山梨のニュース

大雨続く 土砂災害などに警戒

 山梨県内は南部町で降り始めからの雨量が400ミリを超えるなど断続的に雨が降り続いている。県内は地盤が緩んでいて気象台が土砂災害への警戒を呼び掛けている。
 県内は今月3日以降断続的に大雨となり富士吉田、南部、早川、鳴沢の4市町村で大雨警報が出ている。降り始めからの降水量は、南部で480ミリ、山中湖で213ミリなどとなっている。町内全域に一時「避難準備・高齢者等避難開始」を発表した南部町は、新型コロナの感染拡大後初めて避難所を開設した。会場では職員が防護服を着用したほか、体調が悪い避難者用の部屋を設けるなど「3密」対策に神経を尖らせた。避難準備は7日午後5時半に解除されている。なお、雨が規制値を超えた身延線は始発から身延~芝川駅間で運転を見合わせている。
 県内は8日朝から、ふたたび雷を伴う激しい雨が降る予想で、8日の夕方までの予想降水量は多い所で、峡南で150ミリ、中北・富士五湖で120ミリなどとなっている。県内は、地盤が緩んでいて、気象台は8日夜遅くまで土砂災害への警戒を呼び掛けている。

山梨2020.07.07 18:53

韮崎殺人未遂事件 計画的な犯行か

 韮崎市で10代の女性を殺害しようとしたとして男が逮捕された事件で、男は手錠とナイフを事前に準備していたことが分かった。2人はライブ動画配信アプリで知り合い、男は女性に有料ギフトと呼ばれる課金を繰り返していたとみられている。殺人未遂の疑いで逮捕されているのは、埼玉県本庄市の自称会社員・福島幹雄容疑者40歳。
 県警によると、福島容疑者は5日、韮崎市の駐車場に停めた車の中で、県内に住む10代後半の女性の首をナイフで刺し殺害しようとした疑い。捜査関係者によると、2人はコメントなどを通じてリアルタイムでやり取りができるライブ動画配信サイトを通じて出会い、女性を気に入った福島容疑者が「有料ギフト」と呼ばれる課金を繰り返していたとみられている。これまでの調べに対し、福島容疑者は「思い通りにならなかったので刺した」という趣旨の供述をしていて、犯行の際、飛び出しナイフと手錠を準備していたことが分かった。警察は事前に女性に危害を加える意図がなかったか捜査している。
 県警幹部の一人は「インターネット上で出会った人間を安易に信用するのは危険すぎる」とした上で、「コロナによる休校で小中・高校生がネットと接する時間が増え今後も注意が必要だ」と話している。

山梨2020.07.07 18:45

長崎知事がオンライン授業視察

 長崎知事が道志村の小学校を訪れ、オンライン授業を視察した。7日は、テレビ会議システムで教室と村役場をつなぎ、リモートで職場訪問が行われた。長崎知事が訪れたのは道志村の道志小学校。
 道志小は新型コロナによる休校期間中にオンライン授業の設備を整備し、学校が再開した現在も、全校集会など児童の密集が避けられない行事はオンラインを活用している。7日は、3年生が社会科の授業でテレビ会議システムを使い、村役場の仕事を職員に質問する様子を視察した。
 長崎知事は授業の様子を担当者に尋ねるなど、先進的な取り組みに刺激を受けた様子だった。また、長崎知事は、オンライン授業について教員が学ぶ機会を作る取り組みについても意欲を示した。

山梨2020.07.07 18:39

富士山測候所 研究拠点が存続の危機

 環境問題や高所医学の研究拠点になっている富士山頂の観測所が新型コロナの影響で存続が危ぶまれている。
 富士山測候所は2009年に気象観測の役割を終え、現在は研究者らで作るNPO法人が施設を借り地球温暖化など環境問題や高所医療の研究拠点とし、毎年延べ400人を超える学生や研究者が活用している。運営費は利用料などでまかなわれているが、今シーズンは新型コロナによる登山道の閉鎖で、観測が中止となり、建設後50年が経過した施設の維持管理費が不足している。このため施設を管理するNPO=「富士山測候所を活用する会」は300万円を目標にクラウドファンディングで支援金を募っている。
 活用する会は「地球規模の大気観測ができる貴重な研究の場が失われる」と協力を呼びかけている。

山梨2020.07.07 18:33

リニア駅前エリア整備 専門家会議が発足

 甲府市大津町に建設されるリニア駅の駅前整備を検討する専門家会議が発足した。長崎県政に代わってから具体的な整備を検討するのは初めてで、駅前の開発に向け議論が再始動した。
 発足したのは交通の専門家や民間事業者らでつくるリニア駅前エリア整備の在り方検討会議。リニア駅の駅前開発をめぐっては、前後藤県政時代に、駅周辺に必要な機能や規模を盛り込んだ基本計画の策定目前まで検討が進んでいた。しかし、2019年の知事選で長崎知事が当選し、駅の位置や利用者数などを再検証することにしたため、駅前整備に向けた具体的な議論は進んでいなかった。会議では、バスや在来線など交通の接続に特化して周辺整備の在り方を議論し、年明けに県に提言する。
 来年度からは、事業主体の決定や設計、用地取得を行う方針で、交通機能以外の施設の在り方も今後検討する。

山梨2020.07.07 18:23

東京五輪へ 文田選手が練習再開

 韮崎市出身でレスリング東京オリンピック代表の文田健一郎選手が、都内で6日再開された男子グレコローマン全日本チームの強化合宿に参加した。
 文田選手は新型コロナウイルスの影響で、およそ3カ月間、マットを離れたが、自宅では、体幹トレーニングなどで鍛え続けた。6日は、通常の5割程度の力で動きを確認したが、心肺機能や、筋力の低下を感じつつも、技術や、勘は、維持されていることを実感したという。
 新型コロナウイルスの影響で、延期になったオリンピックという大舞台に向け、文田選手は「目標が先に延びただけなので、今はマイナスと捉えていない。強化していけばことしでも来年でも金メダルを取れると思う」と自信を示した。

山梨2020.07.07 18:16

土砂災害への警戒呼び掛け

 県内は7日未明にかけて局地的に雷を伴った強い雨が降る見込み。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるとして気象台は土砂災害への警戒を呼び掛けている。
 甲府地方気象台によると停滞する梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み県内は7日にかけて大気の状態が不安定となる見込み。
 県内は7日未明にかけて局地的に雷をともない1時間に20~25㍉の強い雨が降る見込みで、午後6時現在、富士吉田市や早川町など5つの市町村で大雨警報が発表されている。
 6日午後6時から24時間の降水量は峡南地域で150ミリ、中北地域・富士五湖で100ミリ、東部・峡東地域で50ミリの予想。
 その後も8日の午後6時までの24時間に県内全域で50~100ミリの雨が降る見通し。
 今月3日の降り始めからの雨量は南部で280・5ミリ、山中湖で162・5ミリ、切石で105ミリなどとなっていて気象台はこれまでの雨で地盤が緩んでいる所があり、7日明け方まで土砂災害に警戒するよう呼びかけている。

山梨2020.07.06 20:19

甲府盆地と被災地に共通点

 記録的な豪雨で土砂崩れや河川の氾濫が相次いだ熊本県の被害について専門家は甲府盆地と被災地に共通点が多いと警鐘を鳴らしている。新型コロナの影響で避難所運営の見直しが求められる中、指定避難所以外への避難なども考慮した避難プランを早急に考える必要がある。
 今回の豪雨で熊本県では球磨川が各地で氾濫し、これまでに25人の死亡が確認された。球磨川には周辺の盆地に降った雨が集中したとみられ、地域防災が専門の山梨大の秦康範准教授は被災地と甲府盆地には地形上の共通点があると指摘する。秦准教授「富士川並びに甲府盆地を見たときに周辺を高い山に囲まれている。囲まれた流域の中で強い雨が万遍なくふれば、甲府盆地、富士川に流れ込んでくる。熊本と同じように一気に水位が上昇して、大変な水害の危険がある」
 また新型コロナウイルスの感染防止の観点から大勢の人が避難すると「3密」を招きやすいため秦准教授は自治体の指定避難所に行くことがすべてではなく「分散避難」も有効な選択肢の一つとした。
 このうえで最も大切なのはハザードマップなどを確認し自宅の周辺にどんな災害のリスクがあるのか安全な場所はどこかあらかじめ把握しておくことだとしている。

山梨2020.07.06 20:15

南ア市の死体遺棄 行動の一部明らかに

 南アルプス市の死体遺棄事件で亡くなった女性が行方不明になった当日の行動が徐々に明らかになっている。警察は先月2日の日中にトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて時間帯の絞り込みを進めている。
 事件は今月2日南アルプス市の配水施設の裏で近くに住む画家中辻アヤ子さん(71)の一部白骨化した遺体が土や石に覆われた状態で見つかったもの。県警は5日DNA鑑定の結果、遺体は中辻さんだったと発表。一夜明けた6日は知人らが現場を訪れ花を手向けていた。
 こうしたなか、中辻さんが行方不明となった先月2日の行動が徐々に明らかになってきている。知人や家族によると中辻さんは午前7時半ごろ同居の親族を職場に送るため高尾にある自宅を出発する。その後、午前9時半ごろに小笠原の市民活動センターに立ち寄り午前10時ごろには深沢川沿いで絵を描く準備をしている様子が知人夫婦に目撃されている。そして、昼前後には中辻さんがいなかったという情報が複数あり…午後3時45分ごろ同じ知人夫婦が近くを通った際に姿が見えなかったとして家族に連絡した。
 警察はこの5時間45分の間に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて捜査を進めている。
 また警察は6日、中辻さんが当日に乗っていた軽乗用車や自宅アトリエの画材などを回収した。

山梨2020.07.06 20:13

文部科学省の汚職事件 起訴内容を否認

 文部科学省の汚職事件で、受託収賄の罪に問われている甲州市出身の元局長ら4人の初公判が6日、開かれ元局長は起訴内容を否認した。
 文科省の元局長で甲州市出身の佐野太被告は私立大学への支援事業で東京医科大学に便宜を図るよう依頼を受けた見返りに、息子を入学試験で不正に合格させてもらったとして起訴されている。
 初公判で佐野被告は「自分の子供が可愛いとはいえ不正をしてまで大学に合格させたいなどという姑息なことを考えたことは天地神明に誓って一度もない」などと話し、起訴内容を否認した。
 他に贈賄の罪に問われている東京医科大学の前理事長・臼井正彦被告と、前学長の鈴木衛被告もいずれも起訴内容を否認。
 受託収賄ほう助の罪に問われているコンサルタント会社元役員の谷口浩司被告も否認した。

山梨2020.07.06 20:07

リニア開業延期 悪影響懸念する声

 リニア中央新幹線の2027年開業についてJR東海は先週、事実上の延期を表明したなか、県関係者からは観光面や企業誘致への悪影響を懸念する声が上がっている。
 甲府商工会議所の進藤中会頭はリニアの開業延期により「期待されてきた中京圏や関西圏からの観光客の来県が見込めなくなる」と指摘。「リニア駅は山梨観光の拠点となる」と述べ、引き続き国に早期開業を要請する方針を示した。
 また、県リニア推進課は「開業時期がはっきりしないと県内への企業誘致がしづらくなる可能性もある」との見方を示している。

山梨2020.07.06 20:03

「きずなの日」3割の学校が目標未達成

 教員の多忙化解消のため県教委が設けた小中学校の「きずなの日」について、昨年度は3割の学校が目標未達成だったことが6日わかった。
 きずなの日は放課後の会議や部活動を行わない日で、目標は月2回年20回以上とされている。
 昨年度、未達成だった小中学校は78校で率にして31・6%だった。
 一方、未達成の学校は前の年度と比べて63校減っていて県教委は「一層の浸透を図りたい」としている。

山梨2020.07.06 19:58

殺人未遂容疑で埼玉の男を逮捕

 韮崎市の駐車場の車内で女性を刃物で刺して殺害しようとしたとして5日、埼玉県に住む男が逮捕された。
 殺人未遂の疑いで緊急逮捕されたのは、同県本庄市の自称会社員・福島幹雄容疑者40歳。
 県警によると、福島容疑者は同日午前9時35分ごろ、韮崎市旭町の「みだい体育センター」駐車場に止めた乗用車の中で、県内の10代女性の首をナイフで1度刺し殺害しようとした疑い。
 女性は全治1カ月ほどのけがをしたがその場から逃げ、通行人を通じ110番通報した。
 2人は面識があり、福島容疑者はあいまいな供述をしているという。

山梨2020.07.05 21:00

南ア死体遺棄事件 遺体は不明女性

 南アルプス市の死体遺棄事件で県警は5日、発見された遺体が行方不明となっていた中辻アヤ子さんだと判明したと発表した。
 事件は今月2日、同市の山中で人の頭蓋骨や体の大部分が見つかったもの。警察は5日、DNA鑑定の結果、遺体は行方不明となっていた同市高尾の画家・中辻アヤ子さん(71)と判明したと発表した。
 また、捜査関係者によると、中辻さんについては先月2日、知人が午前10時ごろに絵を描く姿を目撃したが、午後3時半ごろに再び現場を通った際には姿がなかったという。
 このため、警察は中辻さんが2日午前10時ごろから午後3時半ごろの間にトラブルに巻き込まれた可能性もあるとみて捜査を進めている。

山梨2020.07.05 20:49

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース