全国のニュース

「次の質問どうぞ」河野外相がHP上で陳謝

河野外相は、日本とロシアの平和条約締結交渉に関する記者の質問を無視して「次の質問どうぞ」と繰り返した先日の記者会見の対応について、自身のホームページ上で15日に陳謝した。 河野外相は先日、北方領土問題をめぐり、ロシアのラブロフ外相が「第2次世界大戦の結果を日本が認めないと何も話し合えない」などと述べたことについて、会見で見解を問われた。 しかし、河野外相は「次の質問どうぞ」と4回にわたって繰り返し、質問を無視し続けるという異例の対応をとった。 この対応について河野外相は15日、自身のブログに「次の質問をどうぞ」と題したコメントを掲載した。記者への対応については、「様々なお叱りをいただいた」「お詫びして、しっかりと改める」と陳謝した上で、「『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」とコメントしている。 一方で、説明責任を果たしていないとの批判については、「現時点で日露の交渉に影響が出かねないことについて発言は差し控えているということをご理解いただきたい」として、引き続き発言を控える考えを示すとともに、今後の対応に理解を求めた。

東京2018.12.15 22:45

ダンプ衝突…橋の一部崩落 “運転手”死亡

15日午前、埼玉県深谷市の利根川沿いで、解体中の橋にダンプカーが衝突し、橋の一部が崩落した。ダンプカーは崩れた橋の下敷きとなり、運転手とみられる男性が死亡した。 警察や消防によると15日午前10時40分すぎ、深谷市と群馬県伊勢崎市を結ぶ旧・上武大橋の下を走っていたダンプカーが橋に衝突し、橋の一部が崩れ落ちた。 ダンプカーは崩れた橋の鉄骨などの下敷きになり、約9時間後の午後7時40分ごろ、レスキュー隊員が男性1人を救出したが、その場で死亡が確認された。 警察は、50代の運転手とみて身元の確認を急ぐとともに、事故の原因を調べている。 崩落した旧・上武大橋は、新しい上武大橋が開通したため、今年9月から解体作業が行われていたという。

埼玉2018.12.15 22:06

豪首相 西エルサレムをイスラエル首都認定

オーストラリアのモリソン首相が中東の西エルサレムをイスラエルの首都と認めると発表した。パレスチナ側の反発が予想される。 オーストラリアのモリソン首相は15日、シドニーで演説し、「西エルサレムには多くの政府機関があり、イスラエルの首都と認める」と発表した。 モリソン首相は今年10月、エルサレムに大使館の移転を検討すると発表。ユダヤ系住民の票を狙った選挙対策との見方が出ていた。ただ、大使館の移転は、「エルサレムの最終的な地位が決まった後に行う」として見送る考えを示したほか、パレスチナ側が望む将来的な国家の樹立を受け入れるとしている。 しかし、アメリカに追随してエルサレムを首都と認めたことで、パレスチナ側の反発が予想される。

2018.12.15 21:10

立民・枝野代表 辺野古土砂投入を強く非難

立憲民主党の枝野代表は、辺野古への土砂投入作業について、「到底容認されるものではない」と強く非難した。 枝野「これだけの沖縄の直近の民意が示されている中で、それを意図的に逆なでしているとしか思えないような進め方であって、到底容認されるものではないと思っています」 枝野代表は訪問先の山形市内でこのように述べた上で、「政府が意固地になっているとしか思えない」と厳しく批判した。 また、これに先立って枝野氏は立憲民主党の山形県連設立集会に出席した。この中で枝野氏は、来年の参議院選挙で、山形選挙区など全国に32ある1人区において「自民党と一騎打ちの構図を作れれば十分に勝算はある」と述べ、野党で選挙協力を行い、候補者を1人に絞り込む必要性を改めて強調した。

東京2018.12.15 21:00

小倉優香、初主演映画公開「感動してます」

映画「レッド・ブレイド」(石原貴洋監督)が5日、公開初日を迎え、キャストの小倉優香(20)、岩永ジョーイ(24)、坂口拓(43)のほか、原案を手掛けた園子温監督(56)らが都内で舞台あいさつを行った。 いじめられっ子の高校生・マコ(小倉)が憧れていた忍者になり、時空を超えた戦いに巻き込まれていくアクション・エンターテインメント。 小倉は初主演映画が公開されたことを喜び、「すごく大変な、過酷な撮影だったので、形になってこれだけの人に見てもらえたことに感動しています」と話した。 走るシーンに苦戦したそうで、小倉が「走るシーンはだいぶカットされました」と裏話を明かすと、坂口が「編集という“忍術”を使ってね!」と続け、笑いを誘った。 悪役の忍者を演じた岩永は、伝説の忍者・才蔵役の坂口と戦うシーンがあったが、「もうちょっと拓さんと戦いたかったな」とこぼし、「今度はもうちょっとやりたい」と次の共演に期待。 総合演出も務めた坂口は「ジョーイはポテンシャルが高いので、普通の人とは動きが違う。いい仕事、ありがとうございました」と岩永を称賛した。

東京2018.12.15 20:42

高橋真麻、年内結婚「あきらめていません」

フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が15日、都内で行われた「台湾客家文学フェア」の発表会に出席した。 台湾好きという高橋は、その魅力を聞かれると「たくさんあるんですけど、ご飯がおいしいところ。それからパワースポットもたくさんあるところ。何より親日の国なので、女性の一人旅でも安心して行けるところかなと思います」と答えてにっこり。 来年の抱負を「平穏無事」とし、「今の穏やかな生活を維持したいなと思って」と話した。 一般男性と交際中で、取材陣からクリスマスの予定を探られると「仕事をしています」と、きっぱり。 「デートの予定は?」と聞かれると、「友達のクリスマスパーティーに(彼氏と)一緒に行く予定はあります」と明かした。 「交際は順調ですか?」という問いには、「はい、変わらず。別れていたら、ちゃんと報告するから大丈夫です」と真麻。 年内結婚の可能性については「まだ分からないですよ。あきらめていません」と語った。

東京2018.12.15 20:40

指原莉乃、卒業電撃発表「何年も前から」

HKT48の指原莉乃(26)がグループを卒業することが15日、分かった。 HKT48はこの日、東京ドームシティホールでコンサートを開催。 アンコールで指原は「ここで報告があります」と切り出し、「私、指原莉乃はHKT48を卒業します」と宣言した。 突然の卒表発表にメンバーも驚きと悲しみで絶句する中、指原は「急になってしまって本当に申し訳ないんですけど、何年も前からずっと決めていて、すでに卒業コンサートの日程も一部のスタッフと話して決めています」と続け、卒業コンサートを来年4月28日に神奈川・横浜スタジアムで、大感謝祭を5月28日にマリンメッセ福岡で開催すると発表。 さらに「ずっと前から心のどこかに(卒業への思いが)あって、みんなが本当に大好きで、それにずっと甘えて、私もなかなか卒業を発表できなくて、いつも『今日かもしれない、今日かもしれない』と思ってコンサートを進めてきました」と明かし、悲しいニュースを知らされたファンに「このコンサートをスタッフから教えられた時に、今日言いたいと思ったので、私の最後のわがままだと思って許してください」と理解を求めた。 指原は2008年にAKB48の5期生としてデビュー。 2012年にHKT48に移籍し、2013年に「AKB48グループ 選抜総選挙」で初めて1位となり、2015年、2016年、2017年から史上初の総選挙3連覇を果たした。

東京2018.12.15 20:00

小南光司、来年は「休みを1日もとらない」

俳優の小南光司(こみなみ・こうじ=24)が15日、ファースト写真集「1K」(Mファクトリー)の発売記念イベントを都内で開催した。 今年3月に米・ニューヨークで撮影し、今まで見せたことがないセクシーな表情や、小南とデートしている気分になれるようなカットを数多く収録。 そのほか、ベッドに横たわる小南の美尻があらわになっている写真も掲載している。 小南は「写真集を出したら脱がなきゃいけないと思ったので、舞台でも軽くお尻を見せたりしていたから、美尻をウリにしていこうかなと…」と説明。 美尻ショットは撮影現場で自らリクエストしたそうで、「部屋のシーンを撮っている時、カメラマンさんに『脱ぎます。お尻を撮ってください!』とお願いしました」と語り、普段から「化粧水をお尻にもつけます。こうやって叩きながら…」と女性顔負けのケアをしていることも明かした。 舞台やドラマ、映画と幅広く活躍した2018年を「葛藤があった1年。もっともっと色々な作品に出たいなという思いがあって、モヤモヤと消化しきれない気持ちが続いたんですけど、コツコツ今できることをやっていこうと、気持ちを切り替えられる1年でした」と総括。 新年の目標を聞かれると、「休みを1日もとらない!」と宣言。現在は来年6月まで休みがない状況といい、「マネジャーさんに『ごめんね』と言われたけど、僕は『ありがとうございます』と(言った)」と、うれしい悲鳴をあげた。

東京2018.12.15 19:56

来年の参議院選挙 高橋はるみ知事が出馬表明

高橋はるみ知事が、きょう午後、札幌市内で記者団の取材に応じ、来年行われる参議院選挙への出馬を表明しました。
(高橋はるみ知事)「視点を変えて新たなかたちで北海道のために働きたい。そういったかたちで(後援会の)皆さまのご理解をいただき、私の表明とさせていただいた」
高橋知事は、札幌市内のホテルで開かれた後援会の会合で、後援会幹部に出馬の意向を伝え、後援会の了承を受けたことから、参院選への出馬を決めました。高橋知事は知事を4期務め、高い知名度から有力な候補とみられています。
 知事の後継としては、夕張市長の鈴木直道氏や、国交省の和泉晶裕氏の名前が浮上していて、自民党道連は年内にも候補者を決めたいとしています。

北海道2018.12.15 18:41

苫小牧市 ドラッグ店に車が突っ込む

苫小牧市のドラッグストアで、きょう午後、乗用車が店内に突っ込む事故がありました。警察は、アクセルとブレーキの踏み間違いが原因とみて調べています。
こちらが、事故が起きた直後の様子です。車体の半分以上が店の中に突っ込んでしまっています。きょう午後0時半ごろ、苫小牧市柏木町1丁目のツルハドラッグ苫小牧澄川店に、63歳の男性が運転する乗用車が突っ込みました。当時、店内には数人の客がいましたが、客や運転していた男性にけがはありませんでした。乗用車の男性は「ブレーキを踏み間違ってしまったかもしれない」と話しているということで、警察で事故の経緯を詳しく調べています。

北海道2018.12.15 18:40

年末恒例…狸小路で「現金つかみどり」

札幌では、年末の恒例行事、狸小路商店街の「現金つかみどり」が行われ、10人が挑戦しました。
 毎年恒例、狸小路商店街の現金つかみどり。ことしは事前抽選に当たった10人がつかみ取りに挑戦し、最高で千円札77枚・7万7000円を手にしました。
(参加者)「旦那さんと美味しいごはんを食べたいと思います」
また会場では、ファイターズの白村明弘投手が、千円札200枚のつかみ取りに挑戦するイベントも開催されました。

北海道2018.12.15 18:40

北海道大学 学生がビジネスアイデア競う

賞金100万ドルをかけた学生のビジネスアイデアを競う世界コンテストの予選が、北海道大学で行われました。
このコンテストは、世界100か国以上から5万人を超える学生が参加し、社会が抱える問題を解決するビジネスアイデアをプレゼンテーションで競います。今年のテーマは「若者の失業」で、北大で行われた1次予選では、学生からさまざまなアイデアが示されました。最終審査は、ニューヨークにある国連本部で来年9月に行われ、優勝チームには100万ドル、およそ1億1000万円が活動資金として与えられます。

北海道2018.12.15 18:39

年内最後のツル羽数調査

出水平野で今季5回目のツルの羽数調査が行われた。早朝から地元の高尾野中学校と鶴荘学園ツルクラブの生徒が双眼鏡をのぞきながら一羽一羽を計測。調査の結果、今回はナベヅル1万872羽、マナヅル2033羽など、計1万2921羽を確認した。前回の調査と比べ約1300羽少なかったという。鶴荘学園ツルクラブの上間愛翔部長は「毎年この時期になるとツルが減っている。理由があまりわからないのでこれからしっかり調査して謎を解いていきたい。次回の調査ではツルの数が少し多くなると思うのでしっかりとみんなで集中して取り組んでいきたい」と話した。出水平野では、22季連続で万羽ヅルを観測している。

鹿児島2018.12.15 18:09

漆原投手「チームに貢献できる投球を」

 オリックスから育成1位指名された新潟医療福祉大学の漆原大晟投手がきょう入団会見に臨んだ。漆原投手は「チームのために貢献できる投球をしたい」と意気込みを語った。

 15日、大阪府内で行われた入団会見に出席した漆原大晟投手。
 プロとしてどんな選手になりたいか問われた漆原投手は「ここ一番の大事な試合で登板できるような投手になりたい」と答えた。
 また「一日でも早く支配下登録をされて、オリックスのために、チームのために貢献できるような投球をできたらいいなと思っている」と意気込みを語った。
 漆原投手の背番号は127。
 年明けからオリックスの新人合同トレーニングに参加予定だ。

新潟2018.12.15 18:06

八幡平市“ふるさと納税”返礼で新サービス

八幡平市は『ふるさと納税』の返礼品として、スマートフォンを活用したサービスを15日始めた。サービスはスマートフォンの専用アプリから八幡平市にふるさと納税をすると寄付額の30%がポイントとして還元される。ポイントは安比高原スキー場で土産品の購入や宿泊代に使うことができる。サービスは地域活性化に向け、八幡平市が東北で初めて導入し、田村正彦市長がデモンストレーションした。八幡平市では安比高原スキー場に加え、市内の他の店舗でも取り扱いを増やしたいとしている。

岩手2018.12.15 18:04

マンガで岩手魅力発信 特別賞に萩尾望都さん

マンガを通じて岩手の魅力を発信しようというコンテストの表彰式が盛岡市で行われ、人気漫画家・萩尾望都さんが特別賞を受賞した。県が主催するコンテストには、県内外から一般と4コマの2つの部門に合わせて234作品が寄せられ、このうち21作品が入賞した。また人気少女マンガ「ポーの一族」の作者、萩尾望都さんが「マンガ郷いわて特別賞」に選ばれ、達増知事から賞状と目録が手渡された。萩尾さんは東日本大震災の直後、復興に思いを馳せた作品集「なのはな」を発表したことが評価されたもので、トークショーでは、「宮澤賢治の詩の世界観に刺激を受けた」とエピソードを紹介した。なおコンテストの入賞作品は来年3月に発刊する「いわてマガジン」に掲載される。

岩手2018.12.15 18:04

平成最後の年賀状 きょう受付開始

 ことしもあと2週間あまりとなった15日、県内の郵便局でも平成最後となる年賀状の受付が始まった。

 新潟市中央区の新潟中央郵便局で行われた受付開始のイベントには、地元の園児たちが参加し、家族に宛てて書いた年賀状を投かんした。園児は「あけましておめでとうと書いた」「じょうずに書けた」と話していた。
 県内で来年、元日に配達される年賀状はことしと同程度のおよそ2765万通が見込まれている。郵便局では元日に配達できるよう12月25日までの投かんを呼びかけている。

新潟2018.12.15 18:01

東名高速であおり運転か 幅寄せ、ドアミラー損壊男 逮捕・送検

 愛知県岡崎市の東名高速道路で、幅寄せして乗用車を停止させ、ドアミラーを殴って壊したとして15日までに男(45)が逮捕、送検されました。警察は、あおり運転の可能性も視野に調べています。器物損壊の疑いで逮捕、送検されたのは、愛知県豊川市の会社員・此嶋裕志容疑者(45)です。警察によりますと、此嶋容疑者は今月9日午後1時すぎ、愛知県岡崎市の東名高速道路上り線で、走行車線を走っていた男性(55)の車に、追い越し車線から幅寄せし路肩に停車させ、ドアミラーを殴って壊した疑いが持たれています。男性にけがはありませんでした。調べに対し此嶋容疑者は「急に無理な車線変更をしてきて許せなかった」と話し、容疑を認めているということです。警察は、此嶋容疑者が行った幅寄せが、あおり運転にあたる可能性もあるとみて当時の詳しい状況を調べています。

愛知2018.12.15 17:57

小学生が地元の人たちの声援を受け、トチ餅作り 三重・尾鷲市

 三重県尾鷲市の賀田小学校で15日、小学生がトチ餅作りに挑戦しました。飢きんで食べものがなくなった江戸時代、トチの実を食べて命が救われたことから、トチの木はまちの宝として大切にされています。子どもたちは地元の人たちからの声援を受け、元気に餅をつきあげると、最後はおいしそうにほおばっていました。

三重2018.12.15 17:55

妙成寺で1年の汚れを落す「すす払い」

羽咋市の妙成寺で15日、1年の汚れを払い落とす「すす払い」が行われた。
妙成寺で毎年12月15日に1年の感謝の気持ちを込めて行われるすす払い。15日は僧侶や檀家たちが集まり、県指定文化財の釈迦堂から始まった。高さが5メートル近くある釈迦如来の立像は、はしごを使って作業するなど、僧侶らは丁寧に1年分の汚れを落としていた。妙成寺では、このあともお堂や仏像の掃除を進めながら、正月の飾りつけを行い新年に備える。

石川2018.12.15 17:54

地下の巨大貯水施設で現場見学会 名古屋西区・押切公園

 集中豪雨などから浸水被害を防ぐため、整備が進められている地下の巨大貯水施設の現場見学会が15日、名古屋市で開かれました。見学会が行われた西区にある押切公園の地下では、3年前から豪雨などによる浸水被害の軽減を目的として雨水を貯めることができる施設の工事が進められています。見学会では、約1800人の応募者の中から抽選で選ばれた66人が、初めて地下約50メートルにあるトンネルを見学しました。3年後には、中川区までつながる延長約5キロのトンネルが完成する予定だということです。

愛知2018.12.15 17:53

名鉄電車にはねられ、女性が死亡 娘に会うため急いだか 豊川市

 15日午前8時半ごろ、愛知県豊川市御油町にある名鉄名古屋本線「御油駅」近くの踏切で近くに住む無職・千本壽子さん(68)が電車にはねられ、頭がい骨骨折などで死亡しました。警察、運転士などによると、遮断機をくぐって線路内に入っている女性に気付き、急ブレーキをかけたものの間に合わなかったということです。 千本さんはひとり暮らしで、東京に住んでいる娘に会うために電車に乗り遅れないよう急いでいたとみられ、警察が当時の状況を調べています。

愛知2018.12.15 17:51

テレビの若手制作者が集まりフォーラム開催

番組審査会や討論会を通して、テレビの若手制作者の技術を高めるフォーラムが、15日に金沢市内で開かれた。
このフォーラムは、北信越5県の民放とNHKの制作者が集まり行われているもので、今回は21局からおよそ50人が参加した。会場では、若手制作者が手掛けた21作品が発表され、3人の審査員が、視聴者への伝え方や取材対象者の取り上げ方などについてアドバイスした。また、「テレビじゃなきゃ!」をテーマに審査員らによる討論会も行われ、地方局や未来のテレビ業界に求められるものを探った。

石川2018.12.15 17:47

女性消防団員が消火活動の技術を学ぶ

 消火活動の技術向上を目的に、女性消防団員を対象とした講習会が行われた。
 講習会は、中央市の県消防学校で開かれ、富士川町の女性消防団員8人が参加した。
 参加者は、県消防学校の教官から消火栓へのホースの装着方法や放水の強さの調節方法などを学び、実際に体験した。
 富士川町の女性消防団員は、主に広報活動に携わっていて、実際に消火活動に参加する機会は少ないことから講習会を受講したという。
 県消防学校によると、女性消防団員はことし4月1日時点で、県内14の市町村に195人いて、前年より16人増えたという。

山梨2018.12.15 17:44

用水路に高齢女性が転落し死亡

15日午前、金沢市内の用水路に高齢の女性が転落し、死亡した。
15日午前9時半ごろ、金沢市西泉の用水路に人が落ちて出られないと、付近の住民から通報があった。消防によると、用水路に落ちていたのは、近くに住む75歳の女性だという。消防などが駆けつけたときには、女性は、すでに家族や付近の住民により引き上げられていたが、心肺停止の状態で病院に搬送され、その後、死亡が確認された。警察では、現場の捜査などを行い、事故の原因を調べている。

石川2018.12.15 17:43

解体中の橋にダンプカー衝突 救出活動続く

15日午前、埼玉県深谷市の利根川沿いで、解体中の橋にダンプカーがぶつかり、橋の一部が崩落した。ダンプカーは崩れた橋の下敷きになり、現在も運転手の救出活動が続けられている。 消防などによると15日午前10時40分過ぎ、深谷市と群馬県伊勢崎市を結ぶ旧・上武大橋で、「ダンプが橋桁にぶつかり崩れた鉄骨に運転手がはさまれている」と通報があった。 警察や消防によると、ダンプカー1台が崩れた橋の鉄骨などの下敷きになっていて、現在も運転手の男性の救出活動が続いている。 警察などは高さ約10メートルの橋の下を走っていたダンプカーが橋に衝突し、一部が崩れ落ちたとみて調べている。 新しい上武大橋が開通したため、崩落した旧・上武大橋は今年9月から解体作業が行われていたという。

埼玉2018.12.15 17:43

藤枝市 支援施設で音楽会

発達障がいのある子どもと保護者などを対象にしたクリスマスコンサートが15日、藤枝市で開かれた。じっとして音楽を聞くことが苦手な子どもたちやその家族に、気兼ねなく本物の音楽を楽しんでもらおうと、藤枝市の発達支援通所施設「青木クルール」が開いたもの。藤枝市在住のバイオリニスト桜井純さんの演奏を中心に、プロの音楽家によるピアノやトランペットの演奏が披露され、会場はあたたかな空気に包まれていた。

静岡2018.12.15 17:43

未明のひき逃げ 82歳女性が重体 京都市

 15日未明、京都市の路上で、82歳の女性が頭などに大けがをして倒れているのが見つかり、警察がひき逃げ事件として捜査している。  午前0時30分ごろ、京都市南区久世築山町の府道で、車で通りかかった男性から「道路に人が倒れている。ひき逃げかもしれない」と警察に通報があった。  倒れていたのは、林博子さん(82)で、脳挫傷のほか、肋骨を骨折していて、意識不明の重体。  警察によると、現場は林さんの自宅から4kmほど離れている。林さんは一人暮らしで、認知症を患っている。最近、深夜に一人で出歩くことが多くなっていたという。  警察は付近の防犯カメラを確認するなど、ひき逃げ事件として、逃げた車両の行方を追っている。

京都2018.12.15 17:43

大阪府警機動隊員 拳銃置き忘れ 一時紛失

 大阪府警は15日、同日朝に機動隊の隊員がコンビニのトイレに拳銃を置き忘れ、一時、紛失していたと発表した。  府警によると、拳銃を置き忘れたのは第二機動隊に所属する20代の男性巡査で、午前7時20分ごろ、大阪市のアメリカ総領事館警備の待機中に、コンビニのトイレの個室に入り、実弾が入った拳銃や手錠がついたベルトを置き忘れた。  コンビニの従業員が発見し、近くにいた別の隊員に届けたことで発覚。防犯カメラの映像などから、拳銃が放置されていたのは9分間で、その間は、誰もトイレに入っていなかったという。  府警では、やむなくベルトを外す際は、確実に目の届く範囲に置くよう指導しているということで「管理を徹底し、再発防止に努めていく」とコメントしている。

大阪2018.12.15 17:42

五島で廃材焼く 近くに1人の遺体

15日午前、五島市で廃材を焼く火事があり近くで1人の遺体が見つかった。警察が身元の確認を急いでいる。

15日午前10時頃、五島市三井楽町で「解体した家が燃えている」と付近の住民から消防に通報があった。火は、解体された木造の建物の廃材の一部を焼いて消し止められ、この廃材のそばで焼けた1人の遺体が見つかった。警察によると遺体は損傷が激しく性別や年齢、外傷の有無などは分からない状態だという。近所の人によると、ここで暮らしていた老夫婦はすでに亡くなり建物は去年、解体されたとみられる。警察が遺体の身元の確認を進めている。

長崎2018.12.15 17:41

映画フォーラムで平和発信

映画や朗読劇を通して平和について考えるフォーラムが15日、長崎市で開かれた。

フォーラムは、被爆地ナガサキから平和の思いを発信し、若い世代への被爆体験の継承を目的に行われ9回目を迎えた。今年は「親子愛、友情」をテーマに朗読劇や映画の上映が行われたほか、アメリカの写真家が長崎の被爆者を撮影した24点も展示されている。フォーラムは長崎原爆資料館で16日も行われる。

長崎2018.12.15 17:41

慰霊と復興のモニュメント 新たに7人名前

 阪神淡路大震災の犠牲者の名前が刻まれた「慰霊と復興のモニュメント」に15日、新たに7人の名前が加わった。  阪神淡路大震災の犠牲者に追悼の思いを込めて建てられた「慰霊と復興のモニュメント」の地下空間には、震災が原因で亡くなった人たちの名前を刻んだ銘板が、掲げられている。  ここに新たに7人が加わり、モニュメントに掲示された人は、5012人となった。  震災から24年となる来月17日には、モニュメントがある神戸の東遊園地で、追悼のつどいが行われる。  銘板が追加された岡西ヨリ子さんの遺族は「なんとか一つ区切りがつけられたかなという感じで。今まで親孝行もできなかったので、名前を残すことで、母親にもみんなと会えるところができたのかなと」と話していた。

大阪2018.12.15 17:39

東京都心 新飛行ルート周辺住民に説明会

東京都心の上空を通る新たな飛行ルートの導入を目指している国土交通省は、新たにCGなどを使った住民説明会を行った。 国交省は、羽田空港を発着する国際線の便を大幅に増やすため、都心の上空を通る新たな飛行ルートの導入を2020年までに実現する方針。 国交省はこれまでも、ルート周辺の住民に説明会を行ってきたが、15日から来年2月にかけて31か所で改めて説明会を開く。 今回は、都心上空を通る航空機がどのように見えるかを表したCGが新たに公開された。 高度300メートルで上空を通過する大井町駅では、航空機が大きく見えることがわかる。国交省は引き続き、丁寧な情報提供を行っていきたいとしている。

東京2018.12.15 17:37

拉致問題解決に向け 国際シンポジウム

拉致問題解決に向けた北朝鮮の具体的な行動を促すため、政府主催の国際シンポジウムが開かれた。 シンポジウムには、日本人拉致被害者の家族や、北朝鮮に拉致された疑いのあるアメリカ人男性の家族が参加し、肉親の帰国への思いを訴えた。 拉致被害者家族会 ・飯塚繁雄代表(80)「今も向こう(北朝鮮)にいる被害者の方々は自由も奪われ40年も苦しんでいる」 菅官房長官は、「拉致問題は基本的人権の侵害という国際社会全体の問題だ」と指摘し、「被害者帰国に向け、あらゆるチャンスを逃さない決意だ」と強調した。 また、パネルディスカッションでは、北朝鮮の具体的な行動を引き出すため、国際的な連携の必要性が議論された。

東京2018.12.15 17:36

親子で正月用のしめ縄づくりに挑戦

 親子で正月用のしめ縄づくりを学ぶ教室が甲斐市で開かれた。
 体験教室は、日本の伝統文化に触れる機会を持ってもらおうと敷島公民館で開かれた。
 小学1年から6年までの児童とその保護者合わせて20組が参加し、地元の講師からしめ縄づくりを学んだ。
 児童らは、わらを選んだあと、束にしたわらを結ってしめ縄を作った。
 なれない作業に戸惑いながらも、親子で協力してしめ縄を完成させ、笑顔を見せていた。
 完成したしめ縄は、それぞれ家に持ち帰り玄関などに飾って新年を迎えるという。

山梨2018.12.15 17:36

宮地嶽神社で重さ3トンのしめ縄かけ替え

15日、福岡県福津市の宮地嶽神社では、重さ3トンにもなる大しめ縄を掛け替える年末の恒例行事「おおしめ祭」が行われました。15日、福津市の宮地嶽神社では、氏子など約100人が、わらで作った2本の太い縄を両手で抱えながら、より合わせていきました。氏子などのべ1500人が、約2か月かけて準備してきた大しめ縄は、長さ11メートル、直径2.6メートルで、重さは3トンにもなります。約2時間かけて完成した大しめ縄は、重機を使ってつり上げられ、無事、拝殿に飾りつけされました。宮地嶽神社では、新年の正月三が日で、約150万人の初詣客を見込んでいます。

福岡2018.12.15 17:34

自衛隊など 新型インフルエンザ対応訓練

15日、福岡県春日市で、県と陸上自衛隊が、新型インフルエンザの発生を想定した、対応訓練を行いました。15日午前、春日市の自衛隊福岡病院では、県内で新型インフルエンザの患者が発生したとの想定で、訓練が行われました。訓練では、新型インフルエンザの感染が疑われる患者を検査したり、感染が確認された患者を県指定の病院へ移送する手順を確認したりしました。新型インフルエンザは、2009年以降、世界で新たな発生は、確認されていません。福岡県では、新型インフルエンザの感染が疑われる場合は、自治体の相談センターなどに、まずは連絡してほしいと話しています。

福岡2018.12.15 17:34

来夏の参院選立候補予定者のポスター焼ける 放火か

15日未明、北九州市小倉北区で、来年夏の参議院議員選挙の立候補予定者のポスターを焼く火事がありました。警察は、放火の疑いもあるとみて調べています。15日午前1時すぎ、北九州市小倉北区三郎丸で、「ポスターが燃えている」と、通りかかった女性から消防に通報がありました。近くにいた男性が、すぐに火を消しましたが、雑居ビルの敷地に設置された物置に貼られていたポスター1枚が焼けました。ケガ人はいませんでした。警察によりますと、焼けたのは、来年夏の参議院議員選挙に、公明党から立候補を予定している下野六太さんのポスターということです。警察は、現場に火の気がないことなどから、放火の疑いもあるとみて出火の原因を調べています。

福岡2018.12.15 17:33

入院患者に「優しい音色」をプレゼント

 入院患者にクリスマス気分を楽しんでもらおうと、山梨市の山梨厚生病院で大学生によるハンドベルコンサートが開かれた。
 コンサートは、山梨英和大学のハンドベルサークル「RingerRinger」が開いたもので、メンバー12人が入院患者やその家族を前に、クリスマスソングやジブリ映画「魔女の宅急便」の挿入曲、唱歌「ふるさと」などを演奏した。
 入院患者らは学生たちが奏でるハンドベルの優しい音色に聴き入っていた。
 山梨厚生病院の担当者は「長期入院中の患者は普段、生の演奏をなかなか聴くことができないので、心が安らぐいい機会になった」と話していた。

山梨2018.12.15 17:28

廃炉想定しロボットコンテスト

福島第一原発の廃炉に向けてロボット開発の技術を競うコンテストが開かれた。
3回目となる「廃炉ロボコン」には、地元の福島高専など全国の高等専門学校と海外から初めてとなるマレーシア工科大学の合計16チームが参加した。
今回から事故を起こした原子炉を想定したより実践的な競技となり、パイプを通り抜け、溶け落ちた燃料デブリに見立てたボールを回収する。
学生たちは工夫を凝らしたロボットを操り、真剣な表情で競技に挑んでいた。

福島2018.12.15 17:27

少女死亡 トランプ政権「責任ない」に批判

アメリカに不法入国したグアテマラの少女が、当局に拘束された後、死亡していたことが明らかになった。これについて、トランプ政権の高官が「政権に責任はない」と発言し、批判が高まっている。 移民集団「キャラバン」の参加者らは、検問所での移住申請には時間がかかることなどから、次々と、不法入国を試みている。こうした中、今月上旬、不法入国したグアテマラの7歳の少女が、アメリカの国境警備隊に拘束され、その後、死亡した。 アメリカのメディアによると、少女は、脱水症だったとみられ、拘束方法について調査が行われるという。これに対し、トランプ政権の副報道官は、14日、「政権に責任はない」と発言。不法移民に厳しい姿勢を強調したものだが、民主党などからは、「人道的な危機だ」などとして批判が高まっている。

2018.12.15 17:21

北海道胆振東部地震から100日 慰霊式

最大震度7を観測した北海道胆振東部地震の発生から100日となったのにあわせ、被災地の厚真町で犠牲者を追悼する慰霊式が開かれた。 厚真町は地震による土砂崩れで36人が犠牲となった。慰霊式は、午前10時から開かれ遺族107人を含む577人が参列。今月6日まで避難所として使われていた町の施設が会場となった。 両親を亡くした畑島武夫さん(57)「故人の遺志を受け継ぎ、後生にも誇れるふるさと厚真に復興することをお約束し、お別れの言葉とします。さようなら。そしてありがとうございました」 参加者は一人ずつ献花し、復興に向けた決意を新たにしていた。

北海道2018.12.15 17:13

停車させドアミラー殴り壊す…あおり運転か

愛知県岡崎市の東名高速道路で幅寄せして乗用車を停止させ、ドアミラーを殴って壊したとして、15日までに45歳の男が逮捕、送検された。警察は「あおり運転」の可能性も視野に調べている。 器物損壊の疑いで逮捕、送検されたのは愛知県豊川市の会社員・此嶋裕志容疑者(45)。警察によると此嶋容疑者は今月9日午後1時すぎ、愛知県岡崎市の東名高速道路上り線で、走行車線を走っていた55歳の男性の車に、追い越し車線から幅寄せし、路肩に停車させドアミラーを殴って壊した疑いが持たれている。男性にけがはなかった。 調べに対し此嶋容疑者は「急に無理な車線変更をしてきて許せなかった」と話し、容疑を認めているという。 警察は此嶋容疑者が行った幅寄せが「あおり運転」にあたる可能性もあるとみて当時の詳しい状況を調べている。

東京2018.12.15 17:09

臨時国会終えて…安倍首相がゴルフ

安倍首相は臨時国会閉会後、初めて神奈川県内でゴルフを楽しんだ。 安倍首相「(Q:総理、きょうの調子はどうですか?)きょうは結構冷え込んでるけど、寒さに耐えて頑張ってますよ。(Q:辺野古の土砂搬入、受けとめは?)…」 辺野古への土砂投入をめぐって、政府は「辺野古への移設が唯一の解決策」との姿勢を崩さず、沖縄県との関係は冷え込むばかり。 年末にかけては当初予算で初めて100兆円の大台を超える来年度予算案の編成、年明けには通常国会や北方領土問題の解決に向けたロシア訪問などを控えている。寒空の下、内外に厳しい課題も抱える中でのゴルフとなった。

神奈川2018.12.15 17:07

「ガンバレルーヤ」よしこが仕事復帰!

「下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)」の治療のため休養していた「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)が復帰することが15日、分かった。 所属事務所が発表。きょう収録予定のテレビ番組に出演するという。 「下垂体腺腫」は脳腫瘍の一種。人間ドックで良性の腫瘍が見つかったよしこは先月から約1か月間、療養していた。 よしこは「応援してくださった皆さん、ありがとうございました!これからよりいっそう頑張りますので、よろしくお願い致します!」とコメント。 相方のまひる(25)も「これからまた2人で力を合わせて頑張っていきますので、応援よろしくお願い致します!」とファンに呼びかけた。

東京2018.12.15 17:01

オリパラのボランティア募集

東京オリンピックパラリンピックをサポートするボランティアの募集が始まり、福島市で説明会が開かれた。
2020年の東京オリンピックでは福島市の県営あづま球場で野球とソフトボールの試合が行われる。
県が募集を始めたのは、あづま球場周辺や県内のJRの主な駅などで、観戦に訪れた人の道案内や高齢者や障害のある人のサポートにあたる「都市ボランティア」と呼ばれる人たちで、きょうの説明会には、50人ほどが参加した。
募集人数は1千500人程で、大会期間中に3日以上、1日5時間程度活動してくれる人を求めている。
都市ボランティアの受け付けは来年2月末までで、インターネットでも応募できる。

福島2018.12.15 16:30

チャレンジふくしまフェスタ

郡山市では、「健康」をテーマにしたイベントが開かれ大勢の人でにぎわった。
このイベントは、健康への取り組みを通して地域の活性化を目指す「チャレンジふくしま県民運動」の一つとして開かれ、初日のきょうは笑いを健康につなげようと人気お笑い芸人のトークショーが行われた。
また、会場には体の歪みをチェックするコーナーやボルダリングを体験できるコーナーなどが設けられ、訪れた家族連れが楽しみながら健康について学んでいた。
イベントは入場無料で明日は、元サッカー日本代表の武田修宏さんと丸山桂里奈さんのトークショーなどが予定されている。

福島2018.12.15 16:28

越前海岸沿いで恒例の水仙まつり開幕

冬の越前海岸では恒例の水仙まつりが開幕し、越前水仙の無料配布が行われるなど多くの人でにぎわっています。


今年で44回目を迎えた水仙まつり。

福井市の越前水仙の里公園ではことしの水仙娘らが千個の紅白もちをまいてまつりのオープンを祝ったほか、越前水仙の無料配布には長蛇の列ができ、もらった家族連れらは水仙が漂わせる甘い香りを楽しんでいました。

今年は例年よりも2週間ほど水仙の開花が早かったため、越前海岸沿いの水仙畑ではすでに見ごろを迎えていて可憐な花が楽しめます。

水仙まつりは来月21日まで、福井市と越前町それに南越前町で週末に様々な催しが開かれ、冬の越前海岸を盛り上げます。

福井2018.12.15 15:44

トランプ氏 ケリー氏後任に「代行」を指名

アメリカのトランプ大統領は14日、辞任するケリー大統領首席補佐官の後任として側近の政府高官を「首席補佐官代行」に指名した。 トランプ大統領はツイッターでケリー大統領首席補佐官の後任としてマルバニー行政管理予算局長を「首席補佐官代行」に指名したと発表した。 いつまで「代行」を務めるのかなど詳しいことは明らかにしておらず、NBCによると、大統領は14日にマルバニー氏と面会、その後、就任を通知したという。 首席補佐官は政権の「要」となる要職だが、名前の挙がった候補者が相次いで就任に難色を示し、後任選びは難航していると伝えられていた。

2018.12.15 15:42

世田谷区一家殺害 遺族らが解決願う集会

東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件から18年となるのを前に、15日に遺族らが参加し、解決を願う集会が開かれた。 2000年の12月30日深夜、宮沢みきおさん一家4人が世田谷区の自宅で殺害された事件は、未解決のまま、まもなく18年を迎えようとしている。 15日は宮沢さんの母親の節子さんや地域の人など約60人が参加して集会が開かれ、生前の宮沢さん一家や、一刻も早い解決を訴えながら6年前に亡くなったみきおさんの父・良行さんの映像が流された。 宮沢みきおさんの母・節子さん(87)「早く解決しないかなと一番に願っております。何でこんな事件が起きたんだろうって本当に分からないんです」 集まった人たちは、事件解決の願いを込めて、一家の遺影に花を手向けていた。 情報提供先:警視庁成城署03−3482−3829

東京2018.12.15 15:39

旭山動物園で「ペンギンの散歩」始まる

北海道旭川市の旭山動物園ではペンギンたちが園内を歩く冬恒例の人気イベント・「ペンギンの散歩」が始まった。 冬の旭山動物園を代表する行動展示の1つ「ペンギンの散歩」。ペンギンたちの冬の運動不足を解消するために実施されていて、雪の上をよちよち歩くペンギンたちを間近で観察することができる。 ペンギンの散歩は午前と午後の1日2回で、雪がなくなる来年3月の中旬ごろまで見ることができる。

北海道2018.12.15 15:37

搬送中の救急車が事故…2人ケガ 北海道

14日夜、北海道上富良野町の国道で患者を乗せた救急車がスリップし、道路脇の雪に突っ込み2人がケガをした。患者は、別の救急車で搬送され、命に別条はないという。 事故があったのは、上富良野町西13線の国道237号。14日午後11時半ごろ、77歳の女性患者を搬送していた救急車が凍結路面でスリップしてセンターラインをはみだし、反対車線の道路脇に積もった雪に突っ込んだ。 警察や消防によると救急車は頭に痛みを訴えて意識不明の状態だった女性を上富良野町から旭川市内の病院に搬送する途中だったという。 この事故で、同乗していた看護師と医師の2人が腕などを打撲する軽いケガをしたが、女性患者は事故からおよそ30分後に別の救急車で搬送され、命に別条はないという。

北海道2018.12.15 15:36

県内のスキー場が続々オープンしにぎわう

県内各地のスキー場で今シーズンの営業がスタートし、本格的な冬のレジャーシーズンを迎えています。


このうち勝山市のスキージャム勝山でもきょうから一部のレーンで今シーズンの営業がスタートし、さっそく待ちわびたスキーヤ―やスノーボーダーが続々と訪れていました。

訪れた客からは「1日でも早く滑りたかった」とか「ケガをせずに楽しみたい」といった声が聞かれました。

現在は人工降雪機を使ったレーンでのみ滑走が可能となっていて、スキージャム勝山では降雪の状況を見ながら早ければ来週中にも全面オープンします。

きょうは南越前町の今庄365スキー場もオープンしたほか、大野市の福井和泉スキー場でも滑走可能になり次第オープンする予定です。

福井2018.12.15 15:35

住宅2棟全焼1人死亡

今朝
岡山市東区で火事があり
住宅2棟を全焼し
焼け跡から
一人の遺体が発見されました。

きょう午前6時40分頃
岡山市東区瀬戸町万富の事務員
小笠原裕子さん45歳の家から
火が出て
隣接した住宅に燃え広がりました。

火は
1時間20分後に消えましたが
住宅2棟が全焼
6棟の一部を焼き
小笠原さんの住宅の焼け跡から
一人の遺体が発見されました。

また小笠原さんと高校生の二男が
煙を吸うなどして
病院に搬送されました。

火事の後
専門学校生の19才の長男と
連絡が取れなくなっていて
警察では
遺体は長男と見て
身元の確認を行っています。

岡山2018.12.15 15:30

ゴーン容疑者の娘 書類など持ち出す

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の娘が日産側から提供されたブラジルのマンションに立ち入り、現金や書類などを持ち出した。日産側はこれに反発している。 ブラジル・リオデジャネイロには日産側がゴーン容疑者に提供していた高級マンションがある。ゴーン容疑者の逮捕後、日産側は不正に関する証拠が残されている可能性があるとして、保全のため、マンションの鍵を交換していた。 ゴーン容疑者の家族は中にある私物を持ち出したいと訴えていたが、ロイター通信によると裁判所がこれを認め、14日、ゴーン容疑者の娘が現金や書類などを持ち出した。 これに対し、日産側は書類の確認を求めたものの、認められなかったとした上で、「書類が私物とは考えられない」と反発している。

2018.12.15 15:27

辺野古工事 抗議集会で玉城知事も阻止訴え

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古では、政府が15日も埋め立て作業を続ける中、玉城知事は抗議集会に参加し、あらためて移設阻止を訴えた。 辺野古のアメリカ軍キャンプ・シュワブの沿岸では、14日に続き、15日も朝から、ダンプカーが運んできた土砂をブルドーザーで護岸の内側の海へ投入する作業が続けられた。 一方、シュワブのゲート前では15日午前、抗議集会が開かれ、玉城知事は県民が一層団結し、工事をやめさせようと呼びかけた。 玉城知事「私たちは決してひるんだり、恐れたり、くじけたりしない。勝つことは難しいかもしれない、しかし我々は絶対に諦めない」 この後、玉城知事は辺野古の漁港から埋め立て工事の現場を視察した。

沖縄2018.12.15 15:24

松山で「帰ってきた道後動物園」イベント

松山市で、15日と16日、道後動物園をテーマとしたイベントが開かれている。

道後温泉別館飛鳥乃湯泉で15日に始まった「帰ってきた道後動物園」は、1953年から35年にわたって愛媛の子供たちを楽しませた道後動物園を思い出してもらおうと企画されたイベント。

会場では、ポニーに乗って中庭を散歩したり、ウサギやヘビに直接触ったりと、あわせて12種類の動物とふれあうことができる。

また会場には、道後動物園の開園当初を振り返る貴重な写真や映像も展示されていて、来場者は、懐かしさに足を止めて見入っていた。

愛媛2018.12.15 15:09

解体中の橋にダンプカー衝突 埼玉・深谷市

15日午前、埼玉県深谷市の利根川沿いで、解体中の橋にダンプカーがぶつかり、橋の一部が崩落した。ダンプカーは崩れた橋の鉄骨などの下敷きになり、現在、警察や消防が運転手の救出作業を行っている。 上空からの現場付近の映像では、橋桁の一部が落ち、ダンプカーが下敷きになっているのがわかる。消防などによると15日午前10時40分過ぎ、深谷市の利根川沿いで、「ダンプが橋桁にぶつかり崩れた鉄骨に運転手がはさまれている」と通報があった。 現場は深谷市と群馬県伊勢崎市を結ぶ利根川にかかる旧・上武大橋で、ダンプカーの荷台にあるあおり部分が上がっていたことなどから、警察などはダンプカーが橋に衝突したことで橋の一部が崩れたとみて調べている。 ダンプカーは崩れた橋の鉄骨などの下敷きになっていて、現在、警察や消防が運転手の救出作業を行っている。旧・上武大橋は新しい上武大橋が開通したため、解体作業を行っているところだったという。

埼玉2018.12.15 14:12

年賀状の受け付け始まる

15日、年賀状の受け付けが全国一斉に始まりました。徳島市の徳島中央郵便局では記念のグッズがプレゼントされました。徳島中央郵便局では職員が飾りつけた年賀状の専用ポストが設置されました。受け付けが始まった午前9時には、年賀状を持った人達が次々と訪れ専用ポストに投函していました。年賀状を出した人のうち先着30人に来年の干支の猪をデザインした記念の石鹸がプレゼントされました。今年、全国で販売された年賀ハガキはおよそ24億枚、去年より2割ほど少ないということです。郵便局では年賀状を確実に元日に届けるためには今月25日までに出すよう呼びかけています。

徳島2018.12.15 13:58

死亡事故現場で警察が状況確認

会津美里町で起きた交通死亡事故を受けて、地元の警察などが今後の事故防止のために現場の状況を確認した。
事故が起きたのは、今月6日の夜で、道路を横断していた男性が車にはねられて亡くなった。
この事故を受けて、警察や安全協会の関係者が事故現場で、車のライトが下向きだったこと、歩行者が横断歩道以外の所を渡っていたことなど事故の状況を確認した。
会津若松警察署会津美里分庁舎清水誠二分所長「ドライバー、歩行者それぞれがルールを守っていけるように取り締まり、広報に力を入れていく」
警察は、年末年始に向けて、交通事故防止を強く呼びかけることにしている。

福島2018.12.15 13:55

年賀状の受け付け始まる

年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で始まった。

受付開始にあわせ長崎中央郵便局で行われたイベントにはお告げの聖母保育園の園児16人が参加。家族や先生宛てに書いた年賀状を投かんした。年賀はがきは今年から62円に値上げされたが、お年玉付き年賀はがきの1等は去年までの10万円から30万円にアップしている。郵便局では、元日の配達には25日までに投かんするよう呼びかけている。

長崎2018.12.15 13:50

年賀状の受け付けが始まる

 平成最後の年賀状の受け付けが全国一斉に始まり、朝から多くの人が投かんに訪れています。 郡山郵便局では記念のイベントが行われ、地元の高校生が踊りを披露しました。 このあと受付が始まり、近くに住む人が親戚や友人に宛てた年賀状を次々と投かんしていきました。♪投かんした人「うまい字は書けないけど手書きの方がいいと思って毎年手書きで書いている」 年賀状の配達数は全国的に年々減少していますが、それでも、県内だけでもことしの元日にはおよそ1900万通が配達されたということです。 日本郵便では元日に届けたい場合は25日までの投かんを呼びかけています。

福島2018.12.15 13:50

豪雨被災地吉田町でミカン収穫ボランティア

西日本豪雨で大きな被害の出た宇和島市吉田町のミカン農家を支援しようと、松山市のイベント運営会社がミカンの収穫ボランティアを行った。

この収穫ボランティアは、スポーツイベントなどを企画運営するKuruSPOが、被災地支援の一環として、吉田町のボランティア団体“吉田町救援隊”とともに企画したもので、応募で集まった約20人が参加した。

参加者は、宇和島市の理学療法士、中川誠一さんから、急傾斜地で安全にミカンを収穫するコツについてレクチャーを受けたあと、作業に取り掛かった。

中川さんによると、つま先を意識的にリラックスさせることで筋肉痛を防げるということで、参加者はつま先リラックスを心がけながら大切にミカンを収穫していた。

この収穫ボランティアは12月22日にも予定されている。

愛媛2018.12.15 13:27

松山市で「よい子のまんぷくフェスタ」開催

松山市で15日、農業の楽しさを感じてもらおうというイベントが開かれ、子どもの八百屋さんが登場するなど、会場は一日にぎわった。

「よい子のまんぷくフェスタ」には、朝から大勢の家族連れが訪れ た。このイベントは、子どもたちに農業の楽しさや旬の農作物のおいしさを感じてもらおうとJA松山市が毎年この時期に開いている。

「いらっしゃいませ。朝採れたての野菜はいかがですか」
会場には、「子どもの八百屋さん」が開店し、農業体験塾で学ぶ小学生26人が、自分たちが育てて収穫した大根や白菜などの野菜を元気な声で販売していた。

また会場では、野菜の種が入った土だんご作りや農業に関するクイズスタンプラリーなども楽しめ、来場者は農業の楽しさに浸ってい た。

愛媛2018.12.15 13:06

“平成最後の年賀状”受け付け始まる

今年も残すところあとわずか。15日から平成最後の年賀状の受け付けが始まった。 15日から全国で年賀状の受け付けが始まった。インターネットの普及で年賀状を出す人が減少する中、2019年は今年より4億枚少ない約24億枚の販売を見込んでいる。 日本郵便は、元日に年賀状が届くためには、25日までの投かんを呼びかけている。

2018.12.15 12:55

年賀状受け付け始まる 幼稚園児が投函

年賀状の受け付けが、15日から全国一斉に始まり、金沢市の郵便局では園児たちが、親戚や友達に宛てた年賀状を投函した。
金沢市の新金沢郵便局で開かれたセレモニーには、市内の保育園の園児らが、思い思いに書いた年賀状をポストに投函していた。このあと園児たちは、年賀状が地域ごとに仕分けられる様子を見学した。昨年の県内の年賀状の受け付けは2538万枚で、ことしも同程度の枚数を見込んでいるという。郵便局では、元旦に届けるためには12月25日までに出してほしいと話している。

石川2018.12.15 12:47

木のぬくもりを肌で 金沢市で木育イベント

木のぬくもりを肌で感じてもらおうと15日に金沢市でイベントが開かれた。
このイベントは、木に触れることで森の保全に関心を持ってもらおうと、金沢市が開いたもの。会場には、積み木や木琴などのおもちゃを集めたコーナーや、木でお手製の楽器を作るコーナーなど、さまざまなワークショップが開かれた。参加した親子連れは、木のぬくもりを感じながらモノづくりに励んでいた。このイベントは16日も行われた。

石川2018.12.15 12:45

火花が…トルコ高速鉄道衝突事故の瞬間映像

9人が死亡したトルコの高速鉄道の衝突事故で、事故の瞬間を監視カメラが捉えていた。 【現場の駅に設置された監視カメラの映像】線路の検査用車両が画面左に向かっていくと、反対側から走ってきた高速鉄道に衝突。検査用車両は火花を散らしながら押し返された。別の角度から見てみると、衝撃で線路の上にかかる歩行者用の通路が崩れる様子もわかる。 この事故では、乗客6人を含む9人が死亡、86人がケガをした。詳しい事故原因はわかっていないが、地元メディアは、高速鉄道の列車が検査用車両がいる線路に誤って誘導されたとの見方も伝えていて、これまでに鉄道職員3人が拘束されている。

2018.12.15 12:44

各国監視の中…北朝鮮の瀬取り続く 米報道

アメリカ・NBCは14日、各国が監視を強化しているにもかかわらず、北朝鮮による違法な海の上での石油の積み替え「瀬取り」が続いていると報じた。 NBCがアメリカ軍の分析として伝えたところによると、北朝鮮は小型の船を使用したり、東シナ海の外の海域に出向いたりして監視の目をかいくぐり、瀬取りを続けているという。 一方、トランプ大統領は同じ日、ツイッターで、北朝鮮との交渉について「我々は急いでいない。うまくやっている!」と強調した。 ただ、米朝関係筋によると、北朝鮮側は2回目の米朝首脳会談に向けたアメリカとの実務協議に応じていないという。経済制裁の解除をめぐる米朝の溝は埋まっておらず、米朝首脳会談の開催に向けた調整は難航している模様。

2018.12.15 12:25

上富良野町の国道 救急車雪に突っ込む 2人けが

上川の上富良野町で昨夜、患者を乗せた救急車が凍結路面でスリップして道路脇の雪に突っ込む事故があり、この事故で2人がけがをしました。
 事故があったのは、上富良野町西13線の国道237号です。きのう午後11時半ごろ、77歳の女性患者を搬送していた救急車が、凍結路面でスリップしてセンターラインをはみだし、反対車線の道路脇に積もった雪に突っ込みました。この事故で、同乗していた看護師と医師の2人が、腕などを打撲する軽いけがをしました。

北海道2018.12.15 12:11

豪雨で被災のJR呉線が5か月ぶり全面復旧

西日本豪雨のあと不通だった広島県のJR呉線の一部区間が復旧し、約5か月ぶりに全線開通した。 運転を再開したのは、呉線の三原と安浦の間。三原駅では、復旧にあたった職員が利用客を出迎えた。 7月の西日本豪雨で呉線は大きな被害を受けた。復旧が進められてきたが、三原・安浦間は被災箇所が70か所にも上り、最後まで不通になっていた。ようやく土砂の撤去などが終わり、運転を再開したもので、呉線は163日ぶりに全線復旧となった。 利用客「代行バスだと結構遅れがあって、電車だと遅れがないので(うれしい)」 広島県内のJR在来線は芸備線を残してすべて復旧した。

広島2018.12.15 12:11

きょうから…年賀状の受け付け始まる

来年の年賀状の受け付けが、きょうから始まりました。札幌の郵便局では、さっそく幼稚園児が手書きのかわいらしい年賀状を投函しにやってきました。
札幌中央郵便局にやってきたのは、札幌の大通幼稚園の子どもたち。おじいちゃん・おばあちゃんらに宛てて、慣れない字で思い思いに書いた年賀状を、1人1人ポストに投函しました。2019年の年賀状の受け付けは、きょうから全国で一斉に始まり、日本郵便では「年賀状を元日に届けるためには、今月25日までの投函を」と呼びかけています。

北海道2018.12.15 12:10

住宅火災、住人とみられる一人暮らしの男性死亡 四日市

 三重県四日市市で15日未明、木造住宅が全焼する火事があり、焼け跡から、この家に一人で暮らしている74歳の男性とみられる遺体が見つかりました。警察と消防によりますと15日午前3時半すぎ、四日市市日永二丁目の住宅から炎が出ていると消防に通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、木造平屋建て約80平方メートルが全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が見つかりました。この家には伊藤清美さん(74)が一人で住んでいるということですが、伊藤さんと連絡が取れなくなっていることから、警察は、遺体は伊藤さんの可能性が高いとみて身元の確認を急ぐとともに、出火の原因を調べています。

三重2018.12.15 12:06

ホテルに強盗、催涙スプレー吹きかけ金庫奪う 名古屋

 15日未明、名古屋市中村区のホテルに男が押し入り、従業員に催涙スプレーのようなものを吹きかけ、現金約15万円が入った金庫を奪って逃げました。警察によりますと15日午前0時30分ごろ、中村区則武2丁目の「ホテル77」で、男性アルバイト従業員が1人で控室にいたところ、男がホテルの玄関から入ってきて控室に侵入しました。男は無言で従業員に催涙スプレーのようなものを吹きかけ、従業員がひるんだ隙に、控室にあった現金約15万円が入った金庫を奪って逃げました。男は身長170センチぐらい、黒色の目出し帽をかぶり、黒色のジャンパーを着ていたということです。警察は、強盗事件として捜査しています。

愛知2018.12.15 12:05

JA愛知信連が農業高校に農機具寄贈 農業の「担い手育成」にと

 14日、農業教育に役立ててもらおうと、JA愛知信連から愛知県内の農業高校2校に農機具が贈られました。将来の農業の「担い手育成」を目的に、耕運機や噴霧器などが贈られた半田農業高校の鵜飼愛一郎校長は「農機具があると生徒が主体的に取り組める」と話し、1年生の授業で使うとしています。

愛知2018.12.15 12:03

軽自動車が横転 乗車の7人けが

14日夜、静岡市清水区で7人が乗った軽自動車が横転する事故があり全員がけがをして病院に運ばれた。警察などによると14日午後10時半ごろ、静岡市清水区殿沢で県道を走っていた軽自動車が横転した。車には、定員を上回る10代から20代の男女7人が乗車していて全員がけがをして病院に搬送された。全員命に別状はないが1人が重傷だという。車は、静岡市内に住む20歳の男性が運転していたとみられ、右折をしようとしたところ曲がり切れずに横転したとみられている。警察が詳しい状況を調べている。

静岡2018.12.15 12:00

献血キャンペーンで学生が呼びかけ

冬場で輸血用の血液が不足する中、福井市でキャンペーンが始まり、大学生が特に若い世代への協力を呼び掛けています。


献血キャンペーンは福井市大和田のショッピングセンターで始まり、福井大学や福井工業大学の学生たちが買い物客に協力を呼び掛けています。

県赤十字血液センターによりますと、事故が起きやすく外出の機会が減る冬場は輸血用の血液が不足しがちで、最近は若い世代の献血の協力が減っているということです。

学生ボランティアは「冬は特に外出もできないし、なかなか献血に協力してくれる人がいないが、多少でも力になれたらいい」と話していました。

献血は今月16日と22日にも行われます。

福井2018.12.15 12:00

車が電柱に衝突3人死傷、無免許運転の少年逮捕 豊橋市

 愛知県豊橋市で14日未明、無免許で車を運転して電柱に衝突し、助手席の女子中学生を死亡させるなどしたとして、警察は、豊橋市に住む無職のフィリピン国籍の少年(18)を、無免許過失運転致死傷などの疑いで逮捕しました。警察によりますと少年は14日午前0時半ごろ、豊橋市新西浜町で、無免許で乗用車を運転して電柱に衝突し、助手席の中学生・松井汐里花さん(14)を死亡させたほか、後部座席の男性(21)に重傷、女子中学生(13)に軽傷を負わせたにもかかわらず、救護しなかった疑いなどがもたれています。少年は「車を運転して事故を起こしていない」と、容疑を否認しているということです。少年は現場から逃げていましたが、その後見つかり、警察に事情を聴かれていました。また警察は、同じく現場から逃走していた自称派遣社員の石坂マーク裕容疑者(23)を、無免許運転と知りながら車に同乗していたとして逮捕しました。石坂容疑者は調べに対し否認しているということです。

愛知2018.12.15 11:59

ユナイテッド新監督にキムジョンソン氏

鹿児島ユナイテッドの来シーズンの監督に、今シーズンFC琉球をJ3優勝に導いたキムジョンソン監督の就任が決まった。鹿児島ユナイテッドの新たな監督に決まったのは、今シーズンまでFC琉球の監督を務めていたキムジョンソン氏(54)。キム監督は現役時代にジュビロ磐田、コンサドーレ札幌でプレー。2016年からはFC琉球の監督を務め、今シーズンはJ3で鹿児島ユナイテッドと上位争いを展開し、チームを優勝に導いた。キム監督は「J2という未知のステージを鹿児島の皆さんと共に感じ、共に戦い、共に進んでいきましょう」とコメントしている。

鹿児島2018.12.15 11:58

ショーウインドー割れた店内に遺体 富山市

15日朝、富山市で店のショーウインドーが割れ、中から男性の遺体が見つかった。警察は、ひき逃げ事件の可能性があるとみて調べている。 富山西警察署によると、15日午前5時20分ごろ、富山市八尾町で、国道沿いの店のショーウインドーのガラスが割れ、中に男性が倒れているのを通行人が見つけた。男性は近くに住む会社員・舟崎利宏さん(50)で、駆けつけた救急隊により死亡が確認された。舟崎さんには割れたガラスでついたとみられる傷が全身にあったが、誰かと争ったような衣服の乱れはなかった。 警察は、ひき逃げ事件の可能性もあるとみて、司法解剖をして死因を調べることにしている。

富山2018.12.15 11:55

宗教を身近に…“僧侶バー”盛岡

僧侶や牧師とお酒を酌み交わしながら交流しようというイベントが14日夜、盛岡市で開かれた。イベントは宗教を身近に感じてもらおうと去年始まり、今回で6回目。盛岡市玉山地域にある喜雲寺で副住職を務める佐々木秀吾さんを始め、県内の寺や教会で働く僧侶や牧師など6人が参加し、集まった人たちと酒を片手に会話や交流を楽しんだ。クリスマスが近いこともあり恋愛にまつわる相談を持ちかける人もいて、宗教・宗派の枠を越えた楽しい場が広がっていた。

岩手2018.12.15 11:45

全国一斉 年賀状受け付け開始

年賀状の受け付けが全国一斉に始まり、秋田市の郵便局でセレモニーが行われました。
秋田市の秋田中央郵便局では年賀状の受け付け開始を記念して山王幼稚園の園児37人が歌を披露しました。県内では来年の元日に1000万枚あまりの年賀状が配達される見込みです。15日(土)は受け付け開始と同時に約70人が年賀状を投函しました。平成最後の年賀状の受け付けは来年1月7日までで、今月25日までに投函すると、確実に元日に届けられるということです。

秋田2018.12.15 11:43

“平成”締めくくる年賀状 受付開始

来年用の年賀状の受け付けが15日始まり、盛岡中央郵便局ではセレモニーが行われた。受付開始を前に盛岡商業高校の生徒が書道のパフォーマンスを披露した。セレモニーでは一番乗りの男子中学生などがテープカットをし、平成最後の年賀状をいち早く投かんしようという約30人が、次々と特設のポストに投かんしていた。年賀状は今月25日までに投函すると元日に配達されるということで、郵便局では早めの投函を呼びかけている。

岩手2018.12.15 11:42

小倉南区でコンビニ店強盗 弁当奪われる

15日未明、北九州市小倉南区のコンビニエンスストアで、刃物を持った性別不明の何者かが、弁当1個を奪い逃走する強盗事件がありました。警察によりますと、15日午前1時50分すぎ、北九州市小倉南区津田のコンビニエンスストアで、性別不明の何者かが、カウンターに入り、レジを開けようとしているのを、店員が発見しました。店員が近づくと、性別不明の人物は、無言で店員に包丁のようなものを突きつけ、カウンターの近くに置いてあった販売価格498円の弁当1個を奪って逃走しました。逃走した人物は、身長170センチから175センチの中肉、年齢は不明で、上下黒っぽい服装に、黒のネックウォーマーとニット帽を着用していたということです。当時、店内に客はおらず、店員2人にケガはありませんでした。警察は、強盗事件として逃げた人物の行方を追っています。

福岡2018.12.15 11:42

ハピネッツ 北海道に辛勝

バスケットボールB1の秋田ノーザンハピネッツは14日(金)アウェーで北海道と対戦し延長戦の末勝ちました。
B1東地区5位のハピネッツは東地区6位で最下位のレバンガ北海道と対戦しました。最終の第4クォーター、ハピネッツが2点をリードして迎えた試合終了間際、相手に2本のフリースローを与えます。試合時間残り1、3秒で同点に追い付かれ今シーズン初めての延長戦に入ります。5分間の延長戦では白濱や中山など日本人選手が活躍し84対78で勝ちました。ハピネッツは15日(土)もアウェーでレバンガ北海道と対戦します。

秋田2018.12.15 11:41

知人男性殴り殺害した疑い 42歳男を逮捕

宮崎県で知り合いの男性を殴り死亡させたとして、男(42)が殺人の疑いで逮捕された。 殺人容疑で14日夜に逮捕されたのは、宮崎県三股町稗田の竹元龍治容疑者(42)。警察によると、竹元容疑者は今月11日夜、自宅のアパートに来ていた宮崎市本郷北方の山元宏一さん(71)と口論になり、山元さんの顔を拳で何度も殴り、死亡させた疑いが持たれている。 竹元容疑者は翌朝、消防に「遊びに来てた知り合いの意識がない」と通報、事件が発覚した。竹元容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。 アパートの住人によると、「以前から言い争う声が聞こえていた」ということで、警察は動機などについて調べている。

東京2018.12.15 11:40

道に寝ていた男性 ひかれ死亡 大阪・茨木

 15日未明、大阪府茨木市で道路に横たわっていた39歳の男性が車にひかれ、死亡した。  午前2時すぎ、茨木市東宇野辺町で市道を走っていたトラックの運転手から「反対車線に寝ていた男性を車がひいた」と警察に通報があった。  ひかれたのは、会社員の石川哲也さんで、搬送先の病院で死亡。乗用車を運転していた会社員の若松伸容疑者(20)が過失運転致傷の現行犯で逮捕された。  警察によると、若松容疑者は、約15mにわたって石川さんをひきずった後、数十m先まで行ってから、現場に戻って来たという。「当たったのが人かもしれないと思い現場に戻った。人が寝ていたのは分からなかった」と話しているという。  石川さんの自宅は現場から1.5kmほど離れている。警察は、石川さんがなぜ道路に横たわっていたのか詳しく調べる方針だ。

大阪2018.12.15 11:33

瓦の町・菊間町 干支「亥」の置物作り盛ん

瓦の町・今治市菊間町で来年の干支「亥」の置物作りが盛んに行われている。

イノシシの目を入れ、勇ましい顔立ちに仕上げるのは瓦工芸士の光野錦松さん(66)。

今治市菊間町の錦松工房では毎年、菊間瓦で干支の置物を作っている。

イノシシの形にした瓦粘土を、12種類のヘラを巧みに使い分けて仕上げる。

菊間瓦の干支の置物は、およそ2週間、自然乾燥させた後、窯で焼き上げ、いぶし銀の色をつけると完成。

特に、手のひらサイズの置物は、場所をとらず手軽に飾れることから人気が出ているという。

愛媛2018.12.15 11:22

米海軍の下請け業者などにサイバー攻撃か

アメリカの有力メディアは、中国のハッカーがアメリカ海軍の下請け業者などにサイバー攻撃を仕掛け、ミサイル計画などの情報を盗もうとしていると報じた。 「ウォール・ストリート・ジャーナル」が14日、当局者らの話として伝えたところによると、中国のハッカーがアメリカ海軍から仕事を請け負う業者などに対し、サイバー攻撃を行っているという。船のメンテナンスやミサイル計画に関するデータなどが狙われていて、すでに盗まれたとみられるデータの多くは軍の先進技術に関する機密情報だと伝えている。今年6月には潜水艦向けの超音速対艦ミサイルの整備計画も盗まれたという。 専門家は、中国政府が組織したとみられるハッカー集団が関係していると指摘している。

2018.12.15 11:20

米大統領首席補佐官の後任は「代行」

アメリカのトランプ大統領は14日、辞任するケリー大統領首席補佐官の後任として、側近の政府高官を「首席補佐官代行」に指名した。 トランプ大統領はツイッターで、ケリー大統領首席補佐官の後任として、マルバニー行政管理予算局長を「首席補佐官代行」に指名したと発表した。いつまで「代行」を務めるのかなど詳しいことは明らかにしておらず、NBCによると、大統領は14日にマルバニー氏と面会、その後、就任を通知したという。 首席補佐官は政権の「要」となる要職だが、名前の挙がった候補者が相次いで就任に難色を示し、後任選びは難航していると伝えられていた。

2018.12.15 11:09

正月の縁起物「センリョウ」の市にぎわう

今年も残すところ半月となる中、その名前から正月飾りの縁起物とされるセンリョウの市が福井市の花卉市場であり、業者が生け花用に買い求めていました。


大量の小判を表す「千両」と、同じ響きがめでたいと正月飾りに欠かせない「センリョウ」。

けさ開かれた1日限りの市では、競り師の威勢の良い掛け声のもと、県内の業者たちが小さな赤や黄色の実をつけた長さ1メートルほどのものを次々と競り落としていました。

今年は、夏の猛暑で品質が落ちてセンリョウ自慢の実の付きが悪いものや、台風による塩害の影響で葉が変色したものが目立ち、入荷量は去年の半分となる、およそ2万本にとどまったということです。

なお、センリョウは今月25日ごろから、県内の生花店などに並び生け花用に販売されます。

福井2018.12.15 10:43

ポンペオ国務長官「法的手続き通して対処」

中国の通信機器大手・ファーウェイ幹部の身柄引き渡しをめぐり、アメリカのトランプ大統領が介入を辞さない考えを示していたが、ポンペオ国務長官は14日、「今後も法的手続きを通して対処する」と述べた。 アメリカとカナダの両外相らは共同会見を開催した。この中で、カナダのフリーランド外相は、ファーウェイの最高財務責任者・孟晩舟容疑者の身柄引き渡しを政治問題化すべきではないとし、「アメリカも同じようにすべき」と強調。ポンペオ国務長官も足並みをそろえた。 ポンペオ国務長官「公正な結果を得るため、引き続き法的手続きを通してこの件に対処していく」 貿易交渉に役立つのであれば介入を辞さない考えを示したトランプ大統領の発言を修正した形。

2018.12.15 08:32

トランプ氏「口止め料」対応協議に同席か

アメリカのトランプ大統領が関与を否定している元不倫相手とされる女性への「口止め料」を巡る問題で、アメリカメディアは大統領が対応を協議した会議に同席していたと報じた。 トランプ大統領の元側近で有罪判決を受けたコーエン被告は、14日に放送されたABCニュースのインタビューで、改めて大統領の指示を受け元不倫相手とされる女性に対し違法に「口止め料」を支払ったと主張した。 コーエン被告「大統領は不倫問題の選挙への影響をかなり気にしていた」「大統領は私に女性への支払いを指示した」「(Q.大統領は違法性を知っていた?)もちろんだ」 大統領はこれまで、支払いについて事前には知らず指示もしていないと関与を否定しているが、アメリカメディアは、2015年、コーエン被告らが対応を協議した会議に大統領も同席していたと報じた。報道が事実の場合、大統領はさらに苦しい立場に立たされることになる。

2018.12.15 07:35

パワハラ対策 厚労省が法案提出の方針

職場でのパワーハラスメントを防ぐため、厚生労働省は、パワハラ対策を法律で企業に義務づけるなどの報告書をとりまとめた。来年の通常国会に法案を提出する方針。 労働者や企業の経営側が参加する厚労省の会議が14日にまとめた報告書は、パワハラは「許されない行為」と明記し、パワハラの定義を「優越的な関係に基づく業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により、労働者の就業環境を害すること、身体的、もしくは精神的な苦痛をあたえること」とした。 その上で、パワハラ防止対策を企業に義務づけることや、事業主と労働者は、自らの言動に注意するよう努めるべきといった責務を法律で明確にすることが適当としている。 パワハラ対策を義務づける法律はなく、厚労省は、この報告書をもとに来年の通常国会に法案を提出する方針。

東京2018.12.15 03:18

フラメンコで「曽根崎心中」 両陛下が鑑賞

天皇皇后両陛下がフラメンコで表現した「曽根崎心中」を鑑賞された。 天皇皇后両陛下は14日夜、東京・渋谷区の新国立劇場を訪れ、舞踊劇の「Ay曽根崎心中」を鑑賞された。これは、近松門左衛門の名作「曽根崎心中」を、スペインの伝統的な踊りであるフラメンコで表現した作品で、作詞家の阿木燿子さんがプロデュースし、夫でロック歌手の宇崎竜童さんが音楽監督を務めている。 両陛下は、2016年、静岡県で、スペイン国王夫妻と共にこの作品を鑑賞する予定だったが、国王夫妻の来日延期や熊本地震の発生などにより取りやめとなっていた。 日本の「情念」の世界と情熱的なフラメンコの融合に、両陛下はさかんに拍手を送られていた。

東京2018.12.15 02:57

東急・大井町線 夜に有料座席指定サービス

東急電鉄は、東京都と神奈川県を結ぶ大井町線で、平日の夜の座席指定サービスを始めた。 14日夜にサービスが始まった「Q SEAT」は、通常の運賃に400円の追加料金を支払うと、電車の座席を予約でき、確実に座ることができる。 7両編成のうち、車体がオレンジ色の1両がサービスの対象で、平日の午後7時台から午後11時台に、大井町駅発で、混雑が激しい田園都市線に乗り入れる、下りの急行電車5本で運行される。 サービスの利用者「一週間仕事終わった後に仕事の疲れをとるために乗れたらと思う」 乗客「通勤ですごい混でる中で、追加で何百円か払ってでも座れるということは、結構大きいことだと思う」 指定席は、乗車日当日にインターネットなどから購入でき、初日の14日は、約3時間で売り切れたという。 東急電鉄は、「Q SEAT」がある電車の増発や、ほかの東急線への導入なども検討している。

2018.12.15 01:37

日産会長人事、先送りの見通し 当面不在か

カルロスゴーン容疑者が逮捕されたことで空席となっている日産自動車の会長人事が、先送りされる見通しであることが分かった。 日産自動車では、ゴーン前会長の逮捕で不在となっている会長の後任人事について、社外取締役3人が現在の取締役の中から選定し、来週17日に取締役会で決定することを目指していた。 しかし、関係者によると、社外取締役らは、「会長人事の前に、日産のガバナンス体制の見直しを優先させる必要がある」と判断し、会長の後任について選定を先送りする見通しとなったことが分かった。 今後、第三者を含めた委員会を結成し、ガバナンス体制の見直しを図った上で後任の会長人事を決めたい意向で、当面の間、会長職は不在となる見通し。

東京2018.12.15 01:33

あおり運転事故で判決 「危険運転」を適用

東名高速で「あおり運転」の末、死亡事故を起こし、危険運転致死傷などの罪に問われた裁判で、横浜地裁は石橋被告に懲役18年の判決。争点だった「危険運転致死傷罪」を適用・・・その詳細を分析。 増加する“あおり運転”摘発…根絶に必要なことは?“あおり運転”もし遭遇したらどう対処? その一方で加害者にならないためには? 自民党参院議員の三原じゅん子氏、弁護士の加茂隆康氏と議論する。 ※BS日テレ「深層NEWS」12月14日放送分より。詳しくは動画でご覧ください。

神奈川2018.12.15 01:31

舞鶴市の国道で自転車の男性はねられて死亡

京都府舞鶴市の国道で14日、車と自転車が衝突する事故があり、自転車に乗っていた深田繁男さん(76)が死亡した。現場は、舞鶴市引土の国道27号線の交差点で、午後7時ごろ、事故を起こした車の運転手から「自転車とあたった」と警察に通報があった。警察は車の運転手で買い物から帰宅途中だった介護士の堀和奏容疑者(21)を過失運転致傷の現行犯で逮捕していて、信号無視がなかったかなど事故当時の状況を詳しく調べている。

京都2018.12.15 00:41

警察官装った詐欺未遂で東大阪の公務員逮捕

警察官などを装い高齢の女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとした詐欺未遂容疑で、東大阪都市清掃施設組合の職員、上田夏輝容疑者(28)が逮捕された。警察によると、上田容疑者は12日、「キャッシュカードが不正に使われている。保護申請するので、カードと暗証番号を書いたメモを渡してください」とウソの電話をかけ、キャッシュカードをだまし取ろうとした疑いがもたれている。カードを受け取りに来た上田容疑者を不審に思った女性が渡さなかったため上田容疑者は逃走。およそ1時間後に警察官に職務質問され身柄を確保された。警察は認否を明らかにしていない。

大阪2018.12.15 00:40

移動“貸し切りしない” 皇太子さまが検討

皇太子さまが新天皇に即位後、国内移動の新幹線などの貸し切りをやめることも検討されていることが分かった。 来年、皇太子さまが新天皇に即位された後、国内移動の飛行機や新幹線は貸し切りとせず、一般客を乗せることも検討されていることが関係者への取材で分かった。 これまで天皇皇后両陛下の移動では、警備上の理由などから新幹線は全車両を貸し切り、飛行機は機体ごと貸し切りとなっていたが、費用がかかることを皇太子さまが気遣われているという。

東京2018.12.15 00:27

東名あおり事故 危険運転認め懲役18年判決

東名高速で「あおり運転」の末、死亡事故を起こし、危険運転致死傷などの罪に問われた男に対し、横浜地裁は懲役18年の実刑判決を言い渡した。事故で亡くなったのは静岡市清水区の夫婦。遺族は、どう受け止めただろうか。横浜地裁には、41の傍聴席に、682人の希望者が列を作った。事故で亡くなったのは、静岡市清水区の萩山嘉久さんと妻の友香さん。嘉久さんの母、文子さんも法廷に。石橋和歩被告は去年6月、神奈川県の東名高速で「あおり運転」の末、萩山嘉久さんと妻の友香さんを死亡させたなどとして、危険運転致死傷などの罪に問われている。判決が言い渡される前、裁判長から「何か言いたいことはありませんか?」と問われた石橋被告は、少し首をかしげたあと「ない」と答えた。そして、判決では、「危険を生じさせる速度で、あおり運転を繰り返したことにより停車を余儀なくさせ、車を衝突させて死亡させた」として危険運転致死傷罪の成立を認めた。その上で「身勝手かつ自己中心的な動機から短絡的に犯行に及んでいて酌むべき余地はない」として、石橋被告に懲役18年の判決を言い渡した。裁判長が判決文を読み上げる間、石橋被告は腕を組み、うなだれた様子で聞き、最後に「わかりましたか」と聞かれると「はい」とはっきりと答えた。

静岡2018.12.15 00:20

辺野古土砂投入 現地に広がる怒り・悲しみ

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古で、政府は14日、海の埋め立てを始めた。那覇市から現地の様子を佐藤記者が伝える。      ◇ 政府としては、早期の土砂投入で、多くが埋め立てに反対する県民世論のあきらめを狙ったものとみられるが、私が何人か話を聞いた限りでは、「悲しさ」や「無力感」を口にする人がいる一方、怒りや憤りの言葉が多い印象を受けた。 やはり、沖縄県の玉城知事が「対話による解決」を求めてきたにもかかわらず、いわば「問答無用」で埋め立てへ突き進んだ政府の姿勢が、県民の間に反発と不信感を広げているのだと思う。 しかし、今後も沖縄県の側には、確実に工事を止める手だてがあるわけではなく、手詰まり感は否めない。 一方、来年2月には、埋め立ての賛否を問う県民投票があり、そこで埋め立て反対の民意が示された場合、知事があらためて埋め立て承認を撤回することも考えられる。そうなると、国と沖縄県との間で、法的な争いがさらに続くため、中長期的には、工事が順調に進むかは依然不透明となっている。

沖縄2018.12.14 23:58

笹野一刀彫り「イノシシ」作り盛ん米沢

米沢市笹野本町の工房では一刀彫職人の戸田寒風さん(69)が、来年の干支「イノシシ」の置物づくりに追われている。戸田寒風さんは「今が一番の作業のピーク。年末年始にかけて一番多くの人が買いに来る」と話す。毎年恒例となった干支づくりは元々、「お鷹ぽっぽ」づくりで培ってきた一刀彫の技術を生かそうと戸田さんが50年ほど前から始めた。サルキリと呼ばれる専用の刃物を使い、イノシシの形をコシアブラなどの木から削り出す最初の作業から繊細なデザインの仕上げまでをこれ一本で行う。戸田さんがイノシシを作るのは今回で4回目。大きさは6センチから30センチほどと大小さまざまでサイズの違うものを組み合わせ親子に見立てて購入するお客さんが多いという。干支の置物作りは、来年1月中旬ごろまで行われ、戸田さんは800個ほどを作りあげる。

山形2018.12.14 21:26

来年産のコメ「生産の目安」800h増

今年産の主食用米から国による生産調整が廃止されたのを受け、各都道府県は独自に「生産の目安」を設定している。山形市で開かれた県農業再生協議会の臨時総会では全国的にコメの需要が減る中、「つや姫」が高値水準で取引され、県産米の全国でのシェアが概ね増加傾向にあるなど、現状が報告された。こうした動向を踏まえ県は県全体の来年の「生産の目安」を作付面積が今年より1.6%、884ヘクタール増の5万7550ヘクタール、生産量は今年より5840トン多い34万3000トンとする方針を示した。提案は承認されて12月21日、各市町村に割り当てる作付面積が提示される。

山形2018.12.14 21:23

児童が卒業証書の和紙作り

来年春、3年ぶりに卒業式が行われる周南市須金地区で小学生が自分たちの卒業証書に使われる和紙を作った。周南市の須金地区にある「和紙センター」。卒業証書の和紙づくりをしたのは、須磨小学校6年生の広実采世くんと田中芙実さんの2人。須金地区では、江戸時代から和紙づくりが盛んに行われていて、須磨小学校では、10年以上前から卒業生が自分達の卒業証書をつくっていた。14日は、水に楮とよばれる原料を溶かしたものを漉く作業を行った。5年生が見守る中、地域の人に教わりながら丁寧に原料をすくい取っていた。少子化の影響で、須磨小ではここ2年、卒業生がいなかったため、卒業証書の作成は3年ぶりになる。漉いた和紙は、水を絞り、乾燥させ2、3日ほどで完成するという。須磨小学校の卒業式は、来年3月20日に行われる予定。

山口2018.12.14 20:05

県議会最終日

県議会11月定例会は14日、最終日を迎え貨物船の衝突により損傷した大島大橋や送水管の復旧工事を行うための補正予算案などが可決された。14日の県議会では議案を審議した常任委員会の委員長の報告があった後採決が行われ22の議案が可決・承認された。そのうち、補正予算の総額は22億6500万円。貨物船の衝突により損傷した大島大橋の今年度の復旧工事費用に18億円。破断した送水管の復旧工事の今年度分の費用に2億5000万円が計上されている。また、周防大島町の復興支援パッケージの今年度分の実施費用7500万円は今月7日に採決を前倒しして、既に可決されている。この他、補正予算では来年の夏までに県内全ての県立高校の普通教室にエアコンを設置すための費用におよそ1億3800万円が盛り込まれている。

山口2018.12.14 20:04

美祢市議会臨時議会

美祢市議会の定例会は台湾出張中の市長の不適切な行為が指摘され、流会となっていたが14日、補正予算案などを審議する臨時議会が召集された。西岡市長は冒頭、停滞を招いたとして改めて陳謝した。美祢市議会では西岡市長が先月上旬、台湾に出張した際、女性をめぐる不適切な行為があったなどとして、先月29日に招集された定例会に9人の市議が欠席。定足数を満たさず補正予算案などを審議する定例会が流会となっていた。市議会では百条委員会を立ち上げ、西岡市長らを証人尋問するなどこの問題の調査を行っていて、疑惑の解明はそちらで進めるとして、前回欠席した市議らも今回、臨時議会の開催を受け入れた。西岡市長「議会運営はもとより市政推進に停滞を招いてしまって、市民のみなさまならびに議員のみなさまに心からお詫びを申し上げる。」臨時議会では、消防防災センターの整備に関係する補正予算案など、議案25件を審議する予定。

山口2018.12.14 20:04

下郷殺人死体遺棄 被告に懲役30年の実刑

去年、下郷町で男性2人の遺体が見つかった事件の裁判で、福島地方裁判所は、被告の男に懲役30年の実刑判決を言い渡した。
本籍が郡山市の星久宏被告40歳は、福島市で、当時37歳の男性を暴行して死亡させたほか、おととし、宇都宮市のアパートで当時42歳の男性を殺害し、遺体を下郷町に遺棄した罪などで起訴されている。
きょうの判決公判で、福島地方裁判所の柴田雅司裁判長は「突発的かつ強い殺意によるものであり、殺人の事案の中でも相当に重い部類に属する」などとして、星被告に懲役30年の実刑判決を言い渡した。

福島2018.12.14 19:57

郡山中央スマートIC 来月13日供用開始

さまざまな効果が期待されている。
郡山市で整備が進められていた、東北自動車道の新たなスマートインターチェンジの供用開始が来月13日に決まった。
ETC専用の「郡山中央スマートインターチェンジ」は、東北道の郡山インターチェンジと郡山南インターチェンジの間に整備が進められていた。
来年3月までの供用開始を目指していたが、郡山市とネクスコ東日本は、準備が整ったとして、来月13日午後3時からの供用開始を発表した。
供用によって市街地へアクセスがしやすくなり、病院への救急搬送の際の時間短縮などが期待されている。
NEXCO東日本では、1日に2,000台の利用を見込んでいる。

福島2018.12.14 19:55

男が警察に出頭 2件のひき逃げ容疑で逮捕

運転中に2件のひき逃げ事件を起こしたとして、いわき市久之浜町の荒裕太郎容疑者31歳が逮捕された。
荒容疑者はおとといの夜に衝突事故を起こし、19歳の相手運転手に軽傷を負わせ逃走、その直後にも横断中の65歳の男性をはね、重傷を負わせ逃げた疑い。
荒容疑者は翌日の朝、交番に出頭し、容疑を認めたという。

福島2018.12.14 19:52

50年続く行事 幼稚園でもちつき大会

きょう、郡山市の幼稚園児がもちつきを体験した。
郡山市の小原田幼稚園で開かれたもちつき大会。
臼と杵を使ってもちをつく日本の伝統文化に親しんでもらおうと、開園以来、50年ほど続いている行事。
きょうは園児およそ270人が参加し、体よりも大きな千本杵を小さな手で持って、よいしょ、よいしょと一生懸命もちをついていた。
*園児は
「楽しかった」
「(杵が)軽かった」
このあと、保護者や先生たちがきなこもちを作り、その味を楽しんでいた。
園児たちは、半月後の正月を前に、良い体験ができたようだった。

福島2018.12.14 19:49

釧路の病院前 無人の車にひかれ死亡

釧路市内の病院前で、車いすに乗っていた90歳の女性が、無人の車にひかれ、死亡する事故がありました。運転手がシフトレバーをドライブに入れたまま、車から離れたことが原因だということです。
 事故があったのは、釧路市愛国の孝仁会記念病院の玄関前です。午前11時50分ごろ、車いすに乗っていた早坂ヨネ子さん(90)が、病院から出て車に乗り込もうとしたところ、後ろに止まっていた無人の乗用車が突然動き出し、車に追突、さらに、早坂さんをひいたということです。早坂さんは、全身を強く打ってまもなく死亡しました。警察は、この病院の職員で、乗用車を運転していた齊藤栄一容疑者(52)を現行犯逮捕しました。警察によりますと、齊藤容疑者がシフトレバーをドライブに入れたまま乗用車から降りたところ、無人のまま、前に動きだしたということです。警察で、当時の詳しい状況を調べています。

北海道2018.12.14 19:42

地下鉄大通駅 新千歳の運航情報表示

新千歳空港の最新の運航状況がわかる液晶モニターが、札幌の地下鉄大通駅に設置されました。冬場の空港の混雑解消に一役買いそうです。
 新千歳空港の運航状況をリアルタイムで表示する大型の液晶モニター。設置されたのは、地下鉄大通駅の南北線のコンコースです。札幌を訪れる外国人のために、英語や韓国語、中国語にも対応しています。このモニターの設置は、去年のJR札幌駅西コンコースに続いて2か所目となります。雪による欠航や遅れが増えるこれからの時期、モニターで事前に運航状況を確認してもらうことで、空港の混雑解消につながると期待されています。

北海道2018.12.14 19:41

デンソー岩手新工場完成、来年3月稼働へ

自動車の半導体部品を製造する金ケ崎町のデンソー岩手に新しい工場が完成し、14日お披露目された。急速に進む自動車の電動化に欠かせない部品づくりを担う。記者「新しい工場の完成で3工場体制となったデンソー岩手。2年後には従業員1000人規模をめざすと関係者は意気込んでいる」。お披露目会では、達増知事や金ケ崎町の髙橋町長など約30人が完成したばかりの工場を見学した。延床面積約2万8千平方メートル。柱が少なく見通しの良い広大な空間が特徴。床下は部品や製品を出し入れする物流用のスペースとし、2層構造で生産の効率化を図っている。こちらで製造されるのは、近年、高機能化が進む自動車のメーター。そして、ハイブリッドカーの心臓部と言われ、今後も需要拡大が見込まれる「パワーカード」。工場の製造ラインは今のところ、メーターとパワーカード、それぞれ1つずつだが、パワーカードの製造ラインは今後8つまで増える見込み。デンソー・山中康司副社長「電動化とか電子化というのは、ものすごい勢いで進んでくるので、メイドイン岩手という形で、日本だけじゃなくて全世界に供給していく拠点の1つになると、そういう風に考えております」。達増知事「岩手にとって生産・雇用の面で大きな効果を頂くことになるし、関係の産業振興にもつながっていくということを期待する」。デンソー岩手の従業員数は、この2年で約270人増加。今後も地元採用を進め、2年後には1000人規模をめざすとしている。新しい工場は、来年3月に稼働を始める予定。

岩手2018.12.14 19:40

国道で冬用タイヤの装着を調査

本格的な積雪を前に14日、車の冬用タイヤ装着調査が鳥取県大山町の国道9号で行われた。スリップなどによる車両の立ち往生を防ごうと国土交通省や警察などが行った。国道9号を走る車をパーキングエリアに導くと、タイヤをチェックするとともにチラシを配布して早めのタイヤ交換を呼びかけていた。調査が行われた大山町付近の国道9号では7年前、約1000台の車両がまきこまれる大規模な立ち往生が実際に発生している。この日の調査では、装着率は79%となり去年を9ポイント下回った。関係者は、車での出発前には道路情報をしっかりチェックしてほしいとしている。

鳥取2018.12.14 19:36

アームレスリング全日本選手権 優勝を報告

先月、都内で行われたアームレスリングの全日本選手権で2年連続の優勝を果たした男性が大館市にいます。今回で全国大会は10回目の優勝。48歳のスゴイ“腕”の持ち主です。
福原市長のもとを訪れたのは、大館市に住む後藤豊さんです。先月24日、都内で行われた日本アームレスリング連盟主催の全日本選手権に出場した後藤さん。右腕で戦うライトハンド70キロ級で優勝し、2年連続の優勝を果たしました。予選で敗れ、敗者復活から勝ち上がっての頂点でした。48歳6か月の年齢は、全階級の優勝者の中で最年長です。別の大会も合わせてこれで日本一に輝くこと10回を数えました。後藤さんは、今後マスターズの世界大会への出場を考えているということです。

秋田2018.12.14 19:32

女児食塩中毒死賠償訴訟和解へ

盛岡市の認可外保育施設で塩化ナトリウム中毒で死亡した女の子の両親が、施設の元経営者に損害賠償を求めている裁判は14日結審し、和解に向けた協議が進められた。これは2015年8月、盛岡市にあった認可外保育施設で死亡した下坂彩心ちゃん、当時1歳の両親が、施設の元経営者に対し6270万円の損害賠償を求めているものだ。刑事裁判では、元経営者に対し執行猶予付きの有罪判決が言い渡され、刑が確定している。14日の口頭弁論では、元経営者に対する尋問が行われ、元経営者は塩を飲ませたのは故意ではなく過失によるものだったと主張した上で、和解の意思を示した。そして、裁判の後行われた進行協議では、裁判所から和解に向けた頭金が示された。和解期日は来年2月7日に設定され、頭金が支払われれば、遺族は和解に応じる方針だという。

岩手2018.12.14 19:28

飲酒運転は絶対ダメ!撲滅キャンペーン

飲酒運転を根絶しようと秋田市で街頭キャンペーンが行われ、ドライバーにチラシを配って徹底を呼びかけました。
キャンペーンは、忘新年会などで飲酒の機会が増えるこの時期に毎年、秋田ライオンズクラブが行っているものです。キャンペーンには25人が集まり、ドライバーにチラシを配りながら飲酒運転の根絶を呼びかけました。県内では去年、飲酒運転で検挙された人が252人いました。飲酒運転による事故は19件起きていて2人が死亡しています。ともにキャンペーンを行った警察は「少しの量だから大丈夫、また休んだから大丈夫だと思わずに少しでも酒を飲んだら絶対に運転しないということを徹底して欲しい」とすべてのドライバーに強く呼びかけています。

秋田2018.12.14 19:24

水族館の生き物宛てに 年賀状づくり

郵便局では15日から年賀状の受け付けが始まります。男鹿市の保育園では子どもたちが男鹿水族館にいる生き物宛ての年賀状を作りました。
年賀状作りに挑戦したのは、男鹿市の北浦保育園の園児です。県内の郵便局では手紙やハガキを書く楽しさともらう嬉しさを知ってもらおうと、男鹿水族館GAOの生き物宛の年賀状コンテストを行っています。北浦保育園は、GAOから一番近い保育園で、遠足などで年に3回ほど訪れているということで、それぞれお気に入りの生き物をハガキに描きました。子どもたちが描いた年賀状は、来週近くのポストに投函することにしています。

秋田2018.12.14 19:24

秋田地方裁判所が入る庁舎 建て替えへ

秋田市山王にある秋田地方裁判所などが入る庁舎が老朽化にともない建て替えられることになりました。工事期間中は同じ敷地内に建てられる仮庁舎で裁判が行われることになります。
建て替えられるのは、秋田市山王にある秋田地方裁判所などが入る庁舎です。秋田地裁総務課によりますと、新庁舎の工事は2020年から2023年の期間で行われ、地下1階、地上は現在よりも1フロア多く地上6階建てとなります。費用は概算でおよそ58億7000万円です。新庁舎完成までの間、敷地内の駐車場の場所に建てられる地上2階建ての仮庁舎で裁判などが行われます。仮庁舎は来年度の運用開始が予定されています。現在の庁舎は建設からおよそ50年が経過していて、老朽化などの理由から最高裁判所が今年4月に建て替えを決めていました。

秋田2018.12.14 19:23

貧困家庭の25%超が「死にたいと思った」

 フードバンク山梨が、県内の貧困家庭を対象に行った調査で四分の一を超える家庭が「死にたいと思った」と回答を寄せていたことが分かった。
 調査はフードバンク山梨が、ことし8月の子ども支援プロジェクトで支援した県内の貧困家庭649世帯を対象に行ったもの。
 このうち回答を寄せた200世帯では、フードバンクを利用するまでに経験したことという設問に対し43・3%が「過労で寝込んだ」、38・4%が「家賃や光熱費を滞納した」と回答したほか26・2・%が「死にたいと思ったことがある」などと回答した。
 また、学校給食がなくなる夏休み中の食事回数は、1日2食と回答した家庭が16・0%、1食以下という回答は0・5%で貧困の現状が改めて浮き彫りになった。
 調査内容を発表したフードバンク山梨の米山けい子理事長は「貧困が深刻化する中で精神的な支援の必要性を感じる」と語った。
 フードバンクでは、調査結果をまとめ県などに支援の拡充を求めていく考え。

山梨2018.12.14 19:23

積雪増加 スキー場もオープンへ

14日は秋田市や内陸北部でまとまった雪となりました。こうした中、各地のスキー場が続々とオープンします。
岩手との県境、東成瀬村にあるジュネス栗駒スキー場では、関係者が集まって神事が行われ、シーズン中の安全を祈願しました。14日朝のゲレンデの積雪は、およそ30センチ。今月6日までは雪がまったくありませんでしたが、それ以降のまとまった雪のおかげで、なんとか15日からの営業開始に間に合いました。ジュネス栗駒スキー場の今シーズンの営業は、来年3月17日までで、昨シーズンよりも5000人多い3万人の来場者を目指しています。

秋田2018.12.14 19:23

野田参議院議員 立憲民主党入りへ

来年夏の参議院選挙をめぐる動きです。福岡選挙区選出で現在、無所属の野田国義議員が年内に立憲民主党に入党する考えを明らかにしました。野田参院議員は14日午後1時前、福岡県議会に姿を見せ県議会の関係者と会談。年内に立憲民主党への入党手続きをする意向を伝えたということです。野田議員は取材に対し「無所属でいっときやっていたがとてもやっていけない。立憲に所属をしてしっかり自民党に対峙する大きな塊を作っていく。」と話しました。旧・民進党に所属していた野田・参院議員は無所属で活動していましたが10月になって無所属のまま立憲民主の会派に所属しました。この会派入りで野田氏と、たもとを分かつ形となった国民民主党は独自候補の擁立を模索。国民民主の党本部が女性3人を中心に選考を進めているということです。参院選福岡選挙区では旧・民進党の勢力からは2人が立候補する可能性が出てきています。

福岡2018.12.14 19:21

JR東日本 新商品の“甘酒”お披露目

 JR東日本はおととし、農業法人を立ち上げ、新潟市で酒米を生産している。14日はその酒米を使った新商品の甘酒を披露した。

 JR新潟駅で開かれた14日の発表会。お披露目されたのは、ノンアルコールの「新潟しゅぽっぽ あまざけ」だ。ラベルは駅名を表示する看板のようなデザイン。鉄道会社らしい一品に仕上がった。
 新潟市が農業特区になり規制が緩和されたことから、JR東日本はおととし、農業法人を立ち上げ、酒米の五百万石を生産していた。
 これまで、その酒米を使って4つの蔵で純米吟醸酒を造り、「新潟しゅぽっぽ」として販売している。
 新発売となる甘酒は新潟市の今代司酒造が手がけたもので、14日は駅の利用客にも振る舞われた。
 JR東日本新潟支社の今井政人支社長は「ぜひ、旅を楽しみながら甘酒を味わっていただければ」と話した。
 「新潟しゅぽっぽ あまざけ」は、15日から新潟駅の土産物店などで販売される。

新潟2018.12.14 19:15

DeNA飯塚投手 上越市の母校で講演

 上越市出身、横浜DeNAベイスターズの飯塚悟史投手が14日、母校で講演し“夢の実現のため努力することの大切さ”を後輩に伝えた。

 母校の直江津中学校で講演したのは、横浜DeNAベイスターズの飯塚悟史投手だ。
 14日は「夢の実現」をテーマに、プロ野球選手という“夢”をかなえるため練習を欠かさなかったことや、うまくいかないときほど意志を強く持って努力したことなどを後輩に伝えた。
 質疑応答の時間には生徒から質問が殺到。飯塚投手は1つ1つの質問に丁寧に対応していた。
 飯塚投手は「自分も話していく中で自分にも言い聞かせながら話すことができたので、また原点に戻って来年はいいシーズンにしたい」と話した。
 プロ4年目のシーズンを1勝6敗で終えた飯塚投手。来季に向け後輩とのふれあいがいい刺激になったようだ。

新潟2018.12.14 19:15

「重要な役割を担った」と懲役20年の判決

 甲州市の男性を強盗目的で死亡させた罪などに問われた男に、甲府地裁は14日、懲役20年の判決を言い渡した。
 強盗致死などの罪に問われていたのは、甲斐市の無職中村衛被告(23)。
 判決によると、中村被告は一昨年11月、強盗目的で甲州市の斉藤弥生さん当時36歳を殺害した男らと共謀し、斉藤さんの勤務先から、貴金属を盗もうとした。
 裁判は、共犯者との共謀の有無が争点となったが、甲府地裁の丸山哲巳裁判長は「強盗行為そのものは行なっていないものの計画を認識し斉藤さんの自宅を突き止めるなど、重要な役割を担った」とし共謀を認定した。
 一方、「若年で反省の言葉も述べている」などとし、懲役25年の求刑に対し20年を言い渡した。
 「手助けしただけ」と強盗致死罪の「ほう助」を訴えてきた弁護人は控訴の意向を示している。

山梨2018.12.14 19:09

タクシー会社が運賃の値上げを要請

鹿児島市のタクシー会社が九州運輸局に対し、運賃の値上げを要請した。要請書を提出したのは、ハニ交通などタクシー会社3社を経営する株式会社ハニだ。そもそもタクシーの料金は国が運賃の上限を定めていて、値上げなど改定を求める場合、国の審査を受けなければならない。九州運輸局によると、株式会社ハニは現在1.5キロまでが620円とする初乗り運賃を、1.3キロまでで640円にするよう求めたという。合わせて191メートルごとに50円上がる運賃を168メートルごとに50円とするよう要請した。対象となる鹿児島Aブロックには現在99の事業者がいて、タクシー2965台を保有している。審査を受けるためには、このうち7割を超える台数の事業者が今回の申請から3か月以内に同じように国に運賃の値上げを求める必要がある。株式会社ハニの羽仁正次郎社長は「鹿児島は最低賃金も上がったわけで、労働環境を良くしないといけない。タクシーはLPGというガスを使っているがこの燃料の高騰がここ数か月上昇の傾向にある。いろいろな経済的な環境を整備する為には理解してほしい」と述べた。

鹿児島2018.12.14 19:09

鹿屋市の老人ホーム 業務改善計画書を提出

鹿屋市の老人ホームで介護職員全員が退職したあと入居者7人が相次いで亡くなった問題。県から業務改善命令を受けた施設が業務改善計画書を提出した。業務改善計画書を提出したのは鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」を運営する一般社団法人波之上会。施設は「夜間は2人の職員を配置する」などとした「重要事項説明書」を県に出していたが、実際は夜間1人体制となっていた。県に提出された業務改善計画書では介護職員を1月末までに最大で4人増やすとしている。夜間については職員が増えるまでこれまで通り  1人体制のままとしている。県は、計画書の内容に不十分な点があることから施設に修正するよう求める方針だ。

鹿児島2018.12.14 19:08

鹿児島中央駅の土産店で防犯指導

年末年始に増える犯罪を未然に防ごうと14日、鹿児島中央駅の土産店に対し、防犯の指導が行われた。鹿児島中央駅の「みやげ横丁」で行われた防犯指導は、今月10日から始まった、年末年始特別警戒の一貫として行われた。警察官が店を周り、現金の保管状況や店員の数、防犯カメラの位置などを確認した。鹿児島中央駅内防犯連絡協議会の木藤敏郎会長は「現金の保管や連絡体制を再確認してもらい、年末年始の客の多い時期に備えてほしい」と話した。年末年始の特別警戒は来月10日まで行われる。

鹿児島2018.12.14 19:06

患者死亡させた疑い看護師書類送検 多治見

 点滴の確認などが不十分で入院患者を死亡させたとして14日、岐阜県立多治見病院の女性看護師が書類送検されました。業務上過失致死の疑いで書類送検されたのは、県立多治見病院の女性看護師(53)です。警察によりますと、女性看護師は去年4月、70代の女性患者の点滴チューブのつなぎ目などの確認を怠り、点滴が外れ失血死させた疑いがもたれています。医療事故をめぐり今年9月、病院側は遺族側に謝罪したうえで損害賠償として1700万円を支払い和解したということです。多治見病院は「組織体制の整備、職員の教育など病院全体で再発防止に取り組んでいきます」とコメントしています。

岐阜2018.12.14 19:04

市場で冬の味覚「ころ柿」トップセールス

 山梨の冬の味覚「ころ柿」と「あんぽ柿」のトップセールスが甲府市地方卸売市場で行われた。
 後藤知事らが市場関係者や小売業者と試食をして出来栄えを確認した。
 競りでは、威勢のいい掛け声とともに化粧箱に詰められた「ころ柿」などが次々に競り落とされた。
 JAによると、柿が豊作に恵まれた今年は、去年より出荷量が4割多く品質良く仕上がったという。

山梨2018.12.14 19:00

マンホールカードに「約束の桜」をデザイン

 甲斐市は、JR塩崎駅のシンボルだった桜をあしらった「マンホールカード」を作成した。
 塩崎駅の桜は、駅舎の建て替え工事に伴い伐採されることになり当時小学校6年生だった地元の児童らが存続を求めた。
 結局、願いはかなわなかったが、新駅舎が完成したら必ず桜を植えると保坂武市長と約束。
 カードには、新駅舎と来年3月に植樹する予定の「約束の桜」が
デザインされている。
 職員らは、完成したカードを14日、市民に無料で配布した。
 また「絶対に落ちないマンホールの蓋」にちなんで、合格祈願のカードとして中学3年の受験生になった当時の子どもたちにも配られるという。
 カードと同じデザインのマンホールは来年3月に設置される。

山梨2018.12.14 18:55

贈答品用として人気の長イモ収穫が最盛期

 北杜市で、年末年始の贈答品として人気がある長イモの収穫が最盛期を迎えている。
 北杜市白州町の農業生産法人「望月農業センター」では、長芋の収穫が最盛期となり、畑では担当者らが重機を使って畝に沿って穴を掘った後、一本ずつ丁寧に収穫していた。
 ことしは、猛暑で温度の低い地中深くに芋が根茎を伸ばしたため、例年より20センチほど長い約140センチほどに育った。
 収穫作業は、今月20日ごろまで続き、ことしは15トンの収穫を見込んでいる。
 長イモは、贈答品用に全国各地に出荷される。

山梨2018.12.14 18:26

外務省の仕事や役割を学ぶ

外務省の職員が普段の仕事や役割について話す高校講座が14日、徳島県徳島市の城東高校で行われました。この高校講座は高校生に国際情勢や外交問題に対する関心や理解を深めてもらおうと外務省が行っているものです。城東高校で行われたきょうの講座には1年生約320人が参加し講師として招かれた外務省国連企画調整課の井谷哲也首席事務官が外務省の仕事や役割について講演しました。また、日本が開発途上国に対する援助を行っている現状や2015年の国連サミットで採択された先進国を含めた国際社会が取り組むべき開発目標などを説明しました。

徳島2018.12.14 18:25

非常に珍しい竹の花開花

非常に珍しい竹の花開花高知市の県立牧野植物園では今、120年に一度しか咲かないといわれる非常に珍しい竹の花が開花している。牧野植物園が2008年に植えた「キンメイチク」は60年から120年に一度だけ花を咲かせるといわれる珍しい竹の花で、12日から花を咲かせている。キンメイチクはマダケの突然変異によって生まれた品種で黄金色の枝などが特徴。牧野植物園によると県内では1965年に高知市などでキンメイチクが咲いたというが正確な記録は残っておらず、開花時期や期間など謎が大変多いという。キンメイチクの花は12月22日頃までが見頃だという事で、大変貴重な花なのでぜひ見に来て欲しいとしている。

高知2018.12.14 18:24

MICE住民投票は行われず

長崎市が3年後の開業を目指すMICE施設。その是非を問う住民投票について議会は14日、条例案を否決し、住民投票は行われないことになった。

田上市長が「反対」の意見書を付け、議会に提案していたMICE施設凍結の是非を問う住民投票の条例案。本会議では7人の議員が賛成、反対の立場から討論を行った後、記名投票で採決が行われた。その結果、賛成少数で住民投票は行われないことに。MICE施設は3年後の開業を目指し、経済波及効果は114億円が見込まれている。住民投票を求める請求は公会堂の存続などを含めこれで5回目で、いずれも否決されている。

長崎2018.12.14 18:16

AI活用し認知症の予兆を検知

長崎大学の研究グループが人工知能AIを活用した認知症の予兆を検知する機能を開発し、14日、ロボットを使ってデモンストレーションを行った。

認知症の予兆を検知する機能を開発したのは長崎大学大学院工学研究科の小林透教授の研究グループ。認知症の早期発見と医師の負担軽減を目的に約1年8か月をかけて開発した。ロボットが9つの質問を行い、その回答結果により、認知症の予兆を検知する。30点満点で20点以下だと認知症の疑いがあるという。今後は来年2月まで長崎大学病院で60歳以上の10人程度の被験者による実証実験を行い、機能の精度を評価するという。

長崎2018.12.14 18:11

障害者雇用 民間にも促進を

雇用率の水増しが県でも問題となった障害者雇用。民間でもさらなる雇用促進が求められている。障害者の雇用について考えるセミナーが14日、県庁で開かれた。

セミナーには県内の企業や事業所から約80人が参加した。冒頭、主催者の県は「障害者雇用を推進する立場にありながら不適切な対応が続いたことについて深くお詫び申し上げます」と陳謝した。今年8月に発覚した中央省庁などが障害者を雇用する割合を水増ししていた問題。県や県教委では少なくとも20年にわたり障害者手帳の確認などをせず雇用数に入れて国に報告。法律で義務付けられている雇用率を達成できていなかったことが明らかになった。一方、県内の民間企業の雇用率は2.26%と全国9番目の高さで、障害者の就職件数も9年連続で過去最高を更新している。県内企業のうち4割が法定雇用率を達成できておらず、県ではさらなる雇用の促進を図っていきたいとしている。

長崎2018.12.14 18:06

ソムリエ厳選のワインが一堂に

世界各国の約100種類が味わえるソムリエが厳選したワインを堪能できるイベントが15日から長崎市で始まる。

JR長崎駅かもめ広場の特設会場には世界各国の様々な種類のワインが並んだ。普段あまり飲まない人にも気軽に楽しんでほしいとアミュプラザ長崎が初めて開く「ワインフェス」。15日からの開催を前に14日、内覧会が開かれた。会場には赤や白、スパークリングなど1日に25種類ほどが並び、定期的に入れ替えをしながら10日間で、約100種類が楽しめるという。県内では長崎市のワインショップでしか取り扱っていない銘柄も並ぶ。イベントでは九州各県の飲食店やホテルなどが出展するワインに会う食事やおつまみも楽しめるという。イルミネーションが灯るクリスマスツリーのもとで楽しめる「ワインフェス」。15日から24日までJR長崎駅かもめ広場で平日は午後4時から9時半、土曜、日曜は正午から午後9時半までとなっている。

長崎2018.12.14 17:59

熊本市電と軽自動車が衝突

事故があったのは熊本市西区上熊本の市道。14日午前10時ごろ、上熊本発健軍町行きの熊本市電と軌道敷を右折で横断していた80代の男性が運転する軽自動車が衝突した。男性にけがはなく、熊本市交通局によると市電の運転士と乗客25人にもけがはなかった。市電と自動車の接触事故は今年度はこれまでに30件に上り、昨年度の27件をすでに上回っているという。熊本市交通局は「路面電車はブレーキをかけてから停車するまでの距離が自動車よりも長く急に止まれない。軌道敷を右折横断する際は、右後方など十分な確認をしてほしい」としている。

熊本2018.12.14 17:56

ガソリン混入灯油、販売された全て回収 津

 今月上旬、三重県津市のガソリンスタンドで販売されたガソリンの混ざった灯油は、14日朝までに全て回収されました。この問題は、津市のガソリンスタンド「岡金ニュー津支店」で、灯油を保管するタンクに誤ってレギュラーガソリンが混入され、今月7日から9日までに2387リットルが販売されたものです。中部経済産業局によりますと、14日朝までに無事、全て回収され、けが人はいなかったということです。再発防止策を提出するよう行政指導を受けた「岡金」では、「荷下ろしのマニュアルを徹底したい」とコメントしています。

三重2018.12.14 17:39

長男殺人未遂の罪 母親に有罪判決 名地裁

 当時6歳の長男の首を絞めて殺害しようとしたとされる女の裁判で、名古屋地裁は14日、懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡しました。起訴状などによりますと、名古屋市北区の安藤舞子被告(44)は今年1月、長男の首を電気コードで絞めて殺害しようとした罪に問われています。この日の判決で、名古屋地裁は「善悪の判断などの能力が欠如していたり著しく減退していたとはいえず、完全責任の能力を有していた」と指摘する一方、「精神障害が犯行に及ぶ動機形成に一定の影響を及ぼしている」などとして、懲役3年、保護観察付きの執行猶予5年の判決を言い渡しました。

愛知2018.12.14 17:37

株配当所得に誤って住民税を課税 名古屋市

 愛知県内の自治体で株式などの配当で得た所得に誤って住民税を課税していた問題で、名古屋市でも582人に誤って課税していたことが分かりました。この問題は、上場株式などの配当所得にかかる個人の市・県民税の算定方法を自治体が誤って解釈して課税ミスが相次いでいるものです。名古屋市では、課税ミスの対象者は582人で、追加徴収が必要なのは341件で1246万6260円。1人あたり最大で約60万円になるということです。還付が必要なのは414件で397万9580円ということです。

愛知2018.12.14 17:34

5人乗り乗用車事故、女子中学生死亡 豊橋

 14日未明、愛知県豊橋市で、男女5人が乗った乗用車が電柱に衝突し、助手席の女子中学生が死亡しました。警察によりますと、14日午前0時半ごろ、豊橋市新西浜町の路上で、男女5人が乗った乗用車が電柱に衝突しました。助手席に乗っていた豊橋市の中学生・松井汐里花さん(14)が死亡、ほかに乗っていた女子中学生ら2人が重軽傷を負いました。警察が駆け付けた際、運転していた男性ら2人が現場から逃げていましたが、その後、運転していたとみられる少年(18)の身柄を確保して事情を聴いており、もう1人の行方も追っています。

愛知2018.12.14 17:32

民家火災、焼け跡から1人の遺体 笠松町

 14日午後、岐阜県笠松町で住宅火災があり、この家に住む男性と連絡が取れないということです。警察によりますと、14日午後1時半ごろ、笠松町北及の松田恵子さん(77)の木造2階建て住宅の2階から火が出ていると近くの住民から119番通報がありました。火は約1時間半後に消し止められましたが、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。松田さんの息子・浩典さん(43)と連絡が取れておらず、警察は、遺体が浩典さんの可能性もあるとみて調べています。

岐阜2018.12.14 17:29

全国初 認知機能維持効果のジュース発売へ

全国初のジュース。県などが開発した中高年の認知機能を維持する効果がある河内晩柑ジュースが発売されることになった。

今月17日に発売されるのは「POMアシタノカラダ河内晩柑ジュース」で、14日は共同開発した県と松山大学、愛媛大学などが神野副知事に報告した。

この河内晩柑ジュースは脳の炎症を抑える機能を持つオーラプテンを含む河内晩柑の皮が使用されていて「中高年の認知機能の一部である言葉を記憶し、思い出す力を維持する」効果があるとして消費者庁の機能性表示食品に認定された。

県によるとオーラプテンを含むジュースが機能性表示食品に認定されたのは全国で初めてだという。

試飲した神野副知事は「苦味は抵抗なく非常においしい。河内晩柑の良さを残してもらってる」と期待を寄せていた。

河内晩柑ジュースは、24本入り税込4270円で、今月17日から、えひめ飲料の通販サイトで販売される。

愛媛2018.12.14 14:14

銀次選手・被災地の子どもたちにエール 宮古

普代村出身でプロ野球・楽天の銀次選手が13日、宮古市内の小学校を訪れ、子どもたちとふれあう。銀次選手は、被災地の子ども達に元気になってもらおうと、2014年から毎年シーズンオフに合わせ、沿岸部を訪問している。銀次選手は13日、宮古小学校を訪れ、児童の代表にバッティングの手ほどきした。そして、子どもの頃からの夢だったプロ野球選手になるため、努力を重ねた体験を話すとともに「好きなことはとことんやって欲しい」と子どもたちにエールを送った。

岩手2018.12.14 13:29

新潟市の護国神社 恒例のすす払い

 新潟市の護国神社では14日、すがすがしい気持ちで新年を迎えられるようすす払いが行われた。

 新潟市中央区の護国神社では、神職や巫女9人が恒例のすす払いを行った。
 神職は長さ5メートルほどの「斎竹」と呼ばれる竹を使って、丁寧にすすを払っていた。
 ことしは創祀150周年の記念事業として、新しく神門と回廊が完成した。
 護国神社の木村正彦さんは「新しい護国神社が誕生いたしましたので、そういった新しい護国神社に多くの皆さま方が新年を迎えに参拝していただくということで、清々しい気持ちにて掃き清めたところでございます」と話した。
 護国神社では正月3が日で約15万人の参拝客を見込んでいて、神社ではこれから本格的な新年の準備が始まる。

新潟2018.12.14 13:23

中越や上越の山沿いで雪

 14日朝の県内は、中越や上越の山沿いで雪となった。気象台は大雪や電線などへの着雪に注意を呼びかけている。

 冬型の気圧配置の影響で、山沿いを中心に雪となった県内。
 14日午前11時までの24時間降雪量は、津南町で32センチ、妙高市関山で26センチとなった。
 津南町の人は「もう雪はいやですね」「ことしは雪が降るのがちょっと遅かったんじゃないでしょうか」と話していた。
 気象台によると、今後の県内は冬型の気圧配置が続き、15日にかけて雪を伴った風が強く吹き、夜のはじめ頃までは雷を伴う所がある見込みだ。
 気象台は中越と上越で大雪や電線などへの着雪、県内全域に強風や高波に注意を呼びかけている。

新潟2018.12.14 13:22

登別市 国道36号 スリップで多重事故 男性搬送

登別市で、乗用車と軽トラック合わせて4台が絡む事故があり、男性1人が病院に搬送されました。
 事故があったのは、登別市栄町の国道36号です。きょう午前5時半すぎ、登別市内に向かっていた乗用車が、スリップして信号機の柱に衝突しました。このはずみで柱が倒れ、落ちた電線にひっかかった軽トラックが横転しました。その後、軽トラックに車が衝突するなど、合わせて4台が絡む多重事故になりました。この事故で、軽トラックを運転していた77歳の男性が頭を打って病院に搬送されましたが、命に別条はないということです。警察は事故の原因を調べています。

北海道2018.12.14 13:11

新千歳空港 地震被災地 物産展でPR

胆振東部地震で被災した厚真町などの特産品をPRする物産展が、新千歳空港で開かれています。
この物産展は、9月の地震で被害にあった厚真町や安平町、むかわ町を支援するために企画されました。新千歳空港・国内線ターミナルの2階のセンタープラザでは、むかわ町のししゃもや安平町のはちみつなど、それぞれの町の特産品が販売されています。あす・あさっては特産品などの無料配布も予定されています。

北海道2018.12.14 13:11

トラブル防止 情報モラル教室を開催へ

スマートフォンの利用者の低年齢化が進む中、県警察本部と携帯電話会社が、トラブルに巻き込まれないための情報モラル教室を県内の学校で共同で開くことになりました。
14日、県警とNTTドコモ東北支社が教室の開催に関する覚書に調印しました。NTTドコモモバイル社会研究所の調査によりますと、去年、全国の中学生のスマートフォンの普及率はおよそ70パーセントとインターネット利用の低年齢化が進んでいます。県警のまとめでは、児童買春や児童ポルノなどの犯罪に巻き込まれた子どもは今年11月末時点で52人に上っています。この内の11人がスマートフォンでのSNS利用をきっかけに被害に遭ったということです。県警とNTTドコモ東北支社は、今後、県内の学校で情報モラル教室を開くことにしていて、今月20日には秋田市の中学校で開催することが決まっています。

秋田2018.12.14 13:10

工藤会本部事務所 北九州市が差し押さえ検討

特定危険指定暴力団・工藤会の本部事務所について、北九州市が差し押さえを検討していることが分かりました。北九州市が差し押さえを検討しているのは小倉北区にある特定危険指定暴力団・工藤会の本部事務所です。本部事務所は最高幹部の野村悟被告が逮捕された2014年以降、暴力団対策法に基づく使用制限命令が出ていて、組員の立ち入りが禁止されています。関係者によりますと、工藤会は頂上作戦前から固定資産税を滞納しているということです。北橋市長は14日の会見で、「本部事務所の撤去は暴力団追放運動の大きな目標。頂上作戦以降、検討を加速させていた」とした上で「県警などと慎重に検討したい」と述べました。

福岡2018.12.14 13:07

福岡都市高速道路 車3台の事故

14日朝、福岡市博多区の福岡都市高速道路でトラックが横転するなど車3台が絡む事故がありました。この事故で運転手3人がケガをしました。14日午前7時半ごろ、福岡市博多区の福岡都市高速道路・千代出口ランプ付近で2トントラックが分岐部分に衝突し、2車線をふさぐ形で横転しました。さらに、後ろから来た3トントラックとワンボックスカーが衝突し、3台が絡む事故になりました。この事故で、3台にそれぞれ乗っていた運転手3人が病院に運ばれ、いずれも軽傷です。福岡都市高速道路の現場周辺では約3時間にわたり交通規制が行われ、午前10時25分に解除されました。

福岡2018.12.14 13:07

ボランティアで児童施設の清掃活動

徳島県内のビルメンテナンス会社の清掃員や特別支援学校の生徒らが14日、徳島市内の児童施設を訪れ、ボランティアで清掃活動を行いました。この清掃活動は、福祉施設の利用者に気持ちよく新年を迎えてもらおうと徳島ビルメンテナンス協会などが毎年行っているものです。この日は、国府支援学校とみなと高等学園の生徒6人も参加し、徳島市国府町の障害児入所施設「未来」で清掃活動を行いました。清掃員と生徒は協力しながら教室や廊下の床掃除やワックスがけなどを約3時間かけて行いました。徳島ビルメンテナンス協会では、今後もボランティア清掃活動を続けていくということです。

徳島2018.12.14 12:57

小学校で不審者対応訓練

徳島県鳴門市の明神小学校で14日、登校中の児童を対象にした不審者対応訓練が行われれました。今回の訓練は不審者を見つけた時にとるべき行動を児童に学んでもらおうと、鳴門市や鳴門警察署などが実施したものです。不審者2人が学校の敷地に侵入し、登校中の児童をスマートフォンで撮影しているとの想定で行われました。訓練の内容は事前に知らされておらず児童は自らの判断で行動します。不審者を見つけた子どもたちは特徴をノートに書いたり先生に知らせたりしていました。この後、誘拐防止教室が開かれ児童は、知らない人に「ついていかない」、車に「のらない」、「大声で叫ぶ」「すぐ逃げる」、「知らせる」といった不審者への対応を学びました。

徳島2018.12.14 12:48

潮江天満宮で破魔矢作り始まる

高知市の潮江天満宮では魔除けや開運の縁起物として神棚などに飾られる破魔矢作りが14日から本格的に始まっていて、神職や婦人会のメンバーなど10人あまりが開運・厄除けの札や来年の干支であるイノシシが描かれた絵馬などを破魔矢にくくりつけていた。潮江天満宮では正月三が日に約21万人の参拝者を見込んでいて、破魔矢などの縁起物をおよそ1万4000体用意するという。また今月24日に大しめ縄の取り付け、25日には門松の飾り付けをおこなうなど新年を迎える準備が進められる。

高知2018.12.14 12:45

知多市死体遺棄事件 遺体の広範囲に「ひも」別の場所から移動か

 愛知県知多市の雑木林でおととい、30歳前後の女性とみられる遺体が見つかった死体遺棄事件で、遺体には足先から上半身まで広範囲にひものようなものが巻かれていたことがわかりました。遺体の衣服の上からはひものようなものが巻かれていましたが、その後の捜査関係者への取材で、そのひもが遺体の足先から上半身まで広範囲にわたって巻かれていたことが新たにわかりました。また、靴が見つかっていないことなどから、警察は何者かが遺体にひもを巻き、別の場所から運んだ疑いもあるとみて調べを進めるとともに、身元の特定を急いでいます。情報提供は知多警察署0120ー110ー360まで。

愛知2018.12.14 12:27

大麻取締法違反の罪に問われた男性無罪確定

霧島市で大麻草を栽培したとして大麻取締法違反の罪に問われ、鹿児島地裁で無罪判決を受けた伊佐市の男性について鹿児島地検は控訴を断念したことを明らかにした。これで男性の無罪が確定した。この裁判はおととし6月から10月にかけ霧島市内のビニールハウスなどでベトナム人と共謀し営利目的で大麻草を栽培したとして伊佐市の男性(35)が大麻取締法違反の罪に問われたもの。先月29日、鹿児島地裁は「男性が関与したとは評価できず犯罪の証明がない」として男性に無罪判決を言い渡した。鹿児島地検は控訴期限の13日までに控訴を断念したことを明らかにした。理由については「答えられない」としている。これで男性の無罪が確定した。一方、県警は「無罪となったことを真摯に受け止め今後の捜査に生かして参りたい」としている。

鹿児島2018.12.14 12:26

出水市で事故85歳の女性死亡

出水市で85歳の女性が14日午前大型トラックにはねられ死亡した。14日午前6時ごろ出水市明神町の国道で道路を横断していた近くに住む一丁田スナヲさん(85)が直進してきた大型トラックにはねられた。一丁田さんは病院に運ばれたが、約30分後に死亡した。死因は外傷性ショック死だった。大型トラックを運転していた山口県山陽小野田市の会社員高城孝裕さん(45)は「女性が右から左に横断しているところをはねてしまった」と話しているという。現場には信号機や横断歩道があり警察は当時の状況や事故の原因を調べている。

鹿児島2018.12.14 12:25

大型バイクが乗用車にぶつかる バイクの男性死亡 尾張旭市

 13日午後11時40分ごろ、愛知県尾張旭市柏井町で駐車場から出てきた乗用車に大型バイクが追突し、後続の中型バイクも衝突しました。警察によりますと、この事故で大型バイクを運転していた会社員・宇江崇由さん(21)が死亡。警察は乗用車を運転していた自営業・吉田雅志容疑者(39)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、詳しい事故原因を調べています。

愛知2018.12.14 12:25

いわき死体遺棄 「母は生きている」と説明

いわき市で、母親の遺体を自宅に放置したとして逮捕された娘は、市の担当者に母が生きていると説明していたことが分かった。
死体遺棄の疑いで送検されたのは、いわき市小名浜の安齋美智代容疑者53歳で、おととし9月に母・マサ子さん(当時85歳)が死亡したにも関わらず自宅に放置していた疑い。
安齋容疑者は、マサ子さんの所在を確認に来た市の担当者に対し、「母は東京の妹の所にいる。携帯をなくしたので今は連絡がとれない」と説明し、不審に思った市が警察に相談、その後、マサ子さんと見られる白骨化した遺体が見つかった。
安齋容疑者は、「一緒に居たかった」などと容疑を認めていて、警察は、年金の不正受給がなかったかなどについても慎重に調べている。

福島2018.12.14 12:21

広い範囲で雪 銀世界の朝 盛岡

13日夜から降った雪で盛岡市の中心部は朝、真っ白に雪化粧し、足元に注意する通勤・通学する人がみられた。岩手県は低気圧が東北地方を通過し、冬型の気圧配置が強まり、内陸・沿岸の南部を除いて雪が降った。午前8時までの12時間に降った雪の量は、岩手松尾で18センチ、盛岡でも9センチとなったほか、沿岸、久慈でも9センチの雪が降った。盛岡市中心部では朝までに雪は止んだが、2日前に続いて銀世界となり、道行く人たちは、滑って転ばないよう注意を払いながら勤務先や学校に急いでいた。県内は日中、気温はあまり上がらず、夜は雪が降るところがある見込み。

岩手2018.12.14 12:16

ちびまる子ちゃんマンホールカード配布開始

清水駅前に設置されているちびまる子ちゃんのマンホールがカード化され、14日から配布が始まった。JR清水駅前の観光案内所には、午前9時の配布開始を前に50人を超える人たちが行列を作った。このカードは、下水道事業への理解を広げようと全国407の自治体がご当地マンホールを紹介するもので、静岡市はことし8月に亡くなったさくらももこさんが寄贈した「ちびまる子ちゃん」のマンホールをカードにした。このカードは、観光案内所で無料で配られ、全国から訪れたファンが実物のマンホールの前で記念写真を撮る姿も見られた。

静岡2018.12.14 12:16

大井川鉄道 クリスマス車両お披露目

大井川鉄道のトーマス号とジェームス号のクリスマス特別運転を前に14日、クリスマス仕様の車両がお披露目された。これは、15日から始まるトーマス号とジェームス号のクリスマス特別運転にあわせ、クリスマス仕様に飾ったトーマス号とジェームス号の車両のお披露目を兼ねて、一足早く川根路を運転するもの。14日は、サンタクロースの帽子をかぶり、クリスマスの装飾に車体を飾ったトーマス号とジェームス号がホームをはさんで並んびクリスマスムードを演出していた。ことしで4年目となるこのクリスマス特別運転は15日から25日までの間に8日間、実施される。

静岡2018.12.14 12:15

障がい者施設の製品 福島市で展示販売会

障がいがある人が手がけたお菓子や小物などの販売会が福島市で開かれている。
きょうから福島銀行本店で開かれているのは、県授産事業振興会が主催する販売会。
会場には、県内外の86のの施設で障がいがある人たちが手がけたお菓子や小物など2万点が以上が並んでいる。
*訪れた人は
「今(お菓子の)味見をしたんですけど、とっても美味しいです」
会場では、西日本豪雨で被災した愛媛県の施設で作られた製品なども販売されているほか、障がいがある人とボランティアによるダンスなども披露され、多くの人で賑わっていた。
この催しは、明後日まで開かれている。

福島2018.12.14 12:15

忘年会シーズンに 飲酒運転防止を呼びかけ

忘年会シーズンに合わせ、福島市では、飲食店の従業員らが飲酒運転防止を呼びかけた。
忘年会などでお酒を飲む機会の増えるこの時期、福島警察署では、飲酒運転防止を呼びかけている。
昨夜は、飲食店の従業員が初めて参加し、運転手や歩行者にチラシやステッカーを配った。
*福島社交飲食業組合・鈴木悦朗組合長
「死亡事故も増えているということで、こういう活動はいいんじゃないかなと我々も喜んで参加させていただきました」
県警によると、今年起きた飲酒運転による人身事故は64件で、このうち5人が死亡している。
年末年始は事件や事故が増える傾向にあり、警察では今後も注意を呼び掛けていくとしている。

福島2018.12.14 12:12

交通遺児のために 寄付金贈呈

交通事故で親を亡くした子供たちのために役立てて欲しいと県自動車整備振興会が14日、県に寄付金およそ50万円を贈った。振興会には県内およそ900の整備工場が加盟。2年に1度、社員から集めた募金を県に寄付している。寄付金は、県内の小、中学校や高校に通う交通遺児46人の修学旅行費などに役立てられる。

大分2018.12.14 12:11

年末の防犯・防火へパトロール

 年末年始に向けて防犯や防火への意識を高めてもらおうと13日夜、甲府市中心街でパトロールが行われた。
 パトロールは年末年始特別警戒取り締まりの一環で、甲府警察署などが行った。甲府警察署員や甲府市消防団員ら約100人が参加し、甲府市中心街かすがもーるなどを巡回した。参加者は自転車にしっかりとカギがかけられているかや、家の戸締りがされているかなどを確認していた。
 甲府警察署は「年末年始は強盗事件や電話詐欺などが起こりやすいので注意してほしい」と話している。一方、パトロールに同行した消防団員らも、乾燥により火事の危険性が高いことから火の始末を徹底するよう呼びかけていた。

山梨2018.12.14 12:03

富士川町 ダイヤモンド富士の季節到来

 富士山頂から朝日が昇る絶景「ダイヤモンド富士」が、人気スポットの富士川町高下地区から見られる時期になった。
 富士川町の高下地区はダイヤモンド富士を見ることができる絶好のスポットとして知られている。14日の朝は、山頂付近に舞う雪煙が見えるほどよく晴れ、約10人のアマチュアカメラマンらがその瞬間を待った。午前7時20分ごろ、山頂から眩いばかりの朝日が昇ると、静寂の中にシャッター音が響いた。
 高下地区でダイヤモンド富士を見ることができるのは冬至前後のこの時期だけで、元日には初日の出を見ようと大勢の人で賑わう。

山梨2018.12.14 12:01

車同士が衝突 修学旅行生を搬送

14日午前、長崎市の市道で車同士が衝突する事故に修学旅行生が巻き込まれ、1人が病院に搬送された。意識はあり、命に別条はないという。

午前10時頃、長崎市魚の町の眼鏡橋付近の交差点で、普通乗用車2台が出合い頭に衝突する事故があった。この事故に歩道を歩いていた修学旅行生2人が巻き込まれ、このうち1人が救急車で病院に搬送された。意識はあり、命に別条はないという。警察などによると2人は東京都立の高校2年の女子生徒で、修学旅行で長崎を訪れていたという。警察が事故の詳しい原因を調べている。

長崎2018.12.14 11:57

熊本地震前震から2年8か月

熊本地震の前震から2年8か月だ。今でも2万人以上の人たちが仮仮設住宅など仮住まいでの生活を続ける。益城町・木山仮設団地では、「2、3軒住んでいるだけ。わたしも来春はでる」との声。熊本地震では関連死も含め270人が死亡。仮住まいで暮らす人は先月末の時点で9519世帯2万1678人。災害公営住宅に決まった女性は「入居はまだ。工事が始まっていないし。予定は再来年3月と書いてあった」と話す。被災者の恒久的な住まいとなる災害公営住宅は県内で1700戸近く整備される予定だが先月の時点で完成しているのは6%にとどまっている

熊本2018.12.14 11:57

未明に住宅2棟全焼 ケガ人なし

14日未明、松浦市で住宅2棟を全焼する火事があった。ケガ人はいなかった。

午前2時50分頃、松浦市御厨町の会社員、吉野勝信さん55歳の住宅で「家が燃えている」と住人から消防に通報があった。火は木造平屋建ての住宅とこの家につながる木造二階建ての住宅あわせて2棟を全焼し、約4時間20分後に消し止められた。吉野さんは母親と弟の3人暮らしで、母親は病院に入院中で、吉野さんと弟は就寝中だったが、火事に気付いて逃げ出し無事だった。寝る前にストーブを使っていたということで、警察と消防が火事の詳しい原因を調べている。

長崎2018.12.14 11:54

ブーゲンビリアが満開

玉名市のビニールハウスで今、南国の花ブーゲンビリアが満開となっている。花き農家の山下晴義さんは20年ほど前から10aのハウスでブーゲンビリアを栽培。元々は中南米原産の熱帯の花だが、約4000鉢が満開。中には山下さん自身が開発した品種で、白にピンクの花をつける「ピンクレディー」や小さい花を数多く咲かせる、お孫さんの名前をつけた「ももこ」などもある。山下さんは、この時期、一鉢1000円から1500円で販売している。鉢を暖かい部屋の中に置いておけば、花は年を越して鑑賞でき、花が散った後も、春になれば再び花が咲くという

熊本2018.12.14 11:51

愛南町 お歳暮用養殖ブリ出荷最盛期

お歳暮用として人気の高い養殖ブリの水揚げが、南宇和郡愛南町で最盛期を迎えている。

愛南町久良の沖合いにある宇和海の養殖いけすでは14日7時ごろから水揚げが行われ、大きな網が持ち上がると丸々と太った養殖ブリが姿を現した。

ブリは成長するごとに名前が変わる出世魚で縁起が良いとして毎年お歳暮に人気がある。14日は平均で5.5キロの養殖ブリが全国に発送された。

久良漁協によると今シーズンは夏場の海水温が高く成長がやや遅れたものの冬場に入り海水温が下がったため例年どおり脂の乗った良い品質に育っているという。

ある養殖業者は「今すごい旬で、脂がのっているのでぜひ食べてもらいたい」と話していた。

このお歳暮用養殖ブリの出荷は年内いっぱい続く。

愛媛2018.12.14 11:50

年金支給日 特殊詐欺に注意

年金支給日の14日、長崎市で特殊詐欺への注意を呼びかけるキャンペーンが行われた。

特殊詐欺の被害を防ごうと稲佐警察署が行ったキャンペーン。警察官や地域安全サポーターなど約20人がチラシなどを配って注意を呼びかけた。県内では今年に入り47件の特殊詐欺被害が発生していて、このうち22件が高齢者の被害。

長崎2018.12.14 11:47

岐阜城の天守閣で迎春準備 年末恒例の「すす払い」 岐阜市

 観光名所・岐阜城で13日、年末恒例の天守閣の「すす払い」が行われ、屋根や軒下についた今年1年の汚れが落とされました。岐阜城は織田信長や斎藤道三にゆかりがある城で、信長がこの地を「岐阜」と命名してから去年で450年がたちました。岐阜市によると今年は夏の猛暑や台風の影響で、岐阜城を訪れた観光客は去年に比べて2万2000人ほど少ない約17万6500人だということです。すす払いの後には織田家と斎藤家の家紋入りの幕が張られ、新年を迎える準備が整いました。

岐阜2018.12.14 08:35

小型バイクと軽自動車が衝突 男性会社員が死亡 名古屋・瑞穂区

 13日午後8時30分ごろ、名古屋市瑞穂区豆田町の信号交差点で、直進しようとした小型バイクに右折してきた対向車の軽自動車が衝突しました。この事故でバイクを運転していた天白区の会社員・角崎勝彦さん(48)が意識不明の状態で病院に運ばれましたがその後、死亡しました。警察によりますと、バイクが走行してきた道路は片側2車線で交差点を境に一車線になる見通しの悪い道路だということです。警察は軽自動車を運転していた名東区の自営業・田中彰彦容疑者(43)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を調べています。

愛知2018.12.14 08:33

藤井七段が公式戦通算100勝達成 商店街は祝福ムード 瀬戸市

 将棋の藤井聡太七段が公式戦通算100勝達成を受け、地元・愛知県瀬戸市の商店街では祝福ムードに包まれています。藤井七段は、12日に行われた対局で阿部健治郎七段に勝ち公式戦通算100勝を達成しました。藤井七段の最速・最年少・最高勝率での快挙達成を受け、地元商店街ではせわしくお祝いの準備をする様子がみられました。商店街の人がチラシ配布しながら「100勝おめでとうのポスター貼れるところにお願い」と話し、猫カフェでは100勝を記念したコースが用意されています。店長の佐藤暢晃さんは「藤井くんの100勝にちなんで通常60分で1200円を100分で1200円に」、古本屋や雑貨を扱う店でもセールを行ったり、手作りの駒でシャッターに100を描いたりするなど、お祝いムードに包まれ商店街を訪れた人を楽しませています。

愛知2018.12.14 08:32

山形レモン収穫始まる 酸っぱさと甘みと

山形市内の住宅街のハウスで「山形産レモン」は栽培されていた。鉢植えされた木に大きな実を付けていた「菊池レモン」。主に伊豆諸島にある八丈島で栽培されている品種だ。ことしは、実が成長する夏場の気温が高かったため生育が進み、例年よりも1ヶ月早く収穫時期を迎えた。手掛けるのは、南国の果物「パッションフルーツ」を生産している石岡浩明さんだ。栽培を始めてことしは6年目。木も大きくなり例年150個から200個だった数量は、500個まで増えた。大きいものでは、300グラム以上、グレープフルーツほどの大きさにもなるという。石岡さんが栽培した山形産のレモンは、今週末から山形市の大沼山形本店などで販売されるという。

山形2018.12.13 20:32

大雪でブドウ畑の枝折れなど相次ぐ

13日午後、鶴岡市で果物の栽培が盛んに行われている櫛引地域だ。ブドウ畑に設置されているビニールハウスの鉄パイプが雪の重みで曲がり、木の幹が折れている。JA庄内たがわによると、櫛引地域では5件のブドウ農家のビニールハウスで雪害が確認されている。また、この他、羽黒地域と朝日地域でも野菜や水稲育苗ハウスなどそれぞれ2件の農家のビニールハウスで雪害が確認されている。この雪害は今月8日以降、庄内地方を中心とした大雪の影響によるもので、櫛引地区では9日午前0時までの24時間に降った雪の量が70センチを記録し、当時は、全国で最も雪が降った地域となった。観光農園の広さ60アールのブドウ畑には、シャインマスカットやアーリースチューベンなどが栽培されている。この畑では木の幹などが折れる被害はなかったが、ビニールハウスの鉄パイプが雪の重みで曲がった。13日、この畑では雪の重みによる枝折れを防ぐために枝の剪定作業が行われた。鶴岡市では雪害の規模など被害状況の確認を進めている。

山形2018.12.13 20:28

メンドンが県庁にやってきた!

 先月、ユネスコ無形文化遺産に登録された、三島村の薩摩硫黄島のメンドンが知事のもとを訪れた。
 先月、ユネスコ無形文化遺産に登録された三島村の薩摩硫黄島のメンドンなど3つの保存会の会長らが県庁を訪れた。硫黄島の八朔太鼓踊り保存会員の折田大輔さんは知事の前で「長い歴史の中、先輩たちが繋いできてくれたものが認められたような気がして身の引き締まる思いです」と話した。今回、特別に島を離れてやってきたメンドンは、メンドンが持つ木の枝で叩かれると悪いものがはらわれるといわれている。無形文化遺産に登録されたことについて、メンドンは…。メンドン「・・・」通訳「大変うれしいと申しています」と話した。
 いたずら好きのメンドンは、これからも島の人たちを見守り続ける。

鹿児島2018.12.13 20:10

ユナイテッド FC琉球のキム監督に打診

J2昇格を決めた鹿児島ユナイテッドが新たな監督として今シーズンJ3で優勝したFC琉球のキムジョンソン監督に打診していることがわかった。鹿児島ユナイテッドが新たな監督として打診しているのはJ2昇格を決めたFC琉球のキムジョンソン監督(54)。関係者への取材でわかった。キム監督は現役時代にジュビロ磐田、コンサドーレ札幌でプレーし2016年からFC琉球のトップチームを指揮し今シーズンはJ3で鹿児島ユナイテッドと上位争いを展開し優勝、J2昇格に導いた。チームは12日にキム監督の退任を正式に発表したばかり。KYTの取材に対し鹿児島ユナイテッドは「監督は選定中でまだ決まっていない。決まり次第、発表したい」としている。J3を戦いJ2昇格をともに決めたライバルチームの監督への打診、注目を集めそうだ。

鹿児島2018.12.13 20:10

仮住まい ピーク時の半数以下に

熊本県によると仮設住宅やみなし仮設住宅などで仮住まいを続ける人は先月末の時点で2万1678人、9519世帯。世帯数が初めて1万世帯を下回りピークだった去年5月と比べて世帯数、人数ともに半数以下となった。仮設住宅をめぐっては自宅の再建が間に合わないなどやむを得ない事情を抱える被災者を対象に入居期限を最長で4年間とすることが決まっていて、これまでに8129世帯が延長を認められている。熊本県は「高齢者を中心に個別の支援を周知徹底して住まいの再建の実現に全力を挙げる」としている。

熊本2018.12.13 19:59

上越地域「ご当地ナンバー」のデザイン発表

 2020年度に導入される予定の「上越」ナンバー。その図柄入りご当地ナンバーのデザインが、13日に発表された。

 2020年度に上越市・妙高市・糸魚川市の3つの市で導入される予定の「上越」ナンバー。
 13日は人気投票で選ばれた「図柄入りご当地ナンバー」のデザインが発表された。有効投票数は2693。
 その結果選ばれたデザインは、桜と謙信公、妙高山、そしてヒスイと、上越地域の3つの市を象徴するものがはっきりと描かれている。
 このデザインが全体の約37パーセントの支持を集め、「図柄入りの上越ナンバー」に選ばれた。
 上越教育大学の梅野正信理事は「今後、この作品がナンバープレートとなってこの地域のイメージをどんどん押し上げていく、いいものにしていくということになれば」と話した。
 このデザインは12月28日までに国土交通省に提案され、決定すれば2020年度に交付される予定だ。

新潟2018.12.13 19:59

米子北高校にサッカーボール贈呈

全国高校サッカー選手権大会に鳥取県代表として出場する米子北高校に、大会をサポートする「帝人」からサッカーボールが送られた。帝人在宅医療山陰営業所の山本和宏所長が13日に米子北高校を訪れ、サッカー部の阿部優貴キャプテンにサッカーボール10個とボールケースを贈った。米子北高校の選手権出場は9年連続14回目で、去年はベスト8という記録を残している。全国高校サッカー選手権大会は今月30日に開幕。米子北高校は31日に東京A代表の国士舘高校と対戦する。

鳥取2018.12.13 19:58

鳥取県知事選 町村長が平井知事に出馬要請

鳥取県内15町村長でつくる「県自治同志会」のメンバーが13日に県庁を訪れて、平井知事に来年春の知事選挙の出馬を求める要請書を手渡した。これに対して平井知事は「皆さんの思いを熱く受けとめ、次の4期目を担うかどうか真剣に検討したい」と答えるにとどまった。一方、政党の動きも活発化してきていて、自民党鳥取県連は13日に党所属の県議らが協議し、近く平井知事に県連の推薦とする出馬要請書を提出することも確認していた。

鳥取2018.12.13 19:57

園児と消防が餅つき交流

空気が乾燥し、火事が起こりやすいこの季節。子どもたちに防火の意識を高めてもらおうと、園児と消防が餅つきで交流した。山陽小野田市の石井手保育園を訪れたのは、小野田消防署の職員らだ。餅つきは、園児で作る幼年消防クラブと地元の消防が交流を深めようと、毎年おこなわれている。園児は、子ども用の小さな杵と臼を使って自分たちで餅をついたり、消防のお兄さんたちに一生懸命かけ声を送って応援していた。普段なかなか食べることのできない、出来たてのお餅を、園児たちは   おいしそうにほおばっていた。消防では、今後も豆まきなど季節の行事で子どもたちと交流を深めることにしている。

山口2018.12.13 19:54

美祢市長「不適切行為」疑惑で百条委

美祢市長が台湾出張中に女性をめぐって不適切な行為があったと指摘されている問題で、美祢市議会は13日、百条委員会を開き西岡市長と市議会議員2人の証人尋問を行った。西岡市長は、「女性は部屋には入れていない」と釈明している。百条委員会は強い調査権限があり、うその証言をした場合は罰せられるため、西岡市長ら3人は証人尋問を前に、うそをつかないことを宣誓した。先月上旬に、市長と台湾に同行し、風俗店に一緒に入店したほか、市長と女性が一緒にホテルのエレベーターに乗り込むところを目撃した市議会議員2人に対して証人尋問が行われた。戎屋昭彦市議は「最終的にエレベーターに2人が乗られたときに、カラオケ(風俗店)に行ったと思ったらこんな状況かと驚愕と唖然というか、びっくりしてなんだと思って本当に何も出来なかった。」と発言した。また、2人の市議会議員はどちらも市長と一緒にホテルのエレベーターに乗った女性は直ぐには降りてこなかったと証言した。そして午後4時、西岡市長に対する証人尋問が始まった。西岡市長は「女性とは何も言葉を交わすことなくエレベーターを降りた。エレベーターを降りて部屋に入ったので、そのあと女性がどういった行動をとったかということまでは私は分からない。」と証言し、エレベーターに乗った女性については、すぐに帰したとの主張を繰り返した。百条委員会は次回以降、それぞれの主張の相違点などを追及していく方針だ。また、美祢市議会では、この問題の影響で議会が開けず12月定例会が「流会」となっている。廃案となった議案などを改めて審議するため、14日から、臨時議会が開かれる。

山口2018.12.13 19:54

JAグループがミカン贈呈

施設で暮らすお年寄りに元気に新年を迎えてもらおうと、13日JAグループ山口が県産のミカンをプレゼントした。JA山口中央会の金子光夫会長らが山口市阿知須の特別養護老人ホーム・白松苑を訪れ、県産のミカンを贈った。JAグループ山口では施設で暮らすお年寄りに1968年からミカンのプレゼントをしている。ことしは、雨が少なく台風の接近などもあったが、糖度が高く美味しいミカンに仕上がっているという。入所者は「おいし~い」と喜んでった。JAグループ山口では今年は県内の老人福祉施設など216か所、およそ1万2300人に合わせて2.8トンの県産ミカンを届けることにしている。

山口2018.12.13 19:53

阿蘇神社で甘酒の仕込み

熊本地震からの復旧が進む阿蘇神社。阿蘇神社では初詣客約10万人に少しでも寒さをしのいでもらおうと毎年無料で甘酒を振る舞っている。13日から仕込みが始まり境内では竹の棒を使って炊き立てのもち米に米麹を混ぜ合わせていた。2週間ほど寝かせると甘酒が完成する。阿蘇神社では今年も3万人分の甘酒を用意するという。

熊本2018.12.13 19:49

車4台絡む事故 追突事故の瞬間捉える

きょう未明、札幌市中央区で飲酒運転の車の追突をきかっけに車4台の玉突き事故がありました。事故の瞬間をドライブレコーダーがとらえていました。
飲酒運転の乗用車に追突されたタクシーのドライブレコーダーの映像です。追突の激しさがわかります。午前0時すぎ、札幌市中央区北3条東7丁目で、飲酒運転の乗用車の追突をきっかけに、あわせて4台が絡む事故がありました。警察は、乗用車を運転していた札幌市東区の青木忠治郎容疑者(71)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。
この事故で、追突されたそれぞれの車の男性3人が、首などに痛みを訴えて病院に搬送されました。調べに対し、青木容疑者は「自宅で酒を飲んでから、コンビニに行くため運転した」と話しているということです。

北海道2018.12.13 19:47

海と空から不法投棄のパトロール

調査は空と海から行われ今年で24回目。天草市で行われた海上からの調査には熊本県や熊本海上保安部などから15人が参加し、本渡港から海上保安部の巡視艇「ひごかぜ」に乗り込んだ。そして、八代海周辺の陸上からは見えにくい海岸や島の入り江などを約2時間にわたってパトロールした。13日は野焼きが行われていた6か所と船の管理が不適切とみられる1か所を調べ写真を撮影したりGPSで位置を確認したりしていた。熊本県は調査結果を基に事実確認を行い不適切な管理については改善指導を行う方針。

熊本2018.12.13 19:46

親子3人死傷で男送検 日常的に猛スピードで走行か

苫小牧市で猛スピードの乗用車が軽乗用車に衝突し、親子3人が死傷した事故で、逮捕された乗用車の男が、日常的に猛スピードを出していた可能性もあるとみて、警察が調べを進めています。
過失運転致死傷の疑いで逮捕された、苫小牧市の桜庭勇太容疑者の身柄が検察庁に送られました。桜庭容疑者はことし9月、苫小牧市の国道で、法廷速度60キロのところを時速120キロ以上で乗用車を運転し、対向車線から右折してきた軽乗用車と衝突する事故を起こし、親子3人を死傷させた疑いが持たれています。桜庭容疑者は、仕事を終えて帰宅途中でした。警察は、桜庭容疑者が日常的に猛スピードを出していた可能性もあるとみて調べを進めています。

北海道2018.12.13 19:45

県内がインフルエンザの流行期に

熊本県によると定点観測している県内80の医療機関から報告された今月9日までの1週間のインフルエンザの患者数は1か所あたり2.01人となり、流行開始の目安とされる「1」を上回った。このため熊本県は県内がインフルエンザの流行期に入ったとみられると発表した。これは前のシーズンと比べると2週間早いものの例年並みという。地域別では山鹿や菊池、有明保健所管内など県北で流行っていて熊本県は「これから県内全域に感染が広がるとみられる」として注意を呼びかけている。

熊本2018.12.13 19:42

羽生竜王敗れ記録達成は持ち越しに

指宿市で行われていた将棋の竜王戦第6局で羽生善治竜王は13日、、挑戦者の広瀬章人八段に敗れた。注目された羽生竜王の前人未到の通算100タイトル達成は、最終第7局に持ち越しとなった。
緊迫した空気の中、再開した2日目の対局。正午過ぎ、竜王戦の歴史の中で最も早く決着がついた。竜王戦7番勝負、これで羽生竜王は3勝3敗となり、通算100タイトルの獲得は持ち越しとなった。羽生竜王は「次の対局が最終局ということもあるので悔いが残らないように自分なりにできる限りのことをして臨みたい」と話した。対局の行方を見守っていた将棋ファンは「鹿児島でとれなかったが次また勝ってほしいと思う」と話した。羽生竜王が現在、持っているタイトルは竜王のみで次の第7局で敗れると27年ぶりにタイトルを1つも持たない無冠になる。前人未到の大記録を達成するか無冠になるか、注目の竜王戦第7局は今月20日と21日に山口県で行われる。

鹿児島2018.12.13 19:42

ラフティング世界選手権準優勝を報告

三好市を拠点に活動している女子ラフティングチーム「ザ・リバーフェイス」が徳島県庁を訪問し先月の世界選手権での準優勝を報告しました。県庁を訪れたのは、三好市を拠点に活動しているラフティングチーム「ザ・リバーフェイス」の西村洋子コーチと阿部雅代キャプテンなど選手4人です。「ザ・リバーフェイス」は11月にアルゼンチンで開催されたラフティングの世界選手権に日本代表として出場し、女子オープンの部で準優勝の成績を収めました。阿部キャプテンが準優勝の喜びを報告すると飯泉知事は「来年オーストラリアで開かれる大会でも力を遺憾なく発揮して優勝を目指してほしい」と選手たちを激励しました。

徳島2018.12.13 19:41

来月から広報誌のコラム掲載を取りやめ

徳島県三好市の黒川征一市長が市の広報誌に掲載していたコラムの内容を新聞記事から引用していた問題で、黒川市長は今月発行の市の広報誌で改めて謝罪しました。この市長のコラムについては来月から掲載を一旦取りやめ、黒川市長は市の広報誌で別の形で不定期に情報発信していくということです。この問題は、三好市の黒川征一市長が市の広報誌「市報みよし」に掲載している「市長コラム」の内容を共産党の機関紙や日本経済新聞の記事から無断で引用していたもので、黒川市長は盗用を認めています。この問題を受け黒川市長は今月発行の市の広報誌で「市長コラムの表現についてお詫び」と題した謝罪文を掲載し、「私の『引用』に対する認識不足により、関係各位から指摘のあった『盗用』であると思われても仕方のない事態を招きました」と説明したうえで、「お詫び申し上げます」と謝罪しました。また、今後も様々な媒体で情報発信していきたいとして、「引用する際はきちんと引用元を示し、許可が必要なものは許可をいただいたうえで、発信させていただきたいと思っております」と引用元を明示する考えを示しました。三好市によりますと、「市長コラム」の掲載を来月から一旦取りやめ、黒川市長は市の広報誌で別の形で不定期に情報発信していくということです。

徳島2018.12.13 19:39

佐賀競馬場から馬が「脱走」 車と衝突

佐賀県鳥栖市の佐賀競馬場で競走馬が敷地の外に逃げ出しました。
馬は軽乗用車と衝突しましたが、運転手にケガはなく、その後、確保されました。13日午前5時半ごろ、佐賀県鳥栖市の佐賀競馬場で体長2メートル、体重約400キロの3歳のメスの競走馬が突然立ち上がって男性調教師を振り落とし、高さ2メートルのフェンスを越えて敷地外へ逃げました。馬に気付いて停車した軽乗用車のボンネットに馬が前足を上げて乗り上がり、フロントガラスにひびが入ったということです。運転していた40代の男性にケガはありませんでした。馬はその約30分後に調教師らにつかまり競馬場に連れ戻されました。佐賀競馬場は「再発防止に取り組む」としています。

福岡2018.12.13 19:38

年末年始の秋田新幹線 予約好調

年末年始の秋田新幹線の予約状況が発表され、混雑のピークは、帰省が今月29日、Uターンが1月3日となっています。1月4日に休みがとれれば9連休になる曜日配列で、前の年よりも利用者が多くなっているということです。
JR東日本秋田支社は、今月28日金曜日から来年1月6日日曜日までを年末年始期間として秋田新幹線の予約状況をまとめました。12日現在、秋田に帰省する下りのピークは29日土曜日で、30日日曜日とともに終日ほぼ満席となっています。秋田から東京方面へのUターン、上りのピークは来年1月3日木曜日で、予約率はすでに9割を超え終日ほぼ満席です。4日金曜日に休みをとると、29日から6日まで9連休になる曜日配列のため、前の年よりも利用者が多くなっているということです。JR秋田支社では期間中、前の年より21本多い97本の臨時のこまちを運行することにしています。

秋田2018.12.13 19:22

東成瀬村で豆腐あぶり 郷土かるた大会も

あぶった豆腐を食べて来年の無病息災を願う東成瀬村の伝統行事「豆腐あぶり」を地元の小学生が体験しました。豆腐あぶりの前には村の歴史などを描いた郷土かるたの大会も行われ、ふるさとへの愛着を深めました。
今年で33回目となる東成瀬村郷土かるた大会。毎年、東成瀬小学校の4年生を対象に行われている歴史ある大会です。読み札の言葉は村民からの公募で選ばれたもので村の歴史や景勝地などが盛り込まれ、村を深く知ることができる教材にもなっています。かるた大会のあとには、村でこの時期に行われている伝統行事「豆腐あぶり」を体験しました。その昔、薬代を払えない村人が来年は医者にかからずにすむよう、医者の面目をつぶす意味合いを込め、医者のスネに見立てた豆腐を囲炉裏であぶり、味噌をつけて食べたのが始まりといわれています。伝統は現在も受け継がれていて囲炉裏が珍しくなった最近ではホットプレートなどであぶって食べる家庭も多いということです。子どもたちは、村に脈々と続く伝統行事をみんなで体験し、また一段とふるさとへの愛着を深めました。

秋田2018.12.13 19:21

イージス・アショア視察 県議会で報告会

地上配備型のミサイル迎撃システム、イージス・アショアを巡り、県議会は、海外視察をした議員による報告会を開きました。現地視察の成果を今後、どう反映させていくのか、県議会における議論の深まりもこれから焦点となりそうです。
県議会議員による海外視察は秋田市の陸上自衛隊新屋演習場がイージス・アショアの配備候補地となっていることを受け行われたものです。自民党会派とみらい会派の議員あわせて6人が先月、配備地のルーマニアや2020年から運用が開始される予定のポーランドを訪問。自民党会派の5人が実験施設があるハワイを視察しました。基地周辺の状況や地域住民の生活への影響を調べることが主な目的でした。ポーランド・ルーマニアを視察した議員は「ルーマニアもポーランドもやはり広いところに設置されていて、やはり新屋演習場のように狭いところに設置するというのは無理があるのかなという思いをしている」と話しました。ハワイを視察した議員は「現地の住民はイージスアショアがあることで攻撃やテロの標的になるということは考えていない。むしろ基地があるからこそ、この地域を防護してくれるものであり他の地域に比べてより安全であると考えている」と述べました。およそ1時間の報告会の内容は報告書にまとめられ、2か月以内に県議会の図書室で閲覧することが出来るようになる予定です。

秋田2018.12.13 19:21

1年の厄を落とす すす払い式

新年に向けた準備が各地で本格化しています。秋田市の神社で今年1年の厄を落とし祓い清めるすす払い式が行われました。
太平山三吉神社で行われたこの時期恒例の「すす払い式」。長さ4メートルの忌竹と呼ばれる笹竹を使い、4人の神職が社殿などにたまったすすやほこりを払い落としました。年越し行事の始まりでもあるすす払い式は、1年の厄やけがれを祓い清らかな気持ちで新年を迎えるための大切な神事です。太平山三吉神社では新年もおよそ10万人の初詣客を予想していて、これから年末にかけてお札やお守りをはじめ準備が本格化していきます。

秋田2018.12.13 19:21

インフルエンザ 県内流行期入り

県内は各地でインフルエンザ患者が確認されはじめ、県はインフルエンザの流行期に入ったと発表しました。
県は県内54の医療機関でインフルエンザの患者数を調べています。今月9日までの1週間を調べたところ、インフルエンザ患者が県全体で61人いて1医療機関あたりの患者数は1.13人でした。流行の目安とする1人を超えたため、県は県内がインフルエンザの流行期に入ったと発表しました。流行期入りは昨シーズンとほぼ同じです。秋田市と大館保健所管内で患者数がやや多く秋田市では保育園などで集団発生も確認されています。年末年始は人の移動が多くなり、流行がさらに拡大すると予想されています。県は、咳エチケットや手洗い、湿度の管理など対策の徹底を呼びかけています。

秋田2018.12.13 19:21

タイ旅行者を岩手に!冬の魅力をPR 八幡平市

海外からの観光客の誘致拡大を目指して、八幡平市の安比高原でタイの旅行会社を招き、岩手の冬の魅力をPRすると取り組みが行われた。これは日本政府観光局バンコク事務所がタイから東北への旅行者数の拡大に向け企画したもので、6日間の日程で東北4県の観光スポットを巡っている。タイで旅行ツアーを担当する旅行会社10社の10人が、スノーシューを履いて安比高原スキー場を視察した。13日のバンコクの最高気温は31℃、安比高原との気温差は40度近くになったが、タイの旅行関係者は寒さよりも楽しさが勝ったようで、冬山めぐりや雪遊びの魅力を体感していた。タイの旅行関係者はアクセス面で不安があるものの、新幹線を活用して岩手のスキー場を訪れるツアーを来年企画したいと話していた。

岩手2018.12.13 19:20

花巻~上海 国際定期便 来月30日就航へ

岩手県は花巻空港と中国・上海を結ぶ国際定期便が年明け後の来月30日に就航する見通しである事を明らかにした。花巻・上海間の定期便開設は、10月に中国政府から認可を受けた中国東方航空が先月29日、日本の国土交通省に申請した。達増知事は「岩手にとって極めて大きなチャンスが開かれるものでもあるので、この路線の開設をぜひ成功させたいと考えます」と話す。中国東方航空は中国国内や世界の主要都市に路線を持つ大手で、日本では東京、大阪を中心に17の空港で就航している。新しい定期便は、来月30日から週2回、毎週水曜と土曜に運航する計画で、日本政府が認可すれば花巻空港では8月の台湾便に次ぐ国際定期便就航となる。県によると県内に宿泊した中国人の数はすでに震災前の4倍に達していて、定期便就航でさらに増えることが期待されている。達増知事は今月20日、上海の中国東方航空本社を訪問する予定。

岩手2018.12.13 19:14

富士山世界遺産センターの入館料が無料化へ

 県立富士山世界遺産センターの新しい指定管理者に入館料の無料化を提案した業者が新たに選ばれたことが分かった。
 これは13日に開かれた県議会の総務委員会で明らかになった。
 県によると、富士山世界遺産センターの昨年度の入館者は無料の北館が約36万4千人なのに対し、メイン展示がある有料の南館は6万5千人ほどにとどまっていて南館の利用者増加が課題となっている。
 県によると、センターの指定管理者の指定期間が、今年度末で終了することに伴い新しい指定管理者を募集したところ、利用料の無料化を提案した富士河口湖町の観光レジャー業者が候補者に選ばれた。
 本会議で可決された後、県の承認を得て来年4月1日から無料化される見通し。

山梨2018.12.13 19:14

甲府市の「ふるさと納税」偽サイト見つかる

 甲府市の「ふるさと納税」の寄付受け付けを装い、返礼品を無断掲載している偽サイトが見つかった。市は寄付金をだまし取ることが目的とみて注意を呼びかけている。
 甲府市によると見つかった偽サイトには煮貝やほうとうなどの特産品のほか旅館の宿泊券など実際に市が取り扱っている返礼品約70点が無断で掲載されている。
 これらは提携外のサイトで入金しても市などに連絡は入らず、返礼品送付や税控除の対象にはならない。偽サイトは「35%オフ」など制度上ありえない値引きを強調しているのが特徴で市では、「見分けるポイントにしてほしい」としている。
 県警や県民生活センターによると県内では偽サイトを利用して現金をだまし取られる被害はこれまで確認されていない。

山梨2018.12.13 19:07

MRJ用新型エンジン 国内で初の組み立て

 三菱重工業は13日、愛知県小牧市にあるグループの「三菱航空エンジン」が、小型ジェット旅客機「MRJ」に搭載する新型エンジンの組み立てを完了したと発表しました。アメリカの企業が開発した新型エンジンは、低燃費と低騒音が特徴です。国内での民間旅客機用のジェットエンジン組み立ては初めてで、今後、量産機用を組み立てるということです。

愛知2018.12.13 19:03

「がまキューブ」からの信号受信できず

 13日、愛知県蒲郡市にある愛知工科大学で行われた会見で、今年10月に打ち上げられた超小型人工衛星「がまキューブ」からの信号を、いまだに受信できていないことが報告されました。「がまキューブ」は、大学と地元の企業7社が共同で製作したことで注目を集めていました。今後は、人工衛星の寿命が終わる約7年後まで信号の受信にチャレンジしていくとしています。

愛知2018.12.13 19:01

「暴行容疑」養護学校教諭を処分 名古屋市

 名古屋市の養護学校で、男性教諭が生徒に暴力を振るうなど体罰を行っていた問題で、名古屋市は13日付で、男性教諭を懲戒処分としました。停職109日の処分を受けたのは、市立天白養護学校に勤める男性教諭(60)です。名古屋市によりますと、男性教諭は、生徒に対し体罰や身体的特徴を中傷するなどの不適切な指導を行っていたということです。男性教諭は、暴行容疑で今月3日、書類送検されています。市は今後、有識者から意見を聞き、今年度中に養護学校での再発防止策を示したいとしています。

愛知2018.12.13 18:58

待機児童対策「ファミマ」と協定 名古屋市

 名古屋市は13日、市内に約520店舗を持つ大手コンビニ「ファミリーマート」と、待機児童対策に関する協定を結びました。早ければ、2020年度に店舗の2階に認可保育所などを開設したいとしています。名古屋市の待機児童数は、今年10月時点で181人ですが、特定の保育所を希望したために入所できていない「隠れ待機児童」は約1900人にのぼります。

愛知2018.12.13 18:54

市職員が「業者との酒食」認める供述

 笛吹市の入札価格漏えい事件で、逮捕された市職員の男が業者の男と酒食を共にしていたことを認める供述をしていることが捜査関係者への取材で新たに分かった。
 地方公務員法違反の疑いで逮捕されているのは、笛吹市の職員、大村淳容疑者(58)と中川和彦容疑者(48)、それに住宅設備会社社長の浅川順一容疑者(56)。
 県警によると、大村容疑者と浅川容疑者は、昨年度に行われた笛吹市発注の公共工事で入札価格情報を入手しようと中川容疑者に価格情報を漏らすように働きかけ、中川容疑者が、これに応じた疑いがもたれている。
 これまでに警察は、大村容疑者と浅川容疑者が酒食を共にしていたとの情報をつかんでいるが、大村容疑者がこれについて認める供述をしていることが捜査関係者への取材で新たに分かった。
 捜査関係者によると、大村容疑者は警察の調べに「浅川容疑者に招かれた私的な酒食だったと思う」などと供述しているという。
 警察は、酒食が行われたのが不正入札が疑われる時期と近いことから、入札を巡る接待だった可能性もあるとみて、慎重に捜査を進めている。

山梨2018.12.13 18:50

「アポロン」が警察犬種の大会で優勝

 甲州市で訓練を受けている大型犬のシェパードが、国内の警察犬種の最高峰を競う大会で優勝した。
 全国チャンピオンに輝いたのは、甲州市大和町にある望月ドッグスクール警察犬訓練所で訓練を受けている6歳のジャーマンシェパード「アポロン」と所長の望月利彦さんのペア。
 アポロンと望月さんは、今年10月に長野県で行われた日本訓練チャンピオン決定競技会に出場し、「警戒競技の部」で見事優勝を果たし、内閣総理大臣賞も受賞した。
 大会では、犯人役の動きを止める「警戒作業」や、指示に的確に従う「服従作業」で得点を競うが、アポロンは出場した66頭のうち唯一99点台を叩き出した。
 望月さんによるとアポロンは今後、来年6月に行われる世界大会の国内予選に照準を合わせ訓練を重ねる。

山梨2018.12.13 18:35

インフルエンザ 県内も流行期に

県は13日、インフルエンザの流行期に入ったと発表した。今後、本格的な流行が予想されるとして対策を呼びかけている。

県内では11月中旬からインフルエンザの患者が増え始め9日までの1週間の患者数が85人と前の週の2倍以上に。1医療機関あたりの患者が「1.21」人となり、流行開始の目安とされる「1」を上回ったため県は13日、流行期に入ったと発表した。去年より1か月ほど遅い流行期入り。全国的にグッと冷え込む日が増えた「師走」。県は、咳、くしゃみの際、口や鼻を抑えるといったエチケットの徹底や早めのワクチン接種などを呼びかけている。

長崎2018.12.13 18:28

長崎北陽台高校伝統の「健脚くらべ」

長崎北陽台高校伝統の「健脚くらべ」が13日、行われた。

開校当時から続く伝統の「健脚くらべ」。挑戦するのは男子25キロ、女子は21キロ。1、2年生約560人が参加。コースには長与町内の住宅街も。難関は標高451メートルの琴ノ尾岳、頂上を目指し山道を歩く。登り始めて約1時間、山頂にたどり着いた。互いに励ましながらゴールを目指した「健脚くらべ」。気持ちのいい汗を流し、仲間との絆を深めていた。

長崎2018.12.13 18:23

新しい特急列車の名称は「富士回遊」に

 JR東日本が、来年3月のダイヤ改正で新設する中央線の新宿駅と富士急行の河口湖駅を結ぶ、特急列車の名称が「富士回遊」になることが分かった。
 世界文化遺産の富士山や、山麓の河口湖を周遊する旅行者向けの列車であることを前面に打ち出したもので、来訪者が多い、中国や台湾からの旅行者にも分かりやすいように漢字だけの名称にした模様。
 特急「富士回遊」の新設は、14日に発表されるダイヤ改正の
目玉となる。
 「富士回遊」は、主に特急「かいじ」と連結して、大月駅で切り離して富士急行線を走り、富士山駅と富士急ハイランド駅などに停車する。

山梨2018.12.13 18:19

大村特産「黒田五寸人参」収穫期迎える

柔らかく甘いのが特徴の「黒田五寸人参」が収穫期を迎えている。

大村特産の「黒田五寸人参」。60年程前から栽培されていて、ニンジンの中でも特に甘い品種と言われる。13日は収穫のピークを迎えている「温州みかん」とあわせて販売された。今年は夏に雨が少なく発芽への影響が懸念されたが、お盆以降に雨が降ったことでニンジンの身の太りもよく例年になく豊作だという。おすすめは、まるごとすりおろしたジュース。生産は12月いっぱいで市内や川棚町の直売所、東彼杵町の道の駅などで販売しているという。

長崎2018.12.13 18:07

談合坂サービスエリアで強盗対応訓練

 年末年始に向けて利用者が多くなる中央道の談合坂サービスエリアで13日、強盗への対応訓練が行われた。
 訓練は、年末年始の帰省で利用者が増加することをふまえて中日本エクシスと上野原警察署が行った。
 訓練は、サービスエリアの事務所に、現金を奪おうと刃物を持った男が押し入ったという想定で始まり、職員が逃走する犯人にカラーボールを投げたり、駆け付けた警察官に犯人の特徴を伝える手順を確認した。
 談合坂SAの担当者は「年末年始は約2万人の利用者が見込まれる。不審者を見かけたら警察に通報してほしい」と話ている。

山梨2018.12.13 18:07

巨大地震に備え、拠点開設の訓練 各務原

 岐阜県各務原市で13日、南海トラフ巨大地震発生時に全国から派遣される緊急災害対策派遣隊(TECーFORCE)の受け入れを想定した拠点開設の訓練が行われました。中部地方整備局が全国で初めて具体的に定めた活動計画に基づく初の実動訓練で、人員や災害対策車両の受け入れ、テレビ会議で関係機関との連携などを確認しました。

岐阜2018.12.13 17:31

住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体 岡崎

 13日朝、愛知県岡崎市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。火事があったのは、岡崎市の山田萬司さん(88)の住宅で、警察と消防によりますと、13日朝、「家が燃えている」などと近所の人から119番通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅が全焼し焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察は、山田さんと連絡がとれないことから、遺体は山田さんの可能性が高いとみて遺体の身元の確認を急ぐとともに、出火の原因を調べています。

愛知2018.12.13 17:27

有毒魚購入者判明 3人で食べたが異常なし

 三重県大台町のスーパーで、有毒の「ソウシハギ」とみられる魚3匹のうち2匹が誤って販売されていた問題で、このうち販売先が分かっていなかった1匹を購入者が12日、鍋の具材として食べていたことが分かりました。今のところ、魚を食べた家族3人に健康被害などは確認されていません。「ソウシハギ」は、内臓などに毒があり食べると死に至ることもあるため、県は注意を呼び掛けていました。

三重2018.12.13 17:25

住宅の一部焼失 長女の遺体見つかる 愛西

 13日午前11時20分ごろ、愛知県愛西市雀ケ森町で、椎野雅之さん(71)の住宅から火が出ているのを帰宅した椎野さんが発見しました。火は約1時間半後に消し止められましたが、木造2階建て住宅の2階の一部が焼け、椎野さんの長女の明日香さん(40)の遺体が見つかりました。警察が、出火の原因を調べています。

愛知2018.12.13 17:22

雑木林に女性の白骨体、捜査本部設置 知多

 12日午後、愛知県知多市の雑木林で白骨化した女性とみられる遺体が見つかりました。警察は、現場の状況などから死体遺棄事件と断定し捜査本部を設置しました。警察によりますと、12日午後2時20分ごろ、知多市北浜町の雑木林で「白骨化した人骨のようなものがある」などと草刈り作業をしていた男性が市役所に連絡しました。市役所から連絡を受けた警察が現場に駆け付けると、白骨化した遺体を発見したということです。遺体はあおむけの状態で、女性用の下着を身に着けていて司法解剖の結果、30歳前後の女性で死後1年から数年が経過しているとみられています。付近から凶器は見つかっておらず、遺体には衣服の上からひものようなものが巻かれていたということです。警察は、現場の状況などから死体遺棄事件と断定し、捜査本部を設置しました。今後、遺体が遺棄された経緯を調べるとともに身元の確認を急いでいます。

愛知2018.12.13 17:20

松山 イノシシに襲われ男性1人大けが

13日朝、松山市郊外の路上で60代の男性がイノシシに襲われ、肋骨を折るなどの大けがをした。現在のところ、イノシシは捕まっていない。

13日午前8時ごろ、松山市平井町にある三熊野神社近くで、道路を歩いていた近所に住む60代の自営業の男性が、突然イノシシに襲われた。男性は、肋骨を折るなどの大けがをして、病院で治療を受けた。

病院から通報を受けた警察が、被害者から話を聞くなどして調べを進めているが、男性を襲ったイノシシは体長1メートルほどあったということだ。

他に被害は確認されていないが、イノシシは見つかっておらず警察では、付近の住民に注意を呼びかけている。

愛媛2018.12.13 16:35

早速初滑り 久万高原町スキー場オープン

四国のウィンタースポーツファンにとって待ちに待った日がやってきた。久万高原町の久万スキーランドが13日、今シーズンの営業をスタート、初日から多くのスキーヤーやスノーボーダーで賑わった。
13日の気温は2度、雪がちらつく久万スキーランドでは、安全を祈願する神事のあと、午前9時に関係者によるテープカットで今シーズンの営業がスタートした。

早速、大勢のスキーヤーやスノーボーダーが今シーズンの初すべりを楽しんでいた。愛媛県のイメージアップキャラクターみきゃん&ダークみきゃんもゲストスキーヤーとして登場しオープンに花を添えていた。

今シーズンの営業は3月上旬までの予定で、久万スキーランドではシーズン中、6万人の来場者を見込んでいる。

愛媛2018.12.13 15:54

「龍馬に届く年賀状」販売

「龍馬に届く年賀状」販売幕末の志士、坂本龍馬のように大きな志を持って新年を迎えてもらおうと「龍馬に届く年賀状」が販売されている。この年賀状は高知市の県立坂本龍馬記念館と龍馬ファンで作る会が2009年から企画していて、宛名には「坂本龍馬様」と書かれている。今年は年賀状と龍馬の写真を印刷しオリジナルの手ぬぐいのセットを800円で販売。新年の決意や龍馬への熱い想いなどを書いて12月25日までに投函すると元日に桂浜にある龍馬の銅像に届けられる。年賀状は県立坂本龍馬記念館か、龍馬ファンで作る会のホームページ「http://www.ryomakaido.com/」で購入できる。

高知2018.12.13 15:29

大洲 豪雨被害の郵便局が営業再開

西日本豪雨で浸水し営業の休止が続いていた大洲市の大川郵便局が13日およそ5か月ぶりに営業を再開した。

13日朝、大洲市の大川郵便局には営業再開を待ちわびた地元の住民が次々と訪れ、荷物の発送や振込などを行っていた。ある住民は「再開してくれて復興が一歩一歩進んでいると分かるだけで嬉しい」と話していた。

大川郵便局は肱川の増水により崩壊した大成橋のたもとにあり、局舎が3.9メートルの高さまで浸水したことで、5か月間に渡り営業できない状態が続いていた。

大川郵便局の清水英扶局長は「ここまで待ってくださったお客様がいるんだなと胸が熱くなった。この地域で頑張っていくという気持ちを新たにした」と語っていた。

大洲市では豪雨による浸水で菅田郵便局も営業休止が続いていて、日本郵便四国支社は早期の再開を目指している。

愛媛2018.12.13 14:57

松山市12月議会開会 野志市長3期目所信

野志市政3期目初の議会となる松山市の12月定例市議会が開会し野志市長は、中学生までの医療費無料化実現や西日本豪雨からの復旧・復興などに意欲を示した。

13日は議会を身近に感じてもらおうと開会を前に、松山東雲女子大学と短期大学の吹奏楽サークル「すうぃんぐがーるず」が、生演奏を披露した。

続いて行われた本会議で野志市長は3期目に向けた所信を表明した。この中で野志市長は「『継承』『発展』をキーワードに、挑戦し続ける行政を目指す」との方針を示す一方、「中学生までの医療費無料化の実現に全力で取り組む」と述べた。

この他、野志市長は、西日本豪雨からの復旧・復興や松山市駅前の整備などに意欲を示した。

松山市の12月議会は今月28日まで開かれ、一般会計で35億円余りの補正予算案が審議される。

愛媛2018.12.13 13:55

各地今シーズン一番の寒さ

 13日の県内は、冬型の気圧配置の影響で上空に寒気が流れ込んだため、各地で今シーズン一番の寒さとなった。
 伊佐市では、田んぼに霜が降り一面真っ白になっていた。最低気温は、伊佐市大口で-1.7℃と1月下旬並みの寒さとなった。また、さつま町柏原で-1.1℃、鹿児島市で4・4℃と各地でこの冬一番の寒さとなった。登校中の小学生は、「朝から手が冷えて痛い。とても寒い」と話した。
 気象台によると、この寒さはしばらく続く見込みだという。

鹿児島2018.12.13 13:43

“西郷さん”そっくりさん 知事を表敬訪問

日本で1番西郷さんに似ている人を決める大会で優勝した女性が三反園知事のもとを訪れた。愛犬のツンとともに部屋に入ってきたのは、西郷さんそっくりの女性、鹿児島市で寿司屋の女将をしている松延眞美さんだ。西郷さんに似ている人を決める「全国西郷1グランプリ」で300人以上の応募者の中、見事、優勝した。松延眞美さんは「西郷さんのことも勉強しようと思ったし今までちょっとよかぶってからいも標準語とか使ってたが、これから鹿児島弁でいこうと思う」と話した。松延さんは、優勝を機に鹿児島のことをもっと勉強したいと話していた。

鹿児島2018.12.13 13:43

少なくとも10台 スリップか 道央道で事故相次ぐ

けさ、道央自動車道の恵庭インターチェンジ付近で、路面凍結によるスリップとみられる事故が相次ぎました。
事故があったのは、道央道の輪厚パーキングエリアと恵庭インターチェンジの間の上り線です。午前8時半すぎから、乗用車やバスなど少なくとも10台が相次いで中央分離帯やほかの車と衝突しました。これまでのところ、けが人はいないということです。路面は当時ブラックアイスバーン状態で、スリップが原因とみられています。
一方、岩見沢市内にある道道の交差点では、午前9時前、横断歩道を渡っていた82歳の女性が、凍結した路面で滑って転倒したところ、乗用車にひかれる事故がありました。女性は意識不明の状態で病院に搬送されたということです。警察は、乗用車を運転していた36歳の女を、過失運転致傷の疑いで逮捕しました。

北海道2018.12.13 13:31

飲酒運転で追突…4台絡む事故に

きょう未明、札幌市中央区で、飲酒運転の車が信号待ちをしていた車に追突し、あわせて車4台が絡む玉突き事故がありました。この事故で、男性3人が病院に搬送されました。
午前0時すぎ、札幌市中央区北3条東7丁目の交差点で、飲酒運転の乗用車が、信号待ちをしていた車に追突しました。追突された車は、はずみでさらに前に止まっていた車2台にも追突し、あわせて4台が絡む玉突き事故となりました。この事故で、追突されたそれぞれの車の男性3人が、首などに痛みを訴えて病院に搬送されました。警察は、乗用車を運転していた札幌市東区の青木忠治郎容疑者(71)を、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。青木容疑者は容疑を認め、「自宅で酒を飲んでからコンビニに行くため運転した」と話しているということです。

北海道2018.12.13 13:30

逃走のベトナム人逮捕

帯広市内のアパートで、ベトナム人の男が、同居するベトナム人男性を殴り逃走していた事件で、けさ、男が帯広市内で逮捕されました。
傷害の疑いで逮捕されたのは、ベトナム人のダン・ティエン・フォン容疑者(37)です。ダン容疑者は、おととい夜、帯広市内のアパートで同居していたベトナム人の男性をハンマーの柄で殴り、軽傷を負わせた疑いが持たれています。ダン容疑者は、その後、逃走していましたが、けさ、JR帯広駅前のターミナルで、バスの乗車券を買おうとしたところ発見され、逮捕されました。

北海道2018.12.13 13:28

父親が県独自のいじめ条例制定を訴える

 いじめを苦に自殺した新潟工業高校の男子生徒の父親が13日、県独自の条例制定を求め、県議会の委員会で意見を述べた。

 13日午前、県議会の総務文教委員会に出席した自殺した男子生徒の父、佐々木正さん。
 「いじめ事件に対する教育委員会及び教育関係者の理解不足、被害者遺族への配慮のなさ、すべてが後手後手となり子どもたちの命と心を守りきれていない現状は、本当に深刻であります」と、いじめに関係した学校関係者などへの処分などが適切ではないとして、意見を述べた。
 佐々木さんはいじめに関係した人の処分の基準を定める事や、学校側にいじめに関する法律やガイドラインを遵守する事などを求め、県独自の条例の制定を訴えた。
 佐々木さんの陳情は、12月20日の委員会で審査結果が出される予定だ。

新潟2018.12.13 13:14

県内山沿いで雪 14日未明から風雪強まる

 13日朝の県内は、山沿いを中心に雪となるところがあった。14日未明には雪を伴った風が強く吹く見込みで、気象台が警戒を呼びかけている。

 発達した低気圧の影響で、13日朝の魚沼市では再び雪が降り始めた。
 午前11時までの24時間降雪量は、津南町で12センチ、魚沼市守門で5センチなどとなっている。
 気象台によると、県内はこれから冬型の気圧配置が強まる影響で、14日未明から明け方にかけて雪を伴った風が非常に強く吹く見込みだ。
 14日に予想される最大瞬間風速は、県内全域で陸上・海上ともに30メートルとなっている。
 気象台は佐渡では暴風雪に警戒を、上・中・下越で風雪に注意するよう呼びかけている。

新潟2018.12.13 13:10

無免許やひき逃げの疑い 会社員を逮捕

12日午後、秋田市の国道7号で無免許で車を運転して追突事故を起こし、相手の車を運転していた男性にけがをさせたにも関わらずそのまま逃走したとして25歳の会社員の男が逮捕されました。
無免許過失運転致傷とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、秋田市山王中島町の会社員、河﨑凌容疑者25歳です。秋田中央警察署の調べによりますと、河﨑容疑者は12日午後1時過ぎ、秋田市八橋南の国道7号で普通乗用車を運転し、前を走っていた普通乗用車に追突したにも関わらず、そのまま逃走した疑いが持たれています。追突された車を運転していた70代の男性は首に軽いけがをしています。河﨑容疑者は過去の交通違反で免許停止となっていました。事故のあと現場の近くをパトロールしていた警察官がフロント部分が破損した河﨑容疑者の車を見つけて、逮捕しました。河﨑容疑者は容疑を認めているということです。警察が事故の状況や動機などについて詳しく調べています。

秋田2018.12.13 13:07

矢巾町に大型ホームセンターオープン

JR矢幅駅の西口に、大型のホームセンターが13日オープンした。オープンしたのは、青森県に本社を置くホームセンター「サンデー」の矢巾店。13日は、高橋昌造町長やサンデーの川村暢朗社長らがテープカットした後、午前9時にオープンし、続々と買い物客が訪れた。約4000平方メートルある売り場には、日用品など約5万点が並んでいる。矢巾店には、ペットの販売コーナーや、自分好みにカスタマイズできる自転車コーナーも設けられている。矢巾町には岩手医大附属病院が建設されるなど、利用客の増加が見込まれるほか、災害が発生した際に生活必需品などを町に支援する協定も結んでいて、地域の暮らしをサポートしたいとしている。

岩手2018.12.13 12:57

福祉施設に謝礼金と支援金贈呈

パチンコホールの組合、県遊技業協同組合から県内の福祉施設に、作業の謝礼金と支援金が贈られた。これは県遊技業協同組合がヤクルトグループの協賛のもと毎年行っているもので、ことしで16回目になる。組合では、正月3が日に各ホールで来店者に配る飲み物約4万6千本に「年賀シール」を貼る作業を、県内4つの福祉施設に依頼している。その作業の謝礼金に支援金を合わせた約26万円が、組合の工藤嘉理事長からそれぞれの施設の代表者に贈られた。施設の代表者は、「シールの貼付作業は利用者が毎年楽しみにしている仕事。ことしも思いを込めて貼った」と感謝の言葉を述べていた。

岩手2018.12.13 12:27

アルコールの呼気検査拒否 男を逮捕

福岡市博多区で13日未明、車に乗った男がアルコールの呼気検査を拒否したとして道路交通法違反の疑いで現行犯逮捕されました。13日午前2時半ごろ、福岡市博多区諸岡の国道で、路肩に軽乗用車を止めて眠っていた男に警察官が職務質問しました。その際、酒の匂いがしたため警察官が呼気検査を求めたところ、男は「何でせないかんと」などと言いながら40分以上にわたって拒否し続けたため、呼気検査拒否の疑いで現行犯逮捕しました。逮捕されたのは志免町の職業不詳・鈴木真生容疑者(20)で、その後、呼気を調べたところ、基準値の約4倍のアルコールが検出されたということです。警察は飲酒運転の疑いでも調べる方針です。

福岡2018.12.13 12:27

空自・築城基地 オスプレイ初飛来

福岡県築上町の航空自衛隊・築城基地にアメリカ軍の輸送機オスプレイが初めて飛来し、13日午前、近隣の自治体関係者に機体が公開されました。公開されたのはアメリカ軍の輸送機オスプレイ2機です。築城基地の近隣にある行橋市、築上町、みやこ町などの自治体関係者が機体についての説明を受けました。オスプレイは今月7日から大分県の日出生台演習場で行われている陸上自衛隊とアメリカ海兵隊の日米共同訓練に参加していて、機体整備などのために12日夜、築城基地に初めて飛来しました。大分県での日米共同訓練は沖縄の基地負担軽減が目的とされていて、今月19日まで行われる予定です。

福岡2018.12.13 12:27

リニア開業に向け、名古屋駅西側地下にバスターミナル建設検討

 名古屋市は2027年のリニア開業に向け、名古屋駅西側の地下にバスターミナルの建設を検討していることが分かりました。名古屋市は2027年のリニア中央新幹線の開業に向け、名古屋駅周辺を再開発する方針を示しています。関係者によると、名古屋駅西側では高速バスや観光バスの乗り降りを一か所でできる地下バスターミナルの建設を検討しているということです。さらに、このバスターミナルと名古屋駅の南側にある名古屋高速・黄金出入り口を地下の自動車専用道路で直接結ぶことも検討しています。名古屋市は今後、地下街の関係者などと調整を行い、再開発に向けた検討を進めていきたいとしています。また、名古屋駅東側では駅前にあるモニュメントを来年度から撤去し、大型の広場の整備することを検討しているということです。

愛知2018.12.13 12:22

名二環外回りの大森IC付近でトラックなど4台絡む事故 名東区

 13日午前7時15分ごろ、名古屋市名東区の名古屋第二環状自動車道・外回りの大森IC付近で、10トントラックが4トントラックに突っ込み、はずみで乗用車など2台も巻き込まれるなど4台が絡む事故がありました。警察によりますと、この事故でトラックの運転手2人が病院に搬送されましたが、いずれも軽傷ということです。警察は最初に追突したトラックの運転手から話を聞き、当時の状況を調べています。

愛知2018.12.13 12:17

各地で冷え込み 天草市で霜も

13日の県内は上空に強い寒気が流れ込み、放射冷却の影響も強かったことから各地で厳しい冷え込みとなった。最低気温はあさぎり町上で-2.9℃、人吉市で-0.7℃、熊本市で0.6℃など県南部を中心に今シーズン最低となり各地で1月下旬や真冬並みの気温となった。天草市宮地岳町では午前8時頃、畑などに霜が降り一面真っ白となっていたほか、バケツには薄い氷が張った。県内は午後からも良く晴れて日差しはあるものの風は冷たく、予想最高気温は熊本市で平年より1度低い12度など寒い一日となる見込み。

熊本2018.12.13 12:06

強盗殺人 若槻被告が控訴

 甲州市の男性を強盗目的で殺害したとして、1審の甲府地裁で懲役30年を言い渡された男が、判決を不服として控訴した。
 控訴したのは強盗殺人などの罪に問われていた甲府市の土木作業員若槻和希被告(25)。
 判決によると若槻被告はおととし11月仲間と強盗目的で甲州市大和町の民家に侵入。帰宅した斉藤弥生さんをバットのようなもので殴り、殺害した。
 裁判で若槻被告は殺意を否認したが甲府地裁は、「被害者を死亡させる危険性が高いと認識していた」として、懲役30年を言い渡した。
 代理人らによると若槻被告は当初、判決に従う意向だったが、親族との協議で控訴することを決め、きのう東京高裁へ控訴した。

山梨2018.12.13 12:06

レギュラー平均価格 149.6円

 県内のレギュラーガソリンの平均価格は149.6円で7カ月ぶりに150円台を割り込んだ。
 石油情報センターによると、今月10日時点の県内のレギュラーガソリンの平均価格は149.6円で前の週より0.8円値下がりした。
 ハイオクも0.7円安い161.0円、軽油は0.7円安い127.4円。灯油は18リットル当たり1673円だった。
 石油情報センターは来週も値下がりを予想しているが、主要産油国が原油の減産を決めたため先行きは不透明だという。

山梨2018.12.13 12:04

“潜伏キリシタン”資料館オープン

世界文化遺産の“潜伏キリシタン関連遺産”の構成資産の一つ、五島市の久賀島に資料館が13日、オープンした。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つである「久賀島の集落」に完成した潜伏キリシタン資料館。信者らがクラウドファンディングなどで資金を集めオープンを迎えた。国の内外から集めた約100点の潜伏キリシタンに関する資料が展示されている。資料館では随時、資料を入れ替えながら展示をしていくという。

長崎2018.12.13 11:54

LPG運搬船 三菱重工で命名式

三菱重工長崎造船所で建造されたLPG=液化石油ガスの運搬船の命名式が13日、行われた。

全長230メートル、幅36.6メートル。タンク総容積8万3000立方メートルの世界最大級のLPG運搬船。アストモスエネルギー株式会社から受注し、三菱重工海洋鉄鋼が約半年かけて建造した。運搬船は、“月桂樹”を意味する「ローレルプライム」と命名された。引き渡しは28日。長崎造船所の手持ち工事量は約2年分にあたる10隻となっている。

長崎2018.12.13 11:51

新年への準備 石手寺で「すす払い」

12月13日は正月の準備にとりかかる日とされる「正月事始め」
松山市の石手寺では、今年1年間の汚れを落とすすす払いが行われた。

四国霊場第51番札所石手寺で行われたすす払いには、信者や地元の住民などおよそ50人が参加した。石手寺では、1年間の汚れを落として新たな気持ちで新年を迎えようと毎年12月13日にすす払いを行っている。

参加者は、長さ4mを超える笹ぼうきを使って、国宝の仁王門や国の重要文化財・三重塔の軒下を掃除していた。

ある参加者は「自分の心も洗われたような感じがした。また来年に向かって頑張る。」と話していた。

今月29日には、正月の参拝者らに振舞うもちをつくということで、寺では新年を迎える準備が進んでいる。

愛媛2018.12.13 11:44

特急列車と衝突 ミニバイクの高齢男性死亡

12日、今治市のJR予讃線でミニバイクに乗っていた高齢男性が特急列車にはねられ死亡した。

12日午後5時10分ごろ、今治市郷桜井のJR予讃線の踏み切りで、特急列車がミニバイクと衝突しミニバイクに乗っていた菅正吾さん(71)が死亡した。

警察によると運転士が踏み切り内に侵入したミニバイクを発見し、ブレーキをかけたが間に合わなかったという。

現場は警報機のない簡易の踏み切りで特急列車に乗っていた乗客と乗員およそ140人にけがはなかった。

この事故の影響で予讃線は壬生川駅と今治駅の間でおよそ3時間にわたり上下線で運転を見合わせおよそ3700人に影響が出た。

警察では事故の詳しいを原因を調べている。

愛媛2018.12.13 11:14

新型ハイブリッド車両に安全技術 最速120キロ目指し開発

 JR東海は12日、在来線で投入予定のハイブリッド特急車両について新たな安全技術を導入すると発表しました。JR東海が発表したのは、在来線の特急「ひだ」や「南紀」向けに開発中の(エンジンと蓄電池を備えた)ハイブリッド方式の車両に、導入する新たな安全技術です。台車は、溶接箇所を減らす技術で故障のリスクを低減。また、台車の振動状態を監視し、異常が発生した場合に検知して運転士に知らせる装置などを導入します。JR東海は、ハイブリッド特急車両としては国内最速となる最高速度120キロを目指し、開発を進めていて2022年度に量産車を投入する計画です。

愛知2018.12.13 09:08

愛知県内全域に、今季初のインフルエンザ注意報発令

 12日、愛知県内に今シーズン初のインフルエンザ注意報が発令されました。愛知県によると、今月3日から9日の1週間にインフルエンザの患者数の報告が県内全域で669人に上り、増加傾向になっています。なかでも岡崎市の1医療機関あたりの患者数が12.18と注意報の発令基準となる10を超えました。そのため、愛知県内全域に今シーズン初めてのインフルエンザ注意報が発令されました。去年より9日早い発令です。県はマスクの着用や手洗いの徹底などの予防を心がけるとともに万が一かかってしまった場合、早めの受診と休養を呼びかけています。

愛知2018.12.13 09:04

自転車で帰宅途中の小学5年生男児、はねられ重体 愛知・日進市

 12日午後5時30分ごろ、愛知県日進市香久山の交差点で近くに住む小学5年生・大川竜之介くん(11)が自転車で横断歩道を渡っていたところ、左から来た軽自動車にはねられました。警察によりますと、大川くんは事故直後「痛い」と話すなど意識はありましたが、救急車で搬送中に容体が急変し意識不明の重体となっています。軽自動車を運転していたパートの女性(68)にけがはありませんでした。現場は住宅街にある信号のない交差点で、大川くんは自宅に戻る途中だったということです。警察が当時の状況や事故の原因を調べています。

愛知2018.12.13 09:02

大洲市長浜町 国道378号上下線通行止め

道路ののり面が崩落する危険性があるとして、県は12日朝から、大洲市長浜町沖浦で国道378号の上下線を通行止めにしている。16時現在、解除のめどは立っていない。

県大洲土木事務所によると、大洲市長浜町沖浦の国道378号で、崩落の恐れがあるとして応急対策をとっていたのり面が、11日の夜以降、危険な状態になっていることがわかった。

このため道路を管理する県は、12日午前6時40分から危険な区間の上下線をおよそ40メートルに渡って通行止めにした。現在のところ、通行止め解除のめどは立っていない。

この区間は通過ができないため、県では、松山と八幡浜を行き来する際は、県道大洲長浜線、国道56号、国道197号を迂回するよう呼びかけている。

愛媛2018.12.12 16:01

豪雨被災のイチゴ園 保育園児を招待

西日本豪雨で被害を受けた大洲市の観光イチゴ園が今週末から営業を始めるのを前に、市内の園児が一足早くイチゴ狩りを楽しんだ。

大洲市の徳田観光いちご園では、市立肱北保育所の園児たちが“あまおとめ”や“紅い雫”など3種類のイチゴを摘み取ると、早速、ほおばっていた。

徳田観光いちご園は肱川の氾濫で農業用ハウスが2棟倒壊するなど大きな被害が出た。徳田観光いちご園の徳田智さんは、「苗が全部浸かってしまったので、正直ことしは開園できないかなと思っていた。子どもの元気が僕らの元気にもつながるので、本当によかった」と嬉しそうに話していた。

一方、肱北保育所に通う園児のおよそ4割の家庭でも自宅が浸水したという。この観光イチゴ園は今月16日の日曜日にオープンする。

愛媛2018.12.12 15:58

ダム放流と避難 検証委員会が報告書

西日本豪雨ではダムの緊急放流後、肱川が氾濫し、8人が亡くなった。
この問題を受け、国土交通省が設置した検証委員会は12日、改善点などをまとめた最終報告書を公表した。

7月7日、野村ダムと鹿野川ダムは、ダムに入ってくる水とほぼ同じ量の水を放流する異常洪水時防災操作を行い、肱川が氾濫して、西予市と大洲市で合わせて8人が死亡した。
国土交通省が設置した検証委員会は、これまでに4回の会合を開き、ダムの操作や住民への情報伝達などについて検証していた。

12日、公表された最終報告書では、西予市と大洲市はダムの放流情報を反映した避難情報発令基準を策定し、地域防災計画に反映するとしている。
また、愛媛県は、野村地区と肱川地区の浸水想定区域図を作成し、西予市と大洲市はそれに基づいた洪水ハザードマップを作成する。
このほか、西予市は防災行政無線の受信機の設置率が100%になるよう住民に啓発し、放送内容が伝わるよう設置場所などの指導も行うとしている。

一方、ダムを管理する四国地方整備局は、鹿野川ダムの改造工事や肱川の堤防整備などにより、5年後をめどに、より大規模な洪水にも対応できるように野村ダムと鹿野川ダムの操作規則を変更する。

国土交通省は来年、改めて住民説明会を開き、これらの改善点を説明する方針だ。

愛媛2018.12.12 15:29

FC今治 小野新監督とJリーグ昇格目指す

サッカーJFL、FC今治の監督に、WCフランス大会の日本代表コーチなどを務めた小野剛さんが就任した。

小野剛さんは56歳。FC今治の岡田武史オーナーが監督を務めたWCフランス大会の日本代表コーチやサンフレッチェ広島の監督などを歴任した後、去年からはFC今治でコーチを指導する、コーチディベロップメントマネージャーを務めている。

FC今治は今年6月、成績不振を理由に監督を交代し、J3昇格を目指したが、昇格条件の4位以内にはあと一歩及ばず、来期は岡田オーナーの盟友の指揮の下、昇格を目指すことになる。

小野新監督はチームを通じて、「クラブが一丸となって悲願のJリーグ昇格に向かい、笑顔と感動を届け、今治の街に活気を与える存在になれるよう、全力で突き進んでいきたい」とのコメントを発表している。

愛媛2018.12.12 15:15

港を学ぼう 小学生が新造フェリー見学

子どもたちに港の役割を知ってもらおうと西条市で、新造船の見学会が行われた。

西条市の東予港で行われた見学会には、西条市立禎瑞小学校の4年生24人が参加した。この見学会は国土交通省が、子どもたちに港で働く人や船などを見てもらうことで、港の役割を知ってもらおうと3年前から開いているもの。

児童らは、今月6日に就航した新造船「おれんじおおさか」で全室個室となった客室や操舵室などを見学し、双眼鏡やレーダーで船の位置を確認しながら安全な航海をしていることなどを学んでいた。

見学会は、要望を受けた小学校を対象に来年度以降も行われるという。

愛媛2018.12.12 11:42

南海トラフ巨大地震 国が住民避難基本方針

全国で32万人、愛媛県内でも最大でおよそ1万6千人の死者が出ると想定される「南海トラフ巨大地震」について、国は、発生の可能性が高まっていると判断した際に住民が取るべき対応をケースごとに示した。

国が11日開いた検討会で示した基本方針では、南海トラフの片側でマグニチュード8以上の大きな地震が起き、気象庁がもう片側でも連動して地震が起きる可能性があると発表した場合には、地震が起きてからでは津波からの避難が間に合わない地域の住民や高齢者などは念のため1週間程度、避難する必要があるとしている。

この基本方針によると、紀伊半島や東海沖など南海トラフの東側で巨大地震が発生した場合、西側の地震に備えて、愛媛県内でも南予の沿岸部を中心に該当する住民は、1週間程度の避難が必要ということになる。

一方、マグニチュード7程度のひと回り小さい地震が起きた場合や地下のプレート境界で「ゆっくりすべり」と呼ばれる現象が観測された場合には、家具を固定するなどの日頃からの備えを再確認するよう呼びかけるにとどめ避難は促さない方針。

国は、年明けから自治体や企業などに向けた防災対応の「ガイドライン」を作成することにしている。

愛媛2018.12.11 16:02

思いやりの心を 動物とのふれあい教室

動物を通して思いやりの心や命を大切にする気持ちを養ってもらおうと松山市の小学校でふれあい教室が開かれた。

市立北久米小学校で開かれた「動物とのふれあい教室」には2年生の児童75人と県内の獣医師などが参加した。

この教室は、動物とのふれあいを通して生き物を大切にする思いやりの心や、命を大切にする気持ちを養ってもらおうと、県獣医師会が毎年開いているもの。

11日は、ウサギやヘビなど11種類の動物がとべ動物園からやってきた。児童たちは聴診器を使ってウサギの心臓の音を聞いたり、ヘビを首に巻くなど普段あまり触れることのない動物に興味津々の様子だった。

県獣医師会では今後も県内の小学校で同様の教室を開いていきたいとしている。

愛媛2018.12.11 16:00

試験輸出を前に 大型ブリ成長状況調査

県などが研究を進めている大型ブリ。試験的な輸出を前に11日、重さを測るなどして成長具合を確かめた。

大型ブリは宇和島市の県水産研究センターや愛媛大学などが大型魚の需要が高いアメリカやカナダへの輸出を目指して研究開発を進めていて11日、計測した結果、重さは平均で8.2キロ、最も大きなものは9.4キロあった。

大型ブリは、特別なエサを与えて卵を産まないようにすることで、通常と比べて、およそ1割大きく育つという。

県は来月、この大型ブリにミカンの皮なども与えた大型みかんブリをニューヨークとロサンゼルスに輸出し、スーパーなどで需要を確認した上で本格輸出を目指すという。

愛媛2018.12.11 15:06

野村町 住民主催でダム放流問題説明会

西日本豪雨で肱川が氾濫し、5人が亡くなった西予市野村町で10日夜、住民グループ主催の説明会が開かれ、住民からは避難指示が遅れたのではないかなどの指摘があった。

被災者や遺族らでつくる住民グループ「野村の未来を守る会」が主催した説明会にはおよそ150人が出席した。会では、西予市が7月7日早朝に出した避難指示について、野村ダムが2日前と前日にも市に対し肱川が越流する恐れがあり最悪の事態を想定するよう伝えていたとして避難指示が遅れたのではとの指摘があった。

これに対し、市の担当者は「ダムの放流量に応じた浸水想定区域を把握していれば避難勧告など段階的に対応が出来た可能性もある」とし避難のあり方を見直すとした。また、避難指示や避難勧告の発令基準をダムの放流を考慮する運用に変えたことを説明した。

「野村の未来を守る会」は今後、国や県からも説明を受けて事実関係を確認し訴訟も視野に活動していきたいとしている。

愛媛2018.12.11 12:04

松山地裁 傷害致死の男に懲役12年

今年2月、宇和島市で知人男性を包丁で刺すなどし死亡させたとして傷害致死などの罪に問われている男の裁判員裁判で、松山地裁は10日、男に懲役12年の判決を言い渡した。

判決によると櫻木旭史被告(36)は今年2月、宇和島市保田のアパートでこの部屋に住む54歳の知人男性の頭部を酒瓶で複数回殴った後、太ももを包丁で刺すなどし死亡させた。

10日の判決公判で松山地裁の末弘陽一裁判長は「凶器を使って頭部を狙うなど一連の暴行は執拗なものでかなり危険で悪質な犯行」と指摘した。その上で「怒りの感情に任せた身勝手な動機は、強い非難に値する」などとして懲役12年の判決を言い渡した。

愛媛2018.12.10 16:35

官公庁に冬のボーナス支給

県内の官公庁で10日、冬のボーナスが支給された。このうち県職員の平均支給額は44.4歳でおよそ85万円となっている。

県の保健福祉課では10日朝、課長から職員にボーナスの明細書が手渡された。県職員1人あたりの冬のボーナスの支給額は44.4歳平均で去年より2万7318円少ない85万3104円となった。
ある新人職員は「すごくうれしい。家族と一緒に食事に行こうかと思う。」などと話していた。

また、松山市は43.3歳平均で去年より1万918円少ない77万1610円となっている。県と松山市の支給額の減少は、夏のボーナスの支給率を増やしたことによるもので、年間の支給割合は去年と同じ。

なお、中村知事のボーナスは330万1650円、野志市長のボーナスは213万2928円となっている。

愛媛2018.12.10 14:39

年末の交通事故・特殊詐欺防止キャンペーン

年末にかけて増加傾向にある交通事故や特殊詐欺の被害にあわないよう呼びかける啓発活動が行われた。

松山西警察署で行われた「年末交通事故・詐欺被害防止キャンペーン」には近くに住むお年寄りや海の星幼稚園の園児などおよそ80人が参加した。キャンペーンは、人や物の動きが多くなる年末にかけて増加する傾向がある交通事故や特殊詐欺の被害を防ごうと行われた。
まず、寸劇で特殊詐欺の手口を紹介しながら不審なハガキや電話がかかってきたら警察に相談してくださいとお年寄りに呼びかけた。

また、園児たちは“信号を守る”などと書いたカードを署内の木に飾り付け、交通ルールを守ることを約束していた。

愛媛2018.12.10 14:34

宇和島で熱戦 B2愛媛OV対山形

バスケットボールB2リーグの試合が9日、宇和島市で行われ愛媛オレンジバイキングスが山形ワイヴァンズと対戦した。

西地区4位の愛媛はホームに山形を迎えた。試合は立ち上がりから山形がペースを握る。堅いディフェンスに愛媛はなかなか相手コートのゴール下に入ることが出来ない。

しかし第2クオーターでは高畠さらに楯の3ポイントシュートで少しずつリズムを掴み、3点差で前半を折り返す。エンジンのかかってきた愛媛は後半、得点源のアンドリューにボールを集め一時はリードする展開に。

第4クーオーターでは新加入のラキームがリバウンドで勝利への執念を見せ、試合は延長戦にもつれ込む。粘りを見せた愛媛だったが
最後は力尽き、83対86のわずか3点差で敗れた。

つぎのホームゲームは今月21日と22日。南海放送テレビでは、22日の試合を生中継で放送する。

愛媛2018.12.10 14:25

音楽文化向上を ジャズフェスティバル開催

県内外で活動するジャズアーティストらによるジャズフェスティバルが松山市で開催された。

南海放送で、9日開催された「愛媛オールスターズJAZZFESTIVAL2018」には300人を超えるジャズファンが集まった。このイベントは県内外で活動するジャズアーティストを招いて愛媛の音楽文化を盛り上げようと開催されたもの。

5回目を迎えた今年はプロ・アマあわせて65人のジャズアーティストが演奏を披露した。このうち、松山市出身のジャズピアニスト栗田敬子さんの4人組グループ「松竹栗雅」はクリスマスにちなんだ曲など4曲を披露した。来場者は心地よいジャズの演奏に聞き入っていた。

愛媛2018.12.10 14:15

親子料理コンテスト四国大会

料理の楽しさを知り、食育への関心を高めてもらおうと、親子料理コンテストの四国大会が松山市で開かれた。

四国ガスで開かれた「ウィズガス全国親子クッキングコンテスト四国大会」には、愛媛や香川など四国4県の予選を突破した親子4組が出場した。
このコンテストは、親子で調理することを通して、料理の楽しさを知り、食育への関心を高めてもらおうと毎年、開かれている。
制限時間は1時間で、親子のチームワークや、その家庭ならではの工夫などを中心に審査する。

愛媛代表の親子は、イヨカンそうめんを使った生春巻きや、じゃこ天入りの炊き込みご飯など、愛媛県産の食材を使った5品を作っていた。

愛媛2018.12.09 14:50

道後REBORNプロジェクト制作発表会

来年1月15日から保存修理工事が始まる、道後温泉本館の「道後REBORNプロジェクト」を松山市などが発表した。

道後温泉本館前で開かれた「道後REBORNプロジェクト」制作発表会には、松山市の野志克仁市長や俳優のつるの剛士さんらが出席した。プロジェクトは、道後温泉本館が1月15日から7年間、営業しながらの保存修理工事に入ることに伴う、観光客の減少を食い止めようと、松山市などが企画した。プロジェクトの顔となるのは、漫画家・手塚治虫さんの代表作「火の鳥」と道後温泉本館がコラボレーションしたデザインだ。
プロジェクトは、改修工事の開始にあわせて本格的に始まり、火の鳥が入浴券にデザインされたり、道後温泉本館でプロジェクションマッピングに登場したりする予定だ。

松山市の担当者は、保存修理工事そのものを観光資源化することで観光客誘致につなげたい、と話している。

愛媛2018.12.09 14:45

被災した建物 公費で解体・撤去 大洲市

愛媛県大洲市で豪雨災害からの復興に向けた動き。被災した建物を公費で解体・撤去する作業が始まっている。

西日本豪雨では、半壊以上と判定された民家や、二次災害の危険性があると判断された建物などについて、国と自治体がその解体費用を原則、全額負担する。

大洲市では、今月3日から市の委託業者による解体作業が始まり、このうち大洲市肱川町の造り酒屋・養老酒造でも、浸水被害を受けた酒蔵の解体が進められている。
養老酒造の山内光郎さんは、「自費では費用も大変かさむため、ありがたい。頑張ろうという気持ちになった」と話していた。
養老酒造では新たな建物を建設し、酒造りの再開を目指すという。

大洲市によると、公費による解体・撤去の申請は7日までに192件寄せられていて、今年度末までに作業を終える計画だ。

愛媛2018.12.07 18:39

豪雨被災の幼稚園でアナウンサーが朗読劇

西日本豪雨から5か月。被災した愛媛県宇和島市吉田町の幼稚園では、南海放送アナウンサーらによる朗読劇が行われた。

宇和島市吉田町の幼稚園を訪れたのは、南海放送の佐伯りさ・西木恵美里の両アナウンサーと「みかん一座」で座長を務める戒田節子さんの3人。
私立村井幼稚園は、西日本豪雨の際には床上まで水に浸かるなど、大きな被害が出た。
3人は園児らと一緒に歌やダンスを楽しんだあと、朗読劇を披露した。朗読劇の演目は桃太郎。園児たちは、サルやキジが仲間に加わるたびに、全員で歌を歌いながら物語の世界を楽しんでいた。

また、村井幼稚園には被災後、24時間テレビの復興支援としてイス20脚が贈られていて、園の運営に役立てられている。

愛媛2018.12.07 18:24

雪道や凍結した道路に注意 安全ドライブを

本格的な冬の到来に備え、雪道などでの安全運転を呼びかけるイベントが、愛媛県伊予郡松前町のショッピングモールで開かれた。

エミフルMASAKIで開かれたのは「雪道安全ドライブキャンペーン」。このイベントは、冬用のタイヤやチェーンの装着など、雪道や凍結した道路での安全運転を呼びかけようと松山河川国道事務所が開いたもの。

会場では、JAFの職員が、来場者にチェーンの正しいつけ方をアドバイスしていた。

このほか、愛媛県内の雪道で車が立ち往生した映像などが紹介され、雪道での運転に注意を呼びかけていた。

愛媛2018.12.07 18:06

愛媛マラソン参加ランナーが義援金

西日本豪雨の被災者支援に。来年2月開催の愛媛マラソンに参加するランナーから寄せられた義援金が県に贈られた。

県庁で行われた贈呈式では、愛媛マラソン実行委員会の関谷勝嗣実行委員長が、中村知事に総額371万7500円の義援金を手渡した。
この義援金は、2月10日に開催される第57回愛媛マラソンのエントリー受付にあわせ、実行委員会が大会に参加するランナーに寄附を呼びかけたもの。1人あたり500円で、あわせて7435人のランナーから義援金が集まった。

中村知事は「責任を持って被災者のみなさんにお届けする」などと御礼の言葉を述べていた。県にはこれまでに、西日本豪雨の被災者支援ための義援金として、およそ53億円が寄せられている。

愛媛2018.12.07 16:49

週末は冷え込み 体調管理に注意を

今週は季節はずれの暖かい日もあった愛媛県だが、週末は冷え込みが予想されている。体調管理などに十分注意を。

5日には25度を超える夏日を記録した県内だが松山の予想最高気温は8日9日ともに9度となっている。最低気温も8日が4度、9日が2度とこの週末、極端な冷え込みが予想されている。厳しい寒さに見舞われる週末の県内。

松山地方気象台では、急激な気温の変化による体調の管理に十分注意するよう呼びかけている。

愛媛2018.12.07 15:49

分裂会派融和を 自民党県連改革会議設置

県議会の会派が分裂するなど足並みの乱れが続く自民党県連が、7日合同議員総会を開き、2つの会派の融和などについて議論する改革会議の設置を決めた。

県議会の自民党は、去年3月、自民党と自民党志士の会の2つの会派に分裂し、その後も、志士の会の幹部3人が党から除名処分となるなど足並みの乱れが続いている。

自民党県連の戒能幹事長によると7日の総会では2つの会派の融和に向けて県連改革会議を設置することが決まったという。

会議の構成メンバーは県議会議員や県連の顧問など10人ほどを想定していて、早ければ今月中に初会合を開く予定。

戒能幹事長は取材に対し、「1党1会派であるべきという意見も出ると思うが、改革会議は、色々な意見が出てそれを絞り込んで方向性を出していこうという性質のもの」と話し、来年6月の県連大会までに融和に向けた方向性を示したいとしている。

愛媛2018.12.07 15:00

公立学校相次ぐ不祥事 校長臨時研修会

公立学校での不祥事が相次いで発生したことを受けて、東予地区の学校長を対象とした臨時の研修会が今治市で開かれた。

7日の臨時校長研修会には、東予地区の全小中学校137校から校長らおよそ150人が参加した。今治市では、今年10月に児童福祉法違反の疑いで中学校の主幹教諭が逮捕された他、今月4日には酒気帯び運転の疑いで小学校の校長が検挙されている。

研修会では、県教育委員会の担当者が、教職員全員が自身を見つめ直すことの必要性や学校組織の体制を評価するチェックリストを再検討することなどを各校の校長に指導した。

県教育委員会は、今後、研修会に参加した校長らを通じて、教職員への指導の徹底を図り不祥事の再発防止に努めるとしている。

愛媛2018.12.07 13:58

「和牛」出演 愛媛県観光PR動画制作中

人気お笑いコンビ『和牛』が出演する愛媛県の観光PR動画の制作が県内各地で進められている。

愛媛県の観光PR動画に出演するのは伊予市出身で『和牛』の水田信二さんと相方の川西賢志郎さん。

愛媛県は民間会社の調査で2年連続ストレスオフ県NO.1となっていることなどから今年は『疲れに、効く。愛媛県』をキャッチフレーズに観光キャンペーンを展開している。

動画は世の中の「疲れ」を擬人化した『オツカレ神』に扮する水田さんと都会で疲れたOLに扮する川西さんが愛媛の観光スポットを巡りながら癒されていくストーリー。

また動画に合わせてデュエット曲『疲れたら愛媛』も製作されていて、水田さんらは曲を口ずさみながら収録に挑んでいた。

この愛媛県のPR動画は来年1月に公開予定。

愛媛2018.12.07 11:43

踏切で衝突 現場立ち去った運転手事情聞く

5日夜起きた予讃線の踏み切り事故で、列車と衝突した車の運転手の行方が一時わからなくなった。その後、運転手と連絡が取れ警察は現場をなぜ立ち去ったかなどについて事情を聞いている。

5日午後6時頃、西条市楢木のJR予讃線「野々市第一踏切」で伊予西条発松山行の普通列車が普通乗用車と衝突した。列車の乗客乗員およそ60人にケガはなかったが、車は現場に放置されたままで運転手の行方がわからなくなっていた。

県警によると、運転手と連絡が取れなぜ現場から立ち去ったかなどについて事情を聞いている。

なお、この事故の影響で、予讃線は伊予西条駅と今治駅の間でおよそ1時間40分にわたって運転を見合わせた。

愛媛2018.12.06 18:57

県開発新品種米 「ひめの凜」説明会

県が開発した新しい品種の米「ひめの凜」の栽培希望者らへの説明会が開かれた。

「ひめの凜」は県が16年かけて開発した新しい品種の米で、ブランド化を目指している。来年から本格的な生産が始まるのを前に、6日、県が栽培を希望する農家やJAの担当者らを集め説明会を開いた。

この中では、夏の高温に強いことや、大粒で上品な甘みがあるといった「ひめの凜」の特徴の他、認定栽培者になるための条件などが説明された。また「ひめの凜」で作ったおにぎりが用意され、参加者はその味を確かめていた。

県は、栽培希望者を来月15日まで受け付け、初年度は作付面積50ヘクタール、生産量250トンを目指すという。

愛媛2018.12.06 17:24

知人を包丁で刺し死亡 男に懲役15年求刑

今年2月、宇和島市で知人男性を包丁で刺すなどし死亡させたとして傷害致死などの罪に問われている男の裁判員裁判で、検察は「犯行は危険かつ悪質で、動機は短絡的で身勝手」などとして懲役15年を求刑した。

起訴状などによると櫻木旭史被告(36)は今年2月、宇和島市保田のアパートでこの部屋に住む知人の54歳の男性の太ももを包丁で刺すなどし、死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われている。5日の初公判で検察は、櫻木被告が、預けていた覚せい剤を巡り被害者の態度に腹を立て、犯行に及んだなどと主張した。

そして、6日の論告求刑公判で検察は「無抵抗の被害者に対し一方的に暴行を繰り返した犯行は危険かつ悪質で、動機は短絡的で身勝手」などとして懲役15年を求刑した。

これに対し、弁護側は「犯行に計画性は無く、犯行後に119番通報していることなどから懲役8年が相当」と主張した。

判決は今月10日に言い渡される。

愛媛2018.12.06 16:12

中村知事 自転車文化拡大オール愛媛体制で

3期目がスタートした中村知事は、6日の県議会で自転車文化の拡大を進めるためオール愛媛体制で取り組む考えを示した。

6日開かれた12月定例県議会で中村知事は、サイクリング人口の拡大を図るためには、年齢や性別などを問わず自転車の楽しさや利便性を感じてもらい安全・快適に利用できる環境づくりが必要という認識を示した。

その上で、中村知事は今後、生涯スポーツや街づくりなど各分野の専門家の意見を聞きながら自治体や企業などとさらに連携し、オール愛媛体制で自転車文化の拡大に取り組みたいと述べた。

愛媛県では来年度から4年間の計画をまとめた自転車活用推進計画を今年度中にまとめる方針。

愛媛2018.12.06 15:24

元気に年越しを 旬の青森りんごプレゼント

採れたての青森県産りんごが、松山市の福祉施設の子どもたちにプレゼントされた。

6日は青森県の津軽みらい農協の村上勝憲常務らが松山市の児童養護施設「親和園」を訪れ、子どもたちに、採れたての「サンふじ」と「王林」合わせて、1700個あまりを贈った。

このプレゼントは、旬のりんごで元気に年を越してもらおうと津軽みらい農協や丸温松山中央青果などが毎年行なっているもの。

津軽みらい農協の村上常務は「毎日半分でもいいからりんごを食べれば、みなさん元気になる」とPRしていた。

このりんごのプレゼント、今年は、松山市内4つの福祉施設に、合わせておよそ4000個が贈られた。

愛媛2018.12.06 13:41

数千万円横領か 経理担当の元女社員逮捕

宇和島市の会社で経理を担当していた元社員の女が、会社の預金60万円をインターネットバンキングを使い自分の口座に振り込んだとして、5日、業務上横領の疑いで逮捕された。警察では、この女が、合わせて数千万円を横領していたとみて調べを進めている

業務上横領の疑いで逮捕されたのは松山市別府町の元会社員、脇本貴子容疑者(47)。警察によると、脇本容疑者は介護福祉事業所などを運営する宇和島市の会社に勤務していた2015年8月、会社の銀行預金60万円をインターネットバンキングを使い自分の口座に振り込んだ疑いが持たれている。

警察の調べに対し脇本容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。関係者によると、脇本容疑者はこの会社の経理業務を1人で行っていたが、社内調査で横領が発覚した3年前に解雇されたという。
警察は、脇本容疑者が合わせて数千万円を横領していたとみて調べを進めている。

愛媛2018.12.06 11:26

知人を包丁で刺し死亡 被告起訴内容認める

今年2月、宇和島市で知人の男性を包丁で刺すなどし死亡させたとして傷害致死などの罪に問われている男の裁判員裁判が始まり、男は起訴内容を認めました。

起訴状などによりますと櫻木旭史被告(36)は今年2月、宇和島市保田のアパートでこの部屋に住む知人の当時54歳の男性の太ももを包丁で2回刺すなどして死亡させたとして傷害致死などの罪に問われています。

5日の初公判で櫻木被告は起訴内容について「間違いないです」と認めました。続く冒頭陳述で検察は櫻木被告が預けていた覚せい剤について問い詰めた際の被害者の態度に腹を立て、犯行に及んだなどと明らかにし、「動機は身勝手だ」などと指摘しました。

一方、弁護側は、暴行などの計画性はなかったと主張しました。

愛媛2018.12.05 15:26

東北6県の特産品・スイーツ一堂に物産展

東北6県の特産品やスイーツを一堂に集めた物産展が松山市のデパートで始まった。

いよてつ高島屋で始まった「大東北展」には、青森県の陸奥湾で獲れたホタテがのった海鮮弁当や宮城県の郷土菓子「ずんだもち」をはじめとした特産品やスイーツなど東北6県から39店舗が出店している。

このうち秋田県で年間200頭しか生産されない希少な黒毛和牛「三梨牛」のサーロインステーキ弁当や青森県産の紅玉とふじ、2種類のりんごを使ったアップルパイが人気の洋菓子店など6店舗が初出店となっている。

また、東北の地酒を飲み比べできる人気のコーナーでは新たに大吟醸のセットメニューも登場し、今年はスペースも2倍に拡大しているという。訪れた買い物客は実際に味見をしたりしてお気に入りの品を買い求めていた。

大東北展は、いよてつ高島屋で今月11日まで開かれている。

愛媛2018.12.05 15:17

西日本豪雨 宇和島市災害関連死新たに1人

宇和島市は、西日本豪雨で被災し今年9月に亡くなった吉田町の80歳代の男性について、西日本豪雨の災害関連死と認定した。

宇和島市によると、吉田町に住んでいたこの男性は、7月の西日本豪雨で被災し、9月上旬みかん畑で作業中に倒れ、脳内出血で亡くなったという。

この男性が亡くなったことについて、4日市の委員会で審査が行われた結果、被災したみかん畑の復旧作業により、心身共に疲労が蓄積し、発症リスクを高めた可能性があり災害と死亡に因果関係があったとして西日本豪雨の災害関連死と認定した。

この認定により、県内で西日本豪雨により亡くなった方は、災害関連死4人を含め31人になった。

愛媛2018.12.05 12:47

大洲伝統の保存食 焼き干し鮎作り最盛期

お雑煮のダシなどとして人気が高い「焼き干し鮎」作りが大洲市で最盛期を迎えている。

大洲の冬の風物詩「焼き干し鮎」に使われるのは産卵のために肱川を下った落ち鮎。串に刺した後、炭火で3時間じっくりあぶる。

そして、黄金色に仕上がった鮎を藁の束に刺して乾燥させることおよそ3週間。手間暇かけて作られる伝統の保存食だ。

今年は7月の豪雨で鮎の漁獲量が心配されたが、幸い影響は少なく、例年通りおよそ1万本の焼き干し鮎を作る予定。

焼き干し鮎を作っている上満武さんは「鮎がこれほど元気に帰ってくるとは思わなかった。安堵している」などと話していた。

地元ではお雑煮のダシなどに使われる焼き干し鮎は、大洲市白滝の直売所「しらたきの里」で販売されている。

愛媛2018.12.05 12:21

季節外れの暖かさ 松山は12月初の夏日

愛媛県は南からの暖かい空気が流れ込んで季節はずれの暖かさとなった。松山市の最高気温は25.2℃にまで達し夏日となった。

日本海にある前線に向かって南から温かく湿った空気が流れ込んだ影響で、県内ではぐんぐん気温が上昇した。松山市の城山公園では上着を脱ぐ人や腕まくりをする人の姿も見られた。

各地の最高気温は午後3時現在、松山が平年を10。9℃上回り10月上旬並みの25.2℃、大洲24.5℃、松山市南吉田24.3℃、長浜24.1℃などとなっている。

季節はずれの夏日となった松山市だが、12月に夏日となるのは県内で史上初のこと。また、松山市の12月の最高気温更新は104年ぶり。

気象台によると5日も、12月としては暖かい一日となりそうだという。

愛媛2018.12.04 15:39

北海道厚真町へ 吉田町から復興ミカン

北海道胆振東部地震の被災地厚真町の住民を励まそうと西日本豪雨被災地の宇和島市吉田町から復興ミカンが発送された。

3日宇和島市吉田町の玉津共同選果場では、復興ミカンの発送を企画したミカンアルバイターの岡昭彦さん(50)や地元の農家が南柑20号を詰めた復興段ボールを梱包した。

厚真町では9月6日に発生した北海道胆振東部地震で住宅が土砂に飲み込まれ道内で最も多い36人が犠牲となった。

岡さんは地震が起きる前の今年7月に厚真町を観光で訪れていて、その際知り合った人たちを元気づけようと復興ミカンの発送を考え た。

岡さんは「まだまだ復興は大変だと思うが冬、こたつに入っておいしいミカンを食べてもらい、少しはほっこりした気持ちになってもらいたい」と話していた。

この復興ミカンは厚真町の避難所へ届けられるという。

愛媛2018.12.04 14:40

師走迎え 道後温泉本館すす払い

松山市で、師走の風物詩となっている道後温泉本館の「すす払い」が行われた。

道後温泉本館では朝から市の職員とボランティアが独特の長い笹ぼうきを使って普段は掃除できない、軒下などのすす払いを行った。

道後温泉の大掃除は、一年の汚れを落として、入浴客に気持ちよく新年を迎えてもらおうと、毎年この時期に行われている。

また4日は本館の見学会も行われ、参加者は普段見ることができないお湯がない浴槽に入って写真撮影をしたり、清掃の様子を見学したりしていた。

道後温泉本館では今月29日から来月3日までの年末年始におよそ2万人の入浴客を見込んでいる。なお、道後温泉本館は来月15日から、営業を続けながら7年間の保存修理工事に入る予定。

愛媛2018.12.04 11:43

四国中央市 ひき逃げトラック運転手逮捕

11月、四国中央市の市道で歩行者を車ではねて重傷を負わせた上そのまま逃走したとして、警察は、事故現場近くに住む男をひき逃げなどの疑いで逮捕した。

ひき逃げと過失運転致傷の容疑で逮捕されたのは、四国中央市金生町下分の自称トラック運転手井川敏彦容疑者(66)。

警察によると、井川容疑者は、先月29日午後8時40分ごろ自宅近くの市道で、道路脇を歩いていた47歳の男性を普通乗用車ではね、そのまま逃走した疑いが持たれている。男性は左足を骨折するなどの重傷を負った。

警察は防犯カメラの映像などから井川容疑者を特定し、3日逮捕した。調べに対し井川容疑者は容疑を認めていて、警察は飲酒の有無なども含め井川容疑者が現場から逃げた動機などを詳しく調べている。

愛媛2018.12.04 11:37

最優先課題は復興 中村県政3期目スタート

先月の知事選で当選した中村知事の3期目がスタート。知事は豪雨災害からの復興を最優先課題に掲げた。

中村知事は、3日朝、県職員や県議会議員合わせておよそ200人が出迎える中、県庁に初登庁し、中村県政3期目をスタートさせた。知事室で中村知事は「完全にリセットしてまたゼロからスタートという気持ちで向かっていきたい。非常にフレッシュな気持ち」と語った。

このあと中村知事は、3日開会した県議会12月定例会の本会議に臨み、3期目スタートにあたっての所信を表明した。この中で中村知事は「豪雨災害からの復興に向けては被災状況に応じた柑橘産地の復旧を進めるとともに、被災企業に寄り添いながらグループ補助金の活用を後押しするなど地域産業の再建支援に全力を注ぐほか、肱川の治水対策についても国と連携し、集中的に実施していく」と述べ西日本豪雨災害からの復興を3期目の最優先課題に掲げた。

また、午後からは県職員およそ800人を前に訓示し「防災減災」「人口減少」「地域経済活性化」対策をより深化させるよう職員に求めた。

愛媛2018.12.03 15:15

西予市 JR卯之町駅今年も「愛の火鉢」

本格的な寒さを前に、西予市宇和町で、今年も駅に「愛の火鉢」が登場した。

県内の有人駅では最も標高が高い208メートルに位置する西予市宇和町のJR卯之町駅で、3日朝、待合室に畳一畳分の大きさの通称「愛の火鉢」が設置された。

火鉢に豆炭がくべられ火が入ると、駅の利用客が早速手をかざして暖をとっていた。ある女性は「すごく幸せな気持ちになる。」などと笑顔で話していた。

この「愛の火鉢」は冬には朝晩の気温が氷点下になることも多い宇和町で、列車の乗降客へのおもてなしとして、地元の観光協会が60年前から設置している。

今では冬の風物詩となった愛の火鉢、寒さが緩む来年3月下旬まで毎日、火が入れられる。

愛媛2018.12.03 14:57

ロシア人ピアニスト夫妻 市長表敬訪問

3日夜、ロシア人の著名なピアニスト夫妻が松山市でコンサートを開く。コンサートの開催に合わせ、2人が野志市長を表敬訪問した。
松山市役所を訪れたのは、ロシア人のピアニストウラジーミル・トロップさんとタチヤーナ・ゼリクマンさん夫妻。

2人は音楽学校の同級生で、それぞれ演奏活動を続ける傍ら多くの世界的ピアニストを指導していた。初めて松山を訪れた夫のトロップさんは「モスクワから松山に来て演奏ができてピアニストとして光栄」と話した。

また、野志市長が松山のロシア兵墓地の歴史や地元の中学生が清掃活動を続けている話をすると、妻のゼリクマンさんは「すごく感動した」と応えていた。

主催者によると夫婦が共演することは珍しく、3日午後7時からの松山公演では、これまでに一度しか実現していない夫婦の連弾が披露されるという。

愛媛2018.12.03 12:39

松山 青果店全焼 郊外電車一時運転見合せ

2日夜、松山市で店舗が全焼する火事があった。この火事によるけが人はいなかったが、伊予鉄道の電車がおよそ40分間に渡り運転を見合わせた。

2日午後8時頃、松山市古三津6丁目付近を歩いていた男性から、「火が見える」と消防に通報があった。火はおよそ2時間半後に消し止められたが、この火事で、青果店の木造平屋建ての店舗46平方メートルが全焼、隣の住宅の壁の一部も焼けた。

けが人はいなかったが、火事の影響で、現場のすぐそばを走る伊予鉄道高浜線の電車がおよそ40分間に渡り運転を見合わせた。

警察によると、青果店は定休日で、出火当時店には誰もいなかったという。警察と消防で火事の原因を調べている。

愛媛2018.12.03 12:06

東京オリンピック・パラリンピックを応援

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを応援するイベントが伊予郡松前町のエミフルMASAKIで開かれた。

このイベントは、大手食品メーカーの明治が障害者スポーツの体験などを通じて東京オリンピック・パラリンピックを応援しようと開いた。

会場では、パラリンピックの正式種目となっている「ボッチャ」の体験が行われた。ボッチャは、目標となる白いボールに自分のボールをいかに近づけるかを競うスポーツで、親子連れらが楽しんでいた。

また、陸上競技用の車椅子のコーナーもあり、子供たちが実際に車輪を回して体験していた。

このほか、東京オリンピック・パラリンピックのチケットを購入するために必要なID登録ができるコーナーなどもあり、大勢の人で賑わっていた。

愛媛2018.12.02 16:04

今治市と加計学園獣医学部などが災害協定

大規模災害時に被災者がペットとともにキャンパスの体育館などを避難所として利用できる協定を今治市と加計学園の獣医学部などが結んだ。

2日はまず、今治市と岡山理科大学の包括連携協定の締結式があり、菅良二市長と柳澤康信学長が協定書にサインした。協定では、今治市と岡山理科大学が連携を強化し、「地域産業の活性化」や「暮らしの安全」などに取り組むとしている。

さらに、その「暮らしの安全」を推し進めるため、今治市と岡山理科大学獣医学部、それに愛媛県獣医師会が災害協定を結んだ。協定では、南海トラフ巨大地震などの大規模な災害が発生した際、今治市の被災者がイヌやネコなどのペットとともに獣医学部の体育館やグラウンドを避難所として利用できるようになっている。

また2日は、獣医学部開学後初めてとなる学園祭も行われた。キャンパスには、野間馬の乗馬やイヌやウサギとの触れ合いが体験できるコーナーなどが設けられ、大勢の人で賑わっていた。

愛媛2018.12.02 14:44

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース