し殺害した疑いが持たれている。  2人の死因は首の刺し傷による失血死だった。  警察によると、古市容疑者は、水を張った浴槽で首や胸、腹から血を流した状態で発見された際2人の殺害をほのめかしていたという。その後、入院し治療を受けていたが、ケガが回復し退院したことから警察は14日逮捕した。  古市容疑者は「妻と娘の首を包丁で刺して殺したことに間違いない」と容疑を認めているという。自宅の中からは複数の包丁が見つかっていてそのいずれかを使って犯行に及んだとみられている。  警察は古市容疑者が無理心中を図った可能性があるとみて、詳しい動機などについて捜査を続けている。

鹿児島 2022.01.14 20:00

15日から大学入学共通テスト

 15日から大学入学共通テストが始まる。鹿児島大学では試験会場の準備が行われた。  15日から行われる大学入学共通テスト。今年は県内8つの試験会場で6248人が受験する。  鹿児島大学では職員が試験会場の準備に追われていた。感染対策として入り口には消毒液が置かれ、座席の間隔は1メートルほど。1科目が終わるごとに10分以上の換気をするという。また、体調が悪い人や無症状の濃厚接触者のための別室を設けるという。  会場の外には、下見に来た受験生の姿が。受験生は「すごく緊張しているが今までやってきたことを実力が出せるように頑張りたい」「最後の授業で先生方が励ましの言葉を下さったのでそれを糧に緊張しながらも自分の力を最後まで出し切りたい」などと話した。  大学入学共通テストは2日間で行われ、15日は地理歴史・公民、国語、外国語、16日は理科と数学の試験が行われる。

鹿児島 2022.01.14 19:59

共通テスト 鹿児島市の予備校で出陣式

 15日から始まる共通テストを前に鹿児島市の予備校では14日、出陣式が行われた。以前は全ての受験生が1つの教室に集まっていたが、昨年から感染対策としてクラスごとに実施。  講師は受験生に「勉強をやっていなかったら全然不安になりません。不安になるということは、それだけやっている。楽しめとは言わないが、思い切りやってください」とエールを送った。  受験生は「つらいけどこの1年間が人生のターニングポイントになればいいと思って頑張ってきた」、「自分を信じて頑張りたい」と意気込んだ。  出陣式の後、用意されたのは“勝カレー”。戦友と共に英気を養った。カレーを食べた受験生は「勝カレーを食べて受験に勝つ!」と一言。勉強も体調管理も頑張った受験生。いよいよ15日、本番を迎える。

鹿児島 2022.01.14 19:58

共通テスト“救済措置”各大学の対応は

 大学入学共通テストを巡っては、文部科学省が今週に入り新型コロナウイルスの影響で受けられなかった受験生に対し“救済策”を打ち出した。異例の要請に県内の大学の対応は。  大学入学共通テストが控える中、再び感染が拡大している新型コロナウイルス。文部科学省は、新型コロナの影響で本試験と追試験のどちらも受けられなかった場合、それぞれの大学が行う個別入試で合否を判定するよう大学に求めた。  さらに、それでも受験できない場合は面接や小論文などで再度の追試の機会を設けるよう要請している。  テストが控える受験生は「どの基準で合否が決まるのかが分からないのでどうなのかなと思う」「もし私がコロナにかかってしまったら措置がないと大学に行くことが出来ないので、はたから見たら不平等と思うかもしれないが、しなきゃいけない措置なのかなと思う」と複雑な思いを口にした。  異例の要請に対応に追われる大学側。鹿児島大学は、対応を「検討中」としている。鹿屋体育大学も「検討中」としていて「共通テストを終えてから本格的に検討する」という。

鹿児島 2022.01.14 19:57

馬毛島 岸防衛相「丁寧に説明してきた」

 アメリカ軍の訓練移転の整備地に種子島沖の馬毛島が決定したと報告した防衛省に対し、塩田知事や西之表市の八板市長が「丁寧な説明がない」と不快感を示したことについて、岸防衛大臣は14日、「これまでも丁寧に説明してきた」との見解を示した。  防衛省は12日に西之表市の八板市長を、13日は塩田知事の元を訪れ、馬毛島がアメリカ軍の訓練移転の「候補地」から「整備地」になったことを伝えた。計画に反対する八板市長は「いつの間にか決まり市民は混乱している」と強く反発。塩田知事も「地元への丁寧な説明がない」と不快感を示した。  これに対し岸防衛大臣は14日、「これまでも丁寧に説明してきた」との見解を示した。岸防衛相は「防衛省としては地元のご理解ご協力を得ることが大変重要と認識している。これまでもひとつひとつ我々は丁寧に説明してきたところ。今後とも丁寧な説明を心掛けたい。地元の理解が広がるよう最大限の努力を行いたい」と述べた。

鹿児島 2022.01.14 19:55

長島の鳥インフル発生農場 鶏の殺処分完了

 長島町の養鶏場で高病原性の疑いのある鳥インフルエンザウイルスが確認された問題で、県は14日未明、約5万1000羽のニワトリの殺処分を終えた。  12日、長島町の養鶏場で複数の死んだニワトリが見つかり、検査の結果高病原性の疑いのあるH5亜型のウイルスが検出された。県は13日朝からこの農場のニワトリ約5万1000羽の殺処分を始め14日午前3時に完了した。農場内の消毒など防疫措置を行っている。また14日午前10時からこの農場と管理者が同じ別の農場で飼育されている約5万7000羽のニワトリの殺処分を始めていて、早ければ15日完了する見通し。  県は、半径3キロ圏内にある2つの農場にニワトリや卵の移動を制限し半径10キロ圏内の23の農場に区域外への持ち出しを禁じている。全ての防疫措置が完了した10日後に3キロ以内の農場で検査を行い陰性が確認されれば3キロから10キロ圏内の農場への制限が解除される。また防疫措置の完了から21日間新たな発生がなければ、全ての制限が解除される見通し。

鹿児島 2022.01.14 12:00

新型コロナ 県内新たに115人が感染

 県内では13日、新たに115人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。また鹿児島市は、会食による新たなクラスターが確認されたと発表した。  新たに感染が確認されたのは、鹿児島市で20人、奄美市で54人など計115人。このうち33人の感染経路がいまのところ分かっていない。  鹿児島市では13日、飲食店での会食によるクラスターが確認された。会食は1月上旬に2つのグループ計12人が参加していて、これまでに20代の女性5人の感染が確認されている。  県内で確認された感染者は累計で1万27人となった。12日時点で260人が医療機関などで療養していて、重症の人はおらず、3人が酸素投与の必要な中等症。  一方、感染が拡大している奄美群島では、12日時点で入院やホテルでの療養を待つ“自宅待機”が504人と医療体制のひっ迫が深刻化している。

鹿児島 2022.01.13 20:15

新型コロナ 鹿児島市で新たなクラスター

 鹿児島市は13日、新型コロナウイルスの新たなクラスターが確認されたと発表した。県内でのクラスターの確認は約3か月ぶり。   鹿児島市は、市内の飲食店での会食で新たなクラスターが確認されたと発表。会食は1月上旬に2つのグループ計12人が参加していて、これまでに20代の女性5人の感染が確認されている。  鹿児島市は、感染が拡大した原因として、参加者の飲食時のマスクの着用が不十分だったとしている。飲食店側の感染対策については調査中という。  鹿児島市は年明けから〝会食″による感染が増えているとして、改めて少人数、短時間のマスク会食の徹底を呼びかけた。  このクラスター関連を含め、県内では新たに115人の感染が確認されている。

鹿児島 2022.01.13 20:14

桜島も初冠雪!厳しい寒さ続く

 このところ厳しい寒さとなっている県内。気象台は13日、桜島が初冠雪したと発表した。  えびの高原は13日午前7時半ごろ、雪で白く染まっていた。  厳しい寒さで、11日から雪に覆われ、解ける間もなく13日朝も雪が舞った。  13日の最低気温は伊佐市大口で氷点下1.1度、霧島市溝辺で氷点下0.5度を観測。  日中の気温も10度に届かないところがほとんどで、寒い1日となった。  14日も風が強く、各地で前日と同じくらいの寒さとなりそうだ。  この先、16日は少し寒さが緩むが、来週は再び厳しい冷え込みになる予想。真冬の寒さが続く。

鹿児島 2022.01.13 20:13

防衛省が知事に整備地決定を報告

 「どうして説明がなかったのか」馬毛島の計画をめぐり塩田知事が防衛省に伝えた。防衛省は県庁を訪れ種子島沖の馬毛島がアメリカ軍の訓練移転の整備地に決定したことを塩田知事に報告した。  県庁を訪れた防衛省の職員。塩田知事に馬毛島がアメリカ軍の訓練移転の候補地から整備地になったことを伝えた。塩田知事は「地元への丁寧な説明をすると防衛省も言っているが今回どうして説明がなかったのか」と質問した。  防衛省は馬毛島の施設整備に必要な経費の来年度予算を閣議決定したことをもって整備地に決定したと説明。「それぞれの段階段階でできる限り説明できるように対応してきていると考えているが今後も地元に緊密に意思疎通を図り1つ1つ説明をしていきたい」と述べた。  知事は環境への影響調査の結果を伝える「準備書」の公表以降に   県の考えを示すとしていてこの考えに変わりはないとしている。  知事は「我々がお願いしていた丁寧な説明をしてもらってない。地元への丁寧な説明はきちんとしかるべき対応をしてほしかった。環境アセスメントの結果いかんでどういう対応するかはアセスの中身次第。計画の見直し含めて色んな考え方がある」と述べた。  防衛省は「知事の言葉はしっかり受け止める。今後もできる限り 地元への説明を行っていきたい」と繰り返すにとどまった。

鹿児島 2022.01.13 20:12

大崎事件 弁護側が”最終意見書”提出

 殺人などの罪で服役した原口アヤ子さん(94)が裁判のやり直し、再審を求めている大崎事件。4度目となる再審請求で弁護側は、鹿児島地裁に対し最終の意見書を提出した。地裁での審理はいよいよ最終局面に入る。  1979年、大崎町で義理の弟を殺害したなどの罪で10年間服役した原口アヤ子さん(94)が裁判のやり直し、再審を求めている大崎事件。4度目の再審請求の審理が続く中、弁護側は今月7日までに鹿児島地裁に最終意見書を提出した。  被害者の死因はタオルによる絞殺ではなく自転車事故による「出血性ショック」だとする弁護側。第3次請求で最高裁は「大量出血は単なる可能性を指摘したに過ぎない」として、弁護側の主張を退けた。  弁護側は今回、救命救急医の澤野誠医師の鑑定書を新たな証拠として提出した。澤野医師はこれまで見つかっていなかった腸の中の出血箇所を発見。被害者の死因を転落事故による容体の悪化で腸の中で大量出血が起きたことだと指摘した。  さらに、転落の際に頚髄を損傷し重篤な状態に陥った被害者を近所の人が軽トラックの荷台に放り込むなどしたため、その時点で死亡したか瀕死の状態に陥った可能性が高いとした。  最終意見書では、こうした新証拠をもとに“原口さんが殺したという事実はあり得ない”と主張している。  大崎事件弁護団の鴨志田祐美事務局長は「一刻も早く決定を書いてほしい。検察官の意見を聞かなくてもこれで十分再審開始は書けるだろうと思っているので早く再審開始を書いてもらうために早く最終意見書を提供する」と話した。  最終意見書の提出期限は今月28日で、検察側もこの日までに提出する見通し。弁護側は期限の日に、裁判所に対し改めて主張することにしている。  4度目の再審請求の審理が大詰めを迎えている。94歳の原口さんには時間がない。一刻も早い判断が求められる。

鹿児島 2022.01.13 20:11

長島町で鳥インフル 養鶏場で殺処分進む

 長島町の養鶏場の死んだニワトリから遺伝子検査の結果、高病原性の疑いがある鳥インフルエンザウイルスが確認され、県は13日から、ニワトリの殺処分を行っている。  鳥インフルエンザウイルスが確認されたのは、長島町浦底の養鶏場。この養鶏場では、12日、複数の死んだニワトリが見つかっていて、遺伝子検査の結果、高病原性の疑いがあるH5亜型のウイルスが確認された。高病原性であるかどうかは、今後、国の検査で判明する。  これを受け県は13日の朝から飼育されているニワトリ約5万4000羽の殺処分を進めている。この養鶏場と管理者が同じ別の養鶏場でも、約5万7000羽のニワトリの殺処分を行うという。鳥インフルエンザの発生を受け、長島町の川添町長は「安心安全な町を守るために、いち早く殺処分できることを願っている」と話した。  また県は、半径3キロ圏内にある2つの農場にはニワトリや卵の出荷を禁止し、半径10キロ圏内の23の養鶏場に対しては、区域の外にニワトリなどの持ち出しを禁止する措置が取られている。  今シーズン、県内の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが確認されるのは、2021年11月に出水市で確認されて以来、3例目。

鹿児島 2022.01.13 20:11

鹿屋市と錦江町で震度3を観測 被害情報なし

 13日午後、鹿屋市と錦江町で最大震度3を観測する地震があった。被害の情報は入っていない。  13日午後3時26分ごろ、大隅半島東方沖を震源とする地震があった。  震源の深さは約30キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.7と推定される。  この地震で、鹿屋市と錦江町で震度3。  鹿児島市や垂水市、志布志市などで震度2を観測した。  これまでのところ、被害の報告は入っていない。

鹿児島 2022.01.13 20:10

売り切れ御免!話題のあったかグッズ!

 寒い日に頼りになる話題のあったかグッズ。今年の売れ筋を鹿児島ロフトの津曲彩子さんに聞くと「おうちで過ごされる時間が多いので、おうちで使えるあったかグッズが売れている」と話した。  鹿児島ロフトおすすめの「おうちあったかグッズ」。一つ目は着ることができる毛布。肌触りも優しく丈も長いので、足先まで温められる。寒い日のおうち時間にぴったりの商品だ。布団からなかなか出られない寒い日の朝、「着る毛布」があればスムーズに起き上がれること間違いなし!  他にも…電子レンジで35秒!ビーズを取り付けるだけで、首と肩をじんわりと温めてくれるネックウォーマーは種類も豊富!  またヒーターとして足元を温めるだけでなく、ふとん乾燥機として使える商品も。冬はあったか、夏はからっと1年中大活躍してくれると人気!  年が明けてからあったかグッズの売れ行きが好調で、店頭に出ているものがなくなり次第、終了だという。津曲さんは「鹿児島もかなり寒い日が続いているので、ロフトのウォーマーグッズで、家の中でぬくぬく暖かく過ごしていただけたらなと思う」と話した。

鹿児島 2022.01.13 20:09

活躍を再び!「大谷翔平 二刀流の軌跡」

 去年、メジャーリーグのMVPに選ばれたエンゼルスの大谷翔平選手。その歴史的なシーズンを振り返る写真展が鹿児島市で始まった。  鹿児島市のマルヤガーデンズで13日から始まった写真展「大谷翔平二刀流の軌跡」。投手として9勝、打者としてホームラン46本、100打点を記録した大谷選手の写真、約50枚が展示されている。会場には一枚一枚丁寧に写真に収めるファンの姿も。毎試合欠かさず見ていたという男性。お気に入りの一枚は、大谷選手の見事なスライディングでサヨナラ勝ちを収めた時の一枚だ。  写真展は今月31日まで。展示されているパネルは、写真展終了後、来場者に抽選でプレゼントされるという。

鹿児島 2022.01.13 20:06

全国制覇 神村学園女子サッカー部がKYT訪問

 神村学園の女子サッカー部が全国優勝を報告するためKYTを訪れた。  KYTを訪れたのは神村学園高等部女子サッカー部の寺師監督や選手など6人。16大会ぶりに制した全日本高校女子選手権。決勝では兵庫の日ノ本学園に3対0と快勝した。去年8月の全国高校総体に続く夏と冬2冠の達成は神村学園としても初めての快挙だ。  卒業後、INAC神戸に入団する愛川陽菜主将は「誰もが目指す場所で自分たちが優勝を勝ち取れたのは嬉しい。(後輩には)自分達らしく気負わず優勝を狙って欲しいです。」と喜びを語った。  2年連続の夏冬2冠へ。新たな夢が後輩に託された。

鹿児島 2022.01.13 20:05

枕崎市立病院が外来休診に 職員1人が新型コロナ感染

 枕崎市立病院は、職員1人が新型コロナウイルスに感染したとして、13日から外来診療を休診としている。  感染が確認されたのは枕崎市立病院に勤務する職員1人。  これを受け病院は、13日朝から全職員約80人と、接触があった入院患者約20人にPCR検査を行っていて、結果が判明するまでの間、外来診療を休診するという。  全員が陰性だった場合、早ければ14日から外来診療が再開される見通し。  感染した職員は、外来の患者との接触はないという。

鹿児島 2022.01.13 12:23

長島町の養鶏場で鳥インフルエンザ 殺処分はじまる

 長島町の養鶏場の死んだニワトリから、遺伝子検査の結果、高病原性が疑われる鳥インフルエンザウイルスが確認され、県は13日朝から、ニワトリの殺処分を行っている。  高病原性疑いの鳥インフルエンザウイルスが確認された長島町の養鶏場では、12日、複数の死んだニワトリが見つかっていて、遺伝子検査の結果高病原性の疑いがあるH5亜型のウイルスが確認された。高病原性であるかどうかは、今後、国の検査で確定する。  これを受け県は13日朝から飼育されているニワトリ約5万4000羽の殺処分を進めている。この養鶏場と管理者が同じ別の養鶏場でも、今後、約5万7000羽のニワトリの殺処分を行う予定。  また県は半径3キロ圏内にある2つの農場にニワトリや卵の移動制限をかけ、半径10キロ以内にある23の養鶏場に対し、搬出制限をかける措置がとられている。  今シーズン、県内の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが確認されたのは、去年11月に出水市で確認されて以来、3例目。

鹿児島 2022.01.13 12:22

感染者急増の奄美…療養施設のホテルはいま

 感染が急拡大する奄美大島。奄美市内の観光ホテルは療養施設として協力している。応援のスタッフまで入り懸命に対応を続けるホテルが、取材に応じてくれた。  かつて天皇皇后両陛下が宿泊されたこともある奄美の観光を象徴するホテル、奄美サンプラザホテル。現在、療養施設として協力している。全63室のうちおよそ9割が埋まった。オミクロン株による感染が急拡大したとみられる奄美大島。療養する人は無症状か軽症。ホテルのスタッフは食事の提供やゴミの回収などを行っているという。1日も早く収束することを願いながら懸命に対応している。(動画でご覧ください)

鹿児島 2022.01.13 10:56

新型コロナ 県内新たに113人が感染

 県内では12日、新たに113人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。  新たに感染が確認されたのは、鹿児島市で20人、奄美市で56人など計113人。  このうち30人の感染経路が分かっていない。県内で確認された感染者は累計で9912人となった。  11日時点で232人が医療機関などで療養していて、重症の人はおらず、2人が酸素投与の必要な中等症。  県内では年明けから感染者が急激に増えている。感染者が100人を超えるのは2日ぶり。

鹿児島 2022.01.12 21:00

長島町の養鶏場で高病原性鳥インフル疑い

 鹿児島県は、長島町の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと明らかにした。  高病原性鳥インフルエンザの疑いがある事例が発生したのは、長島町浦底の養鶏場。  県によると、12日午前9時ごろ、この養鶏場から通常の約3倍のニワトリが死んでいると北薩家畜保健衛生所に報告があった。保健衛生所が養鶏場に立ち入り13羽のニワトリに簡易検査を行ったところ、12羽からA型の鳥インフルエンザウイルスの陽性が確認された。高病原性かどうかは現在、PCR検査を行っていて、結果は13日判明する。  県は緊急的な措置として、結果が判明するまでこの農場からのニワトリや物品の持ち出しを禁止し、周辺の農場の状況の確認と移動自粛の要請をしている。

鹿児島 2022.01.12 19:47

馬毛島訓練移転”正式に整備地に”防衛省が市に説明

 種子島沖の馬毛島を巡る問題で、防衛省が12日、西之表市を訪れ、先週行われた外務・防衛閣僚協議の中で、正式にアメリカ軍の訓練移転の「整備地」と確認されたと八板市長に伝えた。移転に反対の立場をとる市長は、不満をあらわにした。  防衛省の職員が12日午後、西之表市役所を訪れた。防衛省の北川高生防衛書記官は「馬毛島は候補地という段階ではなく、FCLP施設として使用することを前提とした自衛隊馬毛島基地の建設場として決定した旨を説明したい」と話した。  これまでアメリカ軍の訓練移転の“候補地”とされていた馬毛島。  7日に行われた日本とアメリカの外務・防衛閣僚協議「2プラス2」で、正式に「整備地」と確認された。  防衛省は、政府が馬毛島の施設整備に必要な経費の来年度予算を閣議決定したことをもって、馬毛島を整備地に決定したと八板市長に報告した。  計画に反対する八板市長は「きょう初めて聞いた。唐突に感じている」と不満をあらわにした。  八板市長は「納得いかない。ちゃんとした説明をしないで、分からないまま、いつのまにか決まっていた。あの時決まっていたと言われても市民は混乱している。私もどう受け止めていいか…」と話した。  北川防衛書記官は「地元にはあらゆる機会に様々な形で、理解してもらえるようにやっていきたい」と話し、整備地決定は覆らないのかという問いに対しては「粛々とやっていきたい」と話した。  八板市長は、市民の意見も聞いて、今後の対応を考えるとしている。  防衛省は13日、県に対しても説明を行う予定。  12日の様子について、担当記者からの中継。

鹿児島 2022.01.12 19:46