山口のニュース

周防大島町長選挙・新人が無投票で初当選

任期満了に伴う山口県周防大島町長選挙が20日告示された。立候補を届け出たのは町議会議員を辞職して出馬した藤本浄孝さんだけで先ほど無投票で初当選を果たした。
藤本さんは京都府京田辺市出身の46歳。2009年に父親の出身地周防大島に移住。2016年からは町議会議員をつとめ今回、椎木巧町長の引退を受け町長選挙に立候補した。藤本さんは「これからが課題がたくさんでしっかりと立ち向かっていかないといけないと思う。思いを新たにしている。両親とも3世代で同居しているので3世代の生活を充実させることそれが周防大島の人口減少の抑制につながると思う」と抱負を述べた。新しい町長の任期は来月14日から4年だ。

山口2020.10.20 18:10

下関・フグのモニュメントにマスク

新型コロナウイルスの終息が見えない中、山口県下関市に設置されているフグのモニュメントにマスクがつけられていると話題になっている。いつ、だれがつけたかは分からない。
JR下関駅前の交差点の一角に設置されているフグのモニュメント。ここには、12匹から13匹のフグが一つになったモニュメントが3つあるが、すべてのフグにマスクがつけられている。一体、だれが、いつつけたのか?モニュメントを管理する市の観光施設課は、事前に許可を求められておらず、20日まで、マスクがつけられている事に気づかなかったと話している。モニュメントのフグはかなり「密」の状態で、7月頃には、マスクがつけられていたと話す人もいたが結局、誰がいつつけたかは、謎のままだ。また、モニュメントは、バスがターミナルに出入りする交差点にあり、マスクがつけられている事に気づいていない市民も多くいた。市観光施設課では、「当面は、このまま様子を見るもののいずれはマスクを撤去せざるを得ないだろう」と話している。

山口2020.10.20 17:54

萩・中学校の給食にマツタケご飯

山口県萩市のむつみ中学校では、授業でマツタケ狩りが行われることで知られている。近年まれに見る大豊作となったマツタケを、生徒たちは20日給食で味わった。萩市立むつみ中学校に、給食センターから、マツタケ料理が届いた。
むつみ中では毎年、授業で収穫したマツタケを、味わうことにしている。20日の給食の主役はマツタケご飯。新型コロナウイルス対策として、生徒たちは向かい合わせとならないように横並びとなり、食事中の会話は禁止となった。言葉はなくともこの食べっぷりとこの表情で、その味わいのほどが伝わる。ちなみにこの部屋全体に、マツタケ独特の香りが満ちていた。マツタケ狩りは今月15日、学校が整備している山で、自然の恵みについて学ぼうと行われ た。このところ、不作が続いていた山の様子は、ことしは、違った。次から次に、マツタケが見つかった。地元の人たちも、近年まれに見る豊作の年だと驚くほどのマツタケ。収穫は74本、5キロという大豊作だった。生徒たちが収穫したマツタケは、周辺の学校へも給食として振る舞われることになっている。むつみ中学校では、マツタケを取ることが出来る山の環境について学ぶ授業が、四季折々に開かれている。

山口2020.10.20 17:06

外務政務官が愛宕山の運動施設を視察

外務省の鈴木隼人政務官が20日山口県岩国市を訪れ、愛宕山の運動施設を視察した。
鈴木隼人外務大臣政務官は午前に岩国基地を視察したあと、午後には愛宕山を訪れ、岩国市の福田市長が案内した。野球場「絆スタジアム」や陸上競技場などがある愛宕スポーツコンプレックスは、アメリカ軍岩国基地への空母艦載機移転に伴い国が整備した。日米の共同使用施設となっていて、2017年のオープンから昨年度までに24万人以上が利用している。鈴木隼人政務官は、「どのような努力のもとで日米の良好な関係が築かれているのかを勉強するために来た。米軍、自衛隊、地域のみなさん、しっかりと信頼関係が
出来上がっていると感じた」と話していた。

山口2020.10.20 16:57

「幸せます こしひかり」奉納儀式

山口県防府市の地域ブランド「幸せます」に登録されている「幸せます こしひかり」。出荷を前に防府天満宮で19日奉納式が行われた。
防府市の地域ブランド「幸せます」に登録されている「幸せます こしひかり」は「幸せ」が「増す」ようにと願いを込め、丸久グループと山口農協直販が2015年に共同で開発した。19日防府天満宮で行われた奉納式でも参列者がお米を食べた人の幸せが増すよう祈願した。ことしは稲の害虫トビイロウンカの被害で収穫量に影響が出たが、味は、例年通り、ほんのり甘く仕上がったという。奉納式にあわせ、玄米約36トンのおはらいもされた。「幸せます こしひかり」は今月24日から丸久グループの各店舗で販売される。

山口2020.10.20 13:57

マスクホルダーを岩国市に寄贈

 新型コロナウイルスの感染拡大防止と観光振興の両方に役立ててもらおうと、岩国市の観光大使を務めるイヌなどが印刷されたマスクホルダーが市に贈られた。

 岩国市にマスクホルダー10万枚を贈ったのは、地元の印刷会社・フジ美術印刷だ。マスクホルダーには、岩国市の観光プロモーション動画にアクセスできるQRコードや錦帯橋に加えて、ことし市の観光大使に委嘱されたタレント犬・ジェームスJr.くんが抗菌インクを使ってプリントされている。話を耳にしたジェームスJr.くんも京都府から駆けつけ、福田市長らに元気な姿を見せてい た。マスクホルダーは岩国市内のホテルや飲食店に設置されるほか、市の観光PRグッズとしても使われる。

山口2020.10.19 19:59

YMGUTS 日本選手権出場へ

 山口銀行の行員らで作るハンドボールチームYMGUTSが18日、中国地区大会決勝に臨み、初の日本選手権への出場を決めた。

 チームの発足から3年。昨シーズンまではクラブチーム日本一を目指していたYMGUTS。今年はよりレベルの高い日本選手権出場を狙う。
 中国地区大会決勝の相手は岡山県の環太平洋大学だ。今シーズン初の公式戦とあって堅さも見られ、立ち上がりリードを許すが、2-4から連続4得点で逆転すると、徐々にリードを広げていき11-6で試合を折り返す。
 この試合は元日本代表で、今年YMGUTSの監督に就任した東佑三監督の初陣でもある。監督就任後に重点的に強化したのが走力と体幹。その結果、コンタクトプレーで当たり負けすることもなく、特にディフェンスでその成果が現れた。ハンドボールではロースコアといえる13失点に押さえ勝利。初の日本選手権出場の切符を手にした。
 YMGUTSが出場するハンドボール日本選手権は、12月23日から石川県で開催される。

山口2020.10.19 19:57

宇部市長選挙 立候補への動き相次ぐ

 宇部市の久保田市長の辞任に伴う市長選挙について、出馬への動きが活発になっている。県議会議員と宇部市の幹部が出馬の意向を固めたほか、別の県議会議員も出馬への意向を示している。

 市長選挙には自民党の県議会議員・二木健治さんが出馬の意向を示している。二木さんは「市議会と執行部の歯車がかみ合っておらず心配している。期待の声もあり出馬する意向を固めた。」と話している。
 また、同じ宇部選挙区で自民党の県議会議員・篠﨑圭二さんも出馬の意向を固めたことが19日わかった。篠﨑さんは「市民からいろいろな話を聞かせてもらっている。宇部市のために何ができるかを第一に考え、市民のためにがんばりたい。」と話している。
 宇部市政策広報室長の望月知子さんもこの週末に出馬の意向を固めたという。望月さんは防府市出身。厚生労働省に入り、2016年から2年間宇部市に出向した後、去年4月に正式に宇部市役所の職員となった。「宇部市の将来と地方創生についてしっかり働きたい。」とコメントしている。
 この他、共産党市議団は19日夜、社民党など野党代表らと会合を開き、野党共闘で候補擁立を目指したいとしている。
 久保田市長の辞職に伴う市長選挙は11月15日告示、22日に投票即日開票される。立候補予定者説明会は10月31日に行われる。

山口2020.10.19 19:56

踏切事故で親子が死亡

18日午後、山口県光市のJR山陽線で親子2人が貨物列車にはねられ死亡した。
光警察署によると18日午後3時半ごろ光市島田のJR山陽線の踏切で女性2人が上りの貨物列車にはねられた。この事故で光市島田に住む森千恵美さん59歳と森千賀子さん83歳の親子が死亡した。JRによると「線路内に人影を確認し運転士がブレーキをかけたものの間に合わなかった」という。踏切に遮断機はなく警察では踏切を渡る途中の事故とみて貨物列車の運転士から話を聞くなど詳しく原因を調べている。また、この事故の影響でJR山陽線は柳井駅と下松駅間で上下線ともに一時運転を見合わせた。

山口2020.10.19 11:43

コンビニエンスストアで強盗未遂事件

19日朝、山口県山陽小野田市のコンビニエンスストアで男が店員に、包丁のようなものを突きつけたが、店員に問いただされたため何も取らずに逃げた。警察では強盗未遂事件として捜査し、男の行方を追っている。
19日午前6時30分頃、山陽小野田市埴生のセブンイレブン山陽町江尻店で店の入り口付近にいた男性の店員に、男が包丁のようなものを突きつけたという。男は、何も言わなかったため、店員が問い質すと徒歩で逃げたという。事件当時、店には店員あわせて2人がいたがけがはなかった。警察によると男は、50代から60代くらい、身長165㎝ほどで、青っぽい上着に黒っぽいズボンを履きサングラスをかけていたという。警察で強盗未遂事件として逃げた男の行方を追うとともに、周囲のパトロールを強化するなど警戒を強めている。

山口2020.10.19 11:42

川崎観音 12年に一度のご開帳

 17日、山口県周南市の川崎観音で12年に一度の観音像のご開帳が行われた。

 周南市の川崎観音の本尊・十一面観世音菩薩は、普段は厨子に納められているが12年に一度、一般に公開される。十一面観世音菩薩は、平家の武将・平景清が肌身離さず持っていた護身仏と言われている。毎回4月に行われているご開帳だが、ことしは新型コロナウイルスの影響で延期された。また、本堂内での参拝が中止されたため、訪れた人は6センチほどの小さな本尊を目をこらして見てい た。次のご開帳は2032年の4月を予定している。

山口2020.10.18 14:25

宇部市長選挙・来月22日投開票

山口県宇部市の久保田市長の辞任に伴う市長選挙が来月15日告示22日投開票の日程で行われることが決まった。
宇部市の久保田市長は15日、病気などの治療に専念するするため任期途中での辞任を表明し市議会議長宛に今月22日付の辞職願を提出した。議長から通知を受けた市選挙管理委員会は16日会議を開き来月15日告示、22日投開票の日程で行われることになった。先月1日現在の宇部市の有権者数は13万8063人。

山口2020.10.17 15:57

地元の新米をお腹いっぱい食べよう

地元の新米をお腹いっぱい味わうイベントが山口県山口市で開かれ た。
山口市で開かれた「KOMEZUKI祭」はJAや商工会議所などでつくる実行委員会が開いたもので来年、県央の7つの市町で開催する山口ゆめ回廊博覧会のプレイベントとして初めて開かれ た。(こめずきさい)用意されたのは山口市の米どころ、阿東と徳地の新米で、なんと200円で食べ放題だ。市内13の飲食店などが出店しご飯に合うおかずも用意され訪れた人は電子マネーで購入することができる。会場ではパエリアなど海外の米料理も振舞われた。KOMEZUKI祭は18日も開かれるが新型コロナ対策として時間帯を3つに分けて1日1000人の入場制限を行って開催されている。前売り券での入場以外に当日入場も可能だが各時間帯、先着50人となっている。

山口2020.10.17 15:55

「鬼滅の刃」戻る

山口県山口市の温浴施設で人気マンガ「鬼滅の刃」が持ち去られた問題で新たな展開だ。持ち去られたマンガ20冊すべてが今月13日に返却されていたことがわかった。
山口市湯田温泉の「おんせんの森」では先月25日、リラックスルームにあった人気漫画「鬼滅の刃」の単行本20冊が持ち去られ、公式ツイッターで「コソっと元に戻して」と呼びかけたところ、全国からマンガが寄付されるなど大きな反響を呼んでいた。梅林威男取締役は、「10月13日に段ボールが送られてきた」と話している。箱の中にはおんせんの森のゴム印が押された20冊の鬼滅の刃と1枚の手紙が入っていた。手紙には「大ごとになり怖くて返せなくなった」などと書かれていた。また、荷物が届く前日には送り主とみられる人物から電話があり、「申し訳ないことをした」と涙声で謝罪もあったという。梅林威男取締役は、「ここまで私も大きな事になるということは想定していなくて、かなりツイッターでも私たちもそうだがご本人様への批判が非常に拡散され、ストレスを感じていたと思う。私たちとしては改心の言葉が聞けたこと、現物が戻ってきたこと、これで一件落着かなと思っているので、これ以上の追及はしなくていいのかなと感じている」と話している。おんせんの森には全国から励ましの手紙やイラストなどとともに15日までに213冊の「鬼滅の刃」が寄せられている。

山口2020.10.16 18:09

国重要文化財指定へ六連島灯台・角島灯台

明治初期に作られた山口県下関市の六連島灯台と角島灯台が国の重要文化財に指定される見通しとなった。今も稼働する現役の灯台が国の重要文化財に指定されるのは、初めて。
下関市の離島・六連島の「六連島灯台」は、交通の要衝・関門海峡の入り口に設置されている。1871年・明治4年に建てられたもので、高さは、約10メートル、石造及び金属製の建物。建設にあたっては、「日本の灯台の父」と称されるイギリス人のリチャード・ヘンリー・ブラントンが指導・監督を行っていて完成後、明治天皇が視察にも訪れている。現在は、LED灯器が使われているが瀬戸内海の近代航路標識整備の礎をなすものとして我が国の近代海上交通史上価値が高いと評価されている。また、旧日時計や旧俎礁標(金ノ弦岬灯台)も対象となっている。橋の開通からまもなく20年となる角島。島の端に建つのが「角島灯台」だ。初点灯は、明治9年・1876年。高さが、約30メートルあり、日本海を望む眺めの良さから人気の観光スポットともなっている。また、この灯台の特徴は、第一等と呼ばれる大きなレンズ。高さが約2m60cmあるレンズは、建設当時のものだ。角島灯台は、日本海側で初めてとなる洋式灯台で明治前期の石造灯台の建設技術の高さを示すものとして重要と評価されている。併せて、現在、記念館となっている旧官舎や旧倉庫も指定された。今も稼働する現役の灯台が国の重要文化財に指定されるのは、初めて。

山口2020.10.16 18:09

平田投手の初勝利を祝う横断幕

地元は盛り上がっている。プロ野球・DeNAの平田真吾投手の初勝利を祝う横断幕が出身地の山口県下関市豊田町に設置された。
横断幕は、DeNAに所属する平田真吾投手の後援会が制作したもので縦90cm、横2.7mで、「祝!!平田真吾投手、初勝利」と書かれている。15日は、後援会のメンバーが、平田投手の地元・市内豊田町の道の駅蛍街道西ノ市に横断幕を掲げた。平田投手は、今月7日の巨人戦にプロ2度目となる先発で出場し、7つの三振を奪うなど好投してプロ7年目、通算130試合目で嬉しい初勝利をあげた。地元・豊田町は、この初勝利に大いに沸いていて、道の駅では、急遽、平田投手を応援するイベントを行う事になった。イベントは、18日から行い、対戦球団をあてた人の中から抽選で3人に、道の駅で使える3000円分の商品券をプレゼントするという事だ。

山口2020.10.16 17:54

つるよ来い来い集会

山口県周南市でナベヅルの飛来を願う伝統行事が行われた。
本州唯一のナベヅルの越冬地周南市の八代盆地にある八代小学校で「つるよ来い来い集会」が行われた。児童全員で合唱した歌「八代の里の物語」はツルが八代で過ごす情景やツルへの思いが込められている。飛来数が年々減少傾向にある八代のツルだが、昨シーズンは15年ぶりに13羽が飛来し、放鳥したツルを合わせると18羽が八代で冬を越した。子供たちは飛来してくる西の空に向かって「つるよ来い。早く来い。たくさん来い」と呼びかけた。また15日は飛来してくる水田に、ツルを呼び寄せる模型デコイの設置も行われた。ナベヅルは例年、10月下旬に第一陣が八代盆地に飛来している。

山口2020.10.16 17:17

子ども・子育て応援コンソーシアム

行政や企業、子育て支援団体などが連携する共同事業体「子ども・子育て応援コンソーシアム」が設立された。
山口県の村岡知事は、「企業と子育て支援団体の参画により「やまぐち子ども子育て応援コンソーシアム」を設立し、子どもと子育てにやさしい社会づくりを一層推進していく」と述べた。14日は村岡知事が設立宣言を行い早速、メンバーによる全体会合が行われた。「やまぐち子ども・子育て応援コンソーシアム」には県をはじめ企業10社や5つの子育て支援グループが参画した。会議では企業側が従業員への子育て支援の事例を紹介し子育て支援グループ側はそれぞれの活動内容を伝えるなど情報交換を行った。今後は地域別の意見交換会などを開き具体的に連携できるものや優れた事例の情報発信などを行う方針。

山口2020.10.16 15:17

中学生がマツタケ狩り

山口県萩市の中学校で恒例の「マツタケ狩り」の授業が行われた。ことしは近年にないほどの大豊作となった。
授業でマツタケ狩りを行ったのは、萩市のむつみ中学校の生徒、24人だ。学校が整備している山で、自然の恵みについて学ぼうと行われた。このところ、不作が続いていた山の様子は、ことしは、違った。次から次に、マツタケが見つかった。地元の人たちも、近年まれに見る豊作の年だと驚くほどのマツタケ。群落となっている場所もあった。生徒会長の中小路優杏さんは「むつみの自然っていいなと、本当に自然が豊かで、むつみ中学校に、マツタケの学校林があるのは、嬉しいし、素晴らしいこと」と話していた。15日の収穫は、74本、5キロ。学校給食で、味わうことになっている。

山口2020.10.15 18:39

久保田宇部市長が辞任を表明

体調不良により1週間自宅で公務を行っていた山口県宇部市の久保田市長は、病気などの治療に専念したいとして15日、任期途中で辞任すると表明した。
1週間ぶりに登庁した久保田市長は車椅子に乗り右腕を包帯で固定した状態で会見に臨んだ。久保田后子市長は「市政の停滞が許されない時期であることを考え熟慮に熟慮したが職を退く決断をした。任期を残して退くことは大変心苦しく思っている。深くお詫び申し上げる」と述べた。辞任の理由として8月後半ごろから風邪などによる体調不良が続き今月に入り右腕の上腕部を骨折、治療が長期にわたることなどから市長職との両立は難しいと判断したという。また、これから新年度予算編成や市制施行100周年記念事業など重要な時期を迎え市政の停滞が許されない時期となるため辞任を決断したという。久保田市長は体調を崩して先月16日から4日間検査入院して公務に復帰。その後、今月8日から体調を整えるため登庁せずに自宅などで公務にあたっていた。現在3期目で来年7月までの任期を残し辞任を表明した久保田市長。後継については自ら指名することはないとしたものの、行政運営が難しい時代だとして、「優れた行政手腕がある人に新しいリーダーになって欲しい」と話した。久保田市長は15日朝、市議会議長宛に今月22日付の辞職願を提出。議長は16日から5日以内に市選挙管理委員会に市長の辞職を通知し、その翌日から50日以内に市長選挙が行われる。今後、市役所に登庁することはない予定で、職員に見送られ11年間、市長を務めた市役所を後にした。

山口2020.10.15 18:35

ゲンジボタルの幼虫を放流

ふるさとの自然を守ろうと、山口県山口市の一の坂川で小学生がゲンジボタルの幼虫を放流した。
ゲンジボタルの幼虫を放流したのは山口市の大殿小学校の3年生と4年生、約200人。一の坂川は古くからゲンジボタルが生息していて、85年前には国の天然記念物にも指定されている。その後は川の護岸を整備したり、幼虫の放流を行うなど地元の人たちが保護活動を続けている。ことしは新型コロナウイルスの影響で5月のほたる祭りは中止となり、児童たちの保護活動も縮小されたが、代わりに大人たちが半年前に捕獲した100匹の成虫を採卵・ふ化させ、1万3000匹もの幼虫を育てた。放流された幼虫は来年5月ごろに成虫となり、6月上旬に一の坂川周辺で舞う姿が見られるという。

山口2020.10.15 17:12

風力発電の住民説明会

山口県の阿武町内に計画されている風力発電事業の住民説明会が阿武町で14日から始まった。
阿武町で計画されているのは、茨城県の日立サステナブルエナジーによる仮称・阿武風力発電事業だ。14日の住民説明会では、事業者側から、阿武町の山間部に最大で13基の風力発電機を設置する予定で出力は最大で5万4600キロワットなどと説明があった。また風力発電機は、住宅から600メートル以上、小学校や病院などの公共施設からは、1キロメートル以上離れて、設置する予定としている。これに対し住民側からは、健康や周辺の自然環境へ影響があるのではないかといった意見がだされ、計画の撤回を求める声も上がっていた。事業者側は、「しっかり調査をした上で、影響がないよう設置したい」として計画への理解を求めた。この住民説明会は、阿武町や萩市で17日まで開かれる。

山口2020.10.15 17:00

放火の罪に問われた男に懲役2年6か月の実刑判決

ことし2月、山口県宇部市の空き家を全焼させたとして放火の罪に問われていた建設作業員の男に対し、山口地方裁判所は15日懲役2年6か月の実刑判決を言い渡した。
実刑判決を受けたのは宇部市の建設作業員・三好馨被告32歳。判決内容などによると三好被告は、ことし2月17日宇部市東岐波の空き家で雑誌にライターで火をつけ、空き家を全焼させた。これまでの公判で三好被告は、同じ時期に市内の草むらなどへの放火を4件、繰り返したことを認めていた。15日の判決公判で小松本卓裁判長は「ストレスの解消や自分の起こした別の放火事件の捜査を攪乱する目的で空き家へ放火したという動機は身勝手で厳しい責任非難が妥当」とし、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡した。検察側の求刑は懲役4年だった。

山口2020.10.15 15:41

国際交流施設でヒアリング

2022年、山口県岩国市にオープンする予定の国際交流施設について、米軍岩国基地の関係者から意見を聴くヒアリングが14日行われた。
岩国市は、JR岩国駅東口そばに2022年に完成予定の再開発ビルの1階部分を取得し、「仮称・英語交流のまち推進センター」を整備する方針。センターには日本人向けに英語講座などが開かれるスペースのほか、日本での生活についてのよろず相談窓口など外国人のための機能も備えられる予定だ。施設の具体的な機能を決める上で参考にしようと、岩国市は14日基地関係者5人を招いてヒアリングを行った。参加者は「生け花や着物、茶道など日本の文化を学べるワークショップがあれば良い」などと意見を述べていた。基地関係者からは日本語や日本文化の講座の開催や岩国近郊の観光地を紹介してほしいなどといった要望が出された。岩国市は意見をふまえ今月中に基本計画を策定する方針。

山口2020.10.15 13:31

杉田議員に県内女性団体からも抗議文

自民党山口県連に所属している杉田水脈議員の「女性はいくらでもうそをつく」という問題発言に対し、県内の女性団体が発言の撤回を求める抗議文を送った。杉田議員は謝罪のブログを見てほしいとしている。
自民党の杉田水脈議員は14日、山口市内で行われた山口県連の政策聴問会に出席した。杉田議員は性犯罪に関連して、「女性はいくらでも嘘をつく」などと発言したとして問題になり今月1日、自身のブログで謝罪している。これに対し県内の10の女性団体は13日付けで発言の撤回、謝罪を求める抗議文をFAXしたほか、全国では13万人を超える抗議署名が集まっている。会議後、報道陣に対し杉田議員は取材対応はできないとした上で、謝罪のブログを見てほしいと述べた。なお、自民党県連の政策聴問会は16日までの3日間、70を超える団体と意見交換を行い、来年度の予算編成要望に反映する方針。

山口2020.10.14 18:22

新しい製造・物流拠点が完成

スーパーアルクなどを展開する丸久の新しい製造・物流拠点が山口県防府市に完成し14日、竣工式が行われた。
防府市江泊に完成した丸久プロセスセンターは建物の延べ床面積が約1万5000平方メートルで丸久が約71億円をかけ建設した。精肉・水産食品のパック加工や弁当・惣菜の製造。パンや青果の出荷を行う。丸久ではこれまで生鮮食品と弁当・惣菜を扱う拠点が分かれていたが、プロセスセンターの完成を機に2つを統合。生産能力はこれまでの1日10万食から15万食に増強され、丸久グループの88店舗などに供給される。センターには最新の設備が導入されていて食材の入荷から加工、出荷まで一貫して低温での管理が可能となり、より鮮度の高い商品を消費者に届けられるようになるという。丸久プロセスセンターは今月25日から稼働する。

山口2020.10.14 18:20

バイオマスで県内企業も出展

農業分野の大規模商談展が14日から千葉県で始まり、新たなバイオマス事業に取り組む山口県内の企業も出展している。
千葉県の幕張メッセで始まった「国際畜産資材EXPO」は、農業分野では国内最大の商談展。山陽小野田市の長州産業は、主力の太陽光発電事業に加えて、新たに取り組んでいるバイオマス事業についてブースを出展している。このバイオマス事業は、地域で排出される食品廃棄物や家畜の糞尿から微生物の力で飼料や肥料、バイオマス燃料などを生産する装置を開発するもの。バイオマス燃料からは蒸気や電気など再生可能エネルギーを生産することもできるため、長州産業では地域の中でエネルギーが循環するシステム作りを目指したいとしている。長州産業では廃棄物を資源化するシステムを研究・開発している企業とこの事業を進めていて、今年度中には受注を始めたいとしている。

山口2020.10.14 18:19

県スポーツ功労賞・表彰式

山口県のスポーツ振興に功績のあった個人や団体を表彰する県スポーツ功労賞の表彰式が14日行われた。
今年度、県スポーツ功労賞を授与されたのは県合気道連盟の中村克也会長ら個人6人と下関警察柔道スポーツ少年団など8つの団体。このうち県レクリエーション協会の稲村みどり副会長は2000年に副会長に就任し以来、長年にわたって指導者としてスポーツ振興に寄与していた。稲村みどり副会長は、「楽しく運動できるということ、レクリエーションスポーツの良さがそこにあると思う。長年やってこれたのも同じ仲間、思いを同じくしている仲間のおかげだなと思っている」と話していた。また大島郡体育協会は、1947年・昭和22年に始まった大島一周駅伝を継続して開いてきたことなどが評価された。椎木巧会長は、「昭和22年というのはまさに戦後すぐの話。物資が無い中で地下足袋でやったとかいろいろなことが書いてある。それから始まった、その歴史を引き継いだ大島郡の体育協会でもある」と述べた。12月の駅伝は新型コロナウイルスの影響で中止となったが椎木会長は必ず継承していきたいと力強く話していた。

山口2020.10.14 18:18

スイセンの名所に

地域の公園をスイセンの花が咲き誇る名所にしようと14日、山口県山陽小野田市で地元の児童が球根を植え付けた。
山陽小野田市の縄地ヶ鼻公園でスイセンの球根を植え付けたのは高泊小学校の6年生と地元の振興会のメンバーなど約100人。この活動は、縄地ヶ鼻公園をスイセンの花が咲き誇る名所にしようと去年から行われている。児童は地域の人たちに教わりながら約3500個の球根を植え付けていた。縄地ヶ鼻公園には、10年以上前から地元の振興会のメンバーがスイセンの植栽を行っていて現在、約2万5000本が植えられている。計画では5万本を目標にしていて今後、3年かけて約2万本を植えるという。スイセンは来年2月頃から咲き始め3月中旬頃には満開を迎えるという。

山口2020.10.14 17:09

トビイロウンカ被害広がる

稲の害虫「トビイロウンカ」の農業被害は今月4日の時点で山口県内全域で2578ヘクタールの田んぼに広がっている。
トビイロウンカは毎年6月から7月にかけてジェット気流にのって中国大陸から飛来する稲の害虫だ。ことしは県内全域に大きな被害がでていて県農業共済組合のまとめによると今月4日時点で2578ヘクタールの田んぼが被害をうけているという。地域別では下関地域が718ヘクタールと最も多い被害となっていて美祢地域が486ヘクタール、長門地域が295ヘクタール、などとなっている。被害面積はここ10年間で最も多く最悪の状況だ。トビイロウンカのことしの飛来数は例年に比べ120倍となっていて発生量はことし8月下旬の時点で昭和57年1982年以降、最も多くなっている。山口県の作況指数もトビイロウンカの影響を大きく受け先月15日時点で「83」の不良となっている。

山口2020.10.14 15:00

野党など共同で街頭演説会

 次期衆議院選挙で野党統一候補の擁立を目指す市民連合@やまぐちは、県内野党と共同で街頭演説会を開いた。

 10日に宇部市で行われた街頭演説会には山口3区から出馬する意向を示している立憲民主党の坂本史子氏が演説に立った。坂本氏は全国一律の最低賃金実現のほか、持続可能な社会保障制度や福祉政策の充実などについてしっかり取り組んでいきたいと述べた。
 衆議院山口3区には自民党の現職・河村建夫氏がいるが、同じく自民党の林芳正参議院議員のくら替え問題が浮上していて動向が注目されている。
 市民連合@やまぐちは野党共闘に向けた協議を進めていて、県内4つの選挙区で統一候補を擁立し共通の政策作りを目指している。街頭演説会は10日と11日に県内の4選挙区すべてで実施。

山口2020.10.11 13:03

ゆめ花マルシェ2020

 2018年に開催された「山口ゆめ花博」のように公園を活用しようと、山口きらら博記念公園で体験型イベントが10日・11日の2日間開かれた。

 「ゆめ花マルシェ」は2018年の山口ゆめ花博に関わった造園会社などで構成される協議会が主催した。会場ではおよそ1万本の色とりどりの草花が来場者を出迎えた。県内で栽培された花を使ってオリジナルのフラワーアレンジメントコーナーも設けられた。
 このほかにもカヌーの体験や、ボードの上に立って水面を進む「SUP」の体験などもあり、会場には家族連れのにぎやかな声が響いた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、来場者には検温と問診票の提出、さらに接触確認アプリ「COCOA」のインストールを呼びかけた。

山口2020.10.11 12:57

【山口県】新型コロナウイルス新たに1人感染・のべ209人に

山口県は10日、新たに30代の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染が確認されたのはこれで、のべ209人となる。
感染が確認されたのは、岡山県から山口県に仕事で来ている30代の男性会社員で、現在は無症状だという。男性は、9月28日から周南市の工場で定期補修工事に関わっていた。この工場については10月5日に40代の男性の感染が確認されて以降、同じ工場で働いている240人あまりにPCR検査を行っていて、これまでに今回の男性を含めて5人の感染を確認。いずれも同じ休憩室を使っていたという。県では現時点でこれ以上の濃厚接触者などはいないとみている。
山口県内での感染確認は、これでのべ209人となり、10日午後3時現在、10人が入院していて、1人が重症となっている。

山口2020.10.10 18:24

【山口県】下関で高齢男性が車にひかれ死亡

10日午前、下関市の国道で高齢の男性が乗用車にひかれ、死亡した。
事故があったのは、下関市今浦町の国道191号。警察によると10日午前10時過ぎ、市内に住む尾山清一さん94歳が車道にいたところ、歩道から車道に出ようとした乗用車にひかれたという。尾山さんは乗用車の下敷きになり、その後、市内の病院に運ばれたが、約3時間後に死亡が確認された。警察では、乗用車を運転していた60代の男性から話を聞くなどして、詳しい事故の原因を調べている

山口2020.10.10 18:24

F-35B墜落事故「クラスA」に分類

先月アメリカでF-35B戦闘機が墜落した事故について、アメリカ軍は「最も重大」とするクラスAに分類した。
この事故は日本時間の先月30日午前、アメリカで空中給油をしていたF-35B戦闘機がKC-130空中給油機と接触し墜落したもの。防衛省の説明によると、墜落したF-35Bはかつて山口県の岩国基地に配備されていた機体だ。アメリカ軍はこのほど、今回の事故を4段階のうち「最も重大」とされるクラスAに分類した。F-35Bは今月以降16機が岩国基地に追加配備される計画で、7日は、共産党の市議会議員らが追加配備の容認を撤回するよう岩国市に申し入れた。市の村田光洋審議監は、機体の安全性にただちに疑念は生じないとする国の見解などを理由に、市の判断は変わらないと回答している。

山口2020.10.07 18:41

東ソー・新研究棟を公開

山口県周南市の総合化学メーカー東ソーは南陽事業所内の研究部門を集約した、新たな研究棟の説明・見学会を開いた。
東ソー南陽事業所の新たな研究棟はことし3月から稼働している。7日は、説明会が開かれ村岡知事らが出席した。東ソーの山本寿宣社長は、「今回の研究本館建設は新たな成長産業やビジネスの創出を推進することで、山口県の未来を更に切り開く産業維新への挑戦にも貢献できるものと確信している」と述べた。研究棟は地上4階建てで、これまで事業所内で4部門が9つの棟に分散していたものを集約した。コンセプトは「交流型の研究環境」。実験室も大きくして部門を超えた連携強化で業務の効率化を目指し、新機能材料の創出と開発を加速させたい考え。村岡知事は「この新しい研究棟でどんどん研究が進められて山口発で世界の暮らしを変えるような研究が生まれてくると嬉しい」と述べた。東ソーでは、セラミックスの一種で義歯などに使われるジルコニアの研究開発なども行われていて今後も社会課題の解決に貢献していきたいとしている。

山口2020.10.07 17:59

子どもたちが障害者スポーツを体験

山口県下関市の小学校で7日、子どもたちが地域の人たちと障害者スポーツを体験した。
障害者スポーツ「ボッチャ」を体験したのは、下関市の吉母小学校の児童と地域の人たち、約50人。「ボッチャ」とは障害の有無に関わらず子供からお年寄りまで楽しめるスポーツでパラリンピックの正式種目に選ばれている。2チームが目標となる白い球に持ち球をどれだけ近付けられるかを競い合う。吉母小学校では、パラリンピックに合わせこの交流会を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となり、7日ようやく開催された。吉母小学校では今月25日に、地域の人たちと一緒に取り組む合同運動会が行われる。

山口2020.10.07 17:56

新型コロナウイルス新たに2人の感染を確認

山口県は新たに県外から仕事で来た2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認はこれでのべ206人となる。
新たに感染が確認されたのは沖縄県の40代男性会社員と神奈川県の50代男性会社員の2人。2人は、神奈川県川崎市から先月10日に来県し先月28日から、6日感染が発表された神奈川県の40代男性と、周南保健所管内にある工場の同じ建屋内で定期補修工事の仕事をしていた。保健所の調査では感染が確認された3人は基本、宿泊施設と工場を行き来していたという。県内での感染確認はこれでのべ206人となり8人が入院していてこのうち1人が重症。

山口2020.10.07 17:10

新たなゴルフ大会を開催

新型コロナの影響で大会が中止になった山口県内のゴルファーに試合の機会を提供しようと、今月、新たなゴルフ大会が開催されることになった。
今月21日に山口県の周南カントリー倶楽部で開かれるのは「ゴルフトロフィーインやまぐち」。多くの大会が中止となったゴルファーに試合の機会を提供しようと、周南市内に本社を置く、トヨタカローラ山口が大会の開催を周南市体育協会に提案し実現した。大会には県内や福岡県・広島県のプロやアマチュア選手、男女あわせて85人が出場する。順位はプロやアマ、性別を問わず、18ホールのスコアで決められ、賞金総額は500万円、優勝賞金は100万円。トヨタカローラ山口の卜部治久社長は「スポーツの力を使って周りを元気にしていただきたいと思っているし、普段の練習の成果を発揮できる場なのでそれが実現できたら嬉しい」と述べた。7日は大会に出場予定の宇部市出身・広田悟プロも会見に出席した。プロゴルファー広田悟選手は「男子のトーナメントは自粛している大会が多いし、そういった中で大会をやってくれることは嬉しい。地元のプロゴルファーは思いが強いと思うので他の地方に行くよりもこの大会だけは絶対にいつも以上に頑張りたい」と話していた。大会は無観客で行われ、選手の参加費の一部は医療従事者への感謝を込めて周南市内の医療機関へ寄付される。

山口2020.10.07 15:40

放火の疑いで男を送検

先月23日に山口県下松市の実家に火をつけ全焼させたとして5日放火の疑いで逮捕された45歳の長男の身柄が7日、山口地方検察庁に送られた。
現住建造物等放火の疑いで送検されたのは下松市栄町のパート従業員・松本浩幸容疑者45歳。下松警察署によると松本容疑者は先月23日、午後11時30分ごろ、市内・西市の両親が住む実家に火をつけ全焼させた疑いが持たれている。この火事では近くの住宅3棟にも延焼している。また、この火事で松本容疑者の両親が煙を吸うなどして病院に運ばれている。警察の調べに対し松本容疑者は「両親が住んでいる実家に火をつけ放火したことに間違いない」と容疑を認めていて今後、動機などについてさらに詳しく調べることにしている。

山口2020.10.07 15:08

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース