富山のニュース

感染男性家族の高岡の70代女性 新型コロナウイルス感染

 県内で新型コロナウイルスの感染がさらに発生です。県は、高岡市の70代の女性が新たに感染したと発表しました。この女性は、7日に感染が判明した40代男性の家族で、県内の感染者は230人目です。

 9日感染が分かったのは、高岡市の70代のパート職員の女性で、7日に感染が確認された40代男性の家族です。

 この女性は今月4日に、のどに違和感があり7日、家族である40代男性の感染が判明し、濃厚接触者として8日にPCR検査を受け、9日陽性と分かりました。

 女性は製造業のパート職員で、今月3日から7日まで勤務していましたが、職場ではマスクと手袋を着用していたため、職場での濃厚接触者はいないとしています。

 そして7日に感染が確認された40代の男性について9日の会見で県は…

 県厚生部 石黒雄一部長
「229例目の方の行動については把握中で、今まで判明したこの方の行動で、友人とお出かけになったりいくつかの施設に行かれたことは聞いています」

 男性は症状が発症する直前に県外へ日帰りで出かけていて、濃厚接触者としては、感染が9日分かった以外の家族1人と、友人など12人は全員が陰性だったと発表しました。

富山2020.07.09 20:01

大雨での流木 定置網や海岸に漂着

 富山湾では9日、流木が定置網に引っかかったり海岸に流れ着いたりしているのが見つかりました。8日、県内や岐阜県で降った大雨で、川の上流で木が流されて海に広がったものとみられ、海岸に大量に漂着するなど被害が広がるのではないかと心配されています。

 「これが今朝流れてきた流木の一部です」

 神通川河口の西2キロあまりにある富山市の四方漁港です。

 この流木は9日午前4時ごろ、沖合の定置網に引っかかっているのを漁に出た船が見つけて取り除き、港に持ち帰りました。

 引っかかったのは少なくとも4本で、中にはおよそ5メートルの
大きなものもありました。

 8日、神通川の上流で降った大雨で倒された木が海まで流され、引っかかったものと見られます。

 幸い、定置網に目立った損傷はなかったということですが、漁業関係者は、更なる被害を心配しています。

 JFとやま市 草島勝副組合長
「ことしは特に雨がひどかったもんで。こんなにたくさん降った時はあんまりないですね。これから一週間ほどけっこう流れてくるんじゃないでしょうかね」

 また、富山市の八重津浜海水浴場では、1メートルを超える流木が3本ほど浜辺に打ち上げられていました。

 八重津浜海水浴場は今月23日に海開きの予定ですが、関係者は今後さらに流木やごみが漂着するのではないかと心配しています。

 一方、流木は黒部市にも。生地浜では、沖合いの広い範囲にわたって漂っていました。

 「長さ10メートルほどの流木も沖合に浮かんでいます」

 地元の人
「あんま見たことないです。こんな感じで流木がここに固まるっていうのは見たことないです」

 新川地区の各漁協によりますと、定置網などへの被害は出ていませんが、今後、県内各地で影響が懸念されます。

富山2020.07.09 19:59

増水後の河川点検に新たな視点 ドローン導入

 8日の大雨で増水した神通川と庄川について、国土交通省の富山河川国道事務所は9日、破損箇所がないかなどを点検しました。そこでは、より早くより正確に確認するための技術が導入されていました。大上記者がお伝えします。

 「点検の際に川沿いからでは確認が難しい場所をカバーするのはこちら、空からの視点です」

 8日は県内や上流の岐阜県の大雨により、神通川や庄川が増水。神通川では水位が、最大6.6メートル、観測史上5番目の高さとなり、一時は氾濫注意情報が出されました。

 一夜明けた9日、水位は河川敷が見えるほどに下がったため、富山河川国道事務所は堤防や河川敷に異常がないか点検を行いました。

 そこで使われたのがドローンです。

 従来は、職員が川沿いを歩いて目視で点検していました。こちらは川沿いからの眺めですが死角となる場所が多く、気付かない点もありました。

 一方、ドローンによる点検は2年ほど前から導入しました。上空から全体像をつかむことができ、肉眼に比べると所要時間も減らせます。また従来使われたヘリコプターなどに比べると、費用を大幅に節約できます。

 ドローンでは、河川敷が流れで削られて幅が狭くなっていないかや、撤去の必要がある流木がどのくらい流れ着いているかなどをチェックしました。

 河川敷は川の流れの勢いを弱める効果があるため、堤防を守るには大切なポイントです。

 富山河川国道事務所 吉田和弘専門調査官 
「この地点に関しては今の時点では大きな変化はなくて安定しているのだろうと。新しい技術なのでこれからどういう広げ方をしてどういう使い方をするかというのが大切」

 9日の点検はドローン合わせて5台を使って行われました。

 水害を防ぐために、新たな技術を使っての備えが続きます。

富山2020.07.09 19:57

富山市で住宅全焼 1人死亡 この家の男性か

 9日朝、富山市で住宅が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかりました。

 富山市消防局によりますと、9日午前7時50分ごろ、富山市五福の職業不詳、林敬郎さん(90)の家から煙が上がっていると近くに住む人から通報がありました。

 近所の人
「ここから見たときは真っ黒の煙が上がっていた。ここまで歩いてきたときには真っ赤な炎がアパートの高さくらいまで上がっていた」

 木造平屋建ての住宅が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかりました。

 警察によると、林さんは一人暮らしで連絡が取れておらず、遺体は林さんの可能性があるとみて身元や火事の原因を調べています。

富山2020.07.09 19:56

しんきろう一筋学芸員 驚きの観測法とは

 魚津市の海岸では、ことしも春から夏にかけてしんきろうが出現し、多くの人の目を楽しませています。

 そのしんきろう出現のメカニズムを研究している地元の学芸員が、ことし、こだわりの観測方法に取り組んでいます。

 魚津ミラージュランドのシンボル、大観覧車です。

 ことし3月、その観覧車の支柱に登っている男性がいました。

 しんきろうの研究を続けている魚津埋没林博物館学芸員の佐藤真樹さんです。

 この日は、支柱の高さ34メートル、20メートル、7メートルの3か所にそれぞれ温度計を設置しました。

 魚津埋没林博物館 佐藤真樹学芸員
「今回は、こういう違う高さで同時に取れるのが売りな温度観測になっています」

 富山市水橋出身の佐藤さんは、高校時代には魚津に住んでいて、地元で目にするしんきろうの神秘に強く惹かれました。

 一方で火山地質学に興味があり、気象庁に8年間務めましたが、3年前、しんきろうを観測している魚津埋没林博物館が学芸員を募集しているのを知り、職をなげうって応募しました。

 現在は、しんきろうの研究を極めようと、富山大学大学院の博士課程にも通っています。

 魚津埋没林博物館 佐藤真樹学芸員
「毎回見える度違ったりとか見え方どんどん違ったりとか、そういうふうに目で楽しめる現象としてすごく大きいと思います」

 魚津市の海岸は、3月から6月ごろにかけて、しんきろうが多く出現することで知られています。

 ことしの春型しんきろうの出現は今のところ20回。見え方では良いほうから2番目のBランクが4回出現しています。

 この春型しんきろう、なぜ出現するのでしょうか。

 ポイントは空気の層です。冷たい空気の上に暖かい空気が重なった時に、その2つの層の間で光が屈折することで対岸の風景が変化して見えます。

 朝と日中の気温差が大きく、緩やかに風が吹いている場合などに現れやすいと言われていますがこれらの条件に当てはまらない日にも現れることがあり、多くの謎が残っています。

 しんきろうのメカニズムを解明するために、佐藤さんは様々な高さで気温を測定しようとあの手この手で取り組んでいます。

 魚津埋没林博物館 佐藤真樹学芸員
「去年、ドローンである程度の高さ、30メートルくらいの高さでは、しんきろうが出ているときの温度変化は、ある程度見えてきました」

 去年はドローンを使って、上空の気温の測定に取り組みました。様々な高さで測ることができますが、一方でドローンを飛ばした時しか測ることができず、継続しての観測に難がありました。

 そこでことし、定点観測の場として選んだのが観覧車の支柱でした。

 魚津埋没林博物館 佐藤真樹学芸員
「建物と違って熱的な影響を受けにくい、建物の周りだったら建物の反射熱など受けやすいのですが、鉄骨なのであまりそういうこと気にせずにきちんとした温度を測りやすい場所として、ミラージュランドの観覧車さん使わせていただきました」

 佐藤さんの熱意が実現させた24時間継続しての観測。開始から3か月あまりで、どんな結果が得られているのでしょうか。

 「地上付近に比べて、しんきろうが出ていると上空が約1度高い状態でした」

 観測からは、しんきろう出現の理論を裏付ける結果が得られました。そしてもうひとつ。

 「温度が上がることで変わったのか、下がることで変わったのかが、見えてきたということです」

 Bランクのしんきろうが現れた3月26日の温度の変化です。しんきろう出現の時間帯に上空の気温が上昇し、地上付近の温度を超えていることが分かります。

 一方、4月15日には昼頃になって特に地上付近の気温が下がり、上空より低くなった時間があります。この日は、Eランクですがしんきろうが出現しました。

 「下がり方の差が違うということを確認できたというのはすごく驚きでしたし、思った以上にしっかり出たなあというのが感覚でした」

 リアルタイムで様々な高さでの気温の観測を続ければ、しんきろうの予測にもつながるのではと佐藤さんは期待しています。

 魚津埋没林博物館 佐藤真樹学芸員
「あとちょっと待ったらとか、もしかしたらこのあとチャンスあるかなっていう、待つか待たんか、もうちょっと滞在してもらうときの指標になればなと思っています」

 しんきろう出現の兆しをつかみ、もっと多くの人に見てもらいたい。

 佐藤さんの夢は膨らみます。

 魚津埋没林博物館で今月1日から始まったしんきろうの企画展でも、佐藤さんの研究の成果が紹介されています。

富山2020.07.09 19:47

呉羽カントリークラブ60周年でコース改修

 富山市の呉羽カントリークラブが開場60周年を記念して行ったコースの改修が完成し、9日式典が開かれました。

 呉羽カントリークラブは、1960年に県内初のゴルフ場として開場し、ことし60周年を迎えます。

 その記念として県マッチプレーゴルフ選手権などの舞台となる「日本海コース」について、より挑戦しがいがあるように「7000ヤード超え」のコースに改修し、9日は第一打を放つ始球式を行いました。

 このほか記念事業として、ゴルフカートへのナビゲーションシステム導入などを行います。

富山2020.07.09 19:25

三協立山 新社長に平能正三専務執行役員

 高岡市に本社を置くアルミ建材メーカー三協立山は、新しい社長に専務執行役員の平能正三さんが就任すると発表しました。

 山下清胤社長は相談役に退きます。

 これは9日、東京オフィスで開いた決算説明会で発表しました。

 新社長に就任する平能正三さんは富山県出身の62歳。1982年に、当時の三協アルミニウム工業に入社し、現在は、三協立山の専務執行役員を務めています。

 平能さんは、「新型コロナウイルスの影響で経済は大変厳しいが、乗り切るためにワンチームとなり、力を合わせて進んでいきたい」と述べました。

 社長人事は、来月27日の株主総会とその後の取締役会で正式に決定します。

 また三協立山のことし5月期の連結決算は、売上高が7.1%減少しましたがコスト削減の強化などによりおよそ16億円の経常利益を確保し減収増益でした。

富山2020.07.09 19:22

大和 第1四半期連結決算

 百貨店の大和は9日、ことし3月から5月までの第1四半期の連結決算を発表しました。

 第1四半期の売上高は、前の年の同じ時期に比べて52.7%減の51億1200万円で、営業損失と経常損失を計上して赤字となりました。

 売上げ減少については、4月中旬から1か月間、臨時休業を行うなど新型コロナウイルスの影響が原因としています。

富山2020.07.09 19:21

富山県の防災・危機管理対応の拠点 建設工事はじまる

富山県が防災・危機管理対応の拠点として県庁敷地内に整備する施設の工事が始まりました。

この仮称「災・危機管理センター」は県庁南別館の東側を取り壊して新たに建設されます。

センターは地上10階建てで屋上にヘリポートを備え、3階から5階のスペースは非常時に災害対策本部となります。

普段は防災関連の研修施設として利用できます。

防災関連のほか、県庁内保育所や松川べりを望むことができるテラスも設けられます。

整備費は概算で63億円で、県は再来年秋ごろの利用開始を予定しています。

富山2020.07.09 12:11

引き続き土砂災害に十分注意を

 県内で大雨。増水した川には濁流が流れあっという間に水位が上がりました。県内の雨はピークを過ぎ、13の市と町に出ていた大雨警報はさきほど午後5時過ぎに解除されましたが、神通川には引き続き氾濫注意情報が出されています。また、降り続いた雨で地盤の緩んでいるところがあり引き続き土砂災害に注意が必要です。

 「富山市の大沢野大橋です。流れる水はものすごいスピードの濁流となっていて橋脚の部分では橋のすぐ下まで激しい飛沫が上がっています」

 午前9時すぎ。水位は、氾濫注意を示す黄色の目盛りまで上がっていました。富山河川国道事務所と富山地方気象台は、8日午前、神通川と庄川で当分の間、氾濫注意水位を超える水位が続く見込みとして、氾濫注意情報を出しました。

 「午前9時現在の富山市の神通大橋に来ています。神通川は水位がかなり上昇し流れがとても速くなっています。あちら側は普段自転車などが通る河川道路になっていますが、今は完全に見えなくなっています」

 こちらは梅雨入り前の神通大橋の様子です。画面奥に神通川が流れていますが…降り続いた雨の影響で河川敷の木々が隠れるまで水位が上がりました。

 「水は茶色く濁っていて大量に枝木が流れ込んでいます。橋の上からでも流れが速いことが見てとれます」

 神通大橋では一時、氾濫注意水位の5メートルを超えおよそ6.6メートルまで水位が上がり、避難判断水位の7.5メートルにあと90センチほどのところまで迫りました。

 神通川の氾濫注意情報は現在も出ています。

 神通川の河川敷にある富山空港では、川の水位が4メートルを超えたため、東京からの第1便と折り返し東京行きの第2便が欠航となりました。その後、水位があがる見込みだったことから、一時空港は閉鎖されました。

 閉鎖中の空港そばの河川敷では県の職員らが、飛行機が空港に入る際に誘導するライトがついた柱を倒す作業を行いました。空港自体が河川敷にあるため、柱がたっていることで増水による水の流れを妨げないようにするとともに、破損した柱が流されて下流の橋にぶつかるなどの被害を防ぐためです。県によりますと、空港の閉鎖はおととし7月5日以来だということです。

 JR西日本は、特急サンダーバードや特急しらさぎ、特急ワイドビューひだの上下線合わせて52本の運転を取りやめるなど交通機関に影響が出ました。

 「宇奈月温泉街そばの山です。広い範囲にわたって土砂が崩れています」

 黒部市によりますと宇奈月温泉街の近くの山の斜面が、高さおよそ100メートル、幅およそ30メートルにわたって崩れました。この影響で、斜面の下を通る市道が通行止めになっています。人や建物などへの被害はなかったということです。

 8日午後5時までの72時間に降った雨の量は、氷見市で149.5ミリ、朝日町で141.5ミリ、宇奈月町で137ミリ、
富山市では103.5ミリなどです。

 降り続いた雨で、県内は地盤が緩んでいるところがあり、引き続き、土砂災害に注意が必要です。

富山2020.07.08 19:40

再起支援金に1000件超える申請

 新型コロナウイルスの影響をうけた中小企業などに対し、再起をめざす販路開拓などをサポートする制度について、県は6日で募集を締め切りました。当初の予定を大きく上回る1000件あまりの申請があったことがわかりました。

 この「地域企業再起支援事業費補助金」は、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した中小企業や個人事業主を対象に、新たな販路開拓や新商品の開発、感染症対策など再起へ向けた取り組みを最大100万円まで補助するものです。

 ことし5月から募集を始めましたが申請が殺到したため、いったん終了し、今月1日から追加で受け付けていました。

 受け付けは6日の消印の郵送までで締め切られ、7日の時点で1083件の申請があったということです。県は申請内容を審査し、効果が大きい事業から採択する方針で採択は500件あまりとなる見込みです。

 県の担当者は「意欲ある事業者が多くありがたい。限られた財源の中で不採択となる事業者も出てしまうがしっかり支援して県内の活性化につながれば」と話しています

 これとは別に追加で新しく設けたIOTやAI、テレワーク設備の導入などデジタル化を支援する枠については引き続き受け付けます。

 一方、月の売上が前の年の半分以下になっている事業者を対象に最大で50万円を支給する支援金については、7日までに1万件あまりの申請がありうち7800件あまりが支給済みということです。申請は8月末まで受け付けています。

富山2020.07.08 19:33

万葉まつり ことしは「オンライン朗唱」

 新型コロナウイルスの影響は続いています。毎年10月に開かれる高岡万葉まつりについて、実行委員会は8日、舞台の上で行っていた万葉集を歌い継ぐイベントをあらかじめ募集した動画をインターネットなどで配信する形で行うことを決めました。

 これは8日、実行委員会の会合で報告されたものです。祭りでは例年、特設ステージで万葉集全20巻を3昼夜かけてうたい継ぐ「朗唱の会」が行われてきましたが、ことしは会場で行わず、オンラインで実施するということです。

 全国からあらかじめ朗唱の動画を募集しインターネットなどで配信します。こうした形での実施は初めてです。

 河村幹治 実行委員長(副市長)
「これを機に裾野を広げ新しいチャレンジとしたい」

 動画は10月2日から3日間配信する予定で、会場で行っていたそのほかのイベントについては実施するか検討を続けます。

 一方、毎年9月23日から2日間、南砺市の旧平村下梨地区の地主神社で開かれていた「五箇山麦屋まつり」について実行委員会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ことしは中止とすることを決めました。また、来年以降は開催期間を2日間から1日に短縮するとしています。

富山2020.07.08 19:28

知事選めぐり社民党県連 独自候補方針

 ことし秋の県知事選挙をめぐる動きです。社民党県連は8日、富山市内で常任幹事会を開き、あくまで独自候補者の擁立を目指す方針を確認しました。

 常任幹事会では冒頭、菅沢裕明代表があいさつし、「石井隆一知事は北陸新幹線の大阪延伸など大型開発に固執しているが、今必要なのは、医療や福祉、教育を守る細やかな政策だ」と述べたうえで今は知事選をどう戦うか、候補者問題などを練り上げる時期という見解を示しました。

 会合後、取材に応じた東幹事長は「知事選への候補者擁立について具体的な話は出なかった」とする一方、厳しい状況ではあるがあくまで独自候補の擁立を目指す、と強調しました。

 また、他の政党と話し合いの場を持ったことはなく、立候補を表明している新田八朗さんについては政策を確認したうえで対応を考えたいとしました。

富山2020.07.08 19:26

手書きの遺言書 法務局で預かります 自筆証書遺言書保管制度 10日スタート

 手書きの遺言書を、法務局で保管してもらうことができる国の新しい制度が10日から始まります。これまで自宅で保管していた手書きの遺言書を紛失したり、改ざんされたりすることを防ぐのが大きな目的です。清水記者のリポートです。

 「お願いします」

 「こんにちは、遺言書保管手続きのことですか」

 富山市牛島新町の富山地方法務局供託課です。10日から、ここで自分で書いた手書きの遺言書を預かってもらうことができます。

 遺言書には、主に自分で手書きで作る「自筆証書遺言」と、法律の専門家である公証人の立ち合いのもとに作る「公正証書遺言」があります。作るのに費用がかかる「公正証書遺言」に対し、「自筆証書遺言」はお金はかかりませんが自宅などに、自分で保管しなければなりませんでした。

 しかし、新たにはじまる制度を利用して法務局に預けることで、遺言書がなくなってしまったり、中味を改ざんされたりなど、相続をめぐるトラブルを防ぐことができるほか、遺言書の形式の不備を事前に指摘してもらうこともできます。


 富山地方法務局 小田時彦供託課長
「民法の定める方式にのっているか否かの確認を行いますので、例えば遺言書に日付がない、ないことによって無効になるといったような事案の発生を防ぐことができます。」

 遺言をしたい人は「自筆証書遺言」を作り、法務局に保管の申請をして、保管証を受け取ります。手続きを終えた後でも、遺言書の内容の変更や撤回が可能です。

 一方、相続人は遺言者の死後、保管されていた遺言書を見ることが可能になります。相続人のひとりが遺言書を閲覧すると、平等を期すため他の相続人にも遺言書が保管されていることが通知される仕組みです。

 これまで自筆の遺言書はいったん家庭裁判所に提出し、手続きを踏まなければ開封することができませんでしたが、法務局に保管してあればそうした手続きがいらず、その場で見ることができます。

 申請には予約が必要で、今月1日から受け付けが始まっていますがすでに予約が入っているということです。

 富山地方法務局 小田時彦供託課長「財産の多い人だけではなくて、例えばご自身の考えがやっぱりあると思うんです。そのような思いをしたためてもらえれば、われわれのほうが確実に保管いたします」

 法務局に遺言書を保管してしてもらうための申請には、遺言書1通につき3900円の手数料がかかります。申請の予約は、専用のホームページや法務局できます。

富山2020.07.08 19:23

24時間テレビ緊急支援 熊本県に義援金

 24時間テレビチャリティー委員会は8日、今回の豪雨災害で大きな被害のあった熊本県に義援金を贈りました。

 北日本放送などによる24時間テレビチャリティー委員会は、8日、「自然災害緊急支援」の一環として、熊本県に義援金500万円を贈りました。

 また、24時間テレビでは緊急募金を受け付けています。ゆうちょ銀行や三井住友銀行の口座への振り込みの他、パソコン・スマートフォンからの寄付を受け付ける「24時間テレビ 緊急インターネット募金」もあります。

 詳しくは、24時間テレビチャリティー委員会のホームページをご覧ください。ご協力をお願いいたします。

富山2020.07.08 18:54

射水市庁舎建設をめぐる裁判 控訴審

 射水市が現在の庁舎を建設する際に「官製談合」が行われたと主張する住民が夏野市長を相手に損害賠償を求めていた裁判は8日、控訴審の第1回口頭弁論が、名古屋高等裁判所金沢支部で開かれました。

 訴えているのは、射水市の農業、渡辺国臣さん(76)です。訴えによりますと渡辺さんは、射水市の庁舎建設の4回目の入札で、市側が合理的理由もなく予定価格を増額していて、これは実質的に談合にあたるとして夏野市長を相手取り、本来の入札予定価格との差額1億8700万円余りを市に支払うよう求めています。

 一審の富山地方裁判所は「入札における諸経費の算定方法は、いずれも不合理なものとはいえない」などとして、原告の訴えを退けていて今年1月、原告側が控訴していました。

 8日の口頭弁論で原告側は「設計書の作成前に予定価格が決まっていた」とし、「官製談合はあった」と改めて主張しました。第2回口頭弁論は、9月9日に開かれます。

富山2020.07.08 18:52

県内に大雨警報 土砂災害に警戒を

 降り続いた雨の影響で、現在、神通川と庄川に氾濫注意情報が出ています。県内の雨のピークは過ぎましたが、大雨警報が小矢部市と舟橋村を除く県内に出されていて、土砂災害に警戒が必要です。

 富山河川国道事務所と富山地方気象台は、神通川と庄川で当分の間、氾濫注意水位を超える水位が続く見込みだとして、氾濫注意情報を出しています。8日午前9時20分までの72時間に降った雨の量は、朝日町で145.5ミリ、氷見市で145ミリ、宇奈月町で144.5ミリなどです。

 一時、富山市大沢野・大山地域と立山町に出されていた土砂災害警戒情報は解除されました。

 一方、大雨警報は小矢部市と舟橋村を除く13の市と町に出されていて、土砂災害に警戒が必要です。

 黒部市によりますと宇奈月温泉街の近くの山の斜面が、幅およそ30メートル、高さおよそ100メートルほど崩れましたが被害はでていません。

 また、小矢部市の県道や高岡市の市道で法面が崩れ通行止めになっています。

 富山空港では神通川の水位が4メートルを超えたため、東京行の第1便が欠航となり現在、空港は閉鎖されています。

 JR西日本は特急サンダーバードや特急しらさぎの上下線合わせて35本の運転を取りやめました。

 9日午前6時までに予想される雨の量は、いずれも多いところで
東部で100ミリ、西部で80ミリです。

 気象台は、9日昼前にかけて土砂災害に警戒し、8日夕方まで河川の増水に注意するよう呼びかけています。

富山2020.07.08 11:51

高岡市の40代男性 新型コロナウイルス感染

 県内で再び新型コロナウイルスの感染が発生です。県は、高岡市に住む40代の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。県内での感染者はこれで229人です。

 県によりますと新型コロナウイルスの感染が確認されたのは高岡市の40代の無職の男性です。

 男性は今月1日に発熱、その後嗅覚異常があり、6日に帰国者・接触者外来で検体を採取し、PCR検査の結果、7日陽性と判明しました。

 現在、指定医療機関に入院中です。男性の行動歴は現在調査中で交通機関は利用せず、常時マスクを着用していたということです。県は濃厚接触者として家族2人にPCR検査を行う予定です。そのほかの濃厚接触者については調査中です。県内での感染者はこれで229人となりました。

富山2020.07.07 21:59

県内13の市と町に大雨警報

 梅雨前線の影響を受けている富山県内は、7日も各地で断続的に雨が降っていて、大雨警報が小矢部市と舟橋村を除く13の市と町に出されています。8日にかけても大雨の恐れがあり、累積雨量が多くなっているので土砂災害に警戒が必要です。

 梅雨前線の活動が活発になり、湿った空気が流れ込んでいる影響で県内は、7日も雨が時おり強く降っています。6日午前0時から8日午後4時までに降った雨の量は、氷見市で81ミリ、黒部市宇奈月町で70・5ミリなどで、大雨警報が小矢部市と舟橋村を除く13の市と町に出されています。

 この雨でJR高山線は特急ワイドビューひだが、上下線合わせて8本運転を取りやめました。

 こちらは国土交通省の河川カメラによる富山市の神通川の神通大橋付近の今の様子です。午前中に岐阜県内で降った雨が神通川に流れ込んだため、神通大橋水位観測所では午後2時30分に「氾濫注意水位」の5メートルを超えました。

 水位はその後下がっていて、午後6時現在は水位が5.04メートルとなっています。

 県内は8日にかけても1時間に40ミリの激しい雨が降るところがある見込みです。8日午後6時までの24時間に予想される雨の量は多いところで県東部で150ミリ、西部で120ミリとなっています。

 気象台は、土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水などにも注意するよう呼びかけています。

富山2020.07.07 19:22

繰り返す大雨特別警報 富山の備えは

 先週末からの九州各地の大雨では、特別警報が相次いで出され、これまでに50人以上が亡くなるなど大きな被害が出ています。梅雨末期は例年まとまった雨になることが多く、富山県でも備えが必要です。命を守るために情報をどう受け止め、どのように行動するか、大上記者がお伝えします。

 「洪水ハザードマップでは、富山駅南口のロータリー周辺で最大3メートル以上。この高さよりも高い浸水が想定されています」

 富山市の洪水ハザードマップは、1000年に一度という大雨を想定していて、富山駅周辺では3メートルから5メートルの浸水が想定されています。また、30年から150年に一度の雨の基本想定でも、最大で3メートルの浸水想定となっています。

 今回、九州の大雨では最大級の警戒を呼び掛ける大雨特別警報が相次いで出されました。4日土曜日には熊本県と鹿児島県に、さらに6日には、福岡、佐賀、長崎の各県に出されました。

 九州では川の氾濫などにより60人以上の死者・行方不明者が出ています。こうした状況は富山県でも起こり得ると富山地方気象台の担当者は話します。

 富山地方気象台 大江幸治気象情報官
「梅雨の後半梅雨末期の時期は前線活動が強まりやすい時期になってきます。土砂災害とか災害も起きやすい時期になりますので、より一層注意が必要になります」

 大江幸治気象情報官は、国が定めた5段階の大雨警戒レベルを正しく理解し、必要な行動を素早くとることが重要だと話します。

 警戒レベル1は最新の情報に注意する段階、警戒レベル2は避難方法を確認する段階です。そしてレベル3。大雨警報がこれにあたり、キーワードは「高齢者などが避難開始」です。

 富山地方気象台 大江幸治気象情報官
「(一般の人は)避難準備の段階なのですが、高齢者等は避難していただくレベルにあります。避難していただくのに時間がかかるので、少し早い段階から避難していだだければいいかなと」

 その次の段階レベル4は、土砂災害警戒情報や川の氾濫危険情報が出され、「危険な場所から全員が避難」となります。

 富山地方気象台 大江幸治気象情報官
「災害が起きている可能性が非常に高い状況になります。避難勧告避難指示が出ている区域の人は速やかに避難を完了していただきたいと思います。全員が完了と言う意味です」

 そして最大のレベル5では、大雨特別警報や川の氾濫発生情報が出されます。少しでも命が助かるための行動が必要です。

 富山地方気象台 大江幸治気象情報官
「レベル5は既に災害が起きているとみていいと思います。そこまでいかない手前のレベル4の段階で避難を完了していただきたいと思います。あらかじめ設定された避難所に向かうことにこだわらずに近くの頑丈な建物に移動することを検討してもらいたい。家の中で崖と反対側の部屋に移動するなど考えてもらいたい。災害から命を守るのも皆さん一人ひとりだと思います。5段階に分かれておりますけど正しく認識理解していただければと思います」

 大雨は夜中などに発生する場合もあります。情報にどう対応するか、この機会に各家庭で話し合っておくことも大切だと思います。

富山2020.07.07 19:16

滑川蒲鉾が土地と建物を市に寄付

 2017年に廃業した滑川市のかまぼこ製造会社、旧「滑川蒲鉾」が土地と建物を滑川市に寄付することが分かりました。この土地と建物をめぐっては、市がこれまでに4回、取得費を盛り込んだ予算案を市議会に提出しましたがいずれも否決されていました。

 滑川市などによりますと、旧「滑川蒲鉾」は滑川市高塚に所有する土地およそ1600平方メートルと建物を、市に寄付するということです。

 この土地と建物について滑川市の上田市長は、漁港に面したところにあり、漁業と観光の振興に活用するとして2017年に取得費4800万円を計上した予算案を市議会に提出しましたが、2度にわたり否決されました。

 さらに去年12月とことし1月にも取得費を2000万円に減額した予算案を提出しましたが、施設の活用策が明確でないなどとして再び否決されていました。

 滑川市の上田市長は、今後の活用について「漁業関係者などと相談しながら漁業と観光の振興の両面から、漁港全体の活性化につながるように構想を練り直したい」とコメントしています。

富山2020.07.07 19:10

富山市の駐在所襲撃事件 一審判決破棄 控訴審は懲役12年

 富山市池多の駐在所で去年1月、警察官を襲い拳銃を奪おうとしたとして強盗殺人未遂などの罪に問われた元富山大学生の男の控訴審で、名古屋高等裁判所金沢支部は7日、一審判決を破棄し、改めて懲役12年の判決を言い渡しました。

 判決を受けたのは、元富山大学生の前田将輝被告(23)です。前田被告は去年1月、拳銃を奪おうと考え、富山市池多の駐在所で警察官の頭をハンマーで殴り首を小刀で突き刺すなどして、およそ2週間のけがをさせたとされます。

 ことし1月に開かれた一審の富山地方裁判所の裁判員裁判では、懲役14年の判決を言い渡され、被告側は量刑を不服として控訴していました。

 7日の控訴審判決で高山光明裁判長は、一審の判決後「被告と被告の父が連帯して被害者に700万円を支払う和解が成立し、すでに350万円が支払われていることは一定程度刑を減じる事情になるべき」として、一審の懲役14年の判決を破棄し、改めて懲役12年の判決を言い渡しました。刑を軽くするよう求めた弁護側の主張が認められた形です。

 一方で、被告が自閉症スペクトラム障害を抱えていたことを考慮すべき、などとした弁護側の主張は採用されませんでした。

富山2020.07.07 19:08

7年前の自動車運転過失致死事件に判決

 7年前に、砺波市の国道で当時69歳の女性を車ではねて死亡させた罪に問われた男に対し、富山地方裁判所高岡支部は7日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

 自動車運転過失致死の罪で判決を受けたのは、石川県加賀市の木村将吾被告(34)です。判決によりますと木村被告は、2013年の1月31日、砺波市荒高屋の国道156号線で中型トラックを運転中、バスを待っていた砺波市庄川町の河端信子さん(当時69)をはねて死亡させました。

 7日の判決で人見和幸裁判官は、「事故は、被告が運転中にたばこに火をつけることに気をとられて、わき見をして発生したもので過失の程度は重く被害者の死亡という極めて重大な結果が発生した。事故の後、申告などをしなかった対応も芳しいものと言えない」としました。

 一方「被告は反省していて幼い子どもがいることも酌むべき事情と言える」などとして、禁固2年6か月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。

富山2020.07.07 18:58

新型コロナ影響 有志がサッカークラブチームに支援金

 新型コロナウイルスの影響で経費の工面に苦しむ中学生サッカーのクラブユースチームを支援しようと、県内の私立高校サッカー部の監督らが寄付を呼びかけていた件で7日、その寄付金が県クラブユースサッカー連盟に寄贈されました。

 富山市で行われた寄贈式には、発起人の富山第一高校・大塚一朗監督などと、寄付を行った人を代表して富山市のサムエンジニアリングの南和夫社長が出席し、県クラブユースサッカー連盟へと寄付金が手渡されました。

 県内の私立高校サッカー部の監督8名で作る有志は、新型コロナウイルスの影響で練習が制限されたために収入となる会費が受け取れず、資金繰りに苦労する中学生年代のクラブチームを支援しようと、応援ステッカーを作成し、先月末まで販売していました。

 101の個人と団体がステッカーを購入し、郵送費などの経費を除いた収益95万7741円が寄付にあてられました。

 寄付金は、チームが連盟に登録する加盟料の免除や、大会の運営費用などに使われるということです。

 富山県クラブユースサッカー連盟 栗山政和理事長
「加盟する選手たちに、いろんな人の支えがあって自分たちが活動できるんだと、サッカーを通じて伝えていきたいと思う。本当にすごく助かっています」

 発起人 国際付属高校サッカー部 横山正浩監督
「サッカーを愛する仲間が、一人でも多くサッカーを辞めないで続けてくれることが私たちの願い。高校で羽ばたいてくれるような環境作りが大事だと思います」

富山2020.07.07 18:55

新規採用教員がプログラミング教育学ぶ

 小学校で今年度から必修になっているプログラミング教育について、ことし春に採用された教員が学ぶ研修会が高岡市で開かれました。

 高岡市教育委員会が初めて開いたこの研修会には、この春採用された市内の小中学校の教員が参加しました。教員たちはプログラミング教育の目的が、コンピュータの言語だけでなく論理的思考などを身につけることだと学びました。

 また、キャラクターを動かして物などを作っていくゲームを通して、プログラミングを体験しました。

 教員たち
「手を動かして考えてやってみることで、力だったり考え方を得られるのかなと思います」

「何回も繰り返してもらったら粘り強さもできるし、失敗からこういうことやってみようという考えにもなるから、そういうことをこれを通して子どもたちに教えていきたい」

 今年度から小学校で必修となったプログラミング教育は、2年生から5年生までの算数で図形の作図を考えたり、6年生の理科で電気の働きを学んだりする際に取り入れられていて、来年度からは中学校でも必修となります。

富山2020.07.07 18:49

大麻所持で高岡市の男逮捕

 自宅で大麻を所持していたとして、先月、高岡市の27歳の男が現行犯逮捕されていたことがわかりました。

 大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、高岡市野村の会社員   柞木元太容疑者(27)です。高岡警察署によりますと、柞木容疑者は先月18日、市内の自宅で大麻樹脂およそ2.2グラムを所持していたとして、現行犯逮捕されました。

 柞木容疑者は、自分で使用するために所持していたと容疑を認めていて、インターネットで購入したとみられるということです。

 警察は、柞木容疑者が単独で所持していたとみて、入手経路などを詳しく調べています。

富山2020.07.07 18:44

傷害の罪 ベトナム人技能実習生に求刑

 ことし4月、富山市のアパートで同僚の男性を刃物で複数回刺したとして傷害の罪に問われているベトナム人実習生の男の裁判が7日、富山地方裁判所で開かれ、男は起訴内容を認めました。裁判は即日結審し検察側は懲役1年6か月を求刑しました。

 傷害の罪に問われているのはベトナム国籍で富山市婦中町速星の技能実習生チェウ・クァン・ファット被告(26)です。起訴状などによりますと、ファット被告はことし4月、富山市婦中町速星のアパートで同僚の23歳の男性と口論になり、刃物で男性の右足を複数回刺したとされています。

 7日の初公判で、ファット被告は「まちがいありません」と起訴内容を認めました。

 検察側は、「包丁を使用したことは甚大な結果になりかねない行為」として懲役1年6か月を求刑しました。一方、弁護側は「既に示談も成立していて被告は反省し、二度と罪を犯さないと誓っている」として減刑を求めました。

 判決は今月16日に言い渡されます。

富山2020.07.07 18:42

カメムシ発生に注意 対策徹底を

 コメの品質を低下させる害虫、カメムシの発生が、平年より多くなっているとして県は、カメムシ多発について病害虫発生注意報を出しました。

 カメムシは、稲穂の汁を吸って収穫時のコメに斑点をつくり品質を低下させる害虫です。県は今月2日と3日に、県内45の地点で畔などに20回捕獲網を入れて網に入るカメムシ類を調べました。

 その結果、カメムシ類の平均の捕獲数が8.52匹と、平年の7.66匹を上回りました。このため県は6日、市町村や農業団体などに対し、カメムシ類について病害虫発生注意報を出しました。

 カメムシの繁殖を抑えるため、田んぼのあぜや雑草地などの草刈りを徹底することや農薬の散布を確実に実施するよう呼びかけています。

富山2020.07.07 11:53

県内13の市と町に大雨警報 厳重な警戒を

 県内には現在、小矢部市と舟橋村を除く3の市と町に大雨警報が出ています。気象台は、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

 7日の県内は前線に湿った空気が流れ込んだ影響で大雨となっています。現在、小矢部市と舟橋村を除く13の市と町に大雨警報が出ています。

 県内は8日にかけて雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降るところがある見込みです。8日午前6時までの24時間に予想される雨の量はいずれも多いところで、東部で150ミリ、西部で120ミリとなっています。

 気象台は、土砂災害に警戒し低い土地の浸水、河川の増水に注意するよう呼びかけています。

 この雨で特急ワイドビューひだの上下線合わせて8本が運休しています。

 一方、東海北陸自動車道は岐阜県内の白鳥インターチェンジと高鷲インターチェンジの間、荘川インターチェンジと飛騨清美インターチェンジの間で上下線ともに通行止めとなっています。

富山2020.07.07 11:47

県内7日にかけて土砂災害などに警戒を

 6日の県内は、大気の状態が不安定で、断続的に雨が降り、富山市など4つの市と町に大雨警報が出ました。気象台は、7日にかけて土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

 6日の県内は、前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、雨が降り続きました。6日午後4時30分までの72時間に降った雨の量は、上市町で137ミリ、富山市で120ミリ、立山町で112ミリ、南砺市で95.5ミリなどで、富山市、南砺市、上市町、立山町に大雨警報が出されました。

 この雨の影響でJR西日本は特急ワイドビューひだの上下線合わせて3本の運転を取りやめました。

 7日も城端線・氷見線・高山線について、始発から午前中にかけ運転取り止めや遅れが発生する可能性があるとしています。

 県内は7日にかけて雷を伴い1時間に30ミリの激しい雨が降るところがある見込みです。7日午後6時までの24時間に予想される雨の量はいずれも多い所で東部で160ミリ、西部で130ミリです。気象台は、土砂災害に警戒し低い土地の浸水、河川の増水に注意するよう呼びかけています。

 一方、4日に立山町で雨のため増水した用水路に転落し、流された男性の捜索は6日も行われましたが、まだ見つかっていません。

 行方不明になっている前川勲さん(71)は、立山町泉を流れる用水路でもう一人の男性と水門を閉じる作業をしていたといことです。用水路の幅は約1.3メートル。現場近くに住む人は事故当時、雨はそれほど強く降ってはいなかったものの用水路の水位は普段よりも上がっていて水の流れも速くなっていたと話します。

 前川さん知人「(一緒に作業していた人が)棒につかまってもらうよう差し出したが、水の流れが速くてあっという間に(前川さんの)姿が見えなくなったと聞いている」

 6日は警察や消防に加え、県警ヘリ「つるぎ」や海上保安庁の巡視船も出動し、広い範囲で前川さんを捜していますが、現在も見つかっていません。警察は7日も捜索を続けます。

富山2020.07.06 19:42

現職と新人が火花 自民分裂の知事選へ

 ことし秋に予定されている県知事選挙に向けて、自民党県連は現職の推薦を決めましたが、自民党所属の複数の富山市議が新人の街頭活動に参加するなど自民組織分裂が確定的な状況です。そんななか、事実上の選挙戦はすでに本格化し、現職と新人が火花を散らしています。

 石井隆一さん「私にあと4年頂きたい。そのために全身全霊をあげて、取り組んでまいります」

 5期目を目指す現職の石井隆一さん(74)は、先月30日、自らの後援会「隆山会」の役員会を開き、強い思いを述べました。自民党関係者によると、この日以降、県内の支援者を回るなど、いわゆる「ドブ板選挙」を始めているということです。

 石井隆一さん「なんとしても私が5期目を、県民の皆さんにご支持いただいて、これまで長年築いてきた人のネットワークとか、いろいろな経験を生かさせてもらって、全力を尽くしたい」

 新人がいち早く名乗りを上げたこともあり、石井さんはこれまでにないスピードをもって態勢を整えつつあります。今月11日に自民党と政策協定を結び、選挙対策本部を設置する予定にしていますが、前回4年前にくらべると政策協定締結で3週間、選対本部設置でおよそ2か月も早いスケジュールです。

 5日、黒部市で開かれた自民党の会合では。

 宮腰県連会長「いろんな意味でこの危機対応、緊急対応というのは、一定の政治経験、行政経験がなければ、しっかりとした指示は出せない、リーダーシップを発揮できない」

 大野黒部市長「(コロナ禍後)地方創生の名のもとに、多極分散型、地方分権を確立していく時だろう。そのトップに立ってやっていただくのが知事、その役割を果たすのはやはり4期務めた石井知事しかいない」

 会合の中で自民党県連は「厳しい選挙戦」を強調しました。

 宮本光明総務会長「保守分裂の大変厳しい選挙戦になると。(去年の)参議院議員選挙と同様の体制で取り組むということにしております」

 新田八朗さん「県民1人1人が明るく輝く そんな県政を目指していきたいと考えます。人口減少にストップをかけ次の世代に富山県を渡していきたい」

 一方、日本海ガス前社長の新人、新田八朗さんは、連日街頭演説を続けていて、6日朝も南砺市内でマイクを握りました。

 成田光雄市議「わたくし富山市議会議員、成田光雄です。これから全力で新田八朗を応援してまいります」

 南砺市での活動にも関わらず、富山市議の姿も。自民党県連は先月、現職の推薦を決めましたが富山市連は「決定には従うが、市内各支部や党員の判断に委ねる」としていて、富山市議会6月定例会閉会後の先週から、再び数人の市議が活動に加わっています。

 また、経済人としての人脈を生かし、若手経済人など約15人が参加しました。

 インターネットをつかったPRに力を入れているのも特徴です。ホームページをはじめ、複数のSNSアカウントを開設し企業訪問の様子や街頭演説の情報などを随時発信しています。

 今月1日、富山市の森市長の後援会総会です。森市長は以前から新田さんの支持を表明しています。

 森市長「行政の技術的な事柄というのは、参謀に立派なものが付けばそれで十分できるわけです。リーダーに必要なのは情熱や感性やひらめきが、何よりも希望を抱かせるような魅力的な人柄だろうと思います」

 新田さんは森市長の後援会長を務めていて、この日の総会で会長に再任されました。檀上で「強い気持ちで進んでいきたい」と決意表明しました。

 新田八朗さん「多くの皆さんの期待に応えられるような政治家に育っていくことを、きょうここで雅友会の皆さんにもお誓いをしまして、森市長のエールに応えたいと思います。ありがとうございます。」

 県知事選にはこのほか、共産党などでつくる市民団体、そして富山維新の会が候補擁立をめざして検討を続けています。石井知事の現在の任期は11月8日までです。

富山2020.07.06 19:26

免許更新 日曜日も受け付け再開へ

 県運転免許センターは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休止していた日曜日の免許更新業務を今月12日から再開します。

 今月12日以降の免許更新業務は、月曜から木曜、そして日曜日になります。いずれの曜日についても、高齢運転者と優良運転者は午前、午後ともに更新可能ですが、一般運転者、違反運転者、初回更新者は午後だけの受け付けとなります。

 また、高齢運転者限定で行われていた金曜日の更新業務は終了し、金曜日は休業日となります。

 一方、高岡運転免許更新センターと各警察署では、これまで通り日曜日の運転免許の更新は受け付けません。

 引き続き感染症対策として入場制限を行うため、日曜日は混雑が予想され、県警は「なるべく平日に更新をしてほしい」と呼びかけています。

富山2020.07.06 19:03

県内32か所目 農業用水を利用して発電

 農業用水を利用した小水力発電所が富山市で完成し、6日から発電を始めました。

 この発電所は富山市の常西用水土地改良区が14億円余りで整備したものです。常願寺川から取水している用水路の落差を利用して、年間に一般家庭約860世帯分に相当する259万キロワットアワーを発電します。

 土地改良区は、全電力を電力会社に販売する計画で、約7900万円と見込む年間収益を、農業施設の維持管理費に充て、農家の負担軽減を図ります。

 農業用水を利用する県内の小水力発電所は32か所となりました。

富山2020.07.06 19:01

新型コロナで休業でも協力金受け取れず 店主の思いは

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う県の休業要請に従って営業自粛していた店舗などには協力金が支給されています。しかし、なかには入居している施設が休んだため休業せざるを得なかったにも関わらず、制度の対象外だとして、協力金を受け取ることができなかった店もあることがわかりました。

「まいったわ。コロナウイルスでストレス痩せした」

 富山市のファボーレの湯で、テナントとして営業している美容院「カットハウスABA」の店主、海老江直樹さんです。

 新型コロナウイルスの影響からいまは徐々に回復し、売り上げは以前の8割ほどに戻ってきていますが、この数か月でもっとも苦しかったのは「営業できなかった期間があったこと」だといいます。

 当時、県は休業を要請する対象として「スーパー銭湯」をあげていました。これに従ってファボーレの湯は、4月20日から5月15日まで休業。施設そのものが休業したため、海老江さんの美容院も、休業せざるを得なくなったのです。

 県に休業要請に従ったことによる協力金20万円の申請ができるか確認したところ、「そもそも美容院は自粛要請の対象業種外。協力金を支払うことはできない」と断られたということです。

 カットハウスABA 海老江直樹店主「なにこれ?って感じ。床屋・美容院は生活必需とみてますので今回は休業要請をだしていませんので助成金は無理ですと。ここの店舗については私の独断で営業することは無理です。そのあとずっと考えていても自分では納得いかない」

 海老江さんによりますと、県内で同様の理由で休業を余儀なくされた理髪店は8店舗あるということです。

 カットハウスABA 海老江直樹店主「今後またこういうことがあることもありますので、今回に関しては諦めますと。次にこういうことがあったときの線引きを見直してほしい。できるだけもっと寄り添ってもらえる形、そこまでしてもられば助かる」

富山2020.07.06 18:58

新型コロナ無症状や軽症患者受け入れたホテル 再開前に

 新型コロナウイルス感染者のうち無症状の人や症状の軽い人の療養を受け入れていた富山市のホテルが、今月20日から営業を再開するのを前に、ホテルの従業員や看護師の思いを取材しました。

 オークスカナルパークホテル富山 竹田一也総支配人「医療の現場が切迫している状況だったと思うんです。県庁のほうからも依頼が来まして、地元の企業として少しでもお役に立ちたいということで受け入れを決断しました」


 富山市のオークスカナルパークホテル富山は、医療機関の負担軽減に向けた県の募集に応じて、感染者のうち、症状のない人や軽い人を、4月から先月末まで受け入れました。

 期間中、最も多い時で21人が入り、のべ40人が療養し、看護師とホテルのスタッフ、県の感染症対策班が24時間体制で対応しました。

 看護師は毎日2回、入所者の体調を確認するとともに週3回、医師とともに防護服を着てPCR検査に立ちあいました。

 実際に対応した稲村睦子看護師「患者さんと対面して問題解決するのが私たちの役目であり、そういう業務をしてきたわけですが、電話で症状を聞いて相談に乗ったり、対面でないということは看護師としてモヤモヤがあった」

 原則、患者の症状確認は内線電話でのやりとりでした。対面での観察ができずもどかしさがあったといいます。また、防護服の着脱や療養者が出したごみの始末など感染リスクにも気をくばる必要がありました。

 一方、県の感染症対策班やホテルのスタッフは、療養者に出す弁当の手配や、部屋の管理などを担当しました。療養者と直接触れ合うことはないとはいえ経験したことのない作業に戸惑いがありました。

 県感染症対策グループ廣瀬智範さん「直接お会いできないので、電気の付け方とかテレビの付け方、本来であれば我々が直接行ってお話できるんですが、なかなかそういうこともできないので内線電話を使って説明させていただく、そういう苦労はありました」

 そうしたなか、ホテルのスタッフは医療従事者とは違うサービス業ならではの「気配り」も心がけていました。アレルギーの有無に応じたメニューを提供したり、弁当には毎回手書きのメッセージを添えました。

 そして無事、陰性が確認された人にはメッセージ付きの花束をプレゼントしました。

 療養した人からは「花束はびっくりした。いただけるとは思わず感謝の一言」などの声が上がっています。

 オークスカナルパークホテル富山 竹田一也総支配人「約10日から2週間くらいだと思うんですけど、やはりその期間というのは身体的にもメンタル的にもきつかったと思うのですが、その中でも少し、ここまで気を遣ってもらえるのかなホテルだから病院とは違うなという思いを込めて受け入れをさせてもらいました」

 先月末で受け入れ期間は終わり、ホテルは消毒や清掃作業に入っています。今後、感染対策などを施し今月20日から宿泊やレストランなどの営業を全面的に再開します。

 オークスカナルパークホテル富山 竹田一也総支配人「新しい生活様式にのっとったサービスであったり、館内のセッティングやお客様のご案内だとか、観光業全体でお客様を安心して迎えられるための対策は打っていかなければと思います」

 今後、療養者を受け入れる宿泊施設については、県の募集に対し1社の応募があったということで、県との間で調整が進められます。

富山2020.07.06 18:51

KNBラジオの報道番組が民間放送連盟賞中部・北陸地区1位に

 日本民間放送連盟賞の中部・北陸地区の審査で、KNBラジオの番組がラジオ報道部門で1位となりました。

 ラジオ報道部門には中部・北陸の放送局から2本の番組が出品され、この中からKNBラジオでことし5月に放送した「KNBラジオドキュメンタリー 拝啓 植松被告様」が1位に選ばれました。

 番組は2016年に神奈川県の障害者施設で起きた入所者殺害事件の被告と富山市の重度障害者の面会などを取材したドキュメンタリーです。

 審査員は「障害のある八木さんの考えがしっかりと伝わり、事件と差別について考えるきっかけとなった」などと講評しました。

 番組は全国の中央審査へと進みます。

富山2020.07.06 18:45

クタベのポストカードで癒やしを

 県西部の郵便局では、疫病を予言したとされる立山町ゆかりの霊獣「クタベ」が描かれたポストカードを配布しています。関係者は「大切な人に送って感謝や励ましのこころを伝えてほしい」と話しています。

 このうち高岡市の高岡佐野郵便局では、利用者が笑顔でポストカードを受け取りました。この取り組みは、利用者に癒やしを届けるとともに、県ゆかりの「クタベ」の存在を知ってもらおうと、日本郵便 県呉西地区連絡会に所属する県西部6市の95郵便局が、今月3日から行っています。

 2種類のポストカードはそれぞれ、NPO法人 障害者アート支援工房「ココペリ」のメンバーが描きました。

 また、多くの人に取り組みを知ってもらおうとポスターも作りました。ポスターには、新型コロナウイルス感染拡大の状況が予断を許さない今だけでなく、これからも思いやりを大切にしようというメッセージが込められています。

日本郵便 県呉西地区連絡会 中佐也佳地方創生担当「(ポストカードを)自分が1回見て魔除けにしていただいて、大切な方にもお届けして、同じ気持ちを共有されたらいいのかなあと思います」

 利用者「心温まる絵柄だなあと思って。このはがきを使って(孫に)手紙を書いたらいいかな」

 ポストカードは今月末まで、あわせて約1万枚を配るということです。

富山2020.07.06 18:42

3か月遅れ オンラインで入社式

 新型コロナウイルスの感染拡大で4月から延期されていたYKKAPの入社式が6日行われました。

 式は感染拡大防止のため、12会場をオンラインでつないで行われました。

 YKKAPにはことし328人が入社しましたが、転勤を伴う全国採用の社員と黒部事業所に勤める社員156人の入社式が4月から延期されていました。

 式では堀秀充社長が「仕事は真剣に考える。ただ深刻には考えないで」と語りかけました。

 YKKAPはエリアをまたいでの移動を必要としない「拠点採用」の新入社員については、すでに4月に入社式を行っています。

富山2020.07.06 18:21

県内 7日にかけて土砂災害などに警戒を

 富山県内は、6日から7日にかけて雷を伴った激しい雨が降るおそれがあり、気象台は土砂災害や河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

 県内は梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、各地で雨となっています。

 富山駅前では傘をさして歩く人や、雨具を着て自転車に乗る人の姿が見られました。


 県内は7日にかけて1時間に30ミリの激しい雨が降るところがある見込みです。7日午前6時までの24時間に予想される降水量は多い所で140ミリとなっています。

 気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼びかけています。

 また、4日に立山町で用水路に転落して流された71歳の男性はまだ見つかっておらず、警察や消防は6日も捜索を続けています。

富山2020.07.06 11:45

富山国際大学 素早い検温で学生も安心

 富山国際大学は6日から、生徒や教員などの体温を自動で測るシステムを導入しました。

 この体温検知システムは、富山国際大学が呉羽キャンパスの2か所の入り口に設置しました。カメラに顔を向けて正面に立つと、およそ0.2秒という速さで額の温度の測定を終え、体温が37.3度以上の場合は大学が帰宅を呼び掛けます。

 また、マスクを着けていない人には着用を促す機能もあります。

 機械が設置された入り口は、富山国際大学と富山短期大学の関係者およそ600人が使用するため、これからの感染対策につながると期待されています。

 現在、国際大学では、県内での感染者確認を受けて全ての授業を遠隔で行っています。

富山2020.07.06 11:44

婦中町強盗致傷事件 被告の男が控訴

 富山市婦中町の住宅で起きた強盗事件で、強盗致傷などの罪に問われ富山地方裁判所の裁判員裁判で懲役5年の判決を受けた男が、判決を不服として名古屋高等裁判所金沢支部に控訴したことが分かりました。

 今月3日付けで控訴したのは、富山市婦中町笹倉の無職 宮田佐一郎被告(52)です。

 富山地裁の判決で、宮田被告は去年5月、富山市婦中町の住宅に侵入し、現金およそ8万円が入った財布を盗んだ際、この家に住む女性に見つかったため暴行脅迫を加えてけがをさせたなどとされました。

 先月30日の判決で大村泰平裁判長は、「暴行脅迫の事実が認められ強盗致傷罪が成立する」とした一方、「家族は障害を持つ子どもの世話など家庭を支えていた被告の帰りを待っている」などとして検察側の懲役8年の求刑に対し情状酌量の上、懲役5年の判決を言い渡していました。

富山2020.07.06 11:44

成田の検疫で県在住2人 新型コロナ陽性

 3日、パキスタンから成田空港に到着した、富山県在住の10代の男性2人が成田空港の検疫で新型コロナウイルス陽性と分かりました。

 感染が分かったのは、県内在住の10代の男性2人です。厚生労働省によりますと、2人は3日、パキスタンから成田空港に到着した航空機に乗っていて、空港でPCR検査を受け、4日夜遅く、陽性が判明しました。

 2人に症状はなく、現在、千葉県内にある無症状の患者が滞在する施設に入っているということです。県は、2人を県内の感染者に加えないとしています。

富山2020.07.05 18:58

小矢部市「貸し傘」で街なかの利便性アップ

 小矢部市と市の観光協会は、市内の公共施設などに誰でも利用できる傘を置いて、街なかを訪れた市民や観光客への利便性の向上を図ります。

 誰でも無料で使える傘は「おやべまちなかパラソル」という名称で、小矢部市役所や石動駅観光案内所、める・びる、津沢あんどんふれあい会館など、市内7つの公共施設などに置かれ、これらの施設の間でどこからでも傘の貸出と返却が可能です。

 市と観光協会は、小矢部市シンボルキャラクターのメルギューくんとメルモモちゃんをデザインした2種類の傘を100本つくり、1か所に10本から15本を置きました。

 これから利用状況などを調べるとともに、子ども用の傘の準備と、傘を使った企業協賛の企画も検討するということです。

富山2020.07.05 17:30

4日立山町 男性が用水に流され行方不明

 4日、立山町で用水路の水門を閉じる作業をしていた71歳の男性が、用水路に転落し流され、行方が分からなくなっています。

 「男性が流された現場です。柵などはなく、用水の幅も広い印象です。」

 上市警察署によりますと、4日午後6時ごろ、立山町泉を流れる用水路の水門を閉じる作業をしていた近くの農業 前川勲さん(71)が、用水路に転落して流されたと転落を目撃した通行人から110番通報がありました。

 前川さんは、泉生産組合の組合員で用水管理のため、もうひとりの男性と2人で作業していたということです。用水路の幅は、およそ1.3メートルとみられ、2人が作業にあたっていた4日日中は、雨が降っていたということです。

 警察や消防、近所の人などは、5日も午前6時から捜していますがまだ見つかっていません。

富山2020.07.05 11:43

4日高岡市 750世帯で水道水が濁る

 高岡市で4日、およそ750世帯の水道水が茶色く濁りました。現在は復旧しています。

 高岡市上下水道局によりますと、高岡市二上地区と城光寺地内の753世帯で、4日午前8時ころから水道水が茶色く濁りました。

 原因は、二上地内での水漏れの修理工事中に、配管のヒビが広がり大量の水が外に噴き出した際に、配管の中の水の流れが速くなり、中のサビなどが剥がれて流れたとみられます。

 水の濁りは4日午後9時30分ごろまでに復旧しました。高岡市水道局によりますと濁った水を飲んでも人体に影響はないということです。

富山2020.07.05 11:43

高岡市二上地区 水道水濁る

 高岡市で4日、水道水が茶色く濁る事案があり、高岡市上下水道局が復旧にあたっています。原因は、地区内での水道工事により、配管の中のサビが流れたものとみられます。

 高岡市上下水道局によりますと、高岡市二上地区で朝から水道水が濁る事案がありました。

 原因は、二上地内での水漏れの修理工事で、配管から大量の水が外に噴き出した際に配管の中の水の流れが速くなり、中のサビなどが剥がれて流れたとみられます。

 濁っている範囲は、二上地区のおよそ700世帯とみられ、高岡市には、これまでにおよそ80件の苦情が寄せられているということです。

 高岡市は、広報車で水道水の使用を控えるよう呼びかけるとともに、給水車を出して対応にあたっています。

 現在、消火栓から水をだすなどして徐々に濁りは収まってきているものの、はっきりした復旧完了の見通しはたっていないということです。

富山2020.07.04 20:02

黒部市と高岡市の海でそれぞれ遺体見つかる

 4日午前、黒部市の漁港の湾内で近くに住む88歳の男性がうつ伏せの状態で浮かんでいるのが見つかり死亡が確認されました。警察が死因などを調べています。

 黒部警察署によりますと4日午前10時55分ごろ、黒部市生地中区の黒部漁港の湾内の岸壁で、近くに住む無職の大坪春雄さん(88)がうつ伏せの状態で浮かんでいるのを親族が見つけて消防に通報しました。

 大坪さんはその場で死亡が確認されました。

 けさから大坪さんの姿が見えないことから家族が探していました。

 大坪さんに目立った外傷はなく、警察は司法解剖をして死因などを調べることにしています。

 一方、高岡警察署によりますと、4日午前11時30分ごろ、高岡市石丸の姫野橋近くの海に人のようなものが浮いているのを通行人が発見し110通報しました。

 遺体は、20歳から50歳代とみられ、身長は160センチくらい、体格は中肉で茶髪だということです。

 現場は、近くに貯木場がある流れのない場所で、遺体に目立った外傷はみられず、警察が身元と死因を調べています。

富山2020.07.04 19:50

新型コロナウイルス感染の女子生徒の家族 友人 教員や生徒 全員が陰性

 今月2日、新型コロナウイルスの感染が分かった入善高校の女子生徒の濃厚接触者6人と接触者である教員・生徒52人は全員の陰性が確認されました。

 県は、今月2日、新型コロナウイルスの感染が確認された女子生徒の濃厚接触者とする家族5人と友人1人の合わせて6人、接触者として入善高校の生徒や教員など52人のPCR検査を3日までに行っていました。

 3日は家族4人の陰性が分かっていて、4日はそのほかの検査の結果が判明し、全員の陰性が確認されました。

 この結果を受け、5日まで登校禁止としている入善高校は、学校内での感染はないと判断し7日から登校を再開し、部活動も行うことに決めました。

富山2020.07.04 19:18

県内 11市町に大雨警報

 4日の県内は、広い範囲で雨が降っています。富山地方気象台は11の市と町に大雨警報を出して警戒を呼びかけています。

 県内は、前線に向かって湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、雨が降っています。

 午後5時30分の時点で、富山市、上市町、立山町、滑川市、魚津市、黒部市、入善町、朝日町、射水市、砺波市、南砺市に大雨警報が出ています。

 夜の始めごろにかけて雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨となる見込みで、土砂災害に警戒が必要です。

 また、低い土地の浸水、川の増水、落雷、突風に注意してください。

 5日午後6時までの24時間に降ると予想される雨の量は、東部西部ともに多い所で50ミリの見込みです。

富山2020.07.04 19:09

富岩水上ライン 一部コースで運航再開

 富山市の富岩運河環水公園から岩瀬を結ぶ運河クルーズ「富岩水上ライン」が4日から一部のコースで運航を再開しました。

 「富岩水上ライン」は、県内で新型コロナウイルスの感染が広がっていた4月14日から運航を中止していましたが、乗船客数の制限や船内の消毒などの感染防止策を行い、4日から中島閘門までの便が運航を再開しました。

 富岩水上ラインは、県民を対象に乗船料金が半額になる割引キャンペーンを始め、再開初日の4日は午前中から多くの県民が訪れ、船から見える景色を楽しんでいました。

 富山県観光・振興局 前佛聡課長
「途中、中島閘門という水のエレベーターもあります、なかなか地元にいて知らないという人も多いと思うので、是非、地元のいいところを再発見してほしい」

 富岩水上ラインは今月23日からは、岩瀬便と周遊便でも運航を再開する予定です。

富山2020.07.04 18:57

カブトムシ クワガタ かっこいい

 立山町の昆虫王国立山ではカブトムシ・クワガタ展が開かれていて、子どもたちが昆虫に触れて楽しんでいました。

 昆虫王国立山の立山自然ふれあい館では、カブトムシ・クワガタ展が開かれています。

 ここでは、およそ80匹のカブトムシやクワガタムシが放し飼いされていて自由に触ることができます。

 4日は、多くの家族連れが訪れ、子どもたちが普段見ることのできない大きなカブトムシを触ったり手で持ち上げたりして興味深く観察していました。

 男の子「(角が)ギザギザでかっこいい」

 女の子「角が長い」

 昆虫王国立山は、新型コロナウイルスの影響でイベントや施設の多くを営業することができず、施設の感染対策を行ったうえで先月20日から本格的に再開しています。

 カブトムシ・クワガタ展は、11月1日まで開かれています。

富山2020.07.04 18:51

2日判明の感染者の濃厚接触者 6人中4人は陰性

 2日、新型コロナウイルスへの感染が確認された入善高校の女子生徒は、先月、大阪府などに出かけていたことが分かりました。また、濃厚接触者である家族や友人6人のうち、4人は検査結果が陰性でした。残る2人の結果は4日、判明する見通しです。

 県教育委員会 伍嶋二美男教育長「感染した患者ですけど、入善高校の生徒女性であります」

 感染が確認された女子生徒は先月20日に家族1人と自家用車で大阪府へ日帰り旅行をしました。その後24日に嗅覚異常と37.5度の発熱があり、高校を欠席しました。26日に熱が下がったため登校し、28日に友人1人と友人の車で石川県へ出かけました。

 その後、再び嗅覚異常がでたため30日に医療機関を受診し、検査の結果、2日に陽性と判明しました。

 県内での感染確認は45日ぶりで、感染者は228人目、高校生の感染は初めてです。県は、濃厚接触者として家族5人と、石川県に一緒に行った友人1人の合わせて6人のPCR検査を行い、うち家族4人は陰性と確認されました。

 残る家族1人と友人の検査結果は4日に判明する予定です。また接触者として入善高校の生徒や教員など52人の検査を行い、結果は、4日以降判明します。

 入善高校は校舎を消毒し、2日午後から3日まで臨時休校としていて6日(月曜日)以降の対応は感染状況を踏まえて判断するとしています。

富山2020.07.03 19:35

県内で再び感染者 今後の注意点は

 富山県内で45日ぶりに新たな感染が発生し、東京では新規感染者が日に100人以上にのぼっています。感染症の専門家はこの状況をどう見るのか、そして、今後どんなことに注意したらいいのか聞きました。

 富山大学附属病院総合感染症センター 山本善裕センター長
「最近の全国、特に関東ですね、あの状況を見ていますと、やはり、いずれ(県内に新たな感染者が)来るだろうと、そして、やっぱりかという印象です」

 感染症の専門医である富山大学附属病院総合感染症センターの山本善裕センター長です。

 新たに感染が分かった高校生の感染経路について、山本センター長は、訪れた大阪で感染した疑いが強いと指摘します。

 富山大学附属病院総合感染症センター 山本善裕センター長
「20日に大阪に行かれて、症状が出たのが24日、潜伏期間を考えると、もうそこですね。その前40日以上、富山県では患者が出ていなかった。当時大阪は関東に比べると多くはなかったと思いますけど、やはり確率から言うと富山県内ではなくて、大阪で感染されたと思います」

 2日に、大阪府で新たに感染が確認されたのは8人。このうち6人の感染経路は不明です。

 一方、東京都の3日の新たな感染者は124人で、2日連続で100人を超えました。今後、県内での感染拡大を防ぐにはどんなことに注意すべきか。山本センター長は、県内で感染が拡大した第1波の状況が教訓になると話します。

 富山大学附属病院総合感染症センター 山本善裕センター長
「まず3月30日。振り返ってみますと、やはり県外からの持ち込みから始まりました。それがこの薄い紫、それから濃厚接触者、緑の部分、その後、そこから家族内、家庭に持ち込みがはいります。そのうちにピンク、これが経路不明ということで、どこからもらったか分からない。都会ではピンクの経路不明がかなり多くなっている。しかし、富山県では家族内というのが多いんです。つまり、今後のことを考えると、まずは県外からの持ち込みに注意。まさしく今回がその通り、そして次にこの家族内ですね。特にご家族に高齢な方、おじいちゃん、おばあちゃんが一緒に住んでいる場合は、若い人から高齢者にうつさないような家庭内での感染対策が重要になってくると思います」

 まずは県内にウイルスを持ち込まないよう感染が増えている関東や関西への行き来は慎重に判断し、行く場合にはクラスターが発生しているような施設への立ち寄りは控えてください。

富山2020.07.03 19:32

県美術館から「たいめいけん」撤退

 富山県美術館一部開館と同時に、美術館内のレストランとしてオープンした「日本橋たいめいけん富山店」が、来月30日で閉店することになりました。新型コロナウイルスの感染拡大による売り上げ減少などを原因としています。

 「日本橋たいめいけん富山店」は、2017年3月に富山県美術館内で営業を始め、茂出木浩司シェフがオーナーを務めています。

 県によりますと、運営会社が事業の再編成を検討していたことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが減少し、運営会社から「8月末で富山店の運営を退きたい」との申し出があったということです。

 県は、新たな出店者の公募を3日から始め、9月中旬から10月にかけ選定し、来年2月下旬に新しい出店者が営業を始める予定です。

 また、県は県民と新型コロナウイルス問題を乗り越えるため、「メイク・トヤマ・スタイル、ビヨンド・コロナ・ウィズ・アス」と銘打ったスローガンとロゴマークを制定しました。

富山2020.07.03 19:21

軽症者受け入れホテル 再開前に消毒

 これまでの新型コロナウイルス感染者のうち、無症状の人や症状の軽い人が療養した富山市のホテルで、営業再開を前に3日、消毒作業が行われました。

 オークスカナルパークホテル富山では消毒業者がホテルに入り、建物の中を拭きとったり薬剤を散布したりしました。このホテルは、医療機関の負担軽減に向けた県の募集に応じて、感染者のうち、症状のない人や軽い人を、4月から先月末まで受け入れました。のべ40人が療養したということです。

 オークスカナルパークホテル富山 竹田一也総支配人
「いい環境でしっかり療養することができたと思っていただきたいな、という思いをこめてお世話をさせて頂いた。お客様に安心してお越しいただけるようなカナルパークホテルとして再出発していきたい」

 このホテルは今月20日から宿泊やレストランなどの営業を全面的に再開します。

富山2020.07.03 19:18

ライチョウのひな3羽誕生

 ニホンライチョウの人工繁殖に取り組んでいる富山市ファミリーパークは、3日午前、ライチョウのひな3羽がふ化したと発表しました。ことし、ファミリーパークでひなが誕生したのは初めてです。

 こちらがきょう生まれたライチョウのひな3羽です。母鳥の周りを歩き回るなどしていますね。母鳥はことし5月から先月13日までに卵9個を産み、その後、抱いていました。この9個のうち3個がふ化しました。

 ファミリーパークによりますと、ひなの体長はおよそ6.5センチで、母鳥の腹の下に隠れたり、時々出てきたりしているということです。

 ファミリーパークでのライチョウ人工繁殖は去年、母鳥が卵を抱いてのふ化に初めて成功しましたが、その後、母鳥自身にヒナを育てさせることは断念しました。ことしはそれの成功を目指し注意深く観察していきたいとしています。

富山2020.07.03 19:17

KNBテレビ番組 連盟賞報道部門で受賞

 日本民間放送連盟賞の中部・北陸地区の審査で、KNBの番組がテレビの報道部門で審査員特別賞に選ばれました。

 テレビの報道部門には、中部・北陸の各放送局から11本の番組が出品されました。審査結果は3日発表され、5月に放送したKNBふるさとスペシャル「見た目と見る目~顔の差別とむきあって~」が審査員特別賞に選ばれました。

 番組は顔に難病がある女性が子どもの頃のいじめの経験をもとにした1人芝居を演じ、見た目の問題を社会に訴える姿を追いました。

 審査員は「一人芝居は圧巻。新型コロナウイルスの時代だからこそ気づかされるところがあった。マスクの時代に生きるうえでこの番組は意義がある」などと講評しました。

富山2020.07.03 19:16

島尾海岸 感染対策して海開き

 氷見市の島尾海水浴場は3日、海開きし、関係者らがシーズン中の安全を願いました。ことしは、新型コロナウイルスの感染防止策をとっての開設です。

 午前10時から行われた神事には、氷見市の林市長や観光協会の関係者らが参加し、シーズン中の安全を祈願しました。

 一方、海岸では・・・

 「海水浴での密集を避けるため、こちらのように看板で注意を呼びかけています」

 さらに、感染対策として今月18日から来月16日までの間、監視員がいわゆる3密を避けるよう放送での呼びかけも行います。また浜茶屋は、飛沫感染防止のためカウンターテーブルを用意するなど対策をとったうえで営業します。

 氷見市観光協会 松原勝久会長
「安全対策を十分にしています。来られる皆さんも安全対策をしつつ、ぜひたくさんの方にお越しいただければと願っています」

 県内の海水浴場をめぐっては新型コロナウイルスの影響をうけて富山市の岩瀬浜と浜黒崎、射水市の海老江海浜公園海水浴場が今シーズン開設しないと決めています。

富山2020.07.03 19:15

夏場の献血に協力を

 暑さから献血をする人が減る傾向がある夏を迎えた中、自動車販売などを手がける企業グループが3日、富山市で献血キャンペーンを行いました。

 富山市千歳町の品川グループ本社では、従業員らが献血をしました。献血キャンペーンは毎年この時期に行っていて、14回目です。

 ことしは新型コロナ感染防止のため、献血を行うバスに乗り込むとき手指を消毒したり、窓を開けて換気したりしました。

 キャンペーンは今月22日まで品川グループの自動車販売店など9か所で行われます。

富山2020.07.03 19:14

富山市 市内に泊まろう!キャンペーン

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた観光業を支援しようと、富山市は市民が市内の宿泊施設を利用する際の宿泊費を補助するキャンペーンを始めます。応募は4日からで、特設のホームページか郵送で受け付けます。

 受け付けが始まるのは「富山に泊まってエンジョイキャンペーン」です。この取り組みは、新型コロナウイルスで経営に深刻な影響を受けた宿泊業を活性化させようと、応募があったうちの3500人の富山市民に宿泊料金の割引クーポンを配布して宿泊を促すものです。

 2日までにホテルや旅館33軒から対象施設として応募がありました。満18歳以上の市民が市内の対象施設に宿泊した場合、宿泊料金の補助を受けることができます。補助は、1人につき1万5千円、もしくは1万円で、応募多数の場合は抽選となります。

 クーポンが利用できるのは、来月1日からことし10月末までです。応募は7月4日から15日までで特設のホームページか郵送で受け付けます。

富山2020.07.03 19:10

知事選へ新田さんの街頭活動に自民党富山市議4人参加

 ことし秋の県知事選挙に立候補を表明している新人の新田八朗さんの街頭活動に3日朝、自民党の富山市議会議員が複数参加しました。自民党県連が現職の石井隆一知事の推薦を決めて以降、複数の市議が参加したのは初めてです。

 3日朝、富山駅前での新田さんの街頭活動には、継続して参加していた自民党の高田重信富山市議に加え、いずれも自民党の高田真里市議、成田光雄市議、高道秋彦市議の3人が参加しました。

 高田真里市議「私のところに届く声は、やはり新しい知事になってほしいという声が圧倒的に多かったということですね」

 知事選をめぐって自民党は、県連が現職の石井知事の推薦を決めたのに対し、富山市連は先月、市連としてはこの決定に従いつつも、市内各支部や党員の判断に委ねるとしました。

 議員は党議拘束の対象ですが、そうした中で新田さんの活動に4人が参加しています。

 新田八朗さん「たくさんの方に政治家の信念に従って、こうやって(応援)いただいていていることは、本当に心強くありがたいことだと思っています」

 3日に開かれた自民党県連の党紀委員会では、新田さんの活動に参加した自民党市議に対し、まずは活動の自重を求める書面を郵送することを決めました。

 一方、現職の石井知事は、公明党県本部が2日に自らの推薦を決めたことについて次のように述べました。

 石井知事「推薦いただいたことは、大変ありがたく、心強く思っている。推薦理由が、これまでの4期16年の富山県政の運営の実績とか取り組みの姿勢、今後の新型コロナ問題を乗り越えて新しい富山県をどういう方向に持っていくのかというときのビジョンを評価したと伺っている」

 知事選にはこのほか、共産党などでつくる市民団体、そして富山維新の会が候補擁立をめざし検討を続けています。

富山2020.07.03 18:51

45日ぶりコロナ感染者確認 女子高校生

 県は2日、入善高校の女子生徒1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。県内での感染確認は45日ぶりで、感染者数は228人目となりました。

 感染が確認された女子生徒は先月20日に家族1人と自家用車で大阪府へ行き、その後24日に嗅覚異常と37.5度の発熱があったことから学校を欠席しました。26日には熱が下がったことから登校し28日に友人1人と友人の車で石川県へ出かけました。

 再び嗅覚異常がでたため30日に医療機関を受診し、PCR検査の結果、2日に陽性と判明しました。

 高校生の感染者は県内で初めてです。

 県は、濃厚接触者として家族5人と友人1人にPCR検査を行うほか、接触者として高校の教員や生徒などおよそ50人に本人の同意の上で検査を行います。

 入善高校は2日に校舎の消毒を行いました。また、2日の午後から3日まで臨時休校で土日は登校禁止としています。

富山2020.07.03 11:51

2日 小矢部市の用水路で70歳男性死亡

 2日、小矢部市の用水路で近くに住む70歳の男性が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 小矢部警察署によりますと、2日午後4時17分ごろ小矢部市埴生の用水路で近くに住む無職の太田邦博さん(70)がうつぶせの状態で用水路に倒れているのを、現場近くで田んぼの水抜きをしていた近所の男性が見つけ、近くの家の住人が消防に通報しました。

 太田さんは病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

 現場は、幅50センチ、深さ30センチの用水路で、発見当時の水深は3センチ程度で流れは少し速かったということです。また近くには、太田さんのものとみられる草刈り機があったということです。近所の人の話では太田さんは朝から現場付近で熱心に草刈りをしていたということです。

 太田さんに目立った傷は見られないということで、警察は、3日以降司法解剖して死因を特定するとともに、事故と事件の両面で調べています。

富山2020.07.03 11:50

品川グループ650人 夏場の献血に協力

 夏は、毎年献血の協力が得にくくなることから、富山市の自動車販売会社では献血キャンペーンを行っています。

 夏場は、暑さから外出する人が減るなど、献血をする人が少なくなる傾向があります。

 このため、自動車販売などを手がける品川グループは、毎年この時期に献血キャンペーンを行っていて、今年で14回目です。

 2日は、富山市千歳町の品川グループ本社で従業員らが献血しています。ことしは新型コロナウイルスの感染防止のため、献血を行うバスに乗り込むとき手指を消毒したり、バスの窓を開けて換気したりと対策を行っています。

 このキャンペーンは今月22日まで7日間に分けて、品川グループの自動車販売店9か所で行われます。期間中には従業員らおよそ650人が献血に協力するということです。

富山2020.07.03 11:50

新型コロナウイルス45日ぶり 入善高校の女子生徒が感染

 県は2日夜、入善高校の女子生徒1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。県内での感染確認は45日ぶりです。

 この女子生徒は、先月20日に家族1人と自家用車で大阪府へ行き、24日に嗅覚異常と発熱があったことから学校を欠席しました。

 26日には熱が下がったことから登校し、28日に友人1人と友人の車で石川県へ出かけました。

 再び嗅覚異常がでて30日に医療機関を受診し、PCR検査の結果、2日、陽性と判明しました。

 県は、濃厚接触者として家族5人と友人1人にPCR検査を行うほか、接触者として高校の教員や生徒など約50人がいるとして入善高校は3日まで臨時休校します。

富山2020.07.02 21:00

県内で初の確認 ツマジロクサヨトウ

 飼料用トウモロコシなどイネ科の作物を食べるガの「ツマジロクサヨトウ」が県内で初めて確認されました。県は病害虫発生特殊報を出し、注意を呼びかけています。

 これが県内で初めて確認されたツマジロクサヨトウです。南北アメリカ原産のガで幼虫がイネ科のトウモロコシやイネ、マメ科のダイズなど広範囲な作物にとりついて葉などを食べることから農作物に重大な被害を与える恐れがあります。

 県によりますと先月25日に県東部の飼料用トウモロコシの畑で罠にかかっているオスの成虫が見つかり、その後、農林水産省の植物防疫所伏木富山支所でツマジロクサヨトウと確認されたということです。

 ツマジロクサヨトウは去年7月、国内では初めて鹿児島県で発見されて以来、全国各地で確認されるようになり、先月には新潟県と岐阜県でも見つかっています。県は多発すると大きな被害が出る可能性があることから、農家などに対し「畑をよく見回り幼虫を見つけた場合は連絡してほしい」と呼びかけています。

富山2020.07.02 20:45

パーキングパーミット制度 コロナ禍影響で導入に遅れ

 障害がある人などに利用者証を交付することで駐車場の障害者用区画を使いやすくする制度がことし4月から始まっています。一方で商業施設の駐車場への普及は遅れ気味です。県は「新型コロナウイルスの影響で、協力の呼びかけがすすんでいないため」としています。

 明正隆さん
「それまで各商業施設ごとに利用証を発行しているということがあったんですけど、それが富山県で一枚、行政がひとつ発行するということで、共通の一枚で済むというのは利点だと思います」

 射水市に住む明正隆さんです。全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病の筋ジストロフィーを患っています。自ら運転することができず、車いすの乗り降りには広いスペースも必要なため、障害者用の駐車スペースを確実に使いたいと考え、ことし4月に始まった「富山県ゆずりあいパーキング利用証制度」に登録しました。

 週に3回程度、買い物などの際に使っているといいます。

 明正隆さん
「ここは屋根もありスペースもあるので、使いやすい駐車場ですね」

 この制度は一般的にはパーキング・パーミットと呼ばれています。障害がある人など向けの駐車スペースを健常者が不正に使う問題が相次いでいることなどから、利用証を発行することで必要な人が必要なときにスムーズに駐車スペースを使えるようにします。

 全国では39の府と県がすでに導入しています。対象は車いす使用者などの障害者がある人のほか、母子手帳の取得から産後1年の間の妊産婦、要介護1以上の高齢者なども含まれます。

 県厚生企画課 宮脇健一主幹
「一見して障害をお持ちであることがかわからないような障害もございます。たとえば内部障害の方もそうなんですが、その方々が利用証を掲示して利用されることによって、わからないことによる誤解を解消するメリットもございます」

 利用証の交付はことし4月からはじまり、県のまとめによりますと5月末までに3604枚が交付されたということです。

 一方、駐車スペースの協力施設は先月5日現在、公共施設など404施設、1136台分が集まりましたが、民間はまだまだ一部の施設にとどまっています。利用できる人への周知もまだ進んでいません。

 96台分の駐車スペースを設けている富山市のファボーレでも、制度自体を知らない人がまだいるということです。

 富山フューチャー開発 石本彰彦渉外部長
「利用証掲示してなくて駐車されているお客様にお聞きすると、制度を利用する権利あるお客様でご存知ないという方がおられます。周知させて頂いてぜひ適切にご利用頂きたいと思っています」

 県は新型コロナウイルスの影響で、説明会を中止したり協力要請のための訪問を控えたりしていることが原因としています。

 県厚生企画課 宮脇健一主幹
「ぜひ制度の周知に努めて、対象の方が止めるということを理解の上、対象でない方は他の駐車区画を利用していただくと、そういう風に取り組んでいきたいと思います」

 県は協力施設を増やす呼びかけを強化し、他県の状況を参考に今後3年後までに協力施設を550施設まで増やしたいとしています。

 いっぽう、制度の利用者の明さんはパーキングパーミット制の限界も感じています。いまだに必要ではなのに障害者用の駐車場に車を止める人はあとを絶たないと話します。

 明正隆さん
「これまでの車いす駐車場もマナーに訴えかける、モラルに訴えかけるという形で、あくまでも利用者が自分で考えて止めないでねというところが多くて、あくまでも要請レベル。利用証をつけていない車に声掛けするとか、警告文を張り付けるといった対策があれば、パーキングパーミットの意味も出てくるのではないかと思います」

 利用証の申請は各自治体の窓口や郵送で受け付けているということです。協力市施設の拡大とともに、利用者のマナーや制度の周知も今後の課題です。

富山2020.07.02 20:43

知事選 公明党は現職を「県本部推薦」

 この秋行われる県知事選挙について公明党県本部は2日、現職の石井隆一さん(74)の推薦を決めました。

 公明党県本部によりますと2日、党本部で開いた中央幹事会で「県本部推薦」が承認されたということです。

 石井さんに対し、公明党は初当選から3期目までが党本部推薦、4期目を目指した前回からは県本部推薦となっていました。今回の県知事選挙をめぐっては新人の日本海ガス前社長、新田八朗さん(61)も公明党に対し推薦を申請していました。

 公明党は去年の参議院選挙の際、県内での比例代表で3万6870票の得票があり、今回の推薦は知事選の行方にも一定の影響を与えるとみられます。

富山2020.07.02 20:39

戦後75年 はばまれた慰霊の旅 抑留体験者の無念

 第2次世界大戦の後に、旧ソ連軍によってシベリアなどに抑留され、死亡した元日本兵らを現地で追悼する「慰霊訪問」がことしは感染防止のため中止されることになりました。ことしは終戦から75年の節目の年にあたります。30年前から訪問を続けてきた全国強制抑留者協会は「とにかく残念」と話しています。

 全国強制抑留者協会会長 山田秀三さん
「病気(新型コロナ)がうつったら困ると、ねえ。それは残念なんですわ」

 南砺市井波の山田秀三さん102歳です。30年間にわたって慰霊の訪問を続けてきた全国強制抑留者協会の会長を務めています。祖国に帰れなかった戦友のことを思うと、慰霊訪問の中止は残念でならないと話します。

 全国強制抑留者協会会長 山田秀三さん
「向こうでほんとにかわいそうなほどにね、若い人が死んでいるんですよ。若い時にみんな死んでいったなあと、この豊かな時代を知らんと死んでいってると、そういうことを考えると、どうしてでも墓参をしてあげなならんなと」

 第2次世界大戦の終戦時、旧満州などにいた元日本兵らは旧ソ連軍によって強制連行され、シベリアやモンゴルなどの極寒の地で重労働を強いられました。山田さん自身も、終戦後2年半にわたって抑留され、冬には氷点下40度まで下がるモンゴルのレンガ工場で強制労働させられたということです。

 全国強制抑留者協会会長 山田秀三さん
「ぜんぜん土が掘れない。なんでか言ったらその土が1メートルほど凍ってるの、鉄板といっしょや。なんでこんな目に遭わんなんのかと思ったことが何べんもあったわ、でも帰れるわけもないでしょ」

 厚生労働省は、日本人57万5000人が抑留され、このうち5万5000人が死亡したと公表しています。しかし協会は、100万人以上が抑留され、30万人以上が死亡したとしていて、正確な数字は分かっていません。

 また協会は抑留された富山県出身者はおよそ3500人で、このうち600人以上が帰国を夢見ながら現地で死亡したのではないかとしています。

 全国強制抑留者協会会長 山田秀三さん
「私の分隊では秋田県の25歳で、死んでいった。栄養失調で死んでいった。かわいそうやったなと。葬式するわけでないし、ただ死んだじゃーと言うとるだけのもんやちゃ」

 山田さん自身も墓参りのためにこれまでにシベリアを4回、モンゴルを2回訪れています。県内でも毎年秋に、高岡市内に設けた慰霊碑の前で慰霊祭を行ってきましたが、新型コロナウイルスをめぐる状況が予断を許さないなかこちらも中止せざるをえない状況になりました。

 終戦からことしで75年。山田さんは危機感を募らせています。

 全国強制抑留者協会会長 山田秀三さん
「シベリア抑留というと、それ、どんなことですかと、若い人は、知らんいうとるもん。情けないもんじゃなあと、ひどい目に遭って来たのに。そんなもんで時代が変わってしまえば、そんなことどれだけ教えていても、人間、自分のことだけしか考えとらんもんや。難しい、弱ったもんやなと思う。継ぐ者がいない、みんな、戦争に行った人は死んでおらん」

 山田さんは、教訓を伝えていく一方で互いを認め合う気持ちを持たないと、戦争は永遠に無くならないと話します。

 全国強制抑留者協会会長 山田秀三さん
「戦争ちゅうもんはね、絶対にね、お互いにね、自分の思いをやっとるだけのもんであって、そりゃなん、誰も戦争やったらあかんと知っていて、分かっていても、人間の根性、根性ちゅうもんがね、同じことを考えんもんやさかい、そういうことになるんではないか。お互いの堪忍のしあいをせんなんと、いうこっちゃね。それしかないがでないけ、お互いにね、堪忍のしあい。お互いにそういう精神になれば、争いごとが無くなってくるんやけど」

 遺骨の調査や強制労働への補償など、抑留をめぐる課題が今も多く残されている一方で、抑留を経験した人はすでに80代後半か90代以上という高齢になっていて、当時の実態を語り継ぐことはだんだん難しくなってきています。山田さんは新型コロナウイルスの 一日も早い終息を願っています。

富山2020.07.02 20:37

ニホンライチョウ母鳥が抱卵開始 3つが有精卵

 環境省などが進めているニホンライチョウの保護増殖事業で、富山市ファミリーパークは、母鳥が9つの卵を温めはじめ、うち3つが有精卵だったと発表しました。ふ化の予定日は2、3日後だということです。

 有精卵が確認されたのは4年前に乗鞍岳で採取しファミリーパークでふ化したメスの産んだ卵です。先月16日に初めて産卵が確認されたメスとは別のメスで、先月13日までに9つの卵を産み、その後卵を抱き始めました。

 検査したところこのうち3つの卵が有精卵とわかったということです。現在母鳥はライチョウ舎の繁殖室で卵を温めていて、ふ化予定日は今月4日、または5日だということです。

 このほか先月16日に産卵したメスが、2日までに5つの卵を産んだということです。

 ファミリーパークは去年、母鳥が卵を抱いてのふ化に初めて成功していて、ことしは母鳥自身にヒナを育てさせることを目指しています。

富山2020.07.02 20:33

北日本放送制作の番組 ギャラクシー賞選奨 受賞

 昨年度、全国で放送されたテレビとラジオの番組の中から優れた作品を表彰する第57回ギャラクシー賞の最終結果が2日、発表され、北日本放送が制作した番組がテレビ部門で選奨に選ばれました。この部門での受賞は13年ぶりです。

 今年のギャラクシー賞のテレビ部門で受賞したのは、北日本放送が制作し、3月に全国放送した番組、「NNNドキュメント’20 19人を殺した君と重い障がいのある私の対話」です。

 全国の放送局が制作したテレビドラマやドキュメンタリーなど14の入賞作品の中から、大賞、優秀賞に次ぐ選奨に選ばれました。番組は、2016年に神奈川県の障害者施設で起きた入所者殺害事件の被告と富山市の重度障害者の面会などを取材したドキュメンタリーです。

 ギャラクシー賞は、放送文化の向上を願い放送批評懇談会の会員が番組を審査し、表彰するもので、贈呈式は来月上旬に東京都内で行われる予定です。

富山2020.07.02 20:30

新型コロナにつけこみ マスク購入詐欺

 ことし5月、高岡市の男性がインターネット通販サイトで新型コロナウイルスの感染防止用にマスクを注文したものの、商品が届かず、代金をだまし取られていたことがわかりました。

 高岡警察署によりますとことし5月、高岡市の60代の男性が、通販サイトで1箱50枚入りのマスク3箱を注文し、業者側からメールで伝えられた金融機関の口座に購入代金3769円を振り込みました。

 その2日後に男性のもとに「6月26日から29日までの間にマスクを発送する」という業者からのメールが届いたものの、結局、商品は届かず、販売サイトも削除されていて業者とは連絡が取れなくなったということです。

 男性は2日、警察に被害を届け出ました。警察はサイトに掲載されている販売業者の情報に不審な点がないかを慎重に確認し、怪しいと感じた場合はすぐに警察に連絡するよう呼びかけています。

富山2020.07.02 18:28

射水市「ふくし総合センター」開設

 引きこもりや生活困窮など生きづらさを抱えた人を支援しようと射水市は1日、市内に専門職員が相談に応じる福祉窓口を新たに開設しました。

 射水市戸破の市民交流プラザに開設されたのは、ふくし総合相談センター「すてっぷ」です。

 ここでは、市からの委託を受けた市社会福祉協議会が生きづらさにつながる様々な生活相談、中でも引きこもりや生活困窮の問題に対し重点的に取り組みます。市によりますと、近年、ひきこもりの子どもをもつ高齢の親からの相談が多いことから、個別の問題に応じた支援や地域での実態把握を進めるとしています。

 窓口は、平日の午前9時から午後5時まで、訪れても電話でも相談を受け付けます。

 ひきこもり相談の専用ダイヤルは、0766・55・5204です。

富山2020.07.02 15:10

どんより空の県内 蒸し暑く

 2日の県内は雲が広がり、昼ごろにかけて雨となるところもありそうです。

 県内は湿った空気の影響をうけて、朝から雲が広がっています。2日朝の富山駅前では、蒸し暑さの中、ジャケットを脱いで通勤する人や首かけ式の扇風機を使う人の姿も見られました。

 2日、日中の予想最高気温は、富山市で28度、高岡市伏木で27度とほぼ平年並みです。このあと昼ごろにかけては、雨が降る所もある見込みです。

 気温や湿度が高くなり食中毒が発生しやすい状態になっていることから、県は1日、ことし初めて食中毒注意報を出しました。県は、弁当の温度管理を徹底し早めに食べたり、肉などは十分に加熱したりするなど、注意を呼びかけています。

富山2020.07.02 11:58

小矢部市 はたらくくるまがやってきた!

 新型コロナの影響で遠足などに出かけられない子どもたちのために大型観光バスが小矢部市のこども園を訪問して、見学会が行われました。

 2日、小矢部市の蟹谷こども園で行われた見学会は、新型コロナウイルスの影響で遠足などの屋外での体験学習が中止となっている子どもたちのために、高岡市のイルカ交通と小矢部市が企画したもので、園児113人が参加しました。

 子どもたちは大きなバスに順番に乗り、窓からの景色を楽しむなど遠足気分を味わいました。

 園児「面白かった」

 「楽しかった」

 「去年はクロスランドに遠足行ったけど行けないから」

 この見学会は小矢部市の保育所やこども園合わせて8か所で行われるということです。

富山2020.07.02 11:58

ことし初めて 食中毒注意報

 気温や湿度が高くなり食中毒が発生しやすい状態になっていることから、県は1日、ことし初めて食中毒注意報を出しました。テイクアウトの弁当の管理にも注意が必要です。

 食中毒注意報は、気温と湿度が発令基準を満たしたときに出されます。1日は、午前10時に富山市で気温が25.9度、湿度が83パーセントになったことから、県はことし初めて食中毒注意報を出しました。期間は、3日までの3日間です。

 ことしは、新型コロナウイルスの影響で弁当のテイクアウトが増えています。県は、弁当の温度管理の徹底や、早めに食べること、肉などは十分に加熱し生で食べないこと、そのほかの生鮮食品も冷蔵庫や冷凍庫で保管することなど注意を呼びかけています。

富山2020.07.01 19:38

ベトナム人技能実習生の男が同僚に刃物で切りつけ 殺人未遂で逮捕

 30日、砺波市でベトナム人技能実習生の男が同じ寮で暮らすベトナム人男性に刃物で切りつけたとして、殺人未遂の疑いで緊急逮捕されました。関係者によりますと、言葉遣いを巡りトラブルになったということです。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、砺波市千保に住むベトナム国籍の技能実習生グエン・ヴィ・ティン容疑者(26)です。

 砺波警察署によりますと、ティン容疑者は、30日午前7時20分ごろ従業員寮で殺意を持って同僚の32歳の男性に刃物で切り付け右腕に大けがをさせた疑いが持たれています。

 実習先のガラス加工会社の関係者から、従業員同士のトラブルがありけが人がいると30日午後5時ごろ警察に連絡があり、事件が発覚しました。ティン容疑者は調べに対し、刃物で切りつけたことは認めていますが殺意は否認しているということです。

 Q(寮で)騒いだりトラブルがあったりなどは聞いていますか?

 近所の人
「全然聞いてない。(近所の人も)みんなびっくりしただけしか言っていない。近くで殺人未遂とかと言われるとこんな田舎でという感じで」

 実習先の担当者によりますと、ティン容疑者は、去年末からガラス製品の検査や梱包作業をしていたということです。勤務態度は真面目で、事件当日の30日も通常通り出勤していました。

 「事件現場の従業員寮には、ベトナム国籍の技能実習生10人が共同生活を送っていて、勤務先の担当者によるとティン容疑者と被害者は同じ部屋で暮らしていたということです。」

 実習先によりますと、同じ寮の実習生は、年下のティン容疑者が年上の被害者に対し失礼な言葉遣いをしたと口論になった後、取っ組み合いのけんかになったと話しているということです。警察は動機などを調べています。

富山2020.07.01 19:37

不登校や引きこもり 相談受け付けます

 不登校や引きこもりなどの子どもや若者の相談を受け付ける県の相談センターが1日、富山市に開設されました。

 県森林水産会館の1階に開設されたのは、「県子ども・若者総合相談センター」です。

 不登校や引きこもり、発達障害などの子どもや若者、そして家族からの相談に対し、関係機関の紹介や必要な情報の提供と助言を行う相談窓口です。相談業務を行うのは、これまで26年にわたって不登校や引きこもりなどへの支援を行ってきたNPO法人「はぁとぴあ21」です。

 高和洋子理事長によりますと、県内には不登校の子どもがおよそ1600人、39歳までの引きこもりの人がおよそ3000人いて、どこに相談していいのか戸惑っている人も多いということです。

 相談は電話とメールで受け付け、予約をしたうえで精神保健福祉士などが面談します。受け付けは平日の午前9時から午後5時までで、電話は076‐411‐9003です。

富山2020.07.01 19:33

全日空 富山・東京便 1日2往復に

 先月16日から1日1往復で運航を再開していた、全日空の富山・東京便は1日から1便増やし、1日2往復体制での運航となりました。

 全日空の富山・東京便で1日から追加されるのは、東京発午後6時15分の第3便と富山発午後7時55分の第4便です。全日空富山支店によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大の影響などで今月の東京便の予約人数は4便体制だった去年の同じ時期の2割ほどではあるものの、徐々に予約数は増えてきているということです。

 今のところ残りの富山・東京便2往復のほか、札幌便と、富山空港発着の国際線・上海便、台北便が今月末まで、大連便が来月末までの運休をそれぞれ決めていて、完全な再開にはしばらく時間がかかりそうです。

富山2020.07.01 19:30

森市長 続投要請を固辞 後継候補はまだ

 今期限りでの引退を表明している富山市の森市長に対し、1日行われた市長の後援会の総会で、続投を求める声が上がりましたが、森市長は要請を固辞しました。一方で、後継候補に名乗りをあげた人はまだいないとしています。

 富山市の富山第一ホテルで開かれた森市長の後援会(雅友会)の総会には、およそ200人が出席しました。この席上で後援会の会員から市長として続投するよう求める声があがりました。

 「ぜひ、来年以降も大変だと思いますが、もう1期継続、こんな時代にコロナの生活様式を作るということで、森市長のリーダーシップが必要」

 これに対し森市長は…

 森市長「気持ちは全くかわっておりません。もう僕らの時代ではないと申し上げたわけです」

 このように述べ、今期かぎりで引退する意向を改めて示しました。そのうえで、総会後の取材に対し森市長は、後継候補として手を挙げている人はまだいないと話しました。森市長の任期は来年4月までです。

富山2020.07.01 19:29

県内の路線価 高岡 最高地点が新幹線駅周辺に

 相続税や贈与税の算定基準となる路線価が1日公表されました。高岡では、最高価格の地点がこれまでは中心街でしたが、今回初めて、新幹線の新高岡駅そばが最高となる変化がありました。神林記者がお伝えします。

 路線価は、県内では4314地点を対象にことし1月1日現在の価格が調査されました。県内の平均価格は去年より0.3パーセント下がり、28年連続で下落しました。下落幅は0.1ポイント拡大しています。

 価格が上昇したのは、去年から108増え473地点、下落は104増え821地点でした。

 「高岡市では長らくトップだったまちなかの末広町に代わり新幹線駅にほど近いここ、京田が最高地点となりました」

 高岡税務署管内では、新幹線の新高岡駅そば、高岡市京田の県道が1975年の路線価公表開始以来初めて最高地点となりました。価格は1平方メートルあたり8万2000円です。

 去年までは市の中心街であるJR高岡駅前の末広町通りが最高地点でした。しかし28年連続で下落し、一方で上昇傾向が続く新幹線駅周辺に取って代わられました。

 県不動産鑑定士協会の宮川裕司会長は、去年の大和高岡店撤退なども影響して、街の中心が新高岡駅周辺に移っていると指摘します。

 不動産鑑定士協会 宮川裕司会長
「従来の末広町の商店街ですけど百貨店の撤退もありまして人通り、集客力が年々低下傾向にあるということになります。一方、新高岡駅周辺は大型ショッピングセンターの増床もありました。人通り、集客力が年々高まっているということで、実質的な高岡の中心的な商業地域となっておりまして、不動産の需要も堅調に推移しています」

 一方、県内で最も価格が高かったのは、29年連続で富山市桜町1丁目の駅前広場通りでした。価格は去年と同じ1平方メートルあたり49万円です。去年まで5年続いていた上昇は止まりましたが、富山駅周辺は、路面電車の南北接続や相次ぐホテル開業で堅調に推移しています。

 このほか魚津税務署管内の最高地点は魚津市釈迦堂1丁目の駅前通り、砺波税務署管内は、砺波市三島町の国道156号線でした。

 県不動産鑑定士協会の宮川会長は、今回は反映されていない新型コロナウイルスの影響について「以前より悪化しているが、緊急事態宣言が出ていた4月や5月に比べると改善しつつある」と話しています。

富山2020.07.01 18:58

南砺市 福光庁舎に統合し業務開始

 南砺市は、これまで4つの庁舎に分かれて行ってきた業務を、1日から福光庁舎に統合して業務をスタートさせました。

 統合庁舎となる南砺市荒木の福光庁舎では、業務開始にあたり式典が行われました。あいさつした田中市長は、統合庁舎のメリットを発揮できるよう取り組みたいと述べました。

 南砺市は、合併による市の誕生から16年に渡り、4つの庁舎に分かれて業務を行ってきました。市は5年ほど前から庁舎のあり方の議論を重ね、厳しい財政状況のなかで新しい庁舎の建設は見送って既存の福光庁舎を統合庁舎としました。

 来庁者「井波行ったり福野行ったりもあった。やっぱちょっと不便やったこともあったもんで、一緒になったというので便利になったと思う」

 市内各地域には引き続き、窓口業務を担う市民センターが設置されます。一方、福野、井波、城端の各庁舎の活用や地域活性化が課題となります。

富山2020.07.01 18:54

旧県立近代美術館 住民が保存と活用求める

 既に閉館し、県が建物や敷地の売却を予定している旧県立近代美術館について、地元の住民が1日、建物の保存と活用を県に求めました。

 1日は地元の自治振興会のメンバーなど5人が県庁を訪れ、旧県立近代美術館の建物の保存と活用や、跡地への高層ビルの建設反対など5項目の要望書を提出しました。

 富山市西中野町の旧県立近代美術館は、建物の耐震性不足などから2016年に閉館しました。県は今後の活用策について、県が建物を解体し土地を売却、購入者が建物を解体し土地を活用、そして、購入者が建物を耐震補強して活用の3つの案を示して購入者の公募を行いました。

 公募は30日で締め切られ、複数の応募があったということです。

 県は今月下旬に外部の有識者を含む選定委員会を開き、活用案について議論します。要望を行ったメンバ―は建物を、富山県の産業を発信する場などとしてそのまま活用することを求めています。

富山2020.07.01 18:53

KNBいりふねこども館リニューアル

KNBいりふねこども館が、1日リニューアルオープンしました。新型コロナウイルスの感染防止のため、当面は平日のみの開館となります。

 KNBいりふねこども館はKNB発祥の地である富山市湊入船町にあります。オープンから5年が経つことから、リニューアルのために3月上旬から休館し、新型コロナウイルスの影響で開館が延期となっていました。

 環水公園のそばにあり親子での利用者が多く、感染防止のため、入館時の検温とアトラクションの消毒などを行っています。

 新たに加わったアトラクションは、「くっつくーる」。

 タッチパネルを使い丸の中に書いてあるひらがなをくっつけ言葉を作って 楽しむことができます。

 キャスターやディレクターの仕事を体験できるスペースには、映像を切り替える装置があり、これまでの外とスタジオの映像に新たに、隣りの部屋の映像が加わり、映像を切り替える楽しみが
増しました。

 利用者「中がすごくきれいになっていて新しい遊び場もできていて、なんかまた、たくさん来たいなと思いました。閉まってる間は寂しかったです。きょうほんとに開いてて良かったです。」

 KNBいりふねこども館は当面の間、平日のみの開館となります。

富山2020.07.01 18:51

稲荷公園に1万人規模アリーナ整備 再開発計画

 富山市中心部にある稲荷公園に1万人を収容できる全天候型アリーナを整備する再開発計画の構想が浮上していることが分かりました。2027年の完成を目指していて、地権者らは年内にも準備組合を設立する方針です。

 関係者によりますと計画が浮上しているのは富山地方鉄道の稲荷町駅周辺のエリアです。富山市が管理する稲荷公園に北陸では最大規模となる1万人を収容するアリーナを整備をするほか、あわせて周辺のショッピングセンター・アピアの施設建て替えやホテル、マンションの建設を進めます。

 開発費は400億円と試算されていて、関係者の一人は、「大規模なスポーツイベントを誘致するなどアリーナを活用して北陸地区の活性化につなげたい」と話しています。

 地権者らは年内にも準備組合を設置する方針で、公園を管理する市などと協議を進めているということです。

富山2020.06.30 19:41

強盗致傷事件 被告の男に懲役5年の判決

 去年5月、富山市の住宅で現金を奪い、この家の女性に暴行を加えた罪などに問われている男の裁判員裁判で、富山地方裁判所は30日、懲役5年の判決を言い渡しました。

 判決を受けたのは、富山市婦中町笹倉の無職 宮田佐一郎被告(52)です。

 判決で、宮田被告は去年5月、富山市婦中町の住宅に侵入し、現金およそ8万円が入った財布を盗んだ際、この家に住む女性に見つかったため暴行脅迫を加えてけがをさせたなどとされました。

 きょうの判決で大村泰平裁判長は「暴行脅迫の事実が認められ、強盗致傷罪が成立する」とした一方、「家族は障害を持つ子どもの世話など、家庭を支えていた被告の帰りを待っている」などとして懲役5年の判決を言い渡しました。

富山2020.06.30 19:36

県一般職員の平均は75万9347円

 公務員に30日、夏のボーナスが支給されました。県の一般職員の平均支給額はおよそ76万円で、支給月数は増加しているものの、平均年齢が下がったため額としては1500円あまり減りました。

 県によりますと、特別職と一般職員あわせておよそ1万5000人へのボーナス支給総額は、124億5000万円余りで、このうち、一般行政職員の平均支給額は75万9347円と去年の夏より1563円減りました。これは職員の平均年齢が下がったためで、支給月数自体は0.025か月増加しています。

 特別職の最高額は石井知事の320万円余りでした。

 一方、民間企業のボーナスの状況です。連合富山によりますとボーナスの要求を会社側に提出した163組合のうち111組合が今月24日までに妥結していて、平均額は62万円あまりと去年を3万円あまり下回っています。

富山2020.06.30 19:31

新型コロナ影響深刻 雇い止め407人に

 新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めされた人は、ことし3月からの合計で407人にのぼることがわかりました。

 富山労働局によりますと県内での新型コロナウイルスの影響による解雇や雇止めは30の事業所で407人に上るということです。このうち4割以上が宿泊業・サービス業で占められています。

 いっぽう仕事を求めている人1人あたりの求人数を示す有効求人倍率は、5月は1・30倍となりました。低下は7か月連続で、0.1ポイント以上の大幅な低下はバブル崩壊以来です。

富山2020.06.30 19:29

宿泊費割引キャンペーン 定員増・期間延長

 雇用情勢からもわかるように宿泊業は新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な打撃を受けています。こうした宿泊業への支援策として行った宿泊料金の割引キャンペーンについて、県は30日、当選者数を増やし、期間も1か月延長すると発表しました。

 石井知事「あと1万人分追加をして、県民の皆さんのニーズにお応えしようと」

 キャンペーンは県民を対象に宿泊料金を最大で半額まで割り引くことで宿泊施設への需要を掘り起こそうというもので、当初は来月末までの宿泊が対象でした。

 しかし定員をはるかに超える応募が寄せられ、抽選に外れる応募者が相次いだことから、定員を倍の2万人に増やし、割引期間も8月31日までに延長します。

 追加となる第4期分は来月3日から9日までの間、これまでと同じホームページとはがきでの申し込みになります。県によりますと、応募のうち、8割以上が2割程度の施設に集中しているということで幅広く検討してほしいとしています。

富山2020.06.30 19:26

釣銭の5000円盗む 小学校の男性教諭懲戒処分

 県教育委員会は30日、県内のガソリンスタンドで5000円を盗んだ公立小学校の男性教員を停職3か月の懲戒処分にしました。男性教諭は30日付で依願退職しました。

 懲戒処分を受けたのは県西部の公立小学校に勤務する30歳の男性教諭です。県教育委員会によりますと男性教諭は去年11月県西部のガソリンスタンドで、前に給油機を使った人が残していった釣銭用のレシートを使い、精算機から現金5000円を引き出して盗んだということです。

 男性教諭は担任としてクラスを受けもっていましたが、ことし2月から任意で警察の取り調べを受け、自宅待機していました。その後、被害金額が大きくないこと弁済していることなどからことし4月、不起訴処分となったということです。

 教諭は30日付で依願退職しました。県教育委員会は「これまでも繰り返し教職員の綱紀保持を強く指導してきたが、このような事態を招き残念。深くお詫び申し上げます」とするコメントを発表しました。

富山2020.06.30 19:24

KNBテレビ番組に放送倫理違反

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は30日、北日本放送が去年10月に放送したテレビ番組について、広告と誤解を招く内容・演出で「放送倫理違反があった」との意見書を公表しました。

 この番組は「人生100年時代を楽しもう!自分に合った資産形成を考える」という15分番組で、富山市の投資相談会社の取り組みを通して金融リテラシーの大切さを紹介するのが主な内容でした。

 この番組に対し視聴者から「番組なのか、広告なのか曖昧」という意見が届き、BPOは制作の経緯を調査していました。検証委員会が公表した意見書は「1社提供番組だったにもかかわらず、広告主の表示もCMもなかった。提供スポンサーの意向や事業などから独立した内容なのか見分けがつきにくく、視聴者が広告放送であるとの疑いや誤解を抱くのは無理もない」などと指摘して「委員会は放送倫理違反があったと判断する」としました。

 北日本放送は「今回の意見書を重く受け止め、考査体制を強化し、視聴者に信頼される番組づくりに真摯に取り組んでいきます」としています。

富山2020.06.30 19:18

避難所での感染防止策 どうする?

 水害が起こりやすい時期を迎えて、災害時に設けられる避難所で新型コロナウイルス感染防止をどのように行うかが課題になっています。県は30日、自治体職員を対象に感染症対策に配慮した避難所を開設する訓練を行い、手順を確認しました。

 富山市のサンシップとやまで行われた訓練には、県内15市町村の防災担当職員ら29人が参加しました。県衛生研究所の大石和徳所長から研究データをもとにした新型コロナウイルスの特徴を学んだほか、県内の企業が開発した段ボールベッドなどを用いて避難所を実際に開設する訓練が行われました。

 参加者は飛沫感染防止の観点から口元が隠れるほどの高さがあるパーテーションを組み立てベッドの寝心地を確認したり、避難所の入り口で健康な人と熱があるなど体調が悪い人を分けて案内をするなどの受付の仕方を確認しました。

富山2020.06.30 19:15

イ病考える市民グループが著作寄贈

 神通川流域で発生した日本4大公害病の一つ、イタイイタイ病の裁判で、被害住民が1審で勝訴したのが、49年前の6月30日です。イタイイタイ病問題を考える市民グループが30日、戦争とイタイイタイ病の関係についての本を県立資料館に寄贈しました。

 30日は「イタイイタイ病を語り継ぐ会」のメンバー3人が、県立イタイイタイ病資料館を訪れ、飯田博行館長にことし2月に出版された「イタイイタイ病と戦争」20冊を寄贈しました。

 語り継ぐ会の向井嘉之代表運営委員が戦後75年の節目に執筆したもので、戦争のために国と財閥が一体となって神岡鉱山の開発を進めた結果、神通川にカドミウムを流し、イタイイタイ病を拡大させてきた歴史に焦点をあてたものです。

 向井さんは「戦争と公害の二重の犠牲になった被害住民の歴史を忘れてはならない」と訴えました。イタイイタイ病の認定患者200人のうち、現在も存命なのは90代女性の1人だけとなっています。

富山2020.06.30 19:11

公然わいせつ 県職員の男 起訴内容を否認

 去年、射水市の公衆トイレで、陰部を露出したとして起訴された県職員の男の初公判が30日、富山地方裁判所高岡支部で開かれました。男は、起訴内容を否認しました。

 公然わいせつの罪に問われているのは、県環境保全課主任の松本拓朗被告(36)です。起訴状などによりますと、松本被告は去年9月下旬射水市内の公衆トイレで共用の通路に向けて自分の陰部を露出したとされています。

 30日の初公判で松本被告は「不特定多数から見える場所でそのようなことはしていない」と起訴内容を否認しました。これに対し検察側は冒頭陳述で「松本被告は化粧直しに来た2人の女子高校生に対し、陰部を露出し、車で逃走した」と述べました。次回の裁判は来月28日に開かれます。

富山2020.06.30 19:10

ベトナム人技能実習生の殺人事件 追起訴

 富山市のベトナム人技能実習生が殺害された事件で、富山地方検察庁は30日、死体遺棄の罪で起訴した同居の男を殺人の罪で追起訴しました。

 追起訴されたのは、ベトナム国籍の技能実習生 ゴ・コン・ミン被告(20)です。

 起訴状などによりますと、ミン被告は、ことし4月2日ごろ自宅アパートで同居していたグエン・ヴァン・ドゥックさんに対し、殺意を持って首を包丁で突き刺し殺害したとされています。

 この事件を巡っては、裁判所がミン被告の殺人容疑での勾留を認めないという異例の事態になっていました。

 このため検察は殺人容疑についてはミン被告を任意で調べ30日、起訴しました。

富山2020.06.30 19:07

コロナ禍のなかの避難所設営どうする!?朝日町が訓練

大雨などが発生した場合の避難所設営をめぐって、新型コロナウイルスの感染防止対策が課題となっています。朝日町は29日、じっさいに避難所となる小学校などで感染防止対策に重点をおいた設営訓練を行いました。

さみさと小学校でも町の職員らが避難所の開設から一連の手順を点検しました。

朝日町は、去年の台風19号の際に、初めて避難情報を出して避難所を設けました。29日の訓練は大雨で災害が発生する恐れがあるという想定で行い、感染防止対策として避難所の入り口での発熱者へ応対する方法や段ボールの間仕切りの組み立て方を確認しました。

町の担当者によりますと、避難者同士の一定の距離を確保しようとしたところ、収容できる人数が従来の想定より大幅に減る可能性があることがわかったということです。

朝日町総務政策課 大和康則主事
「災害はいつ起こるかわかりませんので、どういう手順でやったらいいのかというのは身に染みてわかったのではないか。きょうの反省を踏まえて(訓練を)実施していきたい」

朝日町は、訓練の結果を避難所の運営マニュアルに反映させていくとしています。

富山2020.06.29 19:08

アルペンルート停電 原因は「鳥が営巣のため運んでいた木の枝」

立山黒部アルペンルートで28日発生した停電の原因は、長野県内の送電線に、鳥が巣を作るために運んだとみられる50センチ程度の枝が引っかかり、それにより安全管理システムが送電を停止したためとわかりました。

立山黒部貫光によりますと、28日午後2時40分ごろ、アルペンルートの長野県扇沢から弥陀ヶ原までの範囲で停電が発生しました。交通機関が運行を見合わせ、山小屋やホテルも停電しました。

標高2300メートルの天狗平山荘では、停電が続いたため自家発電に加え、ヘッドランプを付けて調理などをしました。

立山ロープウェイや立山トンネルのトロリーバスも止まり、大観峰や黒部平などで観光客40人が足止めされました。停電は発生から3時間20分が経った午後6時にようやく復旧し、足止めされていた人たちは立山黒部貫光が用意した車で下山しました。

アルペンルートでこれだけの長時間、広い範囲で停電したのは初めてだということです。

長野県側から電力を供給している中部電力パワーグリッドによりますと、長野県大町市の送電線に、鳥が巣を作るために運んだとみられる50センチ程度の枝が数本引っ掛かっていたということです。木の枝が電線に触れたことにより安全管理システムが送電を停止したものとみられます。

富山2020.06.29 19:08

富山市長柄町で火災 車庫のなかの車など焼く

29日午後、富山市の車庫で乗用車を焼く火事がありました。けが人はいませんでしたが、住宅街での火事で周辺は一時騒然となりました。

28日午後2時20分ごろ、富山市長柄町で「車庫の車から火が出ている」と119番通報がありました。

記者
「1階の車庫に停まっている車から炎が出ていて、今、消防隊員が消火活動を行っています」

近所の人は
「そこの電線ありますよね あそこの上まで(煙が上がる)というような状態」

火はおよそ30分後に消し止められ、車1台と車庫の天井の一部が焼けました。けが人はいませんでした。警察と消防が火事の原因を調べています。

富山2020.06.29 19:07

28日 立山黒部アルペンルート広く停電

 28日午後、立山黒部アルペンルートの広い範囲で停電が発生し、交通機関や山小屋などに影響がでました。

 こちらはアルペンルートの黒部湖駅周辺の様子です。ケーブルカーが動かないため観光客が徒歩でトンネルを降りています。

 立山黒部貫光によりますと、28日午後2時40分ごろ、アルペンルートの長野県扇沢から弥陀ヶ原までの範囲で停電が発生し、交通機関が運行を見合わせ、山小屋やホテルも停電しました。

 停電は午後6時ごろに復旧しましたが、大観峰などで観光客40人が足止めされ、立山黒部貫光の車両で下山しました。中部電力パワーグリッドによると、この停電の原因は、長野県大町市の送電設備に、鳥が巣を作るための枝が触れてしまったためということです。

富山2020.06.29 11:49

90歳男性死亡 自転車で転倒か

 28日午後、小矢部市の県道で90歳の男性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、その後死亡しました。

 小矢部警察署によりますと、28日午後5時前、小矢部市田川の県道で、路肩に男性が倒れているのを車で通りかかった人が見つけて119番通報しました。

 男性は高岡市大坪町の無職、井波政夫さん(90)で、病院に運ばれましたが、外傷性くも膜下出血などで死亡しました。

 現場そばには井波さんの自転車が倒れていましたが、車と衝突したような痕跡はないということです。警察は、井波さんが誤って転倒した可能性もあるとみて調べています。

富山2020.06.29 11:49

アルペンルート広範囲で停電 運行や山小屋などに影響

 立山黒部アルペンルートは28日午後、広い範囲で停電が発生し、交通機関の運行や山小屋などに影響が出ました。

 アルペンルートを運行する立山黒部貫光によりますと、28日午後2時40分ごろ、アルペンルートの長野県扇沢から室堂を経て弥陀ヶ原までの範囲で停電が発生し、交通機関が運行を見合わせ、山小屋やホテルも停電しました。

 標高2300メートルの天狗平山荘では、停電したためヘッドランプを付けて調理などをしたということです。

 停電は午後6時ごろに復旧しましたが、大観峰や黒部平、黒部湖で合わせて38人の観光客が足止めされ、立山黒部貫光の車両などで下山しました。

 立山駅と室堂の間の立山ケーブルカーや立山高原バスの運行に影響はありませんでした。

 長野側からの中部電力の送電にトラブルが発生したということですが、詳しい原因はまだわかっていません。

 立山黒部貫光は、29日は交通機関が正常に運行できるかチェックしたうえで営業することにしています。

富山2020.06.28 21:08

新型コロナ影響の子ども食堂 テイクアウトで実施

 新型コロナウイルスの影響で始められずにいた新川地区の子ども食堂が、28日魚津市で、テイクアウトの形式で行われました。

 この取り組みは、障害のある子どもと家族を対象にした「おやこ食堂」を、去年4月から入善町で開いてきたグループ「アトリエきらり」が行いました。

 アトリエきらりは今年度から「こども食堂」を魚津市で開く予定でしたが、新型コロナの影響で延期していました。

 28日は、地元の飲食店が作った弁当を高校生以下100円で提供する形で、こども食堂を開催しました。

 アトリエきらりの鈴木久美子さんは「やっと活動できた。感染防止に気をつけなければいけないことがたくさんあるが、少しでも和んでもらえるようにしたい」と話していました。

「アトリエきらり」は、来月19日には魚津市でおやこ食堂を開く予定です。

富山2020.06.28 20:59

三世代交流で七夕飾り作り

 砺波市では28日、お年寄りから子どもまでが一緒に七夕飾りを作りました。

 砺波市栴檀山地区では約30人が集まり、地元の竹を使って七夕飾りを作りました。

 この地区では、以前は子どもの行事として七夕飾りを作っていましたが、少子化の影響などで、ことしはお年寄りや親子連れも参加する「三世代交流イベント」として行いました。

 栴檀山公民館の前田英晃館長は「地域出身の親子などが休みの日にでも子どもを連れて来てもらって触れ合いの輪ができれば」と話していました。

 作った七夕飾りは、それぞれ自宅で飾るということです。

富山2020.06.28 12:21

県内のナチュラリスト養成講座始まる

 県内の自然公園などで解説を行うナチュラリストを養成する講座が、28日から富山市で始まりました。

 富山市湊入船町にあるKNB入船別館で行われたナチュラリスト養成講座の開講式には、県内の男女52人が参加しました。

 県は、県内の自然公園などで解説を行うナチュラリスト制度を1974年に全国で初めて開始し、養成講座は3年に1度開いています。

 受講者は9月まで10回にわたり、専門の講師による講義や立山一帯での現地研修を通して、自然保護の重要性やナチュラリストの活動を学びます。

 これまでにナチュラリストに認定された人は約800人です。

 ことしは新型コロナウイルスの影響で、例年より3か月遅い来月から、立山やねいの里などで活動し、人数も例年より少ない200人程度となる見込みです。

富山2020.06.28 12:04

県サッカー協会の前事務局長横領問題「自家用車の改造や飲食に金を使った」

 富山県サッカー協会は、前事務局長の男性の多額の横領問題を巡り、男性が「自家用車の改造や飲食に金を使った」と話していると27日、会見で明らかにしました。

 県サッカー協会の前事務局長は、うその領収書を使うなどして日本サッカー協会からの補助金などから約1270万円を横領していました。

 27日の会見で代理人弁護士を通じ、前事務局長が「自家用車の改造やアウトドア用品の購入、飲食などに金を使った」と話していると明らかにしました。

 また、横領した全額を27日までに弁済したということです。

 協会は、弁償されたものの被害額が大きいことなどを理由に来月にも前事務局長の男性を刑事告訴する方針です。

富山2020.06.27 18:29

黒部川の2つのダム 連携排砂 自然流下完了

 黒部川の出し平ダムと宇奈月ダムの連携排砂は、ダム湖の底にたまった土砂を水の勢いで流す自然流下が27日、完了しました。

 出し平ダムを管理する関西電力と宇奈月ダムを管理する国土交通省は、出し平ダムに流れ込む水の量が26日、基準に達し、連携排砂の実施体制に入りました。

 水のにごりの濃さを抑えるためことしは、試験的に上流の出し平ダムより宇奈月ダムの水位を先に下げる操作を行ないました。

 27日朝から始まった、ダムの底にたまった土砂を川の流れで下流に押し流す「自然流下」は、午後にそれぞれ完了し、午後6時現在、ダムの水位回復を始めています。

 水位が回復したあとは、下流に残っている土砂を洗い流すための放流が最低3時間続けられます。

富山2020.06.27 18:12

人命救助で飼い猫貢献 ココで見つけてお手柄だニャン

 用水路に転落した男性を救助したとして27日、発見するきっかけとなった飼い猫や救助にあたった5人へ感謝状などが贈られました。

 富山南警察署で表彰されたのは、用水路で倒れている男性を見つけるきっかけとなったメスの飼い猫のココと、救助にあたった飼い主の新田知子さんたち5人です。

 ココにはキャットフード1か月分が、5人には感謝状がそれぞれ贈られました。

 ココの飼い主 新田知子さん
「驚いている、とても嬉しいです。(ココに対しては)とにかくよくやった」

 警察によりますと今月16日午後7時半ごろ、ココが用水路をじっと眺めて不思議そうにしているのを仲間の1人が気付いて確認すると、身動きできない男性がいたため、皆で救助したということです。

 男性は軽傷で、命に別状はありませんでした。

 用水路は、幅60センチ、深さ40センチで水深は約15センチでした。

 警察は、水深が浅くても用水路には近づかないよう注意を呼びかけています。

富山2020.06.27 17:36

八尾高校郷土芸能部 新型コロナ影響で引退公演

 八尾高校では27日、地域の伝統芸能であるおわら節を継承している郷土芸能部の3年生引退公演が行われました。

 八尾高校で行われた郷土芸能部の3年生引退公演は、新型コロナウイルスの影響で3年生最後の発表の場である体育大会の中止を受けて企画されました。

 27日は感染予防のため、保護者や八尾おわら保存会など関係者のみを招待して行われ、3年生9人は唄と楽器で奏でる地方を務めました。

 八尾高校郷土芸能部 谷口夕珠部長
「保護者の方にも見ていただけたので、成長した姿を見せることができた」

 練習時間が限られた中でも、部員たちは息の合った演奏を披露していました。

富山2020.06.27 17:13

夏越の大祓 無病息災祈る

 富山市の日枝神社では、この半年間の罪やけがれをはらう「夏越の大祓」が行われています。

 「夏越の大祓」は、毎年6月に行われているこれまでの半年間の罪やけがれをお祓いして心身を清める行事です。

 ことしは新型コロナウイルス感染防止のため、日枝神社では人数制限を設けて1世帯につき代表1人だけの参列をお願いして、消毒などの感染対策がとられるなかで行われました。

 参列した人たちは、人の形に切られた紙・人形で体を撫で、息を吹きかけて心や体のけがれを移し、茅で作られた直径約2.5メートルの輪をくぐることで心身を清める「たいたいくぐり」を行い、自身をはじめ家族らの無病息災を祈りました。

 日枝神社の夏越の大祓は、今月30日まで行われます。

富山2020.06.27 12:04

黒部川の2つのダム 連携排砂始まる

 黒部川の出し平ダムと宇奈月ダムにたまった土砂を下流に流す連携排砂が26日始まり、27日朝からは、ダム湖の底にたまった土砂を水の勢いで流す自然流下が続いています。

 出し平ダムを管理する関西電力と宇奈月ダムを管理する国土交通省は、26日午前、出し平ダムに流れ込む水の量が基準に達し連携排砂の実施体制に入りました。

 水のにごりの濃さを抑えるため、ことしは上流の出し平ダムより宇奈月ダムの水位を先に下げる操作が試験的に行われ、27日朝からはダムの底にたまった土砂を川の流れで下流に押し流す「自然流下」の状態となっています。

 ことしの出し平ダムの目標排砂量は20万立方メートルで、27日夕方までには連携排砂は終わり、水位を回復する作業に入る予定だということです。

富山2020.06.27 11:44

抗原検査 県内でも今月から実施

 新型コロナウイルスに感染しているかを調べる検査で、これまで行われてきたPCR検査より短い時間で結果がわかる「抗原検査」の実施が県内でも始まっています。いずれ来ると医療関係者が指摘している感染拡大の「第2波」への備えとして注目されています。

 抗原検査は患者の鼻の奥の粘液を採取し感染しているかを調べるもので、30分程度で結果がわかります。4~6時間ほどかかるとされるPCR検査より、結果判明までの時間が短いことが最大の特徴です。

 県内でも一部の帰国者・接触者外来などの医療機関が取り入れていて、県のまとめによりますと今月2日に初めて検査が行われて以降24日までに54件の検査が行われたということです。結果はいずれも陰性でした。

 抗原検査の対象となるのは、ウイルス量が多く、検査精度があがる発症2日目から9日目の人でPCR検査と抗原検査のどちらを用いるかは各医療機関の判断に委ねられています。

 県は6月補正予算にPCR検査の体制拡充を盛り込んでいて、この抗原検査とあわせ、今後懸念される感染拡大の第2波、第3波に備えたいとしています。

 県内では26日も新たな感染の発表はなく、これで感染者なしは39日間連続となっています。

富山2020.06.26 19:34

秋のまつり コロナ禍で相次ぎ中止に

 新型コロナウイルスの影響は続いています。県西部の秋の風物詩、城端むぎや祭とつくりもんまつりの中止が決まりました。

 「城端むぎや祭」は、9月19日と20日に行われる予定でしたが感染拡大のリスクを回避できないとして中止が決まりました。中止は今のかたちでの祭りが始まった1951年以降、初めてだということです。

 ことしは第70回の記念大会となる予定でしたが、来年秋に改めて第70回として実施する計画です。

 また、高岡市の「福岡町つくりもんまつり」も、26日に開かれた福岡町観光協会の定期総会で、中止することが決まりました。観光協会は、家庭で作られたつくりもんをインターネット上で紹介するといった代わりの企画を検討するとしています。このほか観光協会は8月4日のリバーサイドフェスタも中止とします。

富山2020.06.26 19:33

奥田交番襲撃事件から2年

 富山市の奥田交番が襲撃され、交番署長や警備員の男性が殺害された事件から26日で2年です。現場付近の小学校では地域の防犯パトロール隊がこどもたちの登校を見守りました。

 26日朝は、雨が強く打ちつけるなか地域の防犯パトロール隊や保護者などおよそ40人が出て、現場付近の小学校などに登校する児童たちを見守りました。

 この事件では交番署長が交番の裏口に突然来た元自衛官の男に刃物で刺し殺され、さらに奪われた拳銃で、警備員の男性が撃たれ、殺害されました。

 地域の人たちは「事件はけっして風化していない。被害者の遺族はいまだに苦しんでいる」などと話しました。

 奥田校下自治振興会 竹嶋一恭会長
「事件があって奥田の治安が否定されたような感じでした。真相を明らかにして早期に決着がついてくれればと思います」

 午後3時頃には現場付近で手を合わせる人の姿も見られました。奥田小学校では、26日の朝活動の時間に校長や担任の教諭が児童たちに命の大切さについて話したということです。

富山2020.06.26 19:30

西村まさ彦さん「まちなかで俳優育てる」新拠点で活動へ

 富山市出身の俳優、西村まさ彦さんが自らが主催・監修する養成講座について富山市中心市街地のライブホールを新たな活動拠点にすると発表しました。地域住民向けのワークショップなどで、まちなかの活性化に貢献したいとしています。

 西村まさ彦さん「富山を代表する地域に密着した俳優を育てる、それが恩返しになるのではないかと」

 富山で活躍する俳優を育て、中心商店街の賑わいを作りたい。それが、ふるさとへの恩返しだと西村さんは語りました。

 西村さんが主催する俳優養成講座「ウエスト・ビレッジ・アカデミー」の新たな活動拠点となるのは、富山市総曲輪通りの旧フォルツァ総曲輪4階でリニューアルされた、ほとり座ライブホールです。

 富山市から、会場使用費として今年度100万円の補助を受け、来月からここで平日の稽古を行います。

 「ウエスト・ビレッジ・アカデミー」は今年1月からすでに富山市八尾町の施設で稽古を開始していて、来月からは八尾町とまちなかの2つの会場で稽古を重ねるということです。 

 また、夏休み期間中にはほとり座ライブホールで、一般向けのワークショップなども計画していて、演劇を通じた文化振興に役立ってほしいとしています。

富山2020.06.26 19:26

県議会 新型コロナ対策など補正予算案を可決

 県議会の6月定例会は26日、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ県の補正予算案などを可決して閉会しました。

 26日の本会議では、新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波への対策などを盛り込んだ一般会計で、およそ358億円となる県の6月補正予算案を全会一致で可決しました。

 また、来月末で任期満了を迎える金岡克己公安委員の後任を、富山大学元副学長で、現在、富山大学ダイバーシティ推進センター長の神川康子さんとすることなど、2つの人事案件についても全会一致で同意しました。

 女性の公安委員就任は神川さんがはじめてです。

富山2020.06.26 19:22

富山銀行 中沖新頭取「いっそう地域に根差す」

 富山銀行の株主総会が26日、開かれました。本店を高岡駅前に移してから初めての総会で、新たに就任した中沖雄頭取は、いっそう地域に根差した金融機関をめざす考えを示しました。

 富山銀行の定時株主総会は、高岡市下関町の本店で非公開で開かれました。新型コロナウイルス感染防止のため、これまでよりも席の間隔を空けて行われ、来場自粛を呼びかけたこともあって出席した株主は去年のおよそ4割の25人にとどまりました。

 総会では先月19日に死去した齊藤栄吉前頭取にかわって、新しく就任した中沖雄頭取が「齊藤前頭取の経営理念を引き継ぎ、地域住民に寄り添った存在であるように努めたい」などと、経営方針を述べたということです。

 株主から質問や意見はなく、総会は去年よりも16分短い27分で終了しました。

富山2020.06.26 19:18

黒部ダム 観光放水はじまる

 雨のなか、マスク姿で観光客が訪れました。今月19日から営業を再開した立山黒部アルペンルートの黒部ダムで、26日から毎年恒例の観光放水が始まりました。

 観光放水は夏場に水位が下がる黒部川の景観維持を目的に1961年から関西電力が行っています。高さ186メートルから、勢いよく放出される水は毎秒10トンから15トン。

 26日はあいにくの雨でダムの背景に広がる雄大な自然を望むことはできませんでしたが、訪れた人たちは放水が描く迫力あるアーチを写真に収めるなどして楽しんでいました。

 観光客「水の威力がすごくて、迫力がすごくて、驚きました」

 「コロナの影響とかもあって、なかなか行く機会ができなくて今回行くことができてよかった」

 この観光放水は、紅葉シーズンの10月15日まで毎日行われる予定です。

富山2020.06.26 19:16

コラボ商品でSTOP!特殊詐欺

 富山県警など8つの県警は、このほど特殊詐欺の被害防止を呼びかける菓子パンをパンメーカーの山崎製パンと共同開発しました。来週行うキャンペーンなどで活用します。

 こちらが開発した菓子パンです。「ランチパック」シリーズのひとつで、パトカーをイメージし白と黒のチョコレートを挟みました。また、パッケージには、特殊詐欺防止を呼びかけるメッセージが書かれています。

 この新商品は今月30日から富山など8つの県で販売され、当日は富山市内で発売記念のキャンペーンも行われるということです。

富山2020.06.26 19:15

局地的に強い雨 土砂災害や落雷に注意

 26日の県内は大気の状態が不安定で局地的に雨脚が強まっています。夕方まで土砂災害や落雷に、昼過ぎまで低い土地の浸水や河川の増水に注意してください。

 26日の県内は、前線が北陸地方を通過する見込みで昼過ぎにかけて雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降る所があります。

 富山駅前では降り続く雨に、足元を気にしながら歩く人の姿が見られました。

 26日午前6時から27日午前6時までに予想される県内の24時間降水量は多いところで東部・西部ともに80ミリの見込みです。

 夕方まで土砂災害や落雷に、昼過ぎまで低い土地の浸水や河川の増水に注意してください。

富山2020.06.26 11:49

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース