島根のニュース

トラックにステッカー 「歩行者優先」PR

20日松江市で、町のドライバーに横断歩道での一時停止を呼びかけるトラックの出発式が行われた。このトラックには「歩行者優先」のメッセージが書かれたステッカーが貼られていて、出発式では5台のトラックが市街地に向け出発していた。
島根県警の岩元警部補は、「横断歩道に近づく方を見られても、もしかしたら渡るかもしれないと減速を心がけていただいて(一時停止の)準備をしっかりしていただければ」と話す。
歩行者がいる場合にはドライバーは一時停止をする。JAFの調査によると一時停止する車の割合は島根県では43%鳥取県では22%だったことが分かった。全国平均を上回っているものの半数以上のドライバーがルールを守っていない結果となった。
一時停止率が全国5位の島根県。松江市内の信号機のない横断歩道ではほとんどのドライバーがきちんとルールを守り一時停止をしていた。
歩行者を守るため、そして自分の身を守るために。島根県トラック協会では5000台のトラックに啓発用のステッカーを貼り、横断歩道の一時停止をPRすることにしてる。

島根2020.10.20 19:22

山陰で唯一ミカン狩り 安来の農園にぎわう

山陰で唯一ミカン狩りが楽しめる安来市の「やすぎ観光みかん園」がオープンし、週末は多くの人でにぎわった。
4品種170本のミカンが植えられた農園では、ミカンの食べ放題に加えお土産に1人1キロのミカンを持って帰ることができる。オープン初日の17日は天候にも恵まれ、開園前から列を作るほど多くの人が訪れた。
やすぎ観光みかん園の佐伯弥恵さんは「コロナのため団体のキャンセルなどはあったが、家族連れが本当に多くて。」と喜んでいた。
園では実が低い位置に実るように剪定され、小さな子どもや車いすに乗った人でも収穫ができるよう工夫されている。訪れた人たちはおいしそうなミカンを探しながら、甘いミカンを口いっぱいにほおばっていた。
やすぎ観光みかん園では、11月の終わり頃までミカン狩りを楽しめるという。

島根2020.10.19 19:33

安来市長選 初当選の田中氏が意気込み語る

安来市長選挙に初当選した田中武夫氏が19日、安来市内の事務所で改めて市政運営への意気込みを語った。
安来市長選挙は18日行われた投開票の結果、無所属で新人の田中武夫氏(71)が9304票を獲得し、現職で4選を目指した近藤氏に約3000票差をつけ初当選を果たした。(近藤宏樹氏:6273票 作野幸憲氏:5742票)
そして一夜明け、田中さんは「人材育成が一番。責任を持つのが首長だということをしっかりと職員に話していきたい。職員はのびのびとやってほしい。」と意気込みを語った。田中新市長の初登庁は10月26日の予定。

島根2020.10.19 19:16

感謝と激励の思いを 松江市で花火300発

夏の風物詩ともいえる花火が18日夜、松江市で打ち上げられた。午後7時から10分間、約300発が宍道湖で打ち上げられた。日常生活を支える人たちに感謝や激励の思いを伝えようと企画されたもので、人が集まるのを避けるためサプライズで行われた。
始めは1発ずつゆっくりと打ち上げられたが、最後は湖から放射線上にたくさんの花火が飛び出し、迫力あるクライマックスが演出された。
花火を見た人は「空気が澄んでいて非常にいい色が出ていた。」「一発一発丁寧にあげていてとてもきれいだった。」などと感想を話した。
ひんやりとした空気の中打ち上げられた“秋の花火”。多くの人が夜空を見上げ季節外れのサプライズを受け取っていた。

島根2020.10.19 16:34

ツキノワグマに襲われ60代男性が大けが

16日午後6時ごろ、島根県津和野町名賀(なよし)で60代の男性が自宅の裏山でツキノワグマに襲われ大けがをした。

男性が自宅裏の山林でイノシシの防護柵を点検していたところクマと遭遇した。男性はクマに頭や顔をかまれ重傷だが、命に別状はないという。
県と町では、17日、現場付近に檻を設置し注意喚起のパトロールを行った。
ツキノワグマの被害に遭わないため、
県では、山林に入るときには2人以上で行動すること。
クマが行動する早朝や夕方の時間帯は特に気を付け鈴や笛など音の出るものを身に着けるよう注意を呼びかけている。

島根2020.10.17 18:39

松江市の神社で季節外れのサクラ咲く

山陰地方は16日高気圧に覆われ、松江市では青空が広がってすがすがしい陽気となった。最高気温は、鳥取20.9℃、松江21.7℃。
こうした中、松江市鹿島町の多久神社の境内にあるしだれ桜が、枝先に20輪から30輪ほど花を咲かせた。神社の宮司によると、連日最高気温が20℃を超えた1週間ほど前から花が咲き始めたという。
気象情報会社ウエザーニューズによると、今年は九州や関東でこうしたサクラの「狂い咲き」と呼ばれる現象が見られている。夏の長雨や猛暑で、桜の木がダメージを受けて葉っぱが落ちてしまい、その後暖かい日が続いたため桜が春と勘違いし、花が咲いたとみられるという。

島根2020.10.16 19:24

松江では松葉がにプレゼントの宿泊プラン

松江では、宿泊すると「松葉がに」がもらえるお得プランがスタートした。
松葉がに付き宿泊キャンペーンを行うのは松江市の「松江旅館ホテル組合」で、企画に賛同した11のホテルや旅館が参加する。
松江旅館ホテル組合の植田組合長は「お客様に少しでもお得感のあるものを提供させていただきたいなと思って今回のカニのプランを思いついた」と話す。
組合全体で購入予定の1000匹の松葉がにを各宿泊施設に割り振り、対象プランで宿泊した客に後日プレゼントする仕組み。対象プランの宿泊客には、来年1月10日以降、新鮮な状態で浜ゆでされた境港産の松葉がにが、冷蔵便で届けられる。
対象プランのスタート時期やプレゼントするカニの数等の詳細は各宿泊施設に問い合わせて欲しいという。実施期間は2月末までだがカニの数がなくなり次第終了する予定。

島根2020.10.15 19:23

江津市で珍しい腕輪型の石製品 石釧が出土

江の川改修事業にあたって江津市で行われていた文化財調査で、古墳時代前期の珍しい腕輪型の石製品が発見された。
森原下ノ原遺跡で発見されたのは「石釧」の一部。石釧とは、貝を輪切りにして作った腕輪を石で模倣したもの。その多くは古墳の副葬品として死者を埋葬する際に供えられ、当時の政権があった近畿地方から主に出土している。
石釧の発見は島根県では2例目だが、古墳以外からの発掘は中国地方では初めてだという。島根県では、17日に現地説明会を開催する予定。
県教育庁埋蔵文化財調査センターの真木大空さんは「ここにそれなりの力をもった人物がいたというのは間違いないと思う」と話した。

島根2020.10.14 19:27

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース